« 北タイの旅二日目(ナコンサワン⇒スコータイ) | トップページ | 北タイの旅四日目(スコータイ⇒パヤオ) »

2023年12月 3日 (日)

北タイの旅三日目(スコータイ滞在)

11月21日(火)、北タイの旅三日目

今日は移動は、ナシ。
スコータイを観光するだけです。

8時、なのでちょっと遅めの朝メシです。
ル・チャーム(宿泊ホテル)の朝食場所↓
Dsc_1111_20231203125101
オープンエアで、気持ち良かったです。

まあ、食べる物は、いつも似たり寄ったりですが(笑)↓
Dsc_1094_20231203124901

Dsc_1096_20231203125301

朝食後、ホテル内を散策↓
Dsc_1100_20231203173501
それにしても、大きなの睡蓮の葉ですねぇ。
ググったら、「オオオニバス」って言うらしいです。

葉っぱの上に乗れそうな気もしないでもないけど、試す勇気はありませんでした。(笑)



11時過ぎ、行動開始
スコータイの地図を見ていて、ちょっと気になった場所があったので、そこに向うことに。

その場所が、ここ↓
Dsc_1117_20231203174401
「ワットチェトゥポン」
ここには「顔の無い遊行仏」があるというので、それを見に来ました。

地図↓


ワット(寺)と名が付いていますが、建物はありません。
昔は、「こんな建物が建ってましたよ~」の絵だけが、残っていました。

その絵↓
Dsc_1119_20231203174901

橋を渡って、遺跡に近づいてみると・・・。

あれかな?↓
Dsc_1118_20231203175101

さらに近づいて↓
Dsc_1121_20231203175201
やっぱりそうだした。

顔と左ひじから下の部分は欠損してしまってますが、左足を前に出して間違いなく歩く姿です。
完全な形の遊行仏よりも、かえって神秘さを感じます。

ちなみに、裏側に周ると・・・。

同じく顔と左ひじ下部分が欠損している、立仏像がありました↓
Dsc_1122_20231203180001

どちらの仏像も顔と左ひじ下が欠損・・・。

なにかしらの因果関係が、あるのでしょうか?

なんか気になるぅ。



12時、そろそろ昼メシタイム
車のガソリンを入れるために、新市街に向いました。

そして、そのガソリンスタンドの近くで、「スコータイヌードルの発祥の店」を見つけました。
昼メシは、そこで食べましょう。

その店↓
Dsc_1126_20231203180601
店名は「タープイ ヌードル」

地図↓


さすがスコータイヌードル発祥の店、店内はそこそこ混んでいます↓
Dsc_1127_20231203181801
店内のモニターに流れていたのは、日本のユーチューバーが昨年のローイクラトン時にスコータイを訪れた時のものでした。
全部みたわけじゃないけど、たぶんそのユーチューバー、この店にも寄ったんだと思う。

オーダーしたのは、センレックトムヤム↓
Dsc_1123_20231203181901

それと、サテー↓
Dsc_1124_20231203182001

スコータイヌードルの発祥の店なら、美味しくないわけないよね。
って、スコータイヌードルとバンコクで食べるクイッティアオの違いが、よくわかりませんが。

何が違うんだろう?(笑)



食後は、旧市街に戻り再び遺跡巡りです。

で、向かう先は・・・。

7年前にスコータイに来た時に、行けなかった(行かなかった)場所。
そこに行きましょう。

その場所が、ここ↓
Dsc_1128_20231203182801
「ワットサパーンヒン」という遺跡です。
7年前に行かなかった理由は、丘の上までの登るのが大変そうだったから。(笑)

でも、なんか忘れものをしているような感覚をずっと持ってまして。
今回「スコータイに行くなら絶対に行こう!」そう決めてました。

7年ぶりに、忘れものを取りに来た感じでしょうか。( ´艸`)

地図↓


それで、登り始めたものの↓
Dsc_1130

ちょっと登っただけで・・・。

かなりキツイ。
体力、衰えたなぁ。

それでも、なんとか途中まで登り、あと少しです↓
Dsc_1131_20231203183601

頑張れ、おいら!

自分で自分を励ますしかないですね。
タイ友も、ヘトヘトだったので。(笑)

そして、なんとか登りきり。
仏陀像と、ご対面↓
Dsc_1132

頑張ることが大嫌いな、おいら。
珍しく頑張りました。( ´艸`)

なんか良いことあるかなぁ?

振り向くと、こんな景色が見れました↓
Dsc_1134_20231203184101
この景色が、頑張ったご褒美でしょうか?(笑)

仏陀の裏側が、つい気になる、おいら。
もちろん裏側に周って、パチリ↓
Dsc_1136
倒れないように、支えがありました。
保存するのも、中々大変ですね。(*-ω-)ウンウン♪

仏像の前で、しばし休憩して・・・。

そろそろ戻りましょうか。
降りる方は、まあまあ得意な、おいら。

楽勝?
かと思いきや。

これがまた、意外ときつくてね↓
Dsc_1140

とにかく足場が悪い。

そして・・・。
ずるっ!
ぎくっ!
やってしまいました。😨

ジジイになると、頭で考えてるとおりに体が動かないんですよねぇ。
情けないやら、悲しいやら。

足は、ねん挫にはならなかったので、一安心なんですが。

足よりも肩が!

手を付いたわけじゃないけど、バランスをとるために肩に力が入ってしまい、その衝撃で痛めている肩(たぶん五十肩)が。
く~、痛ぇ!
その場にうずくまってしまいました。

まあ、しばらく悶えていたら痛みも治まりましたが、もうジジイなんだから、いろいろ注意しないとね。

「あいつ、なんか危なっかしいなぁ」

きっと上から仏陀が見守ってくれて、大事には至らなかったんだと思う。
ありがとう、大仏様。



その後は、一旦ホテルに戻り、夜まで休憩タイム。

一寝入りして気がついたら時刻は、18時。
そろそろ歴史公園に、出向きますかね。

その前に夜メシを食べてからね。
昨日は、歴史公園内で買い食い程度しかしなかったので、今宵はガッツリ食べてからローイクラトンに参戦しましょう。

夜メシは、ここで↓


「シンワナー」というタイ料理レストランです。

店の中の雰囲気は、こんな感じ↓
Dsc_1142

食べたのは、もちろんタイ料理↓
Dsc_1141_20231203190801

タイ料理、旨いよねぇ。
今ではすっかりタイ料理の虜です。(笑)



19時30分、昨日と同じ場所に車を停めて・・・。

いざ、歴史公園内へ。

昨日は、歩き過ぎて疲れたので、今日は、どっしり腰を落ち着けてローイクラトンを楽しむことに決めてました。
22時30分ごろまでは、滞在するつもりなので、エネルギーを温存しないとね。

まずは、川沿いに席を確保して、光と花火のショーを楽しみました↓
Dsc_1150

Dsc_1149_20231203192801
花火を写真に収めるのは、なかなか難しいねぇ。(笑)

ショーが終わったところで、ゾウを見つけたので近くに寄って、パチリ↓
Dsc_1154_20231203193201

コムローイを上げてる人がいたのでその様子も、パチリ↓
Dsc_1159_20231203193301
いくらで上げられるの?
聞いたら、200バーツだって。

コムローイは、チェンマイまで取っておきましょう。

そう言えば、まだクラトンを流してなかったことに気付いて。
この辺りで、流しましょうか↓
Dsc_1090_20231203194101

スコータイの来れたことへ感謝と、さらなる旅の安全をクラトンに込めて、池に流しました。
Dsc_1091_20231203194401
あまり人もいない場所だってので、神聖な気持ちで流せました。(*^^)v

そのあとも、のんびりとお土産屋さんや食べ物屋さんを見て回ったり↓
Dsc_1076_20231203195101

ココナッツアイスを、食べたり↓
Dsc_1167_20231203195301
旨いんだなぁ、これがまた。

民族衣装を着た二人が通り過ぎたので、パチリしたり↓
Dsc_1078_20231203195601
美しいものには、カメラを向けたくなるもんで。( ´艸`)

わお、ここにも民族衣装で写真撮ってる↓
Dsc_1080_20231203195801
綺麗だなぁ。(笑)



そうこうしているうちに、時刻は22時近くになりまして。
人が池の周りに集まりだしました。

何が始まるのかな?

タイ友に聞いてもらったら、22時頃から30分間のショーがあって、22時30分頃から花火が打ちあがるんだって。
その場所取りの移動ですね。

早速、おいら達も池の淵を確保です。

Dsc_1172_20231203200801

22時、タイ王国(またはスコータイ王朝)の成り立ちみたいな、厳かなショーが始まりました。
池に船が出てきたり、言葉がわからなくても、そこそこ楽しめました。
舞台が池の向こう側なので、小さくしか見えませんけどね。

ショーを30分くらい見たところで・・・。

花火が打ちあがりました。

フィナーレの花火の様子↓
Screenshot_20231203171617_20231203203301

Screenshot_20231203171657_20231203203501

最後は、「破れかぶれの乱れ打ち」って感じ(笑)↓
Screenshot_20231203171906_20231203203601

花火は、10分くらい続いたでしょうか。
スコータイ滞在二日目の晩に、良い物をみさせてもらいました。



ローイクラトンの発祥の地、スコータイでローイクラトンを見ることは、長年の念願でした。
テレビで見るスコータイのローイクラトン行事は、厳格で崇高なイメージを受けましたが、実際のところは、ほとんどの場所がお祭り騒ぎでしたね。

でも、楽しかったなぁ。
大満足の二日間になりました。

スコータイまで連れて来てくれたタイ友には、感謝しかありません。

明日は、スコータイを離れて、パヤオに向いますが・・・。
てっきり、パヤオ市街に宿泊するんだとばかり思っていたんでけどけどねぇ。

まさか、あんなとこに泊まるとは!

おっと、その話は、次回の記事で。

つづく

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村

« 北タイの旅二日目(ナコンサワン⇒スコータイ) | トップページ | 北タイの旅四日目(スコータイ⇒パヤオ) »

バンコク暮らし-旅行-」カテゴリの記事

コメント

>スイカさん
ローイクラトン、まだ未経験なんですね?
ローイクラトンの時期は、日本の気候が良い時なので、タイミングが合わないのかも?ですね。
ぜひ、一度体験してみてください。
あの民族衣装の女性、橋本マナミ似で、とても美しかったです。
でも、私はシャイなもんで(笑)、声はかけられませんでした。
今回の旅は、折角なのでチェンマイのイーペン祭りも見に行くことにしました。
ぜひ、最後まで読んでくださいね。

ご無沙汰です。
スコータイのロイクラトンも良さそうですね。私、クラトン流しですか
まだやったことがないです。バンコクでもいいので、やってみたいです。
民族衣装の美しい女性と一緒に写真は撮らなかったですか(笑)

てっきり、スコータイまでで戻ると思ってました。
続きは明日以降読ませていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北タイの旅二日目(ナコンサワン⇒スコータイ) | トップページ | 北タイの旅四日目(スコータイ⇒パヤオ) »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31