« 北タイの旅九日目(チェンマイ滞在)前編 | トップページ | 北タイの旅十日目(チェンマイ⇒バンコク) »

2023年12月15日 (金)

北タイの旅九日目(チェンマイ滞在)後編

北タイの旅九日目、前編からの続きです。
後編は、チェンマイのイーペン祭りの様子を書き連ねます。



チェンマイの旧市街に戻り・・・。

17時、宿泊するホテルにチェックイン。
ホテルは、チェンマイ一泊目と同じ「デランナ」です。

そして、今夜はイーペン祭り。
たくさんのコムローイが空にあがる光景は、写真やユーチューブで見たことがありますが、実際にこの目で見るのは初めてです。
楽しみだなぁ。

チェックイン時に、タイ友がホテルのスタッフに「イーペン祭りは、どこで楽しめるか?」を聞いたところ・・・。
こんな地図をくれました↓
Dsc_0154_20231215112001
(地図、見えずらくて、ゴメンナサイ)

地図には、「三王記念像」と「ターペー門」と「ナコンピン橋」にマル印が付けられました。

たくさんのコムローイがあがる様を観るにはコムローイ会場に行くのがベストなんでしょうけど、今回は、ホテルスタッフが教えてくれた所を中心に、徒歩で周ることにしました。



18時、まずはホテルから一番近い「三王記念像」を、目指します。

途中、通りがかったお寺で、パチリ↓
Dsc_1841_20231215114001

いたるところのお寺で、ローイクラトンです。
綺麗だねぇ。

18時30分、「三王記念像」の広場に到着↓
Dsc_1845_20231215114301

地図↓


たくさんのキャンドルが灯り、多くの人が集まってました↓
Dsc_1843

Dsc_1847

奥に見えるのが、三人の王様の像ね。
三人の王様とは、チェンマイの街を創建した「マンラーイ王」「ラームカムヘーン王」「カムムアン王」だそうです。
おいら、勉強不足で「ラームカムヘーン王」しか聞いたこと無いですけど。( ゚Д゚)

ここで何かイベントでも、あるのかな?

ちょっと待ってたんですが、何も始まりそうも無かったので、「ターペー門」に向うことに。



「ターペー門」に向う途中に、ちょっと寄り道↓
Dsc_1848_20231215114901

この寺、見覚えあるでしょ?

なんだっけ、それ?
って方は、ここを読んでね↓

「北タイの旅八日目(チェンマイ滞在)前編」

「シンプルなランナー様式の木造建築」と「菩提樹の下の仏陀」が、印象的だった「ワットパンタオ」です。

この寺のローイクラトンは、どんなか感じかな?
それがちょっと気になったので、寄ってみました。

その時に、ここで目にした光景↓
Dsc_1852

Dsc_1851
子供の僧侶たちが、菩提樹の下の仏陀の周りをキャンドルで飾り付けしてました。

ただそれだけの光景なんですが、なんだろう?
なんかジーンと来てしまいました。

やっぱりいいわ、この寺。



19時30分、「ターペー門」に到着↓
Dsc_1855

大きな提灯が綺麗に飾り付けられてました↓
Dsc_1857_20231215140201

それにしても、すごい人↓
Dsc_1856_20231215120901
ステージが設置されていたので、これから何かのショーが始まるのでしょう。
そのショーは、待たずに。

おいら達は、人の流れる方に歩き出しました↓
Dsc_1858

振り返っても、人だらけ↓
Dsc_1859
こうなると人の波に身を任せるしかないですよね。( ´艸`)
みんな川の方に向ってるんだと思う。

ホテルやレストランも、どこもかしこもイーペン祭り↓
Dsc_1860

Dsc_1861_20231215121601

少し歩くと・・・。

コムローイ、発見!
見えるかなぁ?↓
Dsc_1863_20231215122701

ぽつぽつと星みたいなのが、コムローイ。
でも、よくわかりませんね?m(__)m

もう少し歩きましょう。

途中、お寺に立ち寄り↓
Dsc_1862

Dsc_1864_20231215123101

Dsc_1866_20231215122901

Dsc_1868_20231215123201
写真を撮ったりしてたら・・・。

いつの間にか橋の近くまで来ていました。
コムローイ、上がってるんですけどねぇ。
まだ見えないかな?↓
Dsc_1869_20231215123301

もう少し先に進んで。
これで、どうだ!↓
Dsc_1870_20231215123401
ようやく写真でも見れるかな?
でも、全然幻想的じゃないでけど。😨

やっぱり会場に行かないと、あの幻想的なコムローイの光景は観れないのかもね?
とりあえず、橋の上まで行って見ましょう。

橋の上は、おしくらまんじゅう状態で身動きとれず↓
Dsc_1887_20231215175301

でも、頑張って撮影しました↓
Dsc_1874_20231215124301

Dsc_1875

Dsc_1881

Dsc_1893_20231215124401
熱気、伝わるかな?

おいらの、敢えてのベストショットは、これ↓
Dsc_1890_20231215124701

コムローイを手を離す瞬間の女性の表情、中々、いいでしょ?(自画自賛! 笑)

ところで、おいらは、コムローイを上げたのか?

その答えは・・・。

上げませんでした。

コムローイは、決められた会場でしか、やっちゃダメ。
そう聞いてたからね。
だから、何も準備してませんでした。(笑)

実際にコムローイで火事になったりもしたらしいし。
ルールは守らないとね。(*-ω-)云々♪

今回見ててもコムローイが上手く上がらずに、樹木に引っ掛かったのもいくつか目撃しました。
やっぱり危険な気がしたわ。

それじゃ、クラトン(灯篭)は、流したの?

その答えは・・・。

流しませんでした。

その理由は、これ↓
Dsc_1885

橋の上から、川をのぞいてみたら、あまりにたくさんの人がいたので。
そこまで行くのも苦労しそうだったので、断念です。

まあ、クラトン(灯篭)は、すでにスコータイで流したから、何度もしなくていいでしょう。

あっ、そうそう。
この橋のこと、何も書いてませんでしたね。
ホテルスタッフが、丸印をつけてくれたのが「ナコンピン橋」でしたが、人の流れに着いて行って辿り着いたのは「ナワラット橋」でした。

地図↓


イーペン祭りの日の橋は、どこも人でごった返すのかもね?

この時点で時刻は、20時30分。
さすがに歩き疲れたので、他の橋まで行く気力も、ナシ。_| ̄|○

そろそろホテルに戻りましょうか。

ホテルまでは、また来た道を戻らなくてはなりません。
タクシーでも捕まえられればいいんですが、とてもじゃないけど無理ですね。

もうひと踏ん張り力を振り絞って、歩きましょう。

「ターペー門」では、賑やかにダンスを踊っていましたが、チラッと横目でみて素通りです。
それだけ疲れ果ててたってことね。

寄る年波には、勝てず!
身に染みて感じましたわ。(笑)



そんなわけで、初のイーペン祭りでしたが・・・。

そこそこ楽しかったけど、かなり疲れました。
「疲れ」が「楽しい」を上回ってしまった感じでしょうか。

長旅の疲れや、人酔いもあったかも?

ってことで、これにて「北タイの旅九日目」は、オシマイです。
次回の記事は、北タイの旅十日目(チェンライ⇒バンコク)です。

9泊10日の北タイの旅も、いよいよフィナーレです。

つづく

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

« 北タイの旅九日目(チェンマイ滞在)前編 | トップページ | 北タイの旅十日目(チェンマイ⇒バンコク) »

バンコク暮らし-旅行-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北タイの旅九日目(チェンマイ滞在)前編 | トップページ | 北タイの旅十日目(チェンマイ⇒バンコク) »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30