« チャンタブリーでホームステイ(1) | トップページ | チャンタブリー観光 »

2024年2月17日 (土)

チャンタブリーでホームステイ(2)

前回記事のつづきです。

そろそろ夕食の時間です。
食堂に行くと、テーブルの上にはすでに準備が出来ていました↓
Dsc_0864_20240217155401

カニ、エビ、魚・・・。
これら、すべて食べ放題だそうです。



それでは、1品づつ見てみましょう。

◇主役は、やっぱりカニ↓
Dsc_0866_20240217155601
日本ではあまり馴染みのないカニですが、画像でググったら「ノコギリガザミ」でヒットしました。
マングローブのある泥の中に生息しているとかで、またの名は「マングローブガニ」とか「マッドクラブ」だそうです。

でも、カニって食べずらいですよねぇ。
こうやって出されても、どうやって食べれば良いのやら?

あるのは、ペンチみたいな殻を割る道具だけ。
日本のような身を取り出すカニフォークはありません。

可食部分も少ないんで、食べるのにも一苦労でした。
味は、旨いんですけどねぇ。

基本、手掴みで食べるので、手はベトベトで臭くなるしで、おいらは2杯でギブアップです。
タイ友たちは、一人で4~5杯は、食べてたかな?


◇準主役の、エビ↓
Dsc_0865_20240217160101
エビももちろん食べ放題です。
結構な大きさのエビで、これは食べやすかったです。
でも、カニと比べると、味は、ちょっと淡白かな?
だから準主役ということで。( ´艸`)


◇普段なら主役級の、サカナ料理↓
Dsc_0867_20240217160501
カニとエビが一緒だと、どうしても影が薄くなりますねぇ。( ´艸`)

なので、食べるのも後回しになってました。
結局、食べる頃には冷めてしまって、それがちょっと残念だったかな。


◇トートマンクン↓
Dsc_0869_20240217160701
これは完全に、脇役ですね。

美味しいんですけどね。
でも、腹も膨れやすい料理ですから、食べ放題の場では、中々手が出しずらいです。( ´艸`)
なので、これはお代わりナシです。


◇ヤムタレ―↓
Dsc_0868_20240217160801
お口直しに、ちょうど良い料理です。
まあ、味は普通です。


◇トムヤムスープ↓
Dsc_0871_20240217160901
これも口直し要因です。
でも、意外とさっぱりしてて飲みやすかったです。


◇豚肉煮込み?↓
Dsc_0870_20240217161101
この料理は、始めた食べたんですが、中々の伏兵でした。
シーフードの中での唯一の肉料理ってこともありましたが、かなり気に入りました。

タイ友に聞いたら、チャンタブリーの名物の「หมูชะมวง(ムーチャムアン)」っていう料理だそうです。

ムー=豚肉
チャムアン=葉っぱの名前

豚肉とチャムアンを煮込んだ料理ってことね。

最初、色合いを見て「辛いのかな?」って思ったけど、辛味はまったくなし。
ちょっと甘さもあり、コクもあって、ご飯に合う料理でした。


◇他には、スイカも食べ放題でした。(写真ナシ)
甘くて美味しかったなぁ。
タイのスイカは、旨いからねぇ。



食事時間は、18時~22時まで。
食べ放題にありがちな、90分とか2時間とかの制限はありません。

お腹がいっぱいになると、周辺を散策して腹ごなし。
夜の景観も、中々のもんでしょ?↓
Dsc_0881_20240217162501

Dsc_0882

Dsc_0883_20240217162901

そして、また食堂に戻って食べて・・・。
その繰り返しでした。(笑)

今はもう、カニもエビもしばらく食べたくないです。( ´艸`)



そして、朝は・・・。

朝飯↓
Dsc_0885_20240217163001

一応、ビュッフェだけど、たいした食べ物はありません。
まあ、おいらはこんなんで充分なんですけどね。

ちなみに、ここの宿泊代金ですが・・・。

三人で5,100バーツ(約20,000円)、一人当たり、1,700バーツ(約6,800円)でした。
二人で宿泊しても、5,100バーツは、変わらないそうです。

なので、今回は三人で宿泊したってわけです。



「チャンタブリーでホームステイ」をチェックアウトして・・・。

次は、チャンタブリー観光です。
チャンタブリーには、何があるの?

それは、次回の記事で。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

« チャンタブリーでホームステイ(1) | トップページ | チャンタブリー観光 »

バンコク暮らし-旅行-」カテゴリの記事

コメント

>サムライコボリさん
エビ、大ぶりだったので、結構食べ応えがありました。
「カニがいなければ主役になれたのにぃ」でしょうか。555
タイのスシローは高いから、我慢して日本に戻ったらたらふく食べてください。555
最低価格の皿が、40バーツですからね。
そう言えば、食堂に舞台があって、他のグループはそこでカラオケに講じてました。
それに混ざる勇気はありませんでした。
我々のグループ、みんなシャイだったもんで。555
5曲も歌うんですね?それはすごいです。
歌、私は聞く専門です。
ジャンルは、タイ友の影響でモーラムばかりですが。555
サムライコボリさん、今度はぜひモーラムにも挑戦してください。
年寄りには受けると思います。きっとみんな踊りだしますよ。555

準主役の、エビ。美味しそうですね。
一度たらふく食べてみたいですね。
パタヤに6月オープン予定ですが「スシロー」がセンタンにオープンするようです。
鮮度の温度管理が100%完全なら一度くらい食べてみたいような?感じですかね。
日本より高い価格設定かな?

宿泊ホテルのアクティビティ。
みんなで歌を唄うとかのカラオケ大会とかだったら日本人がタイ語の歌を歌っている!と、
oininさんが注目の的だったのに~。残念です。。。555

私は相変わらず海岸カラオケ楽しんでいます。
毎日ではないですが、行くと5曲ほど必ず歌います。555
たまに親指でGoodマークで合図してくれたりする人もいます。
かなりうれしいです。555
↓男性声に合わせたキーなので歌いやすいです。
oininさんも練習してみてはいかが?555
https://www.youtube.com/watch?v=jOFdA_I3u6k

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チャンタブリーでホームステイ(1) | トップページ | チャンタブリー観光 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31