バンコク暮らし

2020年4月 6日 (月)

ついに・・・。

連日の新型コロナウィルス感染拡大のニュース。
未だ治まる気配がありません。

医療崩壊とか、都市封鎖とか、恐ろしい言葉が、普通に飛び交う今日この頃。
この先、どうなっちゃうんだろう?が、正直な気持ち。

ただ・・・。

おいらの周辺(知り合い)では、まだ感染者は一人も出ていないということ。
それが不思議でした。
感染力が強いと言われているのにね。

だから、どこかテレビの中の出来事のような・・・。
恐怖は煽られてるけど、どこか自分は大丈夫なんじゃないかな?って言う、不確かな自信。
そんな人も少なくないかと。



そんな中・・・。

つい先日、タイ人の友人から、連絡がありまして。

「One person infaced COVID-19 now at our Condo」って。
どうも、おいらがバンコクで借りているコンドミニアムで、感染者が出たみたい。

おいらの周りでも、ついに来たかぁ!です。

詳細を聞くと・・・。

感染者は、20代の女性。
スペインからの帰国者だそうです。

この女性は、すぐに隔離入院。
コンドー内は、すでに消毒を実施したらしいけど。

でも友人、大丈夫かなぁ?

もしこの女性と、コンドー内のどこかで接触していたら・・・。

怖い!怖い!

なんか、じわじわとコロナウィルスに包囲されている感じ。
まるで映画の世界だけど、これは現実。

今は、コンドー内でクラスターが発生しないことを、ただただ祈るだけです。

でも、明日には、日本にいるおいらの周りでも・・・。
ありえる話だけに、恐ろしい。

とりあえずは、”じっとしてる”しかありません。


にほんブログ村

 

2020年3月15日 (日)

タバコが止められない友人のために・・・。

もう買わなくていいかな?
そんなことを思いつつ、友人や兄家族には、一応買って帰っているお土産。

今回は、何を買ったのか?
お見せしましょう。

Img_20200308_1557401

あはっ!
たったこれだけ。

お土産を上げる相手が、どんどん少なくなってる。(笑)

下の二つは、リクエストにお応えしたもの。
タマリンドジャムを挟んだ、バナナチップ。
実際、旨いしね。

で、今回初めて購入したのが、上の二つ。

左が、パッションフルーツジャムを挟んだ、バナナチップ。
タマリンドジャムとどう違うのか?お試し購入です。

右は、マンゴーライスパフ。
パッケージだけ見てのお買い上げ。
別に考えも無く、買い物かごに入れただけです。

この4個を、友人一人と兄家族へ持っていきます。



あと、もう一人友人がいまして・・・。

そいつのリクエストは、タバコ!
もはやタイの土産じゃないです。(笑)

タイの土産は、もういらないから、免税タバコを買ってこい!の指示によるものです。
でも、タイの空港では買わないように!と。

タイで買うと、パッケージがグロイからね。
あれがイヤなんだって。

タバコは、メビウス8。
これも指定。

なんだかんだ煩い奴だ!(笑)

以前、読者さんから「タバコはJALの機内でも買えますよ。」って教えていただきました。
JALカードで買えば、免税だし、しかも10%割引にもなると。

それで、前回のフライトで、CAさんにメビウス8があるか?聞いてみたらところ、その時はメビウス6しかありませんでした。
今回は、どうかな?

忘れずに、CAさんに聞いてみたら・・・。

残念!
やっぱりメビウス6しか無いみたい。

以前の呼び名だと
メビウス6は、マイルドセブンスーパーライト
メビウス8は、マイルドセブンライト
なのかな?

メビウス6の方が、圧倒的に人気なんだろうね。
だから、6しか無い?
おいらもタバコを吸っていた時も、最終的にはマイルドセブンスーパーライトだったしね。

でも友人、6じゃイヤなんだって。
たいして変わらないのに、拘るね~。

結局、羽田空港の荷物受け取り場所にある免税店で購入↓
Img_20200311_1730101

Img_20200312_1015111

1カートン3200円で、持込限度いっぱいの2カートンをお買い上げ。
6400円でした。

日本国内で普通に買うと、今は1カートン4900円(税込)?

1カートンで、1700円も違うんじゃ、まともに買うのがバカバカしいよね。
ってことで、これはお土産じゃなくて、購入代行です。(笑)

もういい加減にタバコ、止めればいいのに!

でも、止められ無いんだって。
そうなんだよな~、おいらも未だに吸いたい衝動に駆られるもん。

イカンイカン!



それと今回は、自分へのお土産も購入。

それが、これ↓
Img_20200312_1034131

ブーゲンビリアを見に行った時に立ち寄った、JJモールで衝動買い。
400バーツでした。

スーツケースは、バンコクに置いてきて、このバッグだけを背負って帰ってきました。

これからは、このバッグ一つで日本とタイを行き来する?
でも、日本からバンコクに戻る時は、いろいろ買っていくから、やっぱり無理かな?

でも、日本で買っていかなくても、別に困らないし。
必要なものは、ほとんどバンコクで売ってるし。

バッグパックひとつで、日本とバンコクを行ったり来たり・・・。

もう、それでいいかも。

にほんブログ村

 

2020年3月13日 (金)

機内と羽田空港の様子

一昨日、約2ヶ月のバンコク暮らしを終え、無事日本に戻ってきました。

前回は、スワンナプーム空港の様子を書きましたが、今回は、機内と羽田空港の様子を書きましょうか。

搭乗機は、JAL032便
スワンナプーム空港9:55発(タイ時間)
羽田空港17:30着(日本時間)

↓この飛行機で、日本に帰ります。
Img_20200311_0922341


定刻通りに機内に搭乗。

空席率は、70%くらいかな。
やっぱりガラガラでした。

今まで、何十回と乗ったバンコク⇒日本の便。
こんなに空席がある便に乗ったのは、今までで初めてかもです。
昔のジャンボでも、こんなに空席は無かったような。

クラスは、もちろんエコノミー。
座席は、3×4×2の、配列です。

こんな感じね↓

窓□□□ □□□□ □□窓
窓□□□ □□□□ ■□窓
窓□□□ □□□□ □□窓

おいらが確保した席は、2列席の通路側(黒塗りヵ所)。

座った席から隣の4列席を撮った写真↓
Img_20200311_0947241

あはっ!
誰もいない。

横もそうだけど前後の2列席も、すべて空席。
これなら、隔離された環境ぽいので、安心感が半端ねぇです。

と、思ったら・・・。

途中から欧米系外国人の男女二人組が、4列席に移ってきました。
しかもその二人組、マスクしてないし。

残念!

それなら、おいらも、窓側の席にすかさず移動です。
人との距離を少しでも遠ざけるためにね。

CAさんは、全員がマスク姿。
それとビニールの手袋も嵌めてました。

それでも、食事や飲み物のオーダーを取る時に、顔を近づけないといけないので、マスクしてても怖いでしょうね。
おいらも、CAさんとは濃厚接触です。

まぁ、機内食を食べたてたら、すっかりコロナのことなど忘れてしまいましたが。(汗)

食事が終われば睡眠タイム。
でもおいらは、どっぷり機内映画に没頭です。

そして、気が付いたら窓の外には、三宅島?↓
Img_20200311_1452441

そして、君津の工場地帯が見えたら、もうすぐ羽田空港に着陸です。
Img_20200311_1508581

やっぱり窓側の座席は、いいね。

今回は、2席独占でとても快適なフライトとなりました。
これなら、あと5時間は乗れるかもです。(笑)

ちなみに、今回のフライトで観た映画は・・・。

1本目、ジュマンジ/ネクスト・レベル
2本目、ジョーカー

ジュマンジは、笑えるし。
ジョーカーは、切ないし。

どっちも、面白かった。



ほぼ定刻に羽田空港に到着。
いよいよ日本に入国です。

ニュースを見る限り、かなりセンシティブになっているように感じたので、どれだけ厳重にチェックされるのか?
気になるところです。

ちなみに、機内で配られた用紙は、「携帯品・別送品申告書」1枚だけ。
いつもと同じやつね。

他に体調に関する書類とかもあるのかな?って、思ってたんだけど、それは特にはありませんでした。

熱チェックはあるかな?
額とか耳に機械を当てて、一人づつ測るとか。

でも、それも特になし。

検閲を通り過ぎる時に、センサーで熱を測っているだけでしたね。
これって、以前前から有ったような。

なので、立ち止まって何かされる(何か聞かれる)ってのは、一切なし。

呆気ないくらい、スムーズに日本入国でした。
あまりに何もされなくて、逆にこっちが心配になるほどです。

水際対策、大丈夫かな?



日本に戻って、今日で2日目。

テレビのニュースは、コロナコロナ。
内容は、不安を煽ることばかり。

これじゃ、パニックを起こす人が出るのも、仕方ないね。

もうテレビを見るのは、止めよう!
ニュースは、ネットで充分だわ。

にほんブログ村

 

2020年3月11日 (水)

スワンナプーム空港の今

3月11日(水曜日)午前9:00分
今、バンコクスワンナプーム空港にいます。

JAL032便(9時55分発)で、日本に戻ります。

今朝の空港の様子は・・・。

Img_20200311_0626511

それなりに人がいますね。
もっと閑散としているかと思った。

でも、上から見ると↓
Img_20200311_0646131

開いていないカウンターが、たくさん。
表示板を見ると、欠航もかなりあるようです。

保安検査は、ほとんど並んでなくて、スムーズに通過。
イミグレは、10分くらい並んだでしょうか。
混雑しているわけでは無く、開いているブースが少なかったからです。



制限エリア内は・・・。

Img_20200311_0710311

Img_20200311_0713551

Img_20200311_0712561

人はやや少ないって感じでしょうか。
もっと閑散としているかと思ったけど、意外と普通でした。

マスク率は、50%くらいでしょうか。

おいらの、コロナ警戒。
コーヒーショップの端っこで、ブログを書いています。(笑)

Img_20200311_0726531

そう言えば、熱チェック、どこもありませんでした。
出国は、関係ないのかな?
あとは、無事に飛行機が飛べば、日本に帰れるでしょう。

それと、飛行機に乗り遅れないようにしないと。(笑)

にほんブログ村

 

2020年3月 9日 (月)

疑わしきは、エビ!

以前、蕁麻疹に悩まされていることを書きました。
そして、その原因は歯茎の腫れによるものかも?
そう考えて、昨年11月から日本で歯医者にも通い始めました。

その時の記事は、ここ。

まだ歯ぐきの治療は終わっていないので、歯ぐきの腫れと蕁麻疹の因果関係はまだ明確になったはいませんが・・・。

昨晩、久しぶりに蕁麻疹発症です。
それも、腹回りから尻たぶにかけて、かなりの規模でびっしりと。
あまりのグロテスクさに、自分で見ても、おぞましいほどです。

それに、もう痒いのなんのって。
昨日は、一晩中苦しめられました。

で、その原因は?

歯ぐきの腫れも、まだ捨てられませんが・・・。

他にも原因が、あるんじゃないかと。
だって、この蕁麻疹、日本にいる時より、バンコクにいる時の方が、発症率が高いんですよね。

だから・・・。

例えば、大気汚染。
日本よりも圧倒的に空気が汚いですからね、バンコクは。
だから可能性、有るよね。

例えば、ハウスダスト。
昨日、帰国前の掃除を頑張りましてね。
それで、ハウスダストをかなり吸い込んだかも。
まあ、その可能性も無きにしも非ずかと。

それ以上に・・・。

もうひとつ、思い当たる節がありまして。



昨日の夕食は、友人と焼肉食べ放題へ。
肉もあるけど、シーフードもある店です。

Img_20200308_1854241

昨日は、肉よりエビを、たくさん食べたかな。

Img_20200308_1908171

Img_20200308_1927291

Img_20200308_1930241

美味しかったぁ。

でも、その夜に大規模な、蕁麻疹を発症したわけで。

疑わしきは、エビ!
いわゆる、甲殻類アレルギーってやつね。



今から、10年くらい前のこと。
クラビで、焼エビをたらふく食べたことがありまして。

その数時間後、腕にびっしりと蕁麻疹。

それまでは、エビを食べても、蕁麻疹なんて発症したことなんて無かったんですけどね。
あの時を境に、おいらの体に何かしらの変化が起きたのかも?

バンコクにいる時の方が、日本よりも、頻繁に蕁麻疹になるのは、エビを食べる機会が、日本よりも圧倒的に多いからなんじゃないかと。
間違いなく、たくさん食べてるし。

だから、エビ、ちょっと疑ってます。

本当に甲殻類アレルギーだったら、どうしよう?
食べる楽しみが、ひとつ奪われちゃうよ。

それは、かなり悲しい。

今後も気にせず食べちゃうか?
それとも少しセーブするか?

う~ん、迷うなぁ。

もう1回、エビをたらふく食べてみて、蕁麻疹が発症するか?
検証してみるか。

でも、ちょっと怖い。

にほんブログ村

 

2020年3月 7日 (土)

快晴と両替とブーゲンビリア

昨日、朝起きて窓の外を眺めると↓

Img_20200306_0823391

快晴!
これなら、PM2.5も問題無さそうです。

早速、スマホで数値をチェック。
やっぱり「平常値」でした。

これは、外出日和。
だけど、コロナがねぇ。(笑)



朝のルーティンは、PM2.5の数値確認と株価と為替のチェック。

株価は、ボロボロ。
為替は、円高。

現状だと、こうなるわな。

そして対バーツも、確認。
一番レートの良い両替所で、0.293の値。
やっぱり円高が進んでいます。

両替チャ~ンスです。

でも、この時点では、まだ迷っていました。
もう少し様子見してもいいかも・・・って。

そして、朝飯を食いながら、コーヒーを飲んで、虎ノ門ニュースを見てたりしたら・・・。

どんどん円高が進行。
FXやってた時なら、絶対にポチってましたね。(汗)

であれば、バーツも安くなってる?
そして確認。

なんと!

たった数時間で、0.293が0.298に。
これには、びっくり。

1万円両替で、2930バーツが2980バーツになるってことですから。
たった50バーツですが、10万円両替すれば、500バーツ違うわけです。

1万円両替で、昼飯1回分。
10万円両替で、昼飯10回分です。

こうなると、もうお尻のあたりがムズムズと。
もう自宅でじっとしてるわけにはいきません。

両替所へ、急ぎましょう。



両替所は、毎度おなじみのチョンノンシーのスーパーリッチ。

まずは、掲示板でレートチェック。
0.298以上になっていることを期待したものの、0.297でした。

残念!

まあ、しょうがないですね。
為替は日々動いているものですからね。

今回は奮発して、30万円を両替。
89,100バーツになりました。

そうそう以前、両替出来なかった、汚れた1万円札がありましたよね。

その時の記事は、ここ。

あの1万円札ね。
今回の両替で、30万円の中にしれっと含ませておきました。

再び拒否られるのか?
気になるところです。

で、結果。

やっぱりダメでした。
スーパーリッチ、それだけきっちりしているってことで。

両替したバーツは、早速近くのバンコク銀行に預金。
これで、今後レートが悪くなっても、しばらくは預金の切り崩しで生活できそうです。

今は、まさしく円高バーツ安傾向。
来週早々にも、0.3に届くかも知れませんね。

だけど、おいらの日本への一時帰国も間近なので、今滞在での両替は昨日で打ち止めになるかもです。

折角、為替が動き出している時に、日本に帰らないといけないのは、ちょっと後ろ髪を引かれるかな。
次バンコクに来るのは、おそらくコロナが落ち着いてきた時になると思うんで、そうなるとまたバーツ高になっちゃいそうだから。

う~ん、中々うまくいかないわ。



両替を終えて。

天気も良かったので、ロットファイ公園の例のブーゲンビリアを見に行きますか。
もう満開のはずだから。

以前の記事は、ここ。

BTSを乗り継いで、モーチットへ。
そして、ロットファイ公園へ。

Img_20200306_1456071

そして、昨日のブーゲンビリア↓
Img_20200306_1457241

全然ダメ!
2年前の、あの満開のブーゲンビリアは、一体何だったの?です。

今滞在で、3回通ってわかりました。

結論:ブーゲンビリアは、毎年同じように咲くわけでは無い!

残念だけど、なんかスッキリです。



そして、自宅への帰り道。

BTSパヤタイ駅で、若者4人組が乗り込んできました。
しかも中国人。

なぜ中国人ってわかったの?
って、大きな声で中国語でおしゃべりしてたから。

車内は結構混雑していて、おいらのすぐ横に、その中国人たち。
完全に濃厚接触の距離内でした。

こんな時期だけに、やっぱり気になるよね。

少し息を止めたりして、その場をしのいでいたら、隣のラチャテウィ駅で降りて行きました。
なんか、ホッ!

でも、タイ人にしてみたら、今は日本人も怪しい存在なはず。
きっと、おいらも中国人と同じようにみられてるんだろうなぁ。

やっぱり、予定通りのフライトで、日本に帰ろう。

にほんブログ村

 

2020年3月 5日 (木)

帰る?帰らない?

おいら、予定通りなら、来週の水曜日に日本に戻る予定です。

Airplane1

飛行機はJAL。
チケットは、バンコクに来る前に購入していました。

もちろんエコノミーで、
・便の変更は出来ない
・キャンセルする場合はキャンセル料がかかる
そんなチケットだったんですが。

JALのサイトで「新型コロナウィルス拡大に伴う国際航空券の取り扱いについて」と題して、こんな発表が↓

対象航空券
以下の条件に当てはまる日本航空で発券された131で始まる航空券

対象便:日本発着全便

  1. ご購入(発券日)
    2020年2月28日(金)までに発券済みの上記対象便を含む航空券
  2. ご搭乗予定日
    2020年2月28日(金)〜3月19日(木)


航空券の払い戻し・変更について

1.払い戻し

運賃規則にかかわらず取消手数料なしで払い戻しを承ります。

  • 航空券ご購入時もしくは変更時の航空券取扱手数料の払い戻しはできません。

なお、JALにて直接航空券をご購入され、上記対象航空券に該当する未使用航空券であればご出発の前日23:59分までJAL Webサイトにて、取消手数料なしで払い戻しが可能です。

搭乗予定日を過ぎた場合でも条件にあてはまる場合は以下期間内でお電話にて払い戻しの特別取扱を実施いたします。

〔旅行開始前〕発券日から130日以内

〔旅行開始後〕旅行開始日から130日以内

  • JAL Webサイトで操作ができない場合や、手数料が適用される場合は、お手数ですが以下記載の問い合わせ先までご連絡ください。

2.ご予約変更

対象航空券をお持ちのお客さまは、2020年4月20日(月)までの期間内で「1回のみ」搭乗日の変更が可能です。

 

おいらの手元にあるチケット、まさに該当チケットです。

こんな発表が無ければ、別に迷うこともないんだけど・・・。

やっぱり考えちゃうよね。

1.チケットをキャンセルして、コロナが落ち着くまでバンコクにいる
2.便を変更して、帰国を遅らせる
3.便を変更して、早め日本に帰る
4.キャンセル・変更はしない

どうしようかな?



1.について。
おいらの場合、ビザもあるし特に問題はありません。
だから、このままバンコクにいようかな?そんなことが頭をよぎります。
空港での感染リスクも高いしね。
ただ、万一、バンコクでコロナに感染したら?
やっぱりバンコクでの治療は、不安があるかな。
どうせ感染するなら、日本の方がいいかも・・・なんて考えてしまいます。

2.について。
これは、いつに変更していいのか?わからないから、わざわざこれはしないかな。

3.について。
こっちの方が、可能性は高いかも。
どうせ帰るなら、早い方がいいんじゃない?ってね。
今一番真剣に考えているところです。

4.について。
特に何もしないってこと。
あと1週間だし。



ってことで、今の気持ちは、帰国を早めるか?予定通り来週に帰国するか?の2択かな。

それと今のバンコク、若干居心地が悪いです。

別に何されたわけでは無いんですが・・・。

友人に聞いた話なんだけど。
おいらの住むコンドーに、中国人が住んでいるらしく、どうも陰でバッシングが起こっているようなんですよね。
あくまで噂の域を出ないんで、なんとも言えないし、どんなバッシングかもわからないけど、こんな話が出て来るだけで、今はちょっと住み難いかも。
いずれ、日本人のおいらも、白い目で見られるかもしれないしね。
そんなことがあっての、「早く帰ろうかな?」です。

それでも、おそらく予定通りの帰国にはなると思う。
変更手続きとかも面倒だしね。
何よりまだお土産買ってないし。(笑)

ここ1週間で、出入国規制とか、飛行機の欠航とか、大きな変化が無ければだけどね。
それでも、どんなことが起きようと、慌てず騒がず冷静に対処。

それが大事。

にほんブログ村

 

2020年3月 3日 (火)

ナンピン両替中!

2月25日に10万円をタイバーツに両替したばかりなんだけど・・・。
昨日、また両替へ。

へっ?
10万円分のタイバーツ、もう使っちゃったの?

ご心配なく。
まだ残ってます。(笑)

ここのところの円高傾向で両替レートが、少しづつ良くなってきました。
なので、いつまた円安になるかわからないので、ここはナンピンで両替しておこうと思ってね。

ちなみにナンピンとは・・・。
一般的には、株式用語ですね。
保有している銘柄の株価が下がった時に、更に買い増しして平均購入価格を下げる意味合いです。

ってことで、ナンピン両替も同じ意味で使わしていただきました。
前に両替した時のレートが悪かったので、レートが良くなってきた時に、さらに両替して平均両替レートを上げてしまおうって魂胆です。



ちなみに、今滞在で両替したのが、昨日で3回目でした。

1回目は、1月21日 レートは 0.2755

2回目は、2月25日 レートは 0.2845

3回目は、3月  2日 レートは 0.2880

ねっ、わずかだけと徐々に円高バーツ安になってるでしょ。
こんな時は、ちょびちょび両替するに限ります。

で、昨日は、19万円をバーツに両替。
レートが、0.288ですから、54,720バーツ。

今滞在の平均レートを、少しだけ押し上げられました。
まだまだ低いですけどね。



それにしても、19万円とは、なんて半端な額を。
そう思いますよね。

そこには、深~い理由がありまして。

おいら、実は20万円を両替するつもりだったんですよ。

それで、20枚の1万円札を、担当者に渡したら・・・。

これは、両替出来ないと↓
Img_20200302_1523421

1枚だけ戻されてしまったのです。

へっ?なんで?

1万円札の透かし部分を指さされ↓
Img_20200302_1524101

えっ!もしかしてニセ札?

って、一瞬そう思ったんですが、よく見ると↓
Img_20200302_1524191

汚いからダメなんだって。

なんだよ!
両替されたタイバーツ札だって、かなり汚いよ!
は、心の声。

黙って、この1万円札を引き取り、19万円だけ両替したってわけです。

全然、深~い理由では無かったですね。m(__)m

汚れた札は、両替時要注意です。



新型コロナウィルスで、日本とタイの経済、どっちが大きな打撃を受けるか?
それによって、今後の為替レートにも影響が出そうです。

一時帰国まで、あと8日。
だから両替チャンスも、わずかしかありませんが。

円高バーツ安がさらに進めば、また両替しちゃいますよ。
今滞在の平均両替レート、さらに押し上げたいからね。

にほんブログ村

 

2020年3月 1日 (日)

またまた「ネームヌアン」

昨日の夕方。
友人が、大きな箱を抱えてやってきた。

その箱が、これ↓
Img_20200220_1821551

แหนมเนือง
おいらのブログでは、毎度おなじみのネームヌアンです。

ってことは・・・。

以前から、おいらのブログを読んでもらっている方なら、もうおわかりですね。(笑)

そう、ウドンタニーのお土産です。
友人、5日ほど故郷に戻っていたんだって。

どおりで、しばらく顔を見せないと思ったわ。(笑)



ってことで、昨日の夕食は、自宅で友人とネームヌアン。

珍しく包丁を持っての調理です。
って言っても、ただ、洗って切るだけですが。(汗)

Img_20200220_1923051


水に浸して柔らかくなったライスペーパーに。
いろいろな野菜と豚肉のチクワみたいなのを乗せて。
そしてナムチムで味付け。

それを、一口でパクッ!

Img_20200221_1932511

口の中は・・・。

甘い!
酸っぱい!
辛い!

複雑に絡み合うのが、タイの味。

野菜もたくさん摂れて、大満足の夕食でした。

旨かった!!



それと、おまけに・・・。

これと↓
Img_20200221_1106001

タマリンドの塩漬け?
これは、ウドンタニーじゃなくて、ペチャブーンの名物ね。

ウドンタニーに親戚が集まったらしくて、その時に貰ったんだって。
そのお裾分けです。

それと、これも↓
Img_20200221_1105121

これは、煎餅みたいなやつね。
友人のお姉さんが、焼いてくれたんだそう。

友人、子供の頃はとても貧しくて、いつもお腹を空かしていたんだそうな。

そんな時に、お母さんが良く作ってくれたんだって。
友人にとっては、母親の味なんだね。

とても素朴な味。
そして、なんか懐かしい味がしました。

ふるさとの味。
母の味。

それだけで、美味しいに決まってるよね。

 

にほんブログ村

 

2020年2月28日 (金)

タイの文化は変わるのか?

前回記事の続きになりますが・・・。

7分咲きのブーゲンビリアを見た帰り道。
お腹も空いたので、JJモールのフードコートでメシにすることに。

JJモールには、サパーンクワイに住んでたときに何度も通った、お気に入りのフードコートがあるのです。

Img_20200225_1238491

何食べよう?

そして、選んだのが、これ↓
Img_20200225_1231121

クイッティアオ。
わんたんとチャーシュー入りにしました。

相変わらず、美味でした。



食事をしながら、ふとテーブルの上に目をやると・・・。

何やら赤いシールが貼ってありまして。

最初は、気にも留めて無かったんですが、良く見てみたら↓
Img_20200225_1239021

「自分で片してね!」のシール。

どこに片付けるの?

周りを見渡すと、有りました↓
Img_20200225_1240471

ここに自分で片付けるのね。

日本人からしたら、何の問題もありません。
自分で片付けるなんて、むしろ当たり前ですからね。

でも、タイでは画期的?



おいらが、タイに初めて旅行で来たのが、2006年。
今から14年前でした。

どこかのフードコートで食事をした時のこと。

食べ終わって、食器を自分で片付けようとしたら・・・。

その時のガイドが
「タイでは食べ終わった食器は、そのままでいいんですよ。片付けは、専門の人がいるので、その人の仕事をとってしまうことにもなるんで」って。

ちょっとカルチャーショックでしたね。
「片付けする人の仕事を取ってしまう」ってのはね。

あれから、14年。
今では当たり前に、食器を自分で片付けようともしなくなりましたが。(笑)

そんなタイだったので・・・。

JJモールの机に貼ってあった、赤いシールを見て「ついに来たかっ!」って感じになりました。
周りを見渡すと、食べ終わった食器をそのままにしている人が、大半。
まだ自分で片していいる人は、少数派でしょうか。

今はまだ、おいらが良く行くフードコートには、「自分で片付けてね!」の所はありませんが、いずれは変わって行くのかなぁ?

果たして、自分で片付ける文化は、タイに根付くのか?
ちょっと興味ありです。

でも、なぜか寂しい気持ちにもなりましてね。
経済発展とともに、いろいろ変わって行くのが当たり前のことなんだけど。

なんだろう? この気持ち。

「タイには、あまり変わって欲しく無いなぁ。」
そんな気持ちが、おいらの心の根底にあるんでしょうね。

なんか自分勝手だね。

 

にほんブログ村

 

より以前の記事一覧

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック