« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月の19件の記事

2024年3月31日 (日)

両替記録(2024年2月~3月)

手持ちのバーツが少なくなってきたので、昨日、両替に行って来ました。
両替場所は、セントラルプラザラマ3内に出店している「緑のスーパーリッチ」です。

Dsc_0242_20240331221401

今までは、シーロムの「スーパーリッチ(オレンジ)」で両替することが多かったんですが、「緑のスーパーリッチ」が、昨年の秋ごろにセントラルプラザラマ3内に新規オープンしたので、最近は、もっぱらここで両替しています。

すぐ目の前にバンコク銀行もあるので、現金をほとんど持ち歩かずにデポジットできるので、便利です。

セントラルプラザラマ3内の、バンコク銀行↓
Dsc_0263_20240331221901

便利になった代わり、シーロムに行く用が無くなってしまったので、ますます引き籠りに拍車がかかりそうですが。( ´艸`)



昨日の両替レートは・・・。

0.239でした。
20万円を両替して、47,800バーツです。
どうせなら、キリよく「0.24」にしてくれればいいのにね。

ちなみに、今年に入っての両替履歴は・・・。

2月16日:20万円を両替して、48,000バーツ(レート:0.24)
3月12日:20万円を両替して、48,000バーツ(レート:0.24)

過去2回とも、0.24でした。
昨日も0.24を狙ってたんですけど、うまく行きませんでした。_| ̄|○

なんか、200バーツ損した気分です。
200バーツあれば、50バーツのぶっかけ飯、4回食べられたのに。(*-ω-)ウンウン♪



ついでに、昨年と一昨年のレート(実績)と比較してみると・・・。

2023年の両替平均レートは、0.24746でした。
20万円が、49,492バーツだったわけです。

ってことは、20万円の両替だと、今年よりも約1,500バーツも良かったことになります。
1500バーツあったら、50バーツのぶっかけ飯30回も食べられるわ。( ´艸`)

さらに・・・。

2022年の両替平均レートは、0.27155でした。
20万円が、54,310バーツになる計算です。

ってことは、20万円の両替だと、今年よりも約6,300バーツも良かったことになります。
な、なんと、50バーツのぶっかけ飯、126回分?

これ以上計算すると、むなしくなるだけだから、ここらへんで止めとくわ。( ´艸`)



今回のバンコク滞在中での両替は、昨日で打ち止めです。

2024年は年間で、どうなるかな?
さらに悪化するようなら、防衛策をいろいろ考えないといけなくなるかもね。(^_-)-☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月29日 (金)

やっぱりイサーン料理は旨いわ

タイ料理が大好きです。
その中でも、特に好きなのがイサーン料理。

って、イサーン料理がなんなのか?
よくわかってないんですけどね。( ´艸`)

「イサーン料理屋で食べるのは、全部イサーン料理」と言うことにしておきましょうか。Σ(・□・;)



昨日も、タイ友とイサーン料理屋へ。
行ったのは、「イサーンドゥーム」という店です。

地図↓


地図のカタカナ表記は「イサーンデーム」になっていますが、敢えてカタカナにするなら「イサーンドゥーム」だと思います。( ´艸`)

さて、何を食べよう?↓
Dsc_0025_20240329222501

写真には写っていませんが、店に入った時に「チムチュム」を食べてる人がいたので↓
Dsc_0026_20240329223001

人が食べてると自分も食べたくなるのは・・・。
♪なんでだろ~なんでだろ~?

ってことで、チムチュムムー(豚肉のチムチュム)をオーダーです。

鍋に入れる野菜と豚肉、それとナムチム(つけだれ)↓
Dsc_0029_20240329224101

まずは、野菜を鍋にぶち込んで↓
Dsc_0030_20240329224201

蓋をして、しばらく放置。
Dsc_0031_20240329224501

ぐつぐつしてきたら、卵を絡ませた豚肉を鍋に投入。
そして、豚肉が煮えたら、ちょうど食べごろです。

ナムチムは、結構辛いので↓
Dsc_0028_20240329224801
ちょっとだけつけて、食べると・・・。
これが最高に旨いんですわ。

でも、暑いバンコクで、熱いチムチュム食べるの・・・。
♪なんでだろ~、なんでだろ~ ななななんでだろ~♬

最初の頃はちょっと違和感があったんですが。
今はもう病みつきです。( ´艸`)



もちろん、チムチュムだけじゃなくて・・・。

ヤムマクワ(ナスの和え物)↓
Dsc_0033_20240329225201

ムーヤーン(焼き豚)↓
Dsc_0032_20240329225201

それと、もちろんソムタムも↓
Dsc_0035_20240329225301

それらを、二人で全部平らげて↓
Dsc_0037_20240329225601
あ~、美味しかった!

お会計は、全部で600バーツ(約2500円)。
一人当たり、300バーツ(約1250円)で、こんなに満足感が得られるんですから、バンコク暮らし、当分止められませんわ。(^_-)-☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月27日 (水)

酸っぱいマンゴーに嵌まってます

最近、バンコクの市場やスーパーマーケットで、たくさんのマンゴーを見かけるようになりました。

Dsc_0243_20240327203001

でも、緑色のマンゴーって、違和感のある人も多いんじゃないでしょうか?
いかにも、甘くなさそうですもんね。(*-ω-)ウンウン♪

マンゴーは、甘い果物。
そもそも、そんなイメージ?



前回の記事で、クレット島でマンゴーを買ったことを書きました。

そのマンゴーが、これ↓
Dsc_0225_20240327202501
綺麗な緑のマンゴー
7個で60バーツ(約250円)でした。

早速、カットしてみました↓
Dsc_0126

かなり酸っぱいマンゴーでした。

でも、おいらは、願ったり叶ったりです。( ´艸`)
おいら、甘いマンゴーよりも、どちらかというと酸っぱいマンゴーの方が、今は好みなのです。

というのも・・・。

最近は、これに嵌まってまして↓
Dsc_0227_20240327221301
「ナンプラーワーン」

酸っぱいマンゴーに「ナンプラーワーン」をつけて、パリポリと↓
Dsc_0127
これが旨いのなんのって。( ´艸`)
最近、この食べ方に嵌まりまくりなのです。

「ナンプラーワーン」って、どんな味?

タイ語で「甘いナンプラー」って意味ですが、ただ甘いだけじゃないんですよね。
もちろん、辛味もあります。
それと、小さなエビとかも入っていたりで、結構複雑な味なんです。

大雑把に言うと、甘くて辛いんですが。( ´艸`)

だから、まさに酸っぱいマンゴーが、ピッタリなのです。
「甘くて辛くて酸っぱい」のが、タイの味ですからね。(^_-)-☆

ちなみに、「ナンプラーワーン」にも、いろいろな種類がありまして。

先日、買ってきた「ナンプラーワーン」が、これ↓
Dsc_0228_20240327222301
もうだいぶなくなってますが。( ´艸`)

中身は、こんな感じ↓
Dsc_0229_20240327222501
エビ、たくさん入っているのがわかるでしょ?



ってことで、最近は、酸っぱいマンゴーに「ナンプラーワーン」をつけて食べるのが、おいらのお気に入り。

酸っぱいマンゴーをカットして、冷蔵庫の中に入れておいて。
小腹が空いた時に、パリポリと食べまくってます。

でもね、たまに失敗もありまして。

酸っぱいだろうと思って買ってきたマンゴーが↓
Dsc_0111_20240327223201

切ってみたら↓
Dsc_0155_20240327223201

甘いマンゴーだったりして。( ´艸`)

甘いマンゴーも、もちろん美味いんですけどね。
「ナンプラーワーン」に嵌まっているおいらには、今は、甘いマンゴーは、およびじゃないのです。( ´艸`)

緑のマンゴーにも甘いマンゴーがあるので、要注意ってことで。Σ(・□・;)

それにしても、緑のマンゴー、中々の曲者ですわ。
「緑は酸っぱい」で統一してくれたら、わかりやすいんですけどね。(*-ω-)ウンウン♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月26日 (火)

15年ぶりの コ・クレット(クレット島)

昨日、タイ友に誘われて、ノンタブリー県の コ・クレット(クレット島)に行って来ました。
クレット島に行くのは、15年ぶりです。

なぜ、15年も前のことを覚えているのか?というと・・・。

当時の写真が、スマホに残っていたからです。
写真が無かったら、おそらく「行ったことあるなぁ」程度だったでしょうが、以前記事に書いたとおり↓

「紙からデジタルに代わっても、写真は大切です」

写真に残しておくと、過去の記憶が蘇りますからね。

15年前の写真(1)
P1010122

15年前の写真(2)
P1010120

15年前の写真(3)
P1010119

あれから15年経って・・・。

大仏と飛行機は、まだあるのか?
そのあたりが、気になるところかな。



出発進行↓
Dsc_0165_20240325211801

まず向かったのが「ワットパーククローンプラウド」って言う、長い名前の寺。

地図↓


このお寺に何しに行ったかと言うと・・・。

ただ単に、車を駐車するためです。
この寺のすぐ近くから、クレット島に渡るボートが出ているらしいので。

ボートに乗り込み↓
Dsc_0170_20240325213001

対岸のクレット島に到着間近で、パチリ↓
Dsc_0171_20240325213201
「15年前の写真(2)」に雰囲気が似てませんか?
川に電柱が建っているあたりは、15年前とあまり変化がないような?

ボートが到着したのが、ここ↓
Dsc_0173

Dsc_0175_20240325214101
「ロンシスタジオ」という、川沿いのレストランです。

中の雰囲気↓
Dsc_0185_20240325222701

昼メシをここで食べることにして。

何しようかな?
で、選んだのが・・・。

ナムプリックガビのセット320バーツ(約1300円)↓
Dsc_0181_20240325221801

手羽先揚げ190バーツ(約800円)↓
Dsc_0182_20240325221701

カニの甲羅揚げ230バーツ(約950円)↓
Dsc_0183_20240325222101

値段はちょっとお高めだけど、どれも美味しかったです。

「ロンシスタジオ」の地図↓




昼メシ後は、島内を散策。
クレット島と言えば、「傾いたパゴダ」がシンボル的に有名なので、そこまで歩きましょう。

「傾いたパゴダ」の地図↓


「ロンシスタジオ」から「傾いたパゴダ」までは、約1.5キロ。
散歩には、ちょうど良い距離です。

クレット島は、車では入れないので、こんな狭い道を歩きます↓
Dsc_0191_20240325223901

車が通らないので、犬も道の真ん中でリラックス?( ´艸`)↓
Dsc_0219

あれ?
あそこに見えるのは、15年前に見た大仏か?↓
Dsc_0192_20240325224601

もう少し良く見える場所に移動して、パチリ↓
Dsc_0218_20240325224601
金色に塗られているけど、姿形と顔の表情は同じように見えます。

15年前は、金色にする財力がなかったのかな?
隣には涅槃大仏も造っているようだし、今は、だいぶ儲かっているようです。( ´艸`)



更に歩いて・・・。

服を着た仏像?↓
Dsc_0195_20240325225601
と思いきや。
手前に水に花を浮かべている鉢があって、そこから水と花を掬って仏像にかけてあげるようです。

昨日は、おいらが水を被りたいくらいの猛暑でしたから、仏像も気持ちよかったんじゃないでしょうか。

水を被ると言えば、もうすぐソンクラン。
水鉄砲、あっちこっちで売ってます↓
Dsc_0217_20240325230301

Dsc_0216

おいらは、ソンクラン前にはタイを脱出しますけどね。( ´艸`)



更に歩いて・・・。

Dsc_0196_20240325230701

クレット島の名物と言えば、「お菓子」と「素焼きの陶器」。
Dsc_0214_20240325231001

Dsc_0201_20240325231201
いろいろ見てる、買いたくなっちゃうけど、ここは我慢。
買っても、使わないしね。( ´艸`)

そうこうしているうちに、「傾いたパゴダ」に到着です↓
Dsc_0203_20240325231501

建築士のはしくれ(おいらのこと)が、あとどのくらい倒れずにいられるか?見てあげましょうかね。

近くに行って土台部分を、パチリ↓
Dsc_0209_20240325231801
あはっ!
まったくわがりませ~ん。( ´艸`)

倒壊しないように、ガチガチに固めてありました。
「ピサの斜塔」と同じだね。
って「ピサの斜塔」、見たこと無いけど。( ´艸`)



この後は・・・。

お寺を参拝して↓
Dsc_0211_20240325232501

「ロンシスタジオ」まで、来た道を戻ります。

途中、マンゴーを2キロ購入して↓
Dsc_0213_20240325232601
キロ30バーツだったので、2キロ60バーツ(約250円)です。
ちなみに、2キロで7個でした。

行きは犬でしたが、帰りはアヒル?に遭遇( ´艸`)↓
Dsc_0220
頭がトサカみたいに赤かったので、ほんとにアヒル?

「ロンシスタジオ」に戻りました↓
Dsc_0189_20240325233801

「ロンシスタジオ」で、一休みして↓
Dsc_0221

再び、ボートに乗り込み↓
Dsc_0224_20240325234001

夕陽の中、帰路についたのでした。



そんなわけで、15年前の思い出の地に行ってきたわけですが・・・。

残念ながら「15年前の写真(3)」の飛行機は、見つけられませんでした。_| ̄|○

「傾いたパゴダ」は、おそらく当時も行ったはずなんですが、記憶が曖昧なんですよね。(写真が無いので)
今回、再訪したことで記憶の上書きが出来ました。
もう忘れることはないでしょう。

ボケなければ・・・ですが。( ´艸`)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月23日 (土)

【2024年版】リエントリーパーミット(マルチプル)取得の記録

前回の記事は、リタイアメントビザ更新の記録でした。
今日の記事は、つづいて手続きしたリエントリーパーミット取得の記録です。



リタイアメントビザの手続きが終わり、パスポートが戻されたのが11時25分。
そのあと、すぐにリエントリーパーミットの手続きに入りました。

リエントリーパーミットの取得に必要な書類等は・・・。

1.申請書類(TM8)
2.パスポートとコピー
3.費用は、3800バーツ(マルチプル)
※ビザ期限内に1回だけ入国が認められるシングルの場合は、1000バーツです。

3.については、いつもシングルにするか?マルチプルにするか?で、悩むんですが・・・。
最近は、損得は考えずに期限内に何度も入国できる、マルチプルにしています。

「なんか忘れてるなぁ? あっ!リエントリーパーミット、忘れた!」

そんなことが、いつ起こってもおかしくない年頃なので。( ´艸`)



受付でキューカードを貰い↓
Dsc_0135

番号は、202番
時刻は、11時25分
待ち人数は、20人

午前中に終わらせるのは、ちょっと厳しいかな?

結局、午前中に呼ばれたのが、201番まででした
たったの1番違いでした。( ´艸`)

まあでも、午前中に呼ばれたとしても、スタンプを押したパスポートが戻されるのは、どうせ午後になりますからね。
結局は、同じことなのです。



12時~13時の間は、全員が締め出されます。

昼メシは、地階の食事処で・・・。
今回は、ここで↓
Dsc_0136

これを↓
Dsc_0138_20240323204801

食後は・・・。

ちょうど、イベントをしたてので↓
Dsc_0148_20240323205001

Dsc_0139_20240323205001

Dsc_0140_20240323205001

暇つぶしが出来ました。ヽ(^o^)丿



13時、再びイミグレに戻り・・・。

すぐにおいらの番号が、呼ばれました。

担当官とのやり取りは、超簡単。
書類を渡して、3800バーツを支払って。
はい、オシマイ。

あとはブースの外で、スタンプが押されたパスポートが戻って来るのを待つだけです。

13時30分
リエントリーパーミット(マルチプル)のスタンプが押されたパスポートが戻されました↓
Dsc_0164_20240323205701

これで来年の4月11日まで、気兼ねなく何度でも日本とタイを往復できます。ヽ(^o^)丿



ってことで、「リタイアメントビザの更新」と「リエントリーパーミットの取得」は、今年もすべて無事に終了です。
今年は、今までの中でも、かなりスムーズだったように思います。

雨降りだったこともあって、イミグレに来る人も少なかったのも幸いでした。
朝起きた時は、なんか不吉な予感がしたけど、恵みの雨でしたね。

イミグレに行く日は、雨の日がいい。
って、この時期に雨が降ることは、滅多にありませんけどね。

それにしても、あと何回、イミグレに行くことになるんだろう?
70歳くらいまでは、日本とバンコクの2拠点暮らしを、続けたいと思っているので、あと3回か4回か?
まあ、どうなるかわかりませんけどね。

最近、いろんなところに、かなりガタが来ているので。( ´艸`)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月22日 (金)

【2024年版】リタイアメントビザ(NON-O)更新の記録

昨日(3月20日)、リタイアメントビザ(NON-O)の更新手続きにチェーンワタナのイミグレに行って来ました。
今日の記事は、その記録です。

まずは、事前準備から。
必要書類は昨年のブログ記事を見れば一目瞭然。

その記事は、これ↓
「イミグレの長い1日(リタイアメントビザ更新編)」

ブログに書いておくと、こういう時に楽できます。( ´艸`)

昨年イミグレで、今年用に申請書式(全5種類)も貰っておいたので、その書式に青ボールペンで記入して。
(その書類がどんなのか?を知りたい方は、上の昨年の記事(リンク先)をご覧ください)

一応、事前に準備した書類等を書いておくと・・・。

1.申請書類(全5種類)
2.パスポート
3.預金通帳
4.TM30(外国人居住報告書)
5.写真(申請書貼付用)
6.自宅地図
7.現金(1900バーツ)

あと現地(イミグレ)で、準備するのが・・・。

8.銀行の残高証明書
9.パスポートのコピー
10.預金通帳のコピー

これで準備万端なはすです。



ただ、ちょっと気になることを耳にしまして。
実は、知人(日本人)が、リタイアメントビザを更新した時に「銀行のステートメントを要求された!」って。

銀行のステートメント?
なんじゃそれ?

初めて聞くんですけど!

詳しく聞いてみると・・・。
今までは預金通帳のコピーだけで良かったのに、過去1年分の出入金を証明する銀行の正式な書類が必要になったんだとか。

えっ?
出入金なら預金通帳に載ってるね?
それじゃ、ダメなの?

知人は、通帳のコピーだけではダメで、わざわざ銀行に行ってステートメントを出して貰ったそうです。

なんで通帳じゃダメなんだろう?
偽造を、疑っている?

「銀行のステートメント」、折角教えてくれたので、事前に準備しておけばスムーズなのかもですが。
「なぜダメ?」の理由が知りたくて、「銀行のステートメント」は、敢えて準備せずに、イミグレに行くことにしたのです。

二度手間覚悟でね。(^_-)-☆



3月20日(水)、イミグレに行く日です。
6時、朝起きてカーテンを開けて、外を見ると↓
Dsc_0130_20240321202801
雨降り。
しかも、どしゃ降り。

この時期に朝から雨が降るなんてことは滅多にないので、ちょっと不吉な予感。

チェーンワタナのイミグレに向う途中も、ずっと豪雨↓
Dsc_0132_20240321204101

だから、かなりの渋滞にも巻き込まれ・・・。

イミグレに到着したのは、9時10分。
8時30分には、到着するつもりでいたんですけどね。

それもすべて雨のせいです。



チェーンワタナのイミグレにて。

まず、受付でリタイアメントビザ(NON-O)更新の書式を貰います。
昨年の書式で準備はしてきたけど、違いがあるか?その確認もしないとね。

受け取った書式は、3種類。

あれ~、昨年は5種類あった書式が、3種類に減ってますね。
なにが減った?

そこで、昨年の書式と比べたところ・・・。

この書式(Statement)と↓
Dsc_0727_20240321210001

この書式が↓
Dsc_0728_20240321210001
今回は、ありませんでした。

なんで無くなった?
気になるわ~。

毎年毎年、必要な書類が変わるんで、それが困るんですよねぇ。
なんで、コロコロ変えるかねぇ?

つづいて、受付番号を貰い↓
Dsc_0133_20240321210901

時刻は、9時28分
待ち人数は、25人

ちなみに、昨年は・・・。

時刻は、8時48分
待ち人数は、34人

去年よりも遅く入ったにも関わらず、待ち人数が少ないのは、これは雨のおかげですね。
もしかして、不吉な雨じゃなくて、恵みの雨?( ´艸`)

それでも1時間くらいは、待つことになるでしょう。

その待ち時間は、銀行で「残高証明」を取得して、パスポートと預金通帳をコピーする時間に充てます。

ただ、この日は、銀行もコピー屋さんも、ガラガラ。
あっという間に準備完了です。

雨の日のイミグレ、悪くないね。(^_-)-☆



10時45分
自分の番号が呼ばれました。

イミグレの担当官に軽く挨拶して・・・。


持参した書類を、担当官にすべて丸投げです。
知人の言ってた「銀行のステートメント」は、本当に必要なのか?
その結果が、いよいよ判明します。(ドキドキ!)

担当官は、申請書式に一通り目を通し。
念入りにパソコン画面にも目をやってます。

特に入念にチェックしてるように見えたのは、預金通帳。
リタイアメントビザの更新要件を、ちゃんと満たしているか?そのチェックをしてるのでしょう。

おいらは、ずっと80万バーツ以上を維持しているので、なんら問題ないはずです。

案の定、特に何も言われることはありませんでした。
なので、知人が言ってた「銀行のステートメント」の話は、まだ何もありません。

あれ~?
なんで?

敢えてそんなことを聞いて、藪蛇になって困るのは自分なので、黙ってやり過ごしましたけどね。( ´艸`)

あっ、そうそう。
今回の提出書類は、受付で貰った3種類だけではなく、昨年同様5種類の書式をすべて提出しました。
不要なら、戻されるだろうからね。

でも、提出した書類は、何も戻されれませんでした。
文字がたくさん書いてある書類(写真2枚目)は、それを持って写真を撮られたし。
結局、昨年同様に5種類の書式は、必要だったような?

相変わらず、よくわからないイミグレです。( ´艸`)

あとは、ほとんど言葉を交わすことなく、更新料1900バーツを支払って、申請終了。

その後30分くらい待って、リタイアメントビザの判が押されたパスポートを受け取り、今年のリタイアメントビザの更新手続きも何事も無く終わったのでした。ヽ(^o^)丿



それにしても・・・。

イマイチすっきりしないのは、知人が言ってた「銀行のステートメント」の件。
なんで、おいらは何も言われなかったのか?

それが、未だに不思議でして。

知人とおいらの違いがあるとすると。
知人は「定期預金」で、おいらは「普通預金」、それくらいなんですよねぇ。
でも、そんなの関係ないよね?

まあ、今年のビザの更新が無事に終わったので、良しとしますが。
1年先に、また悩んだりして。( ´艸`)

来年の今ごろは、今日のブログを読み返して、「去年は、そんなくだらないことを気にしてたんだ。」
なんて、笑っていられればいいんだけどね。(^_-)-☆

あまり面倒な変更だけは、勘弁してほしいかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月20日 (水)

用もないのにノンタブリーへ

バンコクは、ちょっと前まで大気汚染(PM2.5)がかなり酷かったし。
最近は、危険を感じるくらい暑くなってきたりで、おいら、ちょっと出不精気味です。

ただ、ずっと自宅に引き籠ってばかりだと、健康にも良くないので・・・。

「出かけなきゃ!」の強迫観念にかられること度々で。

そんな時でも、結局、どこかのショッピングセンターに行っては、昼メシのついでに涼んでくるだけ。
そうなっちゃうんですけどね。( ´艸`)



ただ、たま~に青空が広がると、ちょっと遠出したくなるもので・・・。

ちょっと前のこと。
天気も上々だったので。

おいらが、向かった先はBTSサパーンタクシン駅に繋がる「サトーンピア」。
船に乗って、どこかに行こう!
久しぶりに、そんな気分になったのです。

サトーンピアで、船のチケットを購入↓
Dsc_2562_20240319222401
オレンジフラッグの船は、どこまで乗っても、一律16バーツ(約65円)
(終点は、ノンタブリーです。)
とにかく安いのがいい!( ´艸`)

おいらは、行き先を決めずに船に乗り込み。
景色を楽しみながら、どこまで行こうか?考えてました。

Dsc_2567

Dsc_2568

そうこうしているうちに。
「Tha Chang」に到着↓
Dsc_2569

王宮あたりをぶらつくなら、ここで降りた方がいいんだけど・・・。

そんな気分でも無く。
もう少し船旅を楽しむことに。

ラマ8世橋をくぐり↓
Dsc_2572

そうこうしているうちに、終点のノンタブリーまで来てしまいました( ´艸`)↓
Dsc_2574

ノンタブリーはオレンジフラッグの終点なので、強制的に下車です↓
Dsc_2575
サトーンからノンタブリーまでは、約1時間30分。
風に吹かれながら、川沿いの景色をボケ~っと眺めてるだけでも、充分に楽しめます。



ノンタブリーの船乗り場を、パチリ↓
Dsc_2576

さて、ノンタブリーに来たのはいいけど、どこに行こう?
何も決めて無いので、船乗り場の周辺を散策することに。

船乗り場前の時計台↓
Dsc_2578

この写真を撮った後に・・・。

おいらのスマホカメラがフリーズしてしまいました。(;^ω^)
安物スマホなんで、時々あるんですよねぇ。

なので、ぶらついた時の写真は、ありません。m(__)m

少し歩くと結構混雑しているパン屋さんがあったので、入ってみたら・・・。
値段も安く、なかなか美味しそうだったので、いくつか購入です。

そのパン屋さんの地図↓


口コミ評価、結構高いでしょ?
かなりの人気店ですね。

パン購入後は、通りがかりのコーヒーショップで、ちょっとお茶して↓
Dsc_2581_20240319230601

ここでようやくスマホカメラが復活。ヽ(^o^)丿

購入したパン↓
Dsc_2579_20240320000401

パンを買ったことで、手荷物が増えてしまったので、散策終了です。( ´艸`)



帰りも、オレンジフラッグの船で↓
Dsc_2582

右側の座席が空いているのは、陽ざしのせいです。( ´艸`)

お寺とお坊さんが被ったので、パチリ↓
Dsc_2585_20240319231001

まもなくサトーンピアに到着です↓
Dsc_2587

往復3時間の船旅でした。

結局、船でノンタブリーに行って、パンを買って帰って来た。
それだけのことでしたね。(;^ω^)

でも、往復たった32バーツで旅気分が味わえるんだから、良い気分転換になりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月17日 (日)

国税庁の次は警察庁かよ!!

先日、詐欺メールに危うく騙されそうになったことを記事にしました。
あの時は、インチキ国税庁からのメールでしたね。

その記事は、これ↓
「ますます手口が巧妙になる詐欺メール」

あのメール以後も、おいらの元には、ぞくぞくと詐欺メールが届いてまして。
「こんなのに騙されるの?」っていうのから、「もしかして、これ本物?」っていうのまで、いろいろとね。(^_-)-☆

もういい加減にしてくれ!って感じですが・・・。

今日は、そんな詐欺メールの中から厳選して、「こんなのに騙される人、いる?」のメールを晒すことにします。

差出人は、表題でもうお分かりですよね。
そう、今回は「警察庁」が差出人です。

それがこれ↓
Screenshot_20240317183754

警察庁?
これを見た時は、ちょっとドキッ!!!

おいら、何か悪いことした?

でもなんか変?
「警察庁について 私たちは警視庁です・・・」って。( ´艸`)
もうこの一文で詐欺メール確定です。

一応、念のためメールを開くと↓
Screenshot_20240317184523
おいらの子供が窃盗容疑で逮捕されたみたいです。
だから、被害者に240万円の賠償金を支払う必要があるんだって。

なんじゃこれ?

突っ込みどころ満載な、メールなのでした。

まあ、こんなメールに騙される人はいないとは思うんですが、あまりに稚拙なメールすぎて、もしかしてなんか裏があるんじゃないの?
そんなことまで、疑ってしまいますわ。

それにしても、最近の詐欺メールは、国税庁だったり警察庁だったり・・・多岐にわたりますねぇ。
次は、どこから(誰から)来るのやら?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月16日 (土)

センはセンでも・・・あ~、勘違い!

前々回の記事で、「เจริญเส้น」(ジャルンセン)って言う店を紹介しました。

その記事は、これ↓
「新規開拓したら、まあまあ美味しい店に出会えたぁ」

記事を書いている時に・・・。

「ジャルンセン」って店名、「どこかで聞いたことがあるなぁ」って。
そんなことを思いながら書いていたんですよね。

結局、その時は、まったく思い出せなかったんですが。



そして、翌日。
やっぱり気になるので、「ジャルンセン」を調べてみることに。

「ジャルンセン」で、ググってみたところ・・・。
スマホに表示されたのが、この画面↓
Screenshot_20240315164430
やっぱりありました。ヽ(^o^)丿
おいらの記憶力も、まだまだ捨てたもんじゃないですね。( ´艸`)
(「ジャルンセン」じゃなくて「チャルンセン」になってますが、カタカナ読みだと「ジャ」も「チャ」同じなので)

口コミ評価は、4.4(3460)
すごく良い評価の店ですね。

それで、この店はどこにある?
店名に「シーロム」って書いてあるけど。

おいら、行ったことある店なのかな?

すぐに地図も調べて↓


BTSサパーンタクシンが最寄り駅で、ルブアホテルの近くでした。
あの辺りは何度も行ってはいるけど、この店に行ったか?は、まったく記憶にありません。

なんで「店名」だけ、知ってたんだろう?



さらに詳細に調べてたら・・・。
画像に出て来るのが、すべて「カーム―(豚足の煮込み)」の写真ばかりなのです。

あれ?
トムヤムは、どうした?

てっきり同じ店か同系列の店だとばかり思って調べてたわけですが・・・。

おいら、タイ文字の店名を見て気が付きました。

おいらの紹介した店は「เจริญเส้น
今回、調べた店は「เจริญแสง

どっちも、カタカナ読みは「ジャルンセン」だけど、「セン」(赤文字)の文字が、明らかに違うでしょ?
まったく違う店なのでした。_| ̄|○

タイ文字を見れば、声調も違うし意味も違ってくるのは、一目瞭然。
タイ語をカタカナで覚えるのは、ほとんど役立たないことを改めて実感です。(*-ω-)ウンウン♪

でも、いきなりタイ文字で覚えるのはハードルが高いし。
少しづつ、少しづつ・・・で、いいでしょう。



ってことで、ちょっとだけタイ語のお勉強を。

上の2店舗の共通するタイ文字は、「เจริญ」(ジャルン)
意味は「進歩する」とか「繁栄する」とかだそうです。

それでは、「セン」の方も調べてみましょう。

まずは、「เส้น」
意味は、「線」とか「麺」とかだそうです。

そして、「แสง」
意味は、「光」とか「光線」とかです。

ってことは・・・。

おいらの紹介した店名を直訳すると「進歩(繁栄)する麺」
今回のカーム―の店名を直訳すると「進歩(繁栄)する光」
こうなるのかな?

どっちも、商売繁盛しそうな、良い名前ですね。( ´艸`)



ところで、なんで一度も行ったことのない「カーム―」の店の名前を知っていたのか?
それが未だに謎でして。

「カオカーム―の美味しい店」とかで調べて、それが頭の片隅に残っていたのかな?
今は、それくらいしか考えられません。

まあ、「ジャルンセン」繋がりで、評価の高い「カーム―屋さん」を知れたので、由としましょう。
折角だから、一度行って見ますかね。(^_-)-☆

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月14日 (木)

「ワットドークマイ」の縁日、只今絶賛開催中!

現在、ラマ3通り沿いあるお寺「ワットドークマイ」で、縁日が開催されています。
開催期間は、3月11日~17日です。

昨晩、どんな感じの縁日なのか?
ちょっと覗いてきました。

縁日を告知する横断幕↓
Dsc_0078_20240313215201
有名な歌手とかも来るのかな?



近くの歩道橋の上から、パチリ↓
Dsc_0075_20240313215801

Dsc_0073_20240313215801
イルミネーションが、いかにもって感じでしょ?( ´艸`)

寺の門前から中の様子を、パチリ↓
Dsc_0077_20240313220001
結構な人が来てますね。

縁日と言えば、やっぱり屋台ですよね。
いくつかの屋台を適当に、パチリ↓
Dsc_0081_20240313220401

Dsc_0085_20240313220402

Dsc_0092_20240313220501

Dsc_0091_20240313220701

あとで何か買って食べましょうか。



ここは、ショーをやる場所ですね↓
Dsc_0084_20240313221401
ちょうど誰かが歌を唄ってました。
音楽に合わせて踊る人もいて、これもタイらしい光景ですね。

服や雑貨が安いのも、タイ↓
Dsc_0090_20240313221801

Dsc_0089_20240313225301

Dsc_0086_20240313222101

品質は・・・?

とにかく安けりゃいいんです。( ´艸`)



寺院の一番奥には、申し訳程度に子供用の遊具がありました↓
Dsc_0087_20240313222801

Dsc_0088_20240313222201
以前は、もっとたくさん子供用の遊具があったはずなんですが。
縁日を楽しみにしていた子供達は、ちょっとガッカリだったんじゃないかな?

その代わり?
今回は、バッファローがいました↓
Dsc_0079_20240313223001



ひととおり、ぐるっと見て回ったので、ちょっと休憩(晩メシ)。

何を食べるか迷ったけど・・・。
これ↓
Dsc_0093_20240313223601

左の茶色の食べ物が、30バーツで買った「オースワントート」。

味は・・・まあ、屋台ですからね、想像通りです。
かなり油を吸い込んでました。( ´艸`)

他には↓
Dsc_0095_20240313223901
デザートに、カノムモーゲーン 25バーツ。
飲み物は、ナムオーイ(サトウキビジュース)40バーツ

〆て、95バーツの晩メシでした。( ´艸`)



ひととおり、ワットドークマイの縁日を楽しんだので。
帰り際にタイバーツ札の吹き流しに、20バーツをタンブンして↓
Dsc_0083_20240313225101
家路についたのでした。



このブログ、「今さらですが、○○に行って来た話」ってな感じで、いつも期限が過ぎた話ばかり書いてました。
そんなんじゃ、なんの参考にならないですもんね?( ´艸`)

でも今回、ようやく現在進行形の記事がかけました。ヽ(^o^)丿

お祭り好き縁日好きな方は、この機会にぜひ「ワットドークマイ」へ。(^_-)-☆

BRTバスは、今なら無料だし。
BRT「ワットドークマイ」駅のすぐ近くなので、来るのは簡単です。
ただ、BRTバスの最終は22時なので、それだけはご注意を。

地図↓


って・・・。

最近、ラマ3を推しすぎ?( ´艸`)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月11日 (月)

新規開拓したら、まあまあ美味しい店に出会えたぁ

サパーンクワイからラマ3のコンドミニアムに引っ越してきたのは、2018年5月のことでした。
もう6年にもなるんですねぇ。

おいらのバンコク暮らしの食生活は・・・。

朝は、自宅でコーヒーとパン
昼は、外食が8割がた
夜は、惣菜を買ってきて自宅で食べることが多いかな
なので、自炊はほとんどしません。

それで、昼の外食のことなんですが・・・。

今は、ターミナル21ラマ3のフードコートを利用することが、かなり多くなっています。
とにかく、安いので。( ´艸`)

だって、これで57バーツ(約230円)ですからね↓
Dsc_0053_20240311173701
ライスにおかずを2種類ぶっかけて、32バーツ(約130円)
テンモーパン(スイカスムージー)が、25バーツ(約100円)

インフレが進むバンコクですが、ターミナル21のフードコートだけは、治外法権?( ´艸`)



普段は、そんな質素な食生活ですが・・・。

タイ友と一緒の時は、結構、贅沢しています。
つい先日も、「モーモーパラダイス」で、腹いっぱい食べたし↓
Dsc_0004_20240311220301

そんなんで栄養のバランスを確保している感じでしょうか。( ´艸`)



話は、変わりますが・・・。

先日ラマ9橋で実施された「LUCK LOCK LOVE」イベントのことを書きました。
その記事は、これ↓
『今さらですが、「LUCK LOCK LOVE」に行って来た話(1)』
『今さらですが、「LUCK LOCK LOVE」に行って来た話(2)』

その時「ラマ9世橋」への入り方を、グーグルマップで調べてたんですが・・・。

その時に、ちょっと気になるお店が、目に入ったのです。

その店は、これ↓

店の名前は「เจริญเส้น」(ジャルンセン)。

BRTバスの「ラマ9世橋駅」から、500mくらい。
徒歩で7分程度でしょうか。

口コミを読むと、中々の好評価のようで。
トムヤムヌードルが、おススメなのかな?



ってことで、先日、タイ友を誘って行って来ました。

お店の外観↓
Dsc_1154_20240311183201

看板の写真は、おススメ料理かな?↓
Dsc_1155

店内↓
Dsc_1153_20240311183301
昼過ぎだったからか?席は満杯。
写真では狭そうに感じるかもしれませんが、右の方にもテーブルがあって、奥には冷房の効いた部屋もありました。
そこそこ大きいお店でした。

タイミングよく、奥の冷房部屋が空いたので、ちょっとラッキー。( ´艸`)

さて、何を食べよう?

メニュー↓
Dsc_1147_20240311194801

選んだのは、これ↓
Dsc_1151_20240311200001
トムヤムスープにカニ入りシュウマイなど、いろいろ入って、130バーツでした。

それとこれ↓
Dsc_1149_20240311195001
シュウマイ盛り合わせ
これは140バーツくらいだったかな?(これはタイ友とシェアして食べました)

料理が来て驚いたのが、シュウマイの大きさ。
かなりデカいので、最後は腹パンです。

でも、美味しかったです。

「ここは、リピートありだね」

タイ友とそんな話をして、店を後にしたのでした。



それから、数日後・・・。

再び、タイ友と訪れました。
違う料理を食べて見たかったので。

今回は、ご飯ものと↓
Dsc_1456
牛肉のガパオライスとアヒルの卵の目玉焼き 120バーツでした。

エビやイカなどが入った、トムヤムスープ↓
Dsc_1457_20240311202301
190バーツ(これも、タイ友とシェアして食べました)

「牛肉ガパオ」は、メニューにある店が少ないので、この辺では珍しいかも。
味も美味しかったです。

他にも美味しそうな料理がたくさんありそうだし、しばらく通ってみたいと思います。

ただ、値段がちょっとお高めなので、通うのはたまに?
だって、ターミナル21のフードコートが、安すぎるので。(^_-)-☆



ってことで、今回は、食事処の紹介記事でした。

でも、読者のみなさんは、ラマ3なんて来ることは無いかな?
観光する場所も、ほとんど無いしね。

あっ、そうそう。
今、BRTバスは、サトーン駅(BTSチョンノンシー駅に接続)とラーチャプルーク駅(BTSタラートプルー駅接続)間全線を無料で乗車できます。

ラマ3がどんなとこか?
今が、見に来るチャンスですよ~。( ´艸`)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月 9日 (土)

ますます手口が巧妙になる詐欺メール

以前、クレジットカードが不正利用された記事を書きました。

その記事は、これ↓
「クレジットカードの不正利用で、てんやわんや(前編)」
「クレジットカードの不正予用で、てんやわんや(後編)」

あの時は、旅の途中だったこともあって、いろいろ手続きするのが面倒だったのは、記憶に新しいところです。
あ~いうことは、「二度と御免こうむりたい」ですが、未だはっきりした原因もわからずなので、新しいカードを再発行したとはいえ、いつまた不正利用されるか?不安はつきません。



クレジットカードの不正利用は、恐ろしいことですが・・・。

あの記事を書いて以降、なんか「詐欺メール」の数が増えているような気がしてまして。
もしかして「あいつ、騙しやすそう」なんてことで、おいら、狙われてる?( ´艸`)

Website_phishing_20240309194801
最近(2月25日以降)おいらに届いた「詐欺メール」(差出人と題名だけ記載)↓

2/25 差出人:イオンカード 題名:【重要】イオンカード本月の請求明細の確認
2/25 差出人:イオンカード 題名:【重要】イオンカードからの重要なセキュリティ更新
2/27 差出人:shinoughthfradas@hotmail.com 題名:「エポスNet」ご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
3/2  差出人:アマゾン 題名:ご注意:アカウント凍結のお知らせと更新手順
3/3  差出人:Support 題名:Verify that your Apple ID is up-to-date.
3/3  差出人:三井住友カード 題名:【重要】三井住友カードからの重要なセキュリティ更新
3/5  差出人:GMOあおぞらネット銀行 題名:GMOあおぞらネット銀行からのお知らせ(お振り込み手続きの制限について)
3/7  差出人:エポスカード 題名:「エポスNet」ご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

内容は、どれもいろいろ能書きたれてからの「確認は、こちら」ってな感じでリンク先をクリックさせる方法です。
でもまあ、上記メールは、どれも差出人とタイトルを見ただけで「詐欺メール」って分かっちゃいますけどね。( ´艸`)

だって・・・。

・イオンカード、三井住友カード、エポスカードは、そもそも持ってない。
・GMOあおそらネット銀行は、使ったこと無い。
・アマゾンは、しょっちゅうこんなメールが来るので、すでに狼少年状態なので。

他は・・・。

差出人が「Hotメールのアドレス」なんて、あり得ないし。
「差出人」も「タイトル」も英文だけのやつは、端から意味わからんし。

こんなメールで、おいらを騙せると思ったら、100年早いわ!( ´艸`)

だけど、これらのメールは、「迷惑メールのフォルダ」に入らず、すり抜けて届いたので詐欺メールの中でも、優等生?( ´艸`)

だって、「迷惑メールフォルダ」のメールなんて↓
Photo_20240309180101
今日(3月9日)だけで、こんなに。
これでも一部なんですけどね。

「迷惑メールフォルダ」内は、文字化けばかりのアホメールだらけ。
おっ!そこに、Amazonもいるわ 笑

でも、勝手に「迷惑メールフォルダ」に入ってくれるメールは、まあ、可愛いもんですわ。(笑)



実は最近(3月7日)、危うく騙されそうになったメールが届きました。
そういうメールは憎たらしいので、リンク先以外の内容をすべてここに晒します。( `ー´)ノ

差出人は・・・。

e-Tax(国税電子申告・納税システム) <succ@dknezgk.cn>


題名は・・・。

税務署からのお知らせ【宛名の登録確認及び秘密の質問等の登録に関するお知らせ】


内容は・・・。

国税還付金の電子発行を開始しました。
e-Taxをご利用いただきありがとうございます。
令和6年度の税制改正等のうち、以下の申告手続について、追加及び修正を行い。
税制改正に伴い、税金の状況をわかりやすくするため。
E-Tax の個人納税アカウントを持つことを全員に義務付けています
このメール受信後24時間以内に下記の専用リンクからE-taxアカウントをご登録ください。

○ 注意事項
・以下のリンクから案内に従ってE-tax個人アカウントの登録を行ってください。
・案内メールの有効期限は令和6年03月11日 21:25となりますので、有効期限内に確認を行ってください。

・e-Taxの利用可能時間は、e-Taxホームページでご確認してください。
⇒ https://(ここに、リンク先が書いてあります)

※本メールアドレスは送信専用のため、返信を受け付けておりません。ご了承ください。
----------------------------------------------------------
  発行元:国税庁
  Copyright (C) NATIONAL TAX AGENCY ALL Rights Reserved.
----------------------------------------------------------


こんなメールです。

おいら、内容をぱっと見た時は、毎年確定申告で還付金の申請をしているので、てっきりその関係かな?って何ら疑いを持ちませんでした。
今年は、まだ還付申請してないけど、日本に戻ったら申請する予定なので、ちゃんと読んでおかないと。

でも、少し冷静になって・・・。

このメール受信後24時間以内に下記の専用リンクからE-taxアカウントをご登録ください。
案内メールの有効期限は令和6年03月11日 21:25となりますので、有効期限内に確認を行ってください。

この二つの文が、ちょっと引っ掛かったのです。

なんでこんなに、せかしてるの?

それで、もう一度読み返すと・・・。

句読点、ちょっとおかしくない?

更に・・・。

差出人に併記してあったアドレス、<succ@dknezgk.cn>。
末尾の「.cn」って、もしかしてチャイナ?

どんなに巧妙なメールでも、冷静に読めば怪しい箇所が炙りだされます。

次に、公式の「E-TAX」のサイトを見に行って確認したところ。
公式サイトでは、メールに該当するような内容は、一切確認できませんでした。

やっぱりねぇ。

そして、ダメ押しで「メールの文面」でググってみたら、まったく同じ内容のメールが「偽メール」として晒されていました。

国税庁を名乗る「詐欺メール」なんて、国の威信をかけても、早くとっ捕まえて欲しいところです。
それと、アマゾンや、イオンカードや、三井住友カードや、エポスカードなどを名乗って、平気でメールを送って来る悪い奴らもね。
一網打尽でお願いします。m(__)m



ってことで、詐欺メールに引っ掛からないためには・・・。

届いたメールは、すべて疑ってかかりましょう。
メールが本物であっても、メールから飛ばずに、本サイトに行って手続きすること。

そんな癖を付けたいものです。

だけど、そこまで注意してても、クレジットカードを不正利用されちゃんですからねぇ。(*-ω-)ウンウン♪
まったく困ったもんですわ。

ますます手口が巧妙になる「詐欺メール」。
みなさんも、お気を付けくださいね。(^_-)-☆

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月 7日 (木)

今さらですが、「LUCK LOCK LOVE」に行って来た話(2)

前回記事のつづきです。

「LUCK LOCK LOVE」に参加したくて、タイ友のヘルプを受けてですが、ようやく入場にこぎつけました。

入場してすぐに正面を、パチリ↓
Dsc_1327

橋の頂上までの距離は、約1.5kmくらい。
ちょっと上り坂にはなるけど、ちょうど良い散歩コースって感じですね。

少し歩きだしたところで、斜張橋のケーブルを支える柱が、見えて来ました↓
Dsc_1329-2
あそこが、ちょうどチャオプラヤ川の手前になります。

途中、来た道を振り返って、パチリ↓
Dsc_1332

ラマ9世橋に繋がる道路は、相変わらずの渋滞↓
Dsc_1336_20240307190701

Dsc_1335_20240307190501
年中こんなだから、新たに橋を造ったんだよね。

新たな橋は、すでに看板も設置されていました↓
Dsc_1337
歩いているのは、上り線です。
橋が開通したら、ダオカノン方面からバンナーやディンデーン、チェーンワッタナーやラマ4通りにも、この道で行けるようになるんだね。

それと、すでにご存じの方も多いとは思いますが・・・。

タイの場合、青看板は、有料道路になります。
一般道路の案内板は、緑。
日本とは逆なんですよねぇ。
だからタイで運転すると、たまに混乱します。( ´艸`)



斜張橋のケーブルが有る場所に、だいぶ近づいてきました↓
Dsc_1344_20240307195001

左側の車が走っていない道路が、下り線です↓
Dsc_1345
下り線は、一部の箇所しか解放されていないので、誰もいませんね。
ちなみに、おいらのバンコクの自宅からは、タイの西方面に向かう時は、この下り線を走るようになると思います。
その時が、楽しみだなぁ。

橋の頂上に向かう途中、こんなサービスもありました↓
Dsc_1348_20240307192501
高速道路パトロール隊?のバイクに跨がせてくれるサービスです。

みんな撮影に夢中↓
Dsc_1349_20240307192701



斜張橋ケーブルの近くまで来ました↓
Dsc_1350_20240307193201

道路に座ってポーズを決める人もいたりして↓
Dsc_1352_20240307193001

ライトアップのカラーが、頻繁に変わるので↓
Dsc_1354_20240307195801

Dsc_1356

Dsc_1358

Dsc_1361

Dsc_1365_20240307195901

つい、写真を撮ってしまいますね。( ´艸`)
橋の頂上までは、あと少しです。



頂上に到着・・・。

頂上付近では、たくさんの屋台が出店してました↓
Dsc_1371_20240307200701

Dsc_1369

Dsc_1372_20240307200801

Dsc_1399_20240307200901

その中でも「ポムアイティム」は、大行列↓
Dsc_1401

ん?
「ポムアイティム」って、何?( ´艸`)



頂上付近、他にも・・・。

バンド演奏や↓
Dsc_1376_20240307201401

「LUCK LOCK LOVE」の看板前での記念撮影↓
Dsc_1393_20240307201501

「LUCK LOCK LOVE」にちなんで、カギを持参して吊るす人や↓
Dsc_1394

橋の紹介映像なども流されていました↓
Dsc_1392_20240307225601
飽きさせない工夫が、いろいろありましたね。

それと頂上付近だけ、反対側の車線(下り線)にも立ち入ることができました↓
Dsc_1385_20240307202001

みなさん地べたに座ったり、チャオプラヤ川を眺めたりしてますが・・・↓
Dsc_1386_20240307202101

おいらの興味は、これ↓
Dsc_1381_20240307202401
斜張橋のケーブルを間近で見ることが出来たことかな。

おいら、かなりマニアック?( ´艸`)



さて、時間も遅くなってきたので、そろそろ帰りましょうか。

帰りは、来た道を戻るだけですが。
いろいろ写真を撮りながら、のんびり出口に向かいました。

橋の守り神の、パヤナーク↓
Dsc_1366_20240307203001

この角度の写真だと、人の多さと、ラマ9世橋の渋滞が、よくわかるでしょ?↓
Dsc_1416_20240307202801

この橋が実際に開通したら、ラマ9世橋の渋滞は、解消されるかな?

だって、新たなこの橋は、上下線それぞれ4車線づつもあるんですよ。
現在のラマ9世橋が、上限線で3車線づつなので、合わせたら片側だけで7車線。
それだけあれば、余裕でしょ?

もしかして、現存のラマ9世橋は、お役御免になるのかな?

それは、いずれわかることなので。
新たな橋を造ったことで、これからどんな変化が起きるのか?
それを、楽しみに待ちたいと思います。(^_-)-☆


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月 6日 (水)

今さらですが、「LUCK LOCK LOVE」に行って来た話(1)

「LUCK LOCK LOVE」?それ何?
そんな方も多いとは思いますが・・・。

「LUCK LOCK LOVE」とは、これです↓
Screenshot_20240303113546

タイ語だと、よくわからない?

グーグルレンズで翻訳かけると、こうなりました↓
Screenshot_20240306150038

真ん中あたりに・・・。
「ラマ9世橋の平行橋では、2024年2月14日から18日と23日から25日まで、橋の頂上まで無料で歩くことが出来ます。」って書いてるでしょ。
そう、ラマ9世橋に平行して建造された橋の上を歩くことが出来るイベントなのです。

ただし、日にちがすでに過ぎてしまっているので「今さら」の話で、ゴメンナサイ。m(__)m
でも、おいらにとっては、とても興味深いイベントだったので、ここに書き残すことにしました。



そもそも、「ラマ9世橋の平行橋」って、何?
そこから話しましょうかね。

まず、ラマ9世橋は、この橋になります↓


別名「ダオカノン橋」
バンコク中心部からダオカノン方面に向かう、チャオプラヤ川の上を通る橋(高速道路)のことです。
この橋に平行して、橋が造られていたのです。



時は遡って、今から2年前のこと。
ラマ9世橋は、おいらの部屋から眺めることが出来るんですが、とある日に橋で何やら工事をしていることに気が付きまして。
おいらは、その時に平行橋を建造していることを、初めて知ったのです。

その時の記事は、これ↓

「バンコク暮らしの新たな興味」

工事現場が好きな、おいら。
それからは、何度も現地に出向き工事の進み具合を、この目で見続けてきました。

そして、あれから2年が経過。
ようやく新たな橋が完成したのです。
(川向うの工事が終わっていないので、まだ車は通れませんが)

ってことで、「LUCK LOCK LOVE」は、橋の完成を祝してのイベントなのでした。

それなら、ぜひ参加したいところですね。
かなり思い入れのある橋なので。( ´艸`)



ラマ9世平行橋、おいらの部屋からは、普段はこんな感じに見えます↓
Dsc_0038_20240306230801
これはこれで、美しいんですが。

イベント開催中は、更に美しくライトアップされていました↓
Dsc_1146_20240306175001

こんなの見せられたら、行って見たくもなるでしょ?

でも、橋の上には、どうやって行くのかな?
とりあえず、ラマ3通り沿いの橋の下に行っては見たものの、橋に上がる階段とかエレベーターとかは、一切見当たりません。

こりゃ困ったぞ。
そんな時は、タイ友に聞くのが一番です。

おいら「ラマ9世橋のイベントに行きたいんだけど、どうやって行くの?」

そしたらタイ友、調べてくれて・・・。

タイ友「高速道路の入口から歩くみたいだよ。ロータス(ラマ3)からシャトルバスもあるみたい。」
おいら「一緒に行く?」
タイ友「2月24日(土)なら行けそうけど、それでもいい?」

もちろん、いいに決まってます。
おいら、毎日暇してますから。( ´艸`)



2月24日(土)
夕刻、タイ友と一緒にロータス(ラマ3)へ

シャトルバスの乗り場は、すぐに分かりました↓
Dsc_1319_20240306191301
結構な数の人が並んでました。

15分くらい並んで、ようやくシャトルバスに乗り込めそうです↓
Dsc_1322_20240306191401

そして、バスが到着した場所は、まさしく高速道路の入口なのでした↓
Dsc_1323_20240306191801
それにしても、すごい人!
もし、一人だったら諦めてたかも。

そして、橋に入場する時も手続きが必要でした。

まず、設置してあった「QRコード」をスマホに読み込み。
そこに必要事項を書き込むんですが、言語は、すべてタイ語。

ハードル高し・・・。

スマホ画面がこんな表示になったら、OKです↓
Screenshot_20240224184623

スマホ画面を入場時に見せると、手の甲にこんなスタンプが押されて↓
Dsc_1328_20240306192701

晴れて橋への入場が許可されたのです。
いや~、一人だったら、絶対無理だったわ。( ´艸`)



そして、橋の頂上に向って歩き出したわけですが・・・。

ちょっと長くなりそうなので、今日はここまでにしておきます。
イベントの様子は、次回の記事で。

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月 5日 (火)

初めてのチャオプラヤ川ディナークルーズ

先日、初めてチャオプラヤ川ディナークルーズに乗船しました。
タイに初めて観光に来たのが2006年ですから、18年目にして初体験です。

なぜ、今さら?

毎度のことですが、タイ友からのお誘いです。
でも、よくよく聞いてみるとタイ友の友人(先月一緒に旅行した人)の招待なんだそうです。

まあそうでしょうね。
タイ友とは十数年の付き合いだけど、クルーズ船の話をしたことなんか、ほとんど無いですもん。( ´艸`)

ところで、タイ友の友人って、クルーズ関係の人?

タイ友に聞いたら、そうではないらしいですが、「多方面に顔が効く人」だそうです。
どおりでねぇ、初めて会った時から、そんな風格を感じてました。

でもまあ、これ以上詮索するのは止めときましょう。(*-ω-)ウンウン♪



待ち合わせ場所と時間は、アジアンティークに19時30分。
おいらは、ちょっと早めに行って、アジアンティーク内を散策です。

18時、アジアンティークに到着↓
Dsc_1228

アジアンティーク内は、かなりの混雑ぶりです↓
Dsc_1234_20240305195501

Dsc_1238_20240305195601

Dsc_1239_20240305195801

完全にコロナ前に戻った感じでしょうか。
いや、コロナ前よりも、更に賑やかになった印象です。

19時30分
待ち合わせは、「ロイヤルギャラクシークルーズ」のカウンター前で↓
Dsc_1235_20240305200201

無事に合えて、チケットを貰いました↓
Dsc_1242_20240305200301

あとで分かったんですが、チケットに書かれている「5FF」は、座席番号。
そして、この座席が、ビックリするくらいの良席だったのです。



アジアンティーク発着のクルーズ船、いくつもあるようでして。
クルーズ乗り場は、それを待つ人でいっぱいです↓
Dsc_1251_20240305200801

これは、別のクルーズ船ね↓
Dsc_1248_20240305200901

クルーズ船、今まであまり興味が無かったけど、なんかワクワクします。( ´艸`)

20時、乗船する「ロイヤルギャラクシー」が桟橋に着いたので、乗り込みます↓
Dsc_1252_20240305201101

3階建の船でした。。
アジアンティークを発着するクルーズ船の中では、かなり大きい方だと思います。

タイ友の友人は、乗船せず。
おいらとタイ友の為に、チケットを用意してくれただけのようです。

乗船する時に、チケットを見せて船に乗り込み・・・。

席は2階だそうです。
3階の方が、開放感があって良さそうですが、贅沢は言いますまい。( ´艸`)

ところが・・・。

席に行って、ビックリです。
なんと、進行方向の一番前、船の舳先の席だったのです。
Dsc_1260_20240305202201

こんな席、簡単に取れないんじゃないの?
タイ友の友人、ほんと何者?

気になるでしょ?( ´艸`)



20時過ぎに、出航。
席に用意されてたのは、フォークとナイフそれと水とウエルカムドリンク↓
Dsc_1258_20240305202701

料理は、ビュッフェなので、食べ放題です。
タイのそこそこのホテルの朝食ビュッフェって、感じですね↓
Dsc_1255_20240305203001

早速、取りに行って↓
Dsc_1263_20240305203101
ねっ、ホテルの朝飯みたいでしょ?( ´艸`)
もちろん、エビとかローストビーフとかもあるので、ご心配なく。

しばらくは、料理を食べながらチャオプラヤ川の夜景を楽しみましょうか↓
Dsc_1262_20240305215001

左側にアイコンサイアムが見えてきました↓
Dsc_1264_20240305215001

そして、ワットアルンが見えて来ました↓
Dsc_1272

ライトアップされたワットアルンは、やっぱり大人気。
みんなおいら達の周りに集まってきて、撮影タイムです↓
Dsc_1274_20240305215901

Dsc_1276_20240305220001

それがちょっとうざかったので、おいらは3階へ↓
Dsc_1269_20240305220301
3階は、ほぼ満席。
バンドの演奏などもあって、かなり煩さかったです。

3階は、団体客向きかな?

2階は、前方の席以外はあまり人もいなくて、ちょっと寂しい感じもしましたが。( ´艸`)
静かにクルーズを楽しみたい方は、2階席の方がいいかも?です。

2階でも、歌とか踊りを見ることも出来ますし↓
Dsc_1303_20240305221001
でも、2階で歌う人は、盛り上がりにかけてちょっと可哀そうかも?

船は、さらに進み・・・。

ラマ8橋が見えて来ました↓
Dsc_1281_20240305221301

ライトアップされた斜張橋、美しい姿です。

そして船は、ラマ8橋をくぐったあたりで、折り返しです。
Dsc_1282

ピンクのクルーズ船は、おいら達の一つ前に出航した船です。
ちょうど折り返したところです。

帰路も、もちろんワットアルンを眺め↓
Dsc_1285_20240305221801

アイコンサイアムを眺め↓
Dsc_1294

アジアンティークに戻って来たのでした↓
Dsc_1300



そして、下船↓
Dsc_1306_20240305222201

クルーズ時間は、20時~22時までの、約2時間。
食事したり、景色見たり、ショーを見たり・・・なんだかんだあっという間に時間が過ぎました。

外に出て、おいらの座っていた場所を、パチリ↓
Dsc_1310_20240305222601

こんな良い席に座らせて貰って、タイ友の友人には感謝しかありません。
今度、お礼しないとね。(^_-)-☆

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月 4日 (月)

赤い橋にはカモメがいっぱい飛んでいた!

前回の記事では『車で行ける「バンコクの海」に一番近い場所』のことを書きました。

あの辺に行くと、いつも立ち寄るのが「サパーンデーン(赤い橋)」です。
どうってことない場所なんですが、つい寄ってしまうのです。

名前の通りの「赤い橋」と「海」があるだけなんですけどね。

地図↓




「サパーンデーン(赤い橋)」に到着↓
Dsc_1195_20240304210101

地図には「Dolfing Watching Area」とも書かれているので、運が良ければ「イルカ」が見えるのかも?
現地には「イルカ」の看板もあるしね↓
Dsc_1224_20240304210301

でも、まだ「イルカ」を見たことはありませんが。
本当にこの海に「イルカ」が来るのかな?

で、いつもここで何しているか?というと・・・。

ぼ~っと海を眺めているか、赤い橋をぶらつくくらいしか、やることはありません。( ´艸`)
これが、赤い橋↓
Dsc_1206_20240304210901

でも、たまにはそんな時間も必要じゃないかと。
日々、忙しい思いをしている人は、特にね。(^_-)-☆

って、おいらは、いつも暇してますが。( ´艸`)



ただ、この日はいつもと様子が違って、夥しい数のカモメが飛んでいました。

その様子を何枚かの写真で、どうぞ↓
Dsc_1197_20240304211101

Dsc_1198_20240304211101

Dsc_1200_20240304211601

Dsc_1202_20240304211701

Dsc_1215

Dsc_1220_20240304211201

動きのあるものは、写真じゃイマイチ伝わらない?(;^ω^)
やっぱり動画じゃないとダメかぁ。

ユーチューブでもやろうかしら?(ナンテネ!)( ´艸`)



ってことで、今日は・・・。

サムットサコーンのサパンデーン(赤い橋)を訪ねたら、カモメがいっぱい飛んでいた!

そんな手抜き記事で、ご勘弁を。m(__)m

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月 3日 (日)

車で行ける「バンコクの海」に一番近い場所は・・・。

バンコク都内で唯一海に接する行政区が「バーンクンティアン区」。

「バーンクンティアン」には、シーフードの美味しい店が多くあり、バンコクとは思えない長閑な雰囲気もあって、おいらのお気に入りのエリアです。

おいらが、この地に初めて訪れたのが1年前。
その時に、バンコクが海に接していることを、初めて知ったのです。

好奇心旺盛な、おいら。

ならば「バンコクの海」を、見に行こう!
ってことで、「バンコクの海」が見えるという「Bang Khun Thian Viewpoint」に向ったものの、そこは、車で行くことが出来ない場所だったのです。

その時の記事↓
『「バーンクンティアン」って、何?どこ?』
『「バンコクの海」に行くはずが・・・。』

その後も何度か「バーンクンティアン」には行ってますが、「バンコクの海」のことは興味も無くなり、すっかり忘れてたんですが・・・。



先日のこと。
タイ友から「バーンクンティアンに、シーフードを食べに行かない?」って、お誘いを受けまして。

どこの店にするか?
グーグルマップで調べてた時に、すっかり忘れていた「バンコクの海」を思い出してしまったのです。

その店は、ここ↓

「ラックタレ―シーフード」って、店です。

正式な場所は、サムットサコーン県なんですが。
地図を見ていただくとわかるんですが、この店の場所は、ほぼバンコクとの行政境いなんですね。

そこで、気が付いたのが・・・。

車で行ける「バンコクの海」に最も近いのは、この店じゃないだろうか?ってこと。
そうなると、再び好奇心が。( ´艸`)

そして、「ラックタレ―シーフード」に向ったのでした。



「ラックタレ―シーフード」へは、こんな舗装もしてない道を通り↓
Dsc_1194_20240303173301

到着です↓
Dsc_1191_20240303173201

店の中は、こんな感じ↓
Dsc_1163

一番見晴らしの良い場所に陣取り↓
Dsc_1166

食べたのは、この4品↓
Dsc_1182_20240303173801
いつも言ってますが、タイ料理は旨いです。

ただ、この中で、おいらが初めて口にする食材がありまして。
その料理が、これ↓
Dsc_1172_20240303181901

「ゲーンソム」です。
でも、「ゲーンソム」は、すでに何度も食べている、おいらの大好きな料理のうちのひとつです。

何が初めてだったかと言うと・・・。

「ゲーンソム」の中に入ってた、これ↓
Dsc_1186_20240303182301
この丸いものです。

これは、何?
タイ友に聞いたら、「カイプラーリウキウ」って言うそうです。
「リウキウという魚の卵」ってことですね。

ところで、「リウキウ」って、どんな魚?
卵の直径が1cmくらいあるので、かなりデカイ魚かな?

気になって、ググったら・・・。

「リウキウ」は、琉球の意味。
でも、なぜ「リウキウ」って名前なのかは、不明らしいです。
沖縄あたりで、たくさん採れる魚なのかな?

日本での呼び名は、「オオサカハマギギ」。
どうも日本では、あまり採れない魚のようで、ナマズの一種だそうです。

勉強になりました。

で、「カイプラーリウキウ」のお味は?

食感は「ぶにゅ」としていて、
味は、魚の卵の味です。

ん?
魚の卵の味?

なんだかわかりませんね。m(__)m
ウマいか?マズいか?でいうと、ウマいです。



ところで、ここが本当に車で行ける「バンコクの海」に一番近い場所なのか?
それが気になるところですよね。

まずは、写真をどうぞ↓
Dsc_1171
食事の場所から、東方向(バンコク方向)を撮ったんですが・・・。
グーグルマップから推測すると、鬱蒼とした樹木のあたりからが「バンコク都」のように思います。

それが正しければ、車で行ける「バンコクの海」に一番近いのは、間違いなくこの場所になるはずです。

だって、「バンコクの海」に行くには、地図を見る限り「Bang Khun Thian Viewpoint」だけです。
「Bang Khun Thian Viewpoint」の地図↓


「Bang Khun Thian Viewpoint」に車で行けないのは、昨年すでに体験済みです。

それでは、バンコク都の反対側に接する県は、どうでしょう?
反対側は「サムットプラカーン県」なんですが、グーグルマップで確認する限り、バンコクに近い場所で海まで行ける道は見つけられませんでした。

ってことで、「ラックタレ―シーフード」を、車で行ける「バンコクの海」に一番近い場所として認定させていただきます。ヽ(^o^)丿
あくまで、おいらの勝手な認定ですけどね。( ´艸`)

もし、間違ってたら、ゴメンナサイ。m(__)m


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

今さらですが、春節にヤワラーに行って来た話

今年の春節(中国の旧正月)は、2月10日(土)でした。

ヤワラーがどれだけ賑わっているのか?
興味本位だけで行って来ました。
(随分前の話でゴメンナサイ。m(__)m)

シーロム駅からワットマンコン駅まで、MRTを利用です。
「MRTはビザタッチが使える」って、以前どなたかに教えた貰ったので、本当に使えるのか?試してみることに。

改札口で、おそるおそるクレジットカードをかざすと・・・。

無事通過できました。ヽ(^o^)丿



ワットマンコン駅に到着して、外に出てみると・・・。

乾季だと言うのに、大雨↓
Dsc_0729_20240302223901

しばらく雨宿りをして↓
Dsc_0733_20240302223901

少し小雨になったところで、駅名にもなっている「ワットマンコン」へ。

地図↓


中に入ると↓
Dsc_0737
赤い服を着た人たちで、いっぱいです。

これは、何の表かな?↓
Dsc_0739

牛年と辰年と羊年と犬年の生まれだけ、黄色のベタ塗りです。
おいらは、犬年生まれなもんで、なんか気になるわ~。

ラッキーな年回りだといいんだけど。
厄年みたいなもんだったら、気分が悪いので、細かく調べないことにしました。( ´艸`)

それにしても、すごい人でしょ?↓
Dsc_0741_20240302225901

しかも、真っ赤だし。

ロウソクも、真っ赤↓
Dsc_0746_20240302230101

参拝する場所は、何カ所もあり↓
Dsc_0745_20240302230301

Dsc_0750_20240302230401

Dsc_0751_20240302230401

みなさん真剣に拝んでいました。
新年に祈る・・・日本もタイも中国も、どこも同じですね。

それにしても、人が多すぎ。
ちょっと人酔いしてきたので、外に出ましょうか。



外に出ると雨は、止んでました↓
Dsc_0753_20240302230701

昼メシは、ここにしましょうか↓
Dsc_0768_20240302230901
「和成豊」(フワセンホン)

この店、有名なんでしょ?
ショッピングセンターとかでも、よく見かけます。

店の前は結構な人だかり↓
Dsc_0757_20240302231501

並んで、この店で食べるか?
他の店に行くか?

ちょっと悩んだけど、
店先にぶら下がっていた「ダック」が、あまりに美味しそうだったので↓
Dsc_0758_20240302231801
ここで待つことにしました。

30分くらい待ったでしょうか?
名前が呼ばれて、店内へ↓
Dsc_0760_20240302232001

何を食べましょうか?↓
Dsc_0756_20240302232101

ヤワラーは「フカヒレが、安く食べられる」って、聞いたことがありますが・・・。

おいらは、「フカヒレ」よりも「ダック」が食べたかったので。
ダックを注文↓
Dsc_0761_20240302232601

他には・・・。
カニチャーハン↓
Dsc_0766_20240302232701

点心↓
Dsc_0762_20240302232601

Dsc_0764_20240302232601

酢豚みたいな魚料理↓
Dsc_0767_20240302232701

これで、ジャスト1000バーツ(約4000円)でした。

味は・・・普通かなぁ。
点心は、美味しかったですけどね。

期待していた「ダック」は、おいらは「MKのダック」の方が好きかも。



食後も、真っ赤に染まったヤワラーを少し散策して↓
Dsc_0772

Dsc_0773_20240302233201

翌日の朝食用のパンを買って↓
Dsc_0774_20240303001001

帰路についたのでした。

それにしても、春節のヤワラーは、大混雑。
興味本位で、行くもんじゃないですね。( ´艸`)



帰りの「ワットマンコン駅」でも、切符売り場は長い行列↓
Dsc_0727_20240302233501

ならば、帰りも「ビザタッチ」で。
しっかり味をしめてしまいました。

ちなみに、カード払いのレートですが・・・。

MRTシーロム駅⇔ワットマンコン駅往復で、42バーツなんですが。
日本円で、179円が引き落とされていました。

レートは、0.2346 ってことですね。 
スーパーリッチの両替レートと比べると、もちろんレートは低いですが。

電車賃程度ならば、そんなに気にする必要もなさそうですね。
だから今後は、積極的に「ビザタッチ」で。

って、MRT、普段の生活では、ほとんど乗ることが無いんですが。( ´艸`)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

2024年3月 1日 (金)

今さらですが、「カセサート大学の農業祭」に行って来た話

2月9日(金)に「カセサート大学の農業祭」に行ってきました。
とっくに旬が過ぎてしまいましたが。(;^ω^)

今年の「カセサート大学の農業祭」は、2月2日~2月10日でした↓
Kase2024

開催中は、多くの方がブログやユーチューブで取り上げてたので、今さらですが。
おいら、この祭りに行くのは初めてだったので、敢えてブログに残して置きます。



カセサート大学に着いたのは、13時30分頃でした。

まずは、昼飯をここで↓
Dsc_0659_20240301222801

何を食べようかな?↓
Dsc_0661_20240301204901

結局、ガオラオとライス↓
Dsc_0660_20240301204501
まあ、お祭りの食事なんて、たかが知れてますからね。
お腹が膨れれば、なんでもいいんです。( ´艸`)

メシを食べ終え、どんなフェスなのか?見て回りましょう。



でっかい縫いぐるみを賞品とするゲームは、どこでも良く見かけますね↓
Dsc_0667

Dsc_0669_20240301205001

この辺から「農業祭」の本領発揮でしょうか?↓
Dsc_0672

農業用具や機具などの販売エリアのようです↓
Dsc_0674

Dsc_0675

Dsc_0677

次は、植物エリアへ↓
Dsc_0679_20240301205401

いろんな果物の苗木を売っています↓
Dsc_0709_20240301210401

マンクッ(マンゴスチン)の苗木↓
Dsc_0710_20240301205901

サワロッ(パッションフルーツ)と、ソムオー(ポメロー)の苗木↓
Dsc_0707_20240301210801

プリック(唐辛子)は、こうやって出来るのね?↓
Dsc_0703_20240301211001

大きなカヌン(ジャックフルーツ)↓
Dsc_0706_20240301211601

カヌンの苗木↓
Dsc_0705_20240301211701

これは何かな?↓
Dsc_0693

キリが無いのでこのくらいにしておきますが・・・。
他にも、たくさんの植物や花を見ることが出来ました。

さすが、農業祭!
って感じ。



2時間くらいぶらついたところで、そろそろ帰ることに。

帰り際に、目に付いたのが・・・。

チョンプー(ローズアップル)と↓
Dsc_0700_20240301212001

マカーム(タマリンド)↓
Dsc_0711_20240301212101

折角だから、自分へのお土産に買って帰りましょう。



ってことで、初めて「カセサート大学の農業祭」に行ってきたわけですが・・・。

やっぱり昼間に行くもんじゃないですね。
もう、暑くて暑くて。( ´艸`)

たぶん、全体の10分の1くらいしか、歩いてないんじゃないでしょうか?
でもまあ、だいたいの雰囲気はわかったので、良しとしましょう。

それじゃ、来年も行く?

う~ん、その時の気分次第ということで。(^_-)-☆

あっ、そうそう。
マカーム(タマリンド)、かなり美味しかったですよ↓
Dsc_0719_20240301232101

チョンプー(ローズアップル)は、普通でしたけど。( ´艸`)


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31