« ラヨーン観光 | トップページ | 【2024年冬】タイ友との東北旅(序章) »

2024年2月20日 (火)

バンセン観光

ラヨーン観光を終え・・・。

最初の予定では、そのままバンコクに戻る予定でしたが、急遽バンセンにも宿泊することになりました。

その理由は・・・。

16時頃だったでしょうか?
バンコクへの帰り道、「バンセン」に近づいたあたりで。
「夕飯は、バンセンで食べてかない?」そんな話になりまして。

でもまだ、この時点では、夕飯を食べたら、バンコクに帰るつもりでいたんですけどね。



夕食は、ビーチで↓
Dsc_1052_20240220215601

こんなものを↓
Dsc_1089_20240220215701
サカナ料理

Dsc_1086_20240220215701
野菜料理

Dsc_1083
貝料理

Dsc_1082
生ガキ

生ガキ、大丈夫かなぁ?
何度もすすめられたけど、おいらは口に出来ませんでした。

この料理だけにしておけば、「バンセン」に宿泊することも無かったんですけどねぇ。

タイ友たち、他のテーブルでビールを飲んでいるの見てしまったようで。↓
Dsc_1077_20240220220501

飲んじゃう?

酒好きは、そうなりますわな。
下戸のおいらには、その気持ちがまったくわかりませんが。( ´艸`)

そう、急遽バンセンに宿泊することになったのは・・・。
「タイ人二人が、お酒を飲んでしまったからぁ~」でした。(*^^)v

夕飯場所のすぐ近くにホテルがあったので、そこに宿泊することになりました。
そのホテル↓
Dsc_1054_20240220221401
「BBG シーサイドラグジュアリアス サービスアパートメント」

ホテルの地図↓


ちなみに、夕飯場所の地図↓


ねっ、ホテルと夕食の場所、目と鼻の先でしょ?( ´艸`)



夕食後は、バンセンビーチを散策↓
Dsc_1056_20240220222401

Dsc_1059_20240220222401

Dsc_1065_20240220222401

平日だというのに、そこそこ賑やかでした。



翌日の朝。

朝メシは、カオトムを部屋まで運んでくれました↓
Dsc_1091_20240220222601
お洒落な器ですね。

蓋を開けると↓
Dsc_1092_20240220222601
美味しくいただきました。

11時頃に、ホテルをチェックアウト。
昼メシもバンセンビーチで食べてから、バンコクに戻ることになりました。

昼飯は、ビーチパラソルの下の↓
Dsc_1109_20240220223001

ビーチに一番近い場所を占領です↓
Dsc_1122_20240220223201

そこで、こんなものを↓
Dsc_1116_20240220223301
食い散らかしの写真で、ゴメンナサイ。m(__)m
このほかに、ガイヤーンも食べたけど、写真がない。(;^ω^)



これにて、バンセン観光は、オシマイです。
えっ、バンセン、全然観光して無いじゃん?

はい、夕飯と朝飯と昼飯を食べただけでしたから。( ´艸`)
特に泳いだりもしなかったしね。

とりあえず、バンセンビーチの写真を何枚か撮ったので、雰囲気だけでも、どうぞ↓
Dsc_1096_20240220223701

Dsc_1097

Dsc_1099_20240220223801

たいして、綺麗な海じゃないしね。(*-ω-)ウンウン♪
でも、バンコクから車で1時間程度で行けるので、海が見たくなったら気軽に行けますね。

って、海が見たくなることなんて、ある?( ´艸`)



これにて、5回に分けて書いたチャンタブリー⇒ラヨーン⇒バンセン三泊四日の旅は、オシマイです。
今回は、タイ友の友人も一緒の三人旅でしたが、勝手知ったる仲なので気を遣うことなく楽しめました。

それと、タイ国内で行ったことが無かった、チェンタブリー県とラヨーン県に行けたのも良かったです。
次の旅は、まだ未定だけど、どこに連れてってくれるかな?
楽しみにお誘いを待ってましょう。

あっ、そうそう。
生ガキを食べた、タイ友と友人が、その後どうだったか?
それ、ちょっと気になるでしょ?

タイ友に聞いたら、二人ともまったく大丈夫だったそうです。

タイの生ガキは、安全なのかな?
どうなんでしょうねぇ?

こんど試してみようかな?
でも、やっぱり怖いわ。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

« ラヨーン観光 | トップページ | 【2024年冬】タイ友との東北旅(序章) »

バンコク暮らし-旅行-」カテゴリの記事

コメント

>スイカさん
こんにちは。
生じゃなければ、少しは安心ですよね。
私も火を通してあれば、食べる派です。
タイでは、生食用とそうでない区別は、見たこと無いですよねぇ。
どんな衛生管理しているか?も気になるし、どうしても神経質になっちゃいます。
日本、三寒四温かな?
春に向って、もう少しの辛抱ですね。
バンコクは、相変わらずのTシャツ短パンで、毎日過ごせてます。
外に出れば暑すぎですが、すぐにショッピングセンターなどに逃げ込むので、快適な毎日です。
肩の方は、まだダメです。
夜間痛も相変わらずだし、腕も90度以上は上がりません。
いつになったら、良くなるんでしょうねぇ。

こんにちはです。
生ガキは私も食べたことがありません。せいぜいオースワンなので、
一応火を通しているということで。
でも、日本でも生食用とそうでないのが売っていて、殺菌処理などの
違いみたいですが、タイでも分かるようにしれくれれば、少しは安心
かもしれませんね。
日本は冬に逆戻りです。明日は関東でも雪がちらつくかもです。

そういえばタイに戻り、肩の調子はどうですか。

>ハマさん
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
生ガキ、私も日本では今まであたったことは無いんですが、タイの生ガキを食べる勇気が出ませんでした。
カキを食べてあたった人の話をよく聞くので、どうしても慎重になってしまいます。
今回、タイ人二人のどちらかがお腹を壊したら今後も食べることはないと思いますが、二人とも元気だったので、ちょっと損した気分になってしまいました。(笑)
そもそも生ガキ、大好きなもんで。(笑)
今後は・・・ちょっと考えちゃいますが、状況によってはトライしてみようと思います。

いつも楽しく拝見しています
タイの生ガキですが、旅行でタイに行って何度か食べましたが、私はあたったことがないです
ちなみに、生のエビも何度か食べましたが、大丈夫でした
個人差、その時の体調、店の食材の新鮮さなどいろいろな要因があるので、やはり運任せになってしまうと思います

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラヨーン観光 | トップページ | 【2024年冬】タイ友との東北旅(序章) »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31