« それでも日本に行く? | トップページ | イミグレの長い1日(リエントリーパーミット編) »

2023年4月 5日 (水)

イミグレの長い1日(リタイアメントビザ更新編)

前回の記事で書いたとおり、急遽決まった日本帰国。
日本に戻る前に絶対にやるべきことが、リタイアメントビザの更新です。

期限は4月11日まであったので、のんびり構えていたんですが、いきなり日本帰国が決まり大慌てです。

今までだったら、万一、手続きが上手くいかなかったとしても、「また行けばいいや!」な気持ちにもなれましたが、今回は絶対に失敗出来ません。
いつも以上に、プレッシャーを感じながらの更新手続きになります。

更新手続きに必要な書類は・・・。

1.申請書(TM.7)
2.パスポート(原本)&コピー
3.預金通帳(原本)&コピー
4.残高証明書
5.申請書に貼付する写真
6.TM.30(外国人居住報告書)
7.自宅の地図
8.1900バーツ

今までの経験上では、これだけでいいはず。

まあ、ほとんどが現地で準備出来るので・・・。

・パスポート
・預金通帳
・TM.30(外国人居住報告書)
・1900バーツ

これだけは忘れずに・・・です。

あとは、有れば便利なものとして・・・。

・青ボールペン(書類書き込み用)
・糊(写真張り付け用)
・A4の用紙(自宅地図を書く用)

これらを鞄に詰めて、いざイミグレへ。



3月20日(月)
朝7時半にタイ友に迎えにきてもらい・・・。

イミグレの入っているB棟に到着したのは、AM8時15分でした↓
Dsc_0709

イミグレのオープン時間は、AM8時30分。
銀行のオープン時間も、AM8時30分。

ちょうど良い時間に到着です。
まずは、ビル内で必要なものを準備しましょう。

おいらが、周った順番は・・・。

バンコク銀行で残高証明書を取得
   ⇓
パスポートと預金通帳をコピー
   ⇓
イミグレ受付で申請書類を受け取る
   ⇓
キューナンバーを貰う

こんな順番です。
ちなみに、申請書に貼付する写真は、指定サイズよりちょっと小さい目だけど、手元にあったやつを使いました。
(写真の大きさは、あまり厳密ではないみたいです。)

キューナンバー↓
Dsc_0718

時間は、8時48分。
ナンバーは、39番。
待ち人数は、34人です。

待ち時間に、申請書類を書きます。

それで、その申請書類ですが・・・。

今までと、ちょっと違ってました。
今までは、受付で貰うのは「TM.7」の申請書1枚だけだったんですが、今回は、他に4枚ほど書類を受け取りました。

TM.7(APPLICATION FOR EXTENSION OF TEMPORARY STAY IN THE KINGDOM)↓
Dsc_0724_20230405110201

他に・・・。

STM.2(ACKNOWLEDGEMENT OF TERMS AND CONDITIONS FOR PERMIT OF TEMPORARY STAY IN THE KINGDON OF THAILAND)↓
Dsc_0725_20230405110001

The Acknowledgement of Penalties for a Visa Overstay↓
Dsc_0726

Statement↓
Dsc_0727

それと、これ↓
Dsc_0728

TM.7 以外の書類は、以前は手続き中に書かされていた書類だと思います。

それが、今回は、受付時点で受領です。
「待ち時間にちゃんと読んで書いとけよ!」ってことでしょうか?

急にわけのわからない書類を書かされるより、事前に貰った方が内容が確認できますね。



AM11時
受付から約2時間以上経過するも、まだ自分の番が来ません↓
Dsc_0721

表示されている番号は、29番。
自分の番まで、あと10人待ち。

でも、そのあとはすいすい進み・・・。

AM11時10分
おいらの番号が呼ばれました。

指定されたカウンターに入り、書類のチェック。
この時が、一番ドキドキです。

でも、何枚かサイン忘れの場所にサインするよう促されただけで、一切会話はナシ。
1900バーツを渡してあっさり終了です。
時間にしてものの5分程度でした。

今までで一番スムーズだったかも?

そして、リタイアメントビザ更新をスタンプを押されたパスポートを戻してもらったのが、AM11時25分。
Dsc_1024_20230405114501
2024年4月11日まで有効なスタンプが押されてました。
これで、無事にリタイアメントビザの更新手続き、完了です。

キューナンバーを取得してから、2時間35分後のことでした。
それにしても、手続きの時間は、たった5分なので、ほとんどが待ち時間。

これ、なんとかならないかなぁ。
待ちくたびれたわ。



リタイアメントビザを更新して、一安心。
でも、まだ自宅に戻るわけには行きません。

タイに再入国するために、リエントリーパーミットを取らねばなりません。
午前中では終わらず、昼を跨ぐのは必至のようです。

そのことは、次回の記事で。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« それでも日本に行く? | トップページ | イミグレの長い1日(リエントリーパーミット編) »

バンコク暮らし-ビザ関連-」カテゴリの記事

コメント

>kou63さん
こんにちは。
あ~、そうでしたね。
昨年は、いろいろ大変でした。
今回は、急だったことと失敗できないプレッシャーはありましたが、更新だけなので昨年よりも気持ち的には楽でした。
バンコクのイミグレは、相変わらず大混雑でした。
行ったのが月曜日ってこともあったかもしれませんが、1日がかりの大仕事です。
新規にリタイアメントビザを取得するなら、バンコク以外で考えるのもありかも?ですね。

こんにちは。
イミグレの担当者をちょっとざわつかせた昨年のOビザ再取得計画
(90日間滞在ビザ期間中のパスポート更新、新パスポートへのビザ移行、
1年間のOビザ取得)
と比べたら今回は別の意味でのドキドキでしたね。
イミグレも大都会バンコク内に分室を設ければ待ち時間が解消されると
思うのですが・・・。
BTS,MRTも延長され、バンコク以外に住めばその県のイミグレで
手続きができるので空いていると思います。
サムットプラカーンのイミグレは空いているとのブログを見たことが
あります。

>サムライコボリさん
何も問題なくビザの更新できました。
ただ、バンコクの場合はかなりの待ち時間が必要で、それにはいつもウンザリです。

TM.30は、タイ友がパソコンを使って申請した時のパソコン画面を、プリントスクリーンしたものを印刷して提出です。
今回は、90日レポートの時に持って行ったけど、戻されたものがあったのでそれをそのまま使いました。
今までの更新もすべてそれで通っています。

自宅の地図は、以前要求されたので、それ以降は準備するようにしています。
今回も、待ち時間に描いてそのまま提出しました。
戻されることも無かったので、必要なんじゃないかと思っています。

申請書類は、事前に書いていけば現地で書かなくていいから、楽でしょうね?
今回、すべて終わった後に、受付で各申請書類を貰っておきました。
来年の更新には、それを使えそうです。
バンコクとパタヤでは、必要な書類も微妙に違うようですね?
私が多少懸念してたのは、「賃貸借契約書は、必要か?」でした。
今まで一度も「賃貸借契約書」を要求されたことが無かったので、今回も持参しませんでした。
もし要求されたら面倒だな?って思ってましたが、やっぱり必要無かったので助かりました。

バンコクでは、当日にスタンプを押したパスポートが戻されます。
その辺は、パタヤよりもバンコクの方がいいですね。
へぇ、ビザの期限のスタンプ、パタヤは赤なんですね?
いろいろ統一されてないのが、タイらしいです。555

>IDEAさん
こんにちは。
リタイアメントビザの取得は、業者には依頼してません。
始めからすべて自力です。(もちろんタイ友には助けてもらいました)
「バンコク暮らしービザ関連ー」のカテゴリーで、その時の記事も読めると思います。
2015年11月11日に書いたのが、ビザに関する最初の記事です。

無事に更新が出来て良かったですね。
パタヤの場合外に40〜60人が並びますが、リタイアメントビザ更新の人は少ないので並ぶこと無く即座にカウンター席に行き待ちますので3番目ぐらいのキューナンバーがもらえます。
.
私の場合TM.30(外国人居住報告書)は、2021年にタイランドパスで入国後に改めて新規申請した用紙の半券がパスポートに挟んであるのでそれをコピーしたものを提出しました。
私が今回入国した時の24時間以内の報告はアパート側でスマホ申請にてやってもらいましたが、その辺の証拠画像などは一切もらっていません。
oininさんの場合は今回入国後24時間以内に報告したスマホ画面のコピー提出ですか?それとも私と同等?
.
自宅の地図の提出は2021年にビザ失効後の新たな新規リタイアメントビザ申請した時の最初の3か月間のビザ申請した時のみ手書きで書いたものを提出しました。
この時の更なるリタイアメントビザ1年延長申請時には自宅の地図の提出は必要ありませんでした。
oininさんの場合は昨年の上記2回とも自宅の地図の提出したのですか?・・・で、今回の更新時も必要なんですね。
.
TM.7(APPLICATION FOR EXTENSION OF TEMPORARY STAY IN THE KINGDOM)
この用紙は数年前にもらったことがあるのでそれを原紙として保管してあるので、自身でコピー屋で数枚コピーしておいたものが部屋に置いてあり事前に記入して持って行きました。
.
STM.2(ACKNOWLEDGEMENT OF TERMS AND CONDITIONS FOR PERMIT OF TEMPORARY STAY IN THE KINGDON OF THAILAND)

The Acknowledgement of Penalties for a Visa Overstay
のこの2枚の用紙は数年前にもらったことがあるのでそれを原紙として数枚コピーして部屋に置いてあるので事前に記入して持って行きました。
.
Statement
&
それと、これ↓・・・日本本国(外国人の本国)で取得した「O-Aビザの人は保険加入が必要」という2枚の書類
これはパタヤでは見たことがありません。
.
バンコクでは当日ビザ延長完了スタンプが押されるんですね、
パタヤは翌日午後に取りに来いと言われます。
更に言えば、oininさんはパスポートに「2024年4月11日まで有効なスタンプが押されてました。」との事ですが、青インクなんですね。
パタヤではこのスタンプは「赤インク」で押されています。555
と申請場所も違えば色々と手続き方法も違うようですね。


こんにちは
過去の記事を読んでみたのですが、明確にわからなかったので質問します。

当初のビザ申請はどこかの業者に依頼したのですか?
それとも、
ウエブ参考にタイ友の支援を受けながら自力でやられたのでしょうか?

私も、どれがいいかなーとか考え始めました。
(タイ友はいないのですが)

あくまで妄想ですが。


※都合悪かったら、メールで質問受けてますよ。とかそんなコメントを記事に残してください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« それでも日本に行く? | トップページ | イミグレの長い1日(リエントリーパーミット編) »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31