« 聞きたい事があったので年金事務所に行って来た | トップページ | 日本への帰国は姪と一緒のエアアジアで »

2023年6月 4日 (日)

「ベリッシマ」を見に大黒ふ頭へ

一昨日の大雨は、凄かったかったですねぇ。
外出してた方は、大変な思いをしたんじゃないでしょうか?

そして、昨日。
朝は、まだ雨が降っていましたが・・・。

友人から連絡がありまして。

友人「今日、雨が止んだら大黒ふ頭に行かない?」
おいら「行ってもいいけど、どうして?」
友人「ベリッシマが、停泊してるらしいよ」
おいら「ベリッシマ?よくわからないけど、暇だから行くわ!」

ってことで、雨が止んだ午後、大黒ふ頭に行ってきました。

ちなみに大黒ふ頭は、観光地ではありません。
周りは、工場と倉庫ばかりですからね。
横浜ベイブリッジの下をくぐれない大きい船が横浜に寄港する時だけ、大黒ふ頭に停泊します。
その時、ちょっとだけ賑わう感じでしょうか?

そう言えば、日本でのコロナ騒動の始まりは、大型客船からでしたよね。
あの船を大黒ふ頭に停泊させたばかりに、大騒動に。

「日本の感染症対策は、なってない!」
そんな声が、日本の内外からあがってましたからね。

忌まわしい記憶です。



14時ごろには、すっかり天気も良くなり・・・。

横浜ベイブリッジ下の無料駐車場に車を止めて↓
Dsc_0067_20230604090101

船、見えた↓
Dsc_0056
かなりデカイ!

でも、船よりも釣りに夢中な人々(笑)↓
Dsc_0060_20230604094801

遠くに見えるのは、みなとみらい地区。
一番背の高いビルが、横浜ランドマークタワーです。

もちろん、観覧車やマリンタワーなども、肉眼ではっきり見ることができます。



船は、スカイウォークから眺めましょうか。
スカイウォークとは、横浜ベイブリッジに併設してある展望施設のことです。

ここね↓


スカイウォークの入口↓
Dsc_0023_20230604103701

ここ、かなり長い間、閉鎖してたんですよね。
昨年、再びオープンしました。

ただし、今は、土日祝のみのオープンです。
なにせ過疎ってるもんで。(笑)

スカイウォークの入口↓
Dsc_0023_20230604090001

エレベーターで、4階(だったかな?)まで上がります。
Dsc_0026_20230604100101
ねっ、過疎ってるでしょ?(笑)
案内係の人も、手持無沙汰?( ´艸`)

展望室へは、ベイブリッジの橋の下を歩いて向かいます↓
Dsc_0029

歩道からの眺望(1)↓
Dsc_0028_20230604094401

歩道からの眺望(2)↓
Dsc_0030_20230604100701

展望室に到着↓
Dsc_0034_20230604093701

人、そこそこいました。(笑)

雨上がりで、みんな行くとこなかったか?
それとも「ベリッシマ」の集客力か?

展望室からの眺望を楽しむ人々↓
Dsc_0035_20230604101101

Dsc_0037_20230604101101

ところで、船は、どうなった?
早く見せろよ!
そんな声も聞こえそうなので。(笑)

はい、どうぞ↓
Dsc_0042_20230604094101

もっと、良く見たい?

はい、どうぞ↓
Dsc_0049_20230604113301

望遠鏡で覗くと、ベリッシマに乗ってる人の顔まで、はっきり見えました。
みんな、裕福そうな顔してたなぁ。(笑)

Dsc_0047_20230604094201

ちなみに、スカイウォークの入場料は・・・な、なんと無料!
設置してある望遠鏡も、すべて無料!

横浜市、太っ腹でしょ?(笑)

でも、なんで、カネとらないの?
まあ、入場料とったら、入らないけどね。( ´艸`)



最後に船の全景をどうぞ↓
Dsc_0063_20230604103201

SHIP DATA
船名:MSCベリッシマ
建造:2019年3月
全長:315m
総トン数:171,598トン
乗客定員数:5,655名

そのデカさが、わかるってもんです。
船内も豪華そうだし。

う~ん、乗りた~い!

大型客船で優雅なクルーズ旅行。
憧れだわ~。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« 聞きたい事があったので年金事務所に行って来た | トップページ | 日本への帰国は姪と一緒のエアアジアで »

旅行・地域」カテゴリの記事

日常生活」カテゴリの記事

コメント

>kou63さん
こんにちは。
もう度肝を抜かれる大きさでした。
ひとつの街がすっぽり船になった感じでしょうか。
それにしても、ほんと、よく倒れないで浮かんでますよねぇ。
その設計技術には驚かされます。

こんにちは。
飛鳥Ⅱを見て 大きいなあ と思ったのですが
MSCベリッシマ さらに大きいですね。
大きさでは世界の10位以内に入っていると
聞いたことがあります。
巨大リゾートホテルを積んだ船が倒れず
浮かぶことが不思議です。
どんな人が設計したのか興味があります。

>招き猫の右手さん
フェリーで北海道ですかぁ。
いいですねぇ。
私も若い頃、カーフェリーで北海道(苫小牧)から戻ってきたことがあります。
あの時は、揺れが激しくてずっと船酔い状態でしたが、今では懐かしい思い出です。
記事がアップされたら、必ず拝見させていただきます。

これほどすごい豪華客船ではありませんが、来月、北海道までフェリーで20時間ほどかけて行ってきます。
ちょっと奮発して良い個室を取ったのでかなり楽しみにしています。
たぶんブログ記事で写真とかある程度出すと思うので良かったら見てください。

>IDEAさん
写真があると記事を書くのも、かなり楽ちんです。
でも普段の生活では、あまり写真を撮ることもないので苦労の連続です。(笑)
船、デカいでしょ?「ジャパネットたかた」が宣伝しているクルーズ船です。
タイのことを書かないと、確かに反応は薄いかも?
でもまあ、ずっとタイにいるわけでもないので、タイに関することはそんなに書けないです。(笑)
タイにしばらくいると日本に帰りたくなるし、日本にしばらくいるとタイに戻りたくなります。
だから2ヶ月~3ヶ月サイクルで行き来するのが、一番心地よいです。

いつもながらに写真と丁寧な説明ありがとうございます。

こんな船が来ているなんて。

しかしながら、タイがテーマなので、反応薄いんじゃないかとか

はやくタイに行きたいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 聞きたい事があったので年金事務所に行って来た | トップページ | 日本への帰国は姪と一緒のエアアジアで »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30