« イミグレの長い1日(リタイアメントビザ更新編) | トップページ | 姪からの頼まれごとでセントラルワールドへ »

2023年4月 7日 (金)

イミグレの長い1日(リエントリーパーミット編)

前回記事のつづきです。

リタイアメントビザを更新してホッとする間もなく、リエントリーパーミットの取得手続きに入ります。
リエントリーパーミットは、タイに再入国するために絶対に必要なことですからね。

受付に戻り、キューナンバーを貰います↓
Dsc_0722
番号は、245番
待ち人数は、102人
時刻は、11時27分50秒

午前中に手続きを終わらせるのは、ムリそうです。
12時まで待って番号の進み具合を確認して、昼メシへ。

昼メシは、地下のフードコートで↓
Dsc_0732_20230407090201

フードコートは、12時になると一斉に人が集まるので、大混雑。
空席を探すのも一苦労です。

なんとか席を確保して、これをいただきました↓
Dsc_0733_20230407090701

昼メシは、あっという間に食べ終わり。
あとはイミグレが再開し、自分の番号が呼ばれるまで時間を潰すだけです。

なにかイベントでもやっていれば、時間を潰せるんですが・・・。

何も、やってな~い↓
Dsc_0734_20230407091101

結局、何もすることが無いので、スマホを弄って暇をつぶしました。



13時すぎに、イミグレに再入場。
でも、自分の番号までは、まだ時間はかかりそうです。

結局、自分の番号が呼ばれたのは、14時すぎでした。

必要なものは・・・。

1.申請書(TM.8)
2.パスポート&コピー
3.申請書に貼付する写真
4.1000バーツ(シングル)or3800バーツ(マルチプル)
※シングルは、期間中1回だけ再入国が可能で、マルチプルは、期間中何度も出入国が可能です。

悩むのは、シングルにするか?マルチプルにするか?です。
4回以上出入国するなら、迷わずマルチプルなんですが、毎年、多くても3回程度なので、マルチプルは勿体ないかな?

でも、決めたのは、マルチプル。
理由は、出入国のたびに、いちいち手続きするのが面倒なので。
まぁ、あとは、もしリエントリーの手続きをせずにタイを出国しちゃたら・・・そんなボケボケの可能性も無きにしも非ずなので。(笑)
ボケ老人のリスク回避策です。

ってことで、マルチプルで申請。
たった5分程度で申請手続きは、終了。

あとは、スタンプを押されたパスポートを戻されるのを待つだけです。

でも、この待ち時間も、長くてねぇ。
1時間近く待たされたでしょうか?

15時、ようやくリエントリーパーミットのスタンプを押されたパスポートが、戻されました。

Dsc_1028_20230407094801

これで、2024年4月11日まで、何度もタイに出入国出来ます。

実は、このパスポートを戻された時に、おいらのボケボケエピソードがありまして。

何が有ったかと言うと・・・。

リエントリーパーミットのマルチプルは、3800バーツかかるんですが。
おいらは、4000バーツを支払ったんですね。
で、その時にお釣り(200バーツ)を貰った記憶が無いんです。

それで、このパスポートを戻された時に・・・。

おいら「お釣りの200バーツ、まだ貰って無いんですけど!」って、言ったところ。
その時のスタッフが困惑の表情で、手続きしてくれたカウンターを指差し、「あそこで聞いて!」って。

手続きしてくれた人のところに行って・・・。

おいら「200バーツ返して貰ったっけ?」って聞いたら。
スタッフ「返したでしょ!」って、言われてしまった。

まあ、そう言いますわな。(笑)

これ以上、追及したところでどうしようも出来ないので、あっさり引き下がりましたが・・・。

おいら、ついに認知症発症か?
でも、ほんとに返して貰ったかなぁ?

今でも疑心暗鬼。(笑)



それにしても、長い1日でした。

朝、イミグレに到着したのが、8時15分。
リタイアメントビザの更新とリエントリーパーミットの取得、すべての手続きが終わったのが、15時。
イミグレのあるビル内に、約6時間45分も滞在していたことになります。

それに手続き自体は、リタイアメントビザもリエントリーパーミットも、それぞれ5分程度。
ほとんどが待ち時間なんですよね。

今後、オンライン手続きを充実してくれると有難いんですけどね~。
なんとかならないかなぁ~?

でもまあ、時間はかかったけど無事にすべての手続きを終え、一安心です。

次の手続きは、1年後。
まだ元気でいられるかなぁ?

最近、ちょっとボケボケなもんで。(笑)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« イミグレの長い1日(リタイアメントビザ更新編) | トップページ | 姪からの頼まれごとでセントラルワールドへ »

バンコク暮らし-ビザ関連-」カテゴリの記事

コメント

>kou63さん
こんにちは。
昼飯を挟んだら、3時間半ですからね。
リタイアメントビザの更新よりも長かったです。
ほんと、月曜は避けた方が良いかもです。
バンコクに入ったら、すぐにリエントリーパーミットを取るのは有りかもです。
ただ、私の場合は、年一でリタイアメントビザの更新に合わせてリエントリーパーミットを取るのがルーティーンになっているので、これからも文句を言いつつ、変えないと思いますが。(笑)
慣れてる人は、出国手続き後に取得する人もいるようですが、急いでいる時は忘れそうで、それがちょっと怖いかな。

こんにちは。
リエントリーパーミットもらうのに2時間はつらいですね。
月曜は避けたほうが良いかもしれませんね。
どこかのブログで読んだのですがシングル派の方
イミグレまでの移動が電車とバスで昔より短時間で
行けるようになったので海外から戻ったらすぐにシングルを
取得し緊急の海外行きに備えているとのことでした。
出国手続き後、出発前に空港内で取得出来るようですがそこは
タイなのであまり利用したくないようでした。

>IDEAさん
最低でも年3回を想定しているんですけどねぇ。
昨年は2回だったので大損です。(笑)

何回でも出入国できるといっても、

普通のリタイア生活なら1回から2回ですよね。

実質2000バーツと思うしかないわけですね。

>サムライコボリさん
リエントリーパーミット申請の流れは、チョンブリーと同じです。
ただ、申請人数が多いので受付カウンターもいくつもあり、必然的に時間が長くなる感じでしょうか?
コロナ前の時と比べると、ちょっと長くは感じました。
申請数が増えたのか?受付カウンター数が少なくなったのか?たまたま混雑する日だったのか?定かではありませんが。

リタイアメントビザ更新時のパスポートコピー、今回は昨年に新規でパスポートを作った関係で、スタンプが押されている箇所全部コピーしたので、どこまで必要なのか?は、正直よくわかりません。
ただ、コロナ前に更新した時は、出入国1年前からのスタンプ箇所のページを、すべてコピーするようにと言われた記憶があります。
あとよくわからず、それより前のスタンプページもコピーして提出したこともあったんですが、その時は、「これはいらない!」みたいな感じで戻されたこともあります。
なので、私のパスポートのコピーする基準は、前年にビザ更新したページ以降すべてのページかな。

私の場合以前はリエントリーパーミットは申請してお金を払う。→別の担当者がスタンプを押しコンピューターにデータを入力する→入力後即パスポートを返却。と言う流れで待ち時間も少しでしたが、
今回は、リエントリーパーミットは申請してお金を払う。→別の担当者がスタンプを押しコンピューターにデータを入力する(ここまでは以前と一緒)→このデータの入力は10名ほどまとめて入力する→入力後10名ほどのパスポートを各自に返却。と言う流れになっていました。
なので申請後パスポート返却まで20分ほどかかりました。
申請する人は3人待ち(1人がタイ人でタイ語会話をしていたので6分以上長話ししてました)だったのですがこれも20分ほど待たされました。
コロナ前よりは人が多く押し寄せているのか時間がかかるようになりましたね。バンコクもパタヤも同様?.
.
今回のリタイアメントビザ申請時コピーが足りないと言う事で追加コピーされました。
それは新規取得した2021年12月の最初の3ヶ月滞在許可申請をしたときの、「いつタイに入国したのか」が分かる「タイ入国スタンプ(2021年12月入国)のコピー」が必要でした。
これも必要なんだ!と言う認識になり次回からは忘れずにコピーすることとします。
バンコクもこのコピー必要?なのかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イミグレの長い1日(リタイアメントビザ更新編) | トップページ | 姪からの頼まれごとでセントラルワールドへ »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30