映画・テレビ

2020年3月13日 (金)

機内と羽田空港の様子

一昨日、約2ヶ月のバンコク暮らしを終え、無事日本に戻ってきました。

前回は、スワンナプーム空港の様子を書きましたが、今回は、機内と羽田空港の様子を書きましょうか。

搭乗機は、JAL032便
スワンナプーム空港9:55発(タイ時間)
羽田空港17:30着(日本時間)

↓この飛行機で、日本に帰ります。
Img_20200311_0922341


定刻通りに機内に搭乗。

空席率は、70%くらいかな。
やっぱりガラガラでした。

今まで、何十回と乗ったバンコク⇒日本の便。
こんなに空席がある便に乗ったのは、今までで初めてかもです。
昔のジャンボでも、こんなに空席は無かったような。

クラスは、もちろんエコノミー。
座席は、3×4×2の、配列です。

こんな感じね↓

窓□□□ □□□□ □□窓
窓□□□ □□□□ ■□窓
窓□□□ □□□□ □□窓

おいらが確保した席は、2列席の通路側(黒塗りヵ所)。

座った席から隣の4列席を撮った写真↓
Img_20200311_0947241

あはっ!
誰もいない。

横もそうだけど前後の2列席も、すべて空席。
これなら、隔離された環境ぽいので、安心感が半端ねぇです。

と、思ったら・・・。

途中から欧米系外国人の男女二人組が、4列席に移ってきました。
しかもその二人組、マスクしてないし。

残念!

それなら、おいらも、窓側の席にすかさず移動です。
人との距離を少しでも遠ざけるためにね。

CAさんは、全員がマスク姿。
それとビニールの手袋も嵌めてました。

それでも、食事や飲み物のオーダーを取る時に、顔を近づけないといけないので、マスクしてても怖いでしょうね。
おいらも、CAさんとは濃厚接触です。

まぁ、機内食を食べたてたら、すっかりコロナのことなど忘れてしまいましたが。(汗)

食事が終われば睡眠タイム。
でもおいらは、どっぷり機内映画に没頭です。

そして、気が付いたら窓の外には、三宅島?↓
Img_20200311_1452441

そして、君津の工場地帯が見えたら、もうすぐ羽田空港に着陸です。
Img_20200311_1508581

やっぱり窓側の座席は、いいね。

今回は、2席独占でとても快適なフライトとなりました。
これなら、あと5時間は乗れるかもです。(笑)

ちなみに、今回のフライトで観た映画は・・・。

1本目、ジュマンジ/ネクスト・レベル
2本目、ジョーカー

ジュマンジは、笑えるし。
ジョーカーは、切ないし。

どっちも、面白かった。



ほぼ定刻に羽田空港に到着。
いよいよ日本に入国です。

ニュースを見る限り、かなりセンシティブになっているように感じたので、どれだけ厳重にチェックされるのか?
気になるところです。

ちなみに、機内で配られた用紙は、「携帯品・別送品申告書」1枚だけ。
いつもと同じやつね。

他に体調に関する書類とかもあるのかな?って、思ってたんだけど、それは特にはありませんでした。

熱チェックはあるかな?
額とか耳に機械を当てて、一人づつ測るとか。

でも、それも特になし。

検閲を通り過ぎる時に、センサーで熱を測っているだけでしたね。
これって、以前前から有ったような。

なので、立ち止まって何かされる(何か聞かれる)ってのは、一切なし。

呆気ないくらい、スムーズに日本入国でした。
あまりに何もされなくて、逆にこっちが心配になるほどです。

水際対策、大丈夫かな?



日本に戻って、今日で2日目。

テレビのニュースは、コロナコロナ。
内容は、不安を煽ることばかり。

これじゃ、パニックを起こす人が出るのも、仕方ないね。

もうテレビを見るのは、止めよう!
ニュースは、ネットで充分だわ。

にほんブログ村

 

2019年12月25日 (水)

クリスマスイブにスターウォーズ

昨日は、クリスマスイブ。
ちょっと野暮用で、東京へ。

街はすっかり浮かれ気分でしょうか。
浜松町駅の小便小僧も、クリスマスバーションでした。
Img_20191224_1428591

野暮用を終え。

折角都会に行ったんで・・・。

何しよう?
って、別に思い浮かばないや。

そんな時は、映画!

えっ?
この前「ターミネーター ニューフェイト」を観たばかりじゃん。

その記事は、ここ。

また映画かよ!
そう言われてしまいそう。(汗)

でも、この時期は正月映画が目白押し。
観たい映画が、たくさんあるのです。



で、観たのが・・・。

「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」

Img_20191224_1341141_20191225090801

今作は、
「スターウォーズ フォースの覚醒」
「スターウォーズ 最後のジェダイ」
に続く、3部作の完結編ですからね。

観ないわけには行きません。

12月20日に始まったばかりなので、館内は大入りでした。
 普段映画は後方の席で観ることが多いんですが、昨日は3列目。
スクリーンを見上げる形での鑑賞となりました。

相変わらず大人気な、スターウォーズ。
ターミネーターに爪の垢でも飲ませてあげたいです。(笑)

今作の一番の見所は、主人公レイの出自がはっきりするか?
でしょうか。

一体何者?
前2作品では、かなりモヤモヤさせられましたからね。

それで、レイの生い立ちですが・・・。

ネタバレになるので、ここに書くのは控えましょう。m(__)m

まあ、一言で言うと・・・。

そう来たか!です。
まあ、ストーリー的にはそれだよね。

歯が詰まったような言い方で、ゴメンナサイ。

それと、結末・・・。

スカイウォーカー家絶滅!
からの~大どんでん返し。

だからのサブタイトル「スカイウォーカーの夜明け」なのね。

かなり面白かったです。
ぜひ劇場で観て欲しいかな。



今作でスターウォーズは、9作目。
(スピンオフ作品を含めると、かなりの数になると思います。)

最初の製作からだと、40年以上にもなるんだね。
おいら、スターウォーズとともに生きてきたようなもんです。(汗)

近年の三部作で、スカイウォーカー家を軸にして一連の作品は一応完結ですかね?
次からストーリーは、どう変わるのかな?

それが気になるところです。


にほんブログ村

 

2019年12月15日 (日)

「ターミネーター ニューフェイト」を観て。

先日、「ターミネーター ニューフェイト」を観てきました。
今回の作品は、ターミネーターシリーズの6作目だったかな?

ターミネーターといえば、やっぱりターミネーター2が秀逸でしたよね。
一番最初のターミネーターは、あまり印象が無いんだけど、2だけは鮮明に覚えています。
1991年の作品でしたから、あれから28年にもなるんですね。
その後、3.4.5と続きましたが、どれもイマイチだったのは、やっぱり2が偉大過ぎたせいでしょうか。

果たして今作は、どんな出来?

↓このポスターでもわかるように、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが28年ぶりの登場です。

Terminatornewfate201911

しかも、サラ・コナー役そのままでです。
28年経った、サラコナー、どんな姿を見せてくれるのでしょうか。
それも楽しみです。

ただ・・・。

映画の評価は、かなり低いです。
う~ん、どうなっちゃってんだろう?

その辺のところも、しっかりと確認しないとね。



まず衝撃的だったのは・・・。

館内はガラガラ。
平日の朝一だったからか?
評判の悪さがそのまま影響しているのか?

そして、映画が始まり・・・。

冒頭のシーンから頭の中が?マークに。
えっ!なんで?な、シーンでした。


※以下ネタバレありです。
これから見に行く予定の人は、これ以上は読まないでね。


どんなシーンだったかというと・・・。

回想シーンだったんですが。
サラコナーの息子(ジョンコナー)が、シュワちゃん(T-800)に殺害されるんです。

ターミネーター2のラストシーンは、サラコナー親子とT-800(シュワちゃん)は仲間だったはずなのにね。
まさに、えっ!なんで?だったのです。

そうもしないとリンダハミルトン(サラコナー)を出演させる意味が無くなっちゃうからなのかな?
そんな印象でした。

まあ、あとは毎度おなじみのシーンが続きます。
撃っても、爆破しても、溶かしても、何度も何度も復活するターミネーター。

ターミネーター2の時は、それが恐ろしくも感じたもんですが、今見ると「またかよ!」な感じは否めません。
ストーリーも単調だし、低評価も仕方ないか。

救いは、サラコナーに代わりそうな二人の新ヒロイン(ダニーとグレース)の登場でしょうか。
今後のターミネーターは、彼女たちが引っ張っていくのかな?
それはそれで楽しみだったりもします。


それにしても・・・。

アーノルドシュワルツネーガーもリンダハミルトンも歳を取り過ぎました。
「もう頑張らなくてもいいから!」そう言ってあげたいくらいです。(笑)

って、おいらもすでに61歳。
ターミネーター2の時は、33歳だったんだね。

あの頃のおいらは、典型的な企業戦士。
会社のために、身を粉にして働いたっけ。

でも、今のおいらは、全然頑張ってないし。

もう少し頑張れよ!

って、何に?

自問自答です。

にほんブログ村

 

2019年11月21日 (木)

日本に戻りました

今年3回目のバンコク暮らしを終え、昨日の夕刻に日本に戻ってきました。

スワンナプーム9:55発のJAL032便。
深夜便が苦手、そして羽田行が都合が良いので、この便を使うことが一番多いかな。
朝、もう少し遅いと、いいんだけどね。

昨日の朝は、5時30分起床。
6時にコンドーを出発。
7時には、空港に到着です。

空港へは、友人に車で送ってもらいました。

チェックインを済ませ、朝食をスターバックで。
これも毎度のパターンです。
Img_20191120_0659331

パン2つとコーヒー2杯で、520バーツ。
値段にビックリも、毎度のパターンです。(笑)

1時間ほどのんびりして、友人とはここでお別れ。

保安検査とイミグレを抜け、制限エリア内へ。
イミグレは、ちょっと混んでたかな。

土産売り場を冷やかしたり、パソコンを弄ったりしてたら、出発時刻に。

Img_20191120_0912311

飛行機に座ってるだけで、勝手に日本に運んでくれるから楽ちんです。



機内では・・・。

これも、毎度の同じパターンです。

機内食をいただいて
Img_20191120_1140391

映画を観てたら
Img_20191120_0944202

あっという間に、羽田空港に到着です。

今回観た映画は、2本。
観たい映画がたくさんあったので、どれを観るか選ぶのもまた楽しです。

1本目は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
162分の長~い映画です。

監督は、クエンティン・タランティーノ。
レオナルド・デカプリオとブラッド・ピットのW主演。
もう面白いに決まってます。

2本目は、これ↓
Img_20191120_1306431

日本未公開の「スチューバ―」。
この映画、まったく知らなかったんですが、「Uber運転手と破天荒な刑事のドタバタ追跡劇」のサブタイトルに惹かれてね。
それと上映時間も94分とちょうど良かったんで。

あまり期待しないで観たんですが・・・。
いや~、面白かったです。
機内で観るなら、この位の軽い映画が、いいですね。

まだ日本では観られない映画。
ちょっと得した気分です。



日本の友人にタバコを買って帰らないと。
前回は、羽田空港の荷物受け取り場所にある、免税店で購入したんですが・・・。

読者さんから、機内でタバコが買えること。
それと、JALカードだと割引があることを教えていただいたので、それなら機内で買わないとね。

「メビウスライト8は、ありますか?」ってCAさんに聞いたら「ありますよ」って。

やった~!
ありがとう読者さん。

だったんですが・・・。

CAさんが持ってきたのは「メビウススーパーライト6」。
「申し訳ありません、これしか有りません」だって。

あちゃ~!
残念!

「メビウスライト8」でも「メビウススーパーライト6」でも、どっちでも良さそうな気はするんだけどね。
友人、どうも拘りがあるようで。

結局また羽田空港で購入です。

今回は、日本への持ち込み可能上限のツーカートン。
Img_20191121_1047571

1カートン3,100円×2=6,200円。
高くなったね~、タバコ。

今回は、お土産じゃなくて、きっちり回収させていただきます。



ってことで、無事に日本に到着。
再び日本で普通の暮らしが始まりました。

次のバンコク暮らしは、おそらく1月中旬ごろからになる予定です。

それまでは、なんとか寒さに耐えます。(笑)

にほんブログ村

 

2019年11月 1日 (金)

タイ版「料理の鉄人」、テーマ素材にビックリ仰天

一昨日の夜のこと。
テレビを見ながらくつろいでいたんですが・・・。

その時、偶然に観た番組が、これ↓
Img_20191029_2350091

IRON CHEF(アイアンシェフ)
そう、タイ版「料理の鉄人」です。

懐かしいですね~。
日本で放送してたのは、もう何年前でしょうか。

和の鉄人、道場六三郎
フレンチの鉄人、坂井宏行
中華の鉄人、陳健一

この3人鉄人は、今でも名前がそらで言えるほどですから。(笑)
それと、審査員だった岸朝子さんの「おいしゅうございました」。
品があるフレーズが新鮮でした。



で、一昨日の番組ですが・・・。

対戦は↓
Img_20191030_0004441

3人対1人の変則マッチでした。
右側の人が鉄人なんでしょうね。

右側の人、どこかで見たことがあるような。
なにで見たのか思い出せなくて、ちょっとモヤモヤ。

それで、テーマ素材なんですが・・・。

ビックリ仰天です。
笑っちゃいますよ。

だって、これですから↓
Img_20191029_2350441

なんだかわかります?

ブタの鼻!
ブタの鼻ですよ!

なんかタイらしい。(笑)
ブタの鼻で、どんな料理が出来上がるのか?
楽しみです。

調理の制限時間は、15分。
それぞれ5品ずつ作ってました。

それでは、どんなブタの鼻料理が出来上がったのか、たっぷりとお楽しみください。

1品目
挑戦者は、これ↓
Img_20191030_0005411

鉄人は、これ↓
Img_20191030_0005451

2品目
挑戦者は、これ↓
Img_20191030_0008081

鉄人は、これ↓
Img_20191030_0008141

3品目
挑戦者は、これ↓
Img_20191030_0010321

鉄人は、これ↓
Img_20191030_0010371_20191031220101

4品目
挑戦者は、これ↓
Img_20191030_0012521

鉄人は、これ↓
Img_20191030_0012561

5品目
挑戦者は、これ↓
Img_20191030_0015111_20191031220401

鉄人は、これ↓
Img_20191030_0015161_20191031220501


どうです?
どちらも、美しく出来上がりましたね。
まず目で楽しませる。
これが、一流シェフのなせる技でしょうか。

どれも、食べた~い!

ちなみに、鉄人の5品目は、たこ焼きならぬムー(ブタ)焼きだそうです。
審査員全員、旨そうに食べていましたが、ブタの鼻が入っているたこ焼きもどきは、ちょっとね。(笑)

でも、どれもブタの鼻の影も形も無くなってしまったのは残念でした。
一品くらい、そのままの形で出して欲しかったなぁ。(笑)


それで、勝敗ですが・・・?

審査員は、この方々↓
Img_20191030_0005081


勝者は・・・。

鉄人!!

見てても妥当な気がしました。
挑戦者の方は、見映えに凝りすぎた感じがしたのでね。

それにしても、まったくのパクリ番組。
でも、中々面白かったです。

タイのテレビ番組、いくつか好きな番組があるんですが、この番組も仲間入りです。
タイ語がわからなくても、楽しめる番組としてね。

毎週やってるのかな?

にほんブログ村

 

2019年9月14日 (土)

朝からウキウキした気分に

前回のバンコク滞在くらいからでしょうか。
なんかウキウキした気分にさせてくれる歌が、良くテレビで流れてくるんですよ。

どんな歌かと言うと・・・。

みんなにも聞いて欲しくて、YouTube で探しましたよ。(笑)

↓これです。まずは聞いてみてね。




 

どうですか?

「ボランティアをしましょう」
そんな歌だとは思うんだけど・・・。

冒頭のドラムと笛の音が聞こえてくるだけで、ウキウキした気分になりませんか。
タイ語の歌詞も耳に心地いいし、一緒に大きな声で歌えば、それだけで元気はつらつです。(笑)

毎朝この歌を聞くと、「今日も1日頑張ろう!」って。
そんな気分にさせてくれるんですわ。

動画の絵柄もカワイイしね。(^_-)-☆


にほんブログ村

 

 


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1418027388342537"
data-ad-slot="6468647001">

 

2019年9月 6日 (金)

バンコク到着

昨日、15時頃に無事スワンナプーム空港に到着しました。
今回も羽田空港からセントレア空港経由でのバンコク入りです。

羽田 8:15発 ⇒ セントレア 9:15着
セントレア 10:25発 ⇒ スワンナプーム 14:15着

エアラインはJALで、こんなタイムスケジュールです。

このフライトの何が良いって、スワンナプーム空港に昼間に到着するのが良いんですよね。
深夜便や夜遅くに到着するのが苦手なもんでね。

成田→バンコクは、昼間のフライトが無くなってしまったし、羽田→バンコクは昼間の便はちょっと高い。
だから、ここ最近は、セントレア経由が多くなっているのです。



自宅からは、京急で羽田空港へ。

朝の5時起きでした。
まあ、ジジイですから早起きは、無問題です。

羽田空港での朝食↓
Img_20190905_0646101

たまごかけご飯とミニ蕎麦。
シンプルだけど旨いんだな~、これが。

そして、定刻に出発。
って言いたいところだけど、飛行機の整備の遅れとかで20分ほど待たされました。

Img_20190905_0756341

セントレアでは乗り換え時間が1時間10分しか無いので乗り換えの唯一の不安は、羽田からセントレアへの便が遅れることです。
もし、セントレア⇒バンコク便に乗れなかったら、どうなるんだろう?
JALのサイトで通しでのチケット購入なので、最悪セントレアで乗り遅れても何とかしてくれるとは思うんだけどね。

セントレア空港にも、20分遅れで到着。
でも、バンコク便には、間に合いそうだね。

セントレア空港内を速足で移動。
保安検査を抜けイミグレを通過。

そしたら・・・。

バンコク便も、デレイだって。
速足で移動することも無かったね。

セントレアからのバンコク便は、30分くらいの遅れで離陸。
ちょうど先島諸島に台風が来ていて、その影響があったみたいです。

バンコク便の機内では・・・。
楽しみは、機内食と映画。

今回の機内食↓
Img_20190905_1221361

メインは「牛バラ肉とトマトのピリ辛煮込み」だってさ。
正直、今回の機内食はイマイチでした。

映画は・・・。

1本目↓
Img_20190905_1051141
「ザ・プロフェッサー」

日本未公開の映画です。
機内映画の楽しみは、こんなとこにもあるんですよね。
日本でまだ上映されていない映画が観られるんだからね。

まあ、内容はイマイチでしたけど。(笑)


2本目↓
Img_20190905_1341371
「スタンド・バイ・三―」

何を今更でしょうか。(笑)
もちろん、昔に観たことがことがあるんだけど、なぜかまた観たくなってしまったもんで。
こういった古い名作も観れるのもまた良い。

内容は、「言わずもがな!」。
ガキの頃を思い出させてくれる映画だよね。
そして音楽がまたいい!


3本目↓
Img_20190905_1052141
「ホームステイ ボクと僕の100日間」

2019年10月日本公開予定のタイ映画です。
タイ語を耳に慣らしておこうと思ってね。

ただ、この映画、137分と長~い映画でした。
全部観終わる前にバンコクに到着という、大失態。
帰国便で続きを観ることにしましょう。



バンコクには、出発の遅れのまま約30分遅れで到着。
結局、羽田の出発便の遅れが、そのままバンコクまで引きずった感じですね。

スワンナプーム空港のイミグレは、今回もスムーズでした。

ビザの期間まで居られるスタンプが押されているかを確認。
Img_20190906_1046221

大丈夫ですね。
ちゃんと「UNTIL 13-FEB-2020」のスタンプが押されていました。

機内預け荷物も、そんなに待つことなく、税関も相変わらずのスルー。
すべてに順調でした。



空港から、自宅へは・・・。

今回は、空港に友人が迎えに来てくれています。
有難いね~。

途中、かなりのスコールで、ちょっと渋滞に嵌まってしまいましたが・・・。

Img_20190905_1738141

夕刻には、コンドーに到着。

そして、友人と夕飯。
ソムタム、コームーヤーン、ラープムー・・・などなどを。
やっぱり、タイ飯は旨いわ!

でも、久しぶりに辛い物を食べたので、昨晩はその洗礼が。(笑)
夜中に3回も起きる羽目に・・・です。



今回のバンコク滞在は、11月20日までの77日間。
いつもより、ちょっとだけ長めです。

どんなバンコク暮らしになるのか?
まあ、特に何することも無いんので、毎度のことですが。

とりあえず健康に気を付けて、のんびりとバンコク暮らしを楽しみます。

 


にほんブログ村

 

2019年8月 8日 (木)

暑い夏は映画を観てスカッとしよう!

こう暑い日が続くと、どうしても引き籠りがちになってしまいます。
外出は食事や総菜を買いに行くだけ。
あとはクーラーの効いた部屋で、ぐうたらしている毎日です。

でも、たまには外出したくなるもんで・・・。

暑さが回避できて、そして楽しめるとこ。
それにぴったりなのが、映画鑑賞でしょうか。

ってことで・・・。

昨日は8月2日から上映が始まった「ワイルドスピード スーパーコンボ」を観てきました。

通常料金1900円のところを、シニア割で1200円。
この前まで1100円だったのにね。
値上がりしたようです。

日本もバンコクも値上げ値上げ。
収入が無く預貯金で暮らしている者にとっては厳しい現実です。

だからと言って、我慢ばかりしててもしょうがないです。
適度に我慢して適度に楽しむ。
この位の余裕は必要です。



「ワイルドスピード スーパーコンボ」は、シリーズ9作品目です。

Photo_20190807175601


ワイルドスピードって言えば、ドミニク役のヴィンディーゼルとブライアン役のポールウォーカーが欠かせませんが・・・。

↓右がヴィンディーゼルで左がポールウォーカーね。
2776971

でも、今作には、二人とも出ていません。
そもそも、ポールウォーカーは、不慮の事故で亡くなってしまったので、永遠に姿を見せてくれることはありませんが。(涙)

今作は、ホブス役のドゥエインジョンソンとショウ役のジェイソンステサムが主役です。
この二人の破壊力も抜群ですから、どんなワイスピを見せてくれるのか?
楽しみでした。



映画の内容は・・・。

ワイスピと言えばカーアクションが見せ所ですが、今作はちょっとばかり趣が違いましたね。
まあ、「ありえねぇ!」シーンの連発は、相変わらずですが。(笑)
本来ハラハラドキドキシーンのはずなのに、なんか笑けてしまうのは、主役二人の持ち味が出しょうか。

あとは観てのお楽しみってことで。(ゴメンナサイ)

ワイスピ感は薄いけど、アクション映画としては楽しめます。
あっという間の130分。
冷房の効いた館内で、超絶アクションを見るだけで、スカッとすること間違いなし!です。

でも、やっぱりヴィンディーゼルが出ていないワイスピは、「ワイスピじゃねぇ!」でしょうか。

 


にほんブログ村

 

2019年8月 5日 (月)

歴史的な日

全英女子オープンゴルフで、渋野日向子選手が歴史的快挙を成し遂げました。
日本人選手のメジャー制覇は、全米女子プロを制した樋口久子選手以来、42年ぶりだそうです。

女子ゴルフは韓国勢がとても強くて、最近はあまり見る気がしていなかったんですよね~。

なので「渋野日向子」誰?
そんな状態でした。

「3日目を終えて首位!」そんなニュースを見たので、とりあえずテレビ観戦です。
でも「どうせ順位は落とすんだろうな・・・。」そう思ってたんですけどね。
日本人、いいところまで行っても、中々勝てないですから。

首位でスタートしたものの、案の定3ホール目で、4パットのダブルボギー。
やっぱり「メンタル弱え~!」が、最初の正直な感想。

しか~し。

そこからが凄かった。
アウトの9ホールは、我慢で凌いで、インに入って大爆発。
最終ホールをバーディで締めくくっての1打差勝利。

しびれましたよ。

優勝争いから脱落したら、途中で寝ようかなって思ってたんですが・・・。

試合が終わったのが、日本時間で夜中の3時頃。
それからインタビューやらを見ていたら、こっちが興奮して中々寝付けなくなっちゃいました。

渋野選手、若干20歳。
昨年プロテストに合格して、初メジャー挑戦での勝利だそうです。
もう、すごすぎです。

欲が無かったのが良かったのかな?

ラウンド中におにぎりを食べたり、お菓子を食べたり・・・。
そして笑顔がかわいい。

オジサン、すっかりファンになっちゃいました。
日本女子ゴルフ界に、新たなスター誕生です。

 


にほんブログ村

 

2019年5月 6日 (月)

再びバンコク暮らしの始まりです

昨日の夕刻にバンコクに戻ってきました。
2019年2回目のバンコク暮らしの始まりです。

とりあえず、昨日のバンコクへの途を時系列で紹介しましょう。

飛行機はJAL。
羽田 8:15発 ⇒ セントレア 9:15着
セントレア 10:25発 ⇒ スアンナプーム 14:15着

東京から何故わざわざセントレアでの乗り継ぎ便にしたのか?

名古屋に特に用があったわけではありません。
飛行機代とバンコクの到着時間が、一番都合が良かったってことです。

おいら、とにかく夜便が苦手なもんで、夕方にバンコクに到着したいのです。
そうすると、選択肢が限られてきます。
もちろん、JAL以外のフライトを考慮すればいいんでしょうが、JALのマイルの縛られているもんでね。

そうすると、羽田か成田発で夕刻にバンコクに到着する便は、羽田11:20発スワンナプーム15:40着の1便しかなんですよね。
もちろん、この便が一番都合がいいんですが、この便だと6500円くらい高くなるんですよ。
セントレア経由の方が安いという矛盾。
なんか変だよね。

以前は、成田11時頃発でスワンナプーム空港に夕方に到着する便があったんですけどね。
残念ながら無くなってました。

ってことで、セントレア乗り継ぎ便を余儀なくされたってわけです。
でも、この選択が大成功。

とても快適なフライトになりました。



まずは羽田空港での朝食。
卵かけご飯とミニそば。
Img_20190505_0635071

これで650円はどうかと思うけど、美味しくいただきました。
そして、ほぼ定刻にセントレアに向けて離陸。

快適なフライト、その1。

バルクヘッド席が選択できました。
しかも窓側席、向かって左側、富士山が見える側です。

なので、足元ゆったり。
Img_20190505_0800531

富士山もすぐそこに見えました。
Img_20190505_0848591

羽田⇒セントレアは、1時間くらいのフライトなので、わりと低空で飛ぶんですね。
だから、富士山以外の山々も良く見えます。

Img_20190505_0853011

こんな景色を見えて値段は安い、多少遠回りであってもセントレア経由、結構好きです。

窓からの景色を堪能していたら、あっと言う間にセントレア空港に到着です。
セントレア空港での乗り継ぎ時間は、約1時間。
もう何度もこの路線を使っているので、何ら迷うこともありません。
余裕で、セントレアの国際線に移動です。



セントレアでお土産を調達してら、すぐに搭乗時刻です。
Img_20190505_0948121


快適なフライト、その2。

この便も、バルクヘッド席をとることが出来たのです。
飛行機を予約した段階では、バルクヘッド席は開放されていなかったので、後方の通路側席を選択していました。
フライト3日前に、座席を再チェックしたら、バルクヘッド席が開放されたようで、すかさず確保です。
しかも、窓側。
バルクヘッド席なら、トイレに行く時に隣席に迷惑がかかることも無いからね。

Img_20190505_1015231

しかも、隣席は誰も来ませんでした。
これはラッキーですね。

2席使えて、窓からの景色も見られるなんて・・・。
こんな贅沢なフライト、もう何年ぶりだろう?

セントレア発のバンコク行きって結構空席があるんですよね。
成田や羽田発だと、ここ最近はほとんど満席なので、隣が空席になることはほとんどありません。
そう言った意味でも、セントレア発のバンコク行き、悪くないです。

機内食も隣席のテーブルを利用して、ゆったりお食事です。

Img_20190505_1043321

Img_20190505_1118061

Img_20190505_1136411

エコノミー席なのに、気分はビジネスなみです。(笑)

もちろん、映画もかかせません。
Img_20190505_1037252

モニターが固定式じゃなく、少し小さいのが残念ですが、しっかりと2作品を堪能。

1本目は、「ジ・アップサイド」
2012年に大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」のハリウッドリメイク版です。
「最強のふたり」も良かったけど、それ以上に面白いかもです。
フランス語の映画より英語の映画の方が観やすいです。

2本目は、「七つの会議」
池井戸潤原作の映画ですね。
いや~、これも面白かった。
すっかり会社員時代を思い出してしまったよ。
もちろん悪いことはしてないけどね。(汗)
レオパレスの不正建築なんて、まさに同じかと。

映画を2本観終わって、外を見ると・・・。

Img_20190505_1529331

入道雲が、モクモクと。

熱帯地方に来たんだね。
もうじきバンコクに到着です。

定刻少し前にスワンナプーム空港に無事到着。
Img_20190505_1554571

足元ゆったり、映画を堪能、窓からの景色も楽しんで、無事にスワンナプーム空港に到着しました。
機内を出ると、モワッとした空気。
「バンコクに帰ってきたなぁ。」
そう思わせてくれる瞬間です。

そして、イミグレでの入国審査。
酷い時には1時間くらいは待たされるイミグレ。

昨日は、まったく空いていました。
待つこともなく、係官のところへ。
そして、何も言われずにスタンプを押されてタイに入国しました。
あっけにとられるほどのスムーズさでした。



さて、どうやって自宅に帰る?
タクシーか?電車か?

日曜日は、渋滞もないから、タクシーにしようかな?
それも少し頭を過ったんですが、いつもどおりエアポートリンクとBTSそしてBRTバスを乗り継いで帰ることにしました。

そうしたら・・・。

エアポートリンクもBTSもBRTバスも全部無料。
国王の戴冠式だからだそうです。
これまたラッキーでした。

エアポートリンクの無料チケット↓
Img_20190505_1654101

BTSの無料カード↓
Img_20190505_1738441

で、無事自宅に到着したのが、16時頃。

2ヶ月ぶりのチャオプラヤ川の夕景↓
Img_20190505_1801331

あ~、帰ってきたんだな~。
再び約2ヶ月のバンコク暮らしが始まります。

どんなバンコク暮らしになるのか?
相変わらずのぐうたら生活には間違いありませんが。(汗)

そうそう、冷蔵庫の中には・・・。

ドリアンと↓

Img_20190505_1735291_1


マンゴー↓

Img_20190505_1736031 

友人が入れておいてくれました。

やっぱり旨いわ!
冷蔵庫の中が、少し臭くなったけどね。(笑)


 

 

より以前の記事一覧

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック