« 続・風まかせの旅(番外編)~タイ友特集(後編)~ | トップページ | 100バーツの床屋 »

2022年3月 9日 (水)

「ナーガ」の作り方

先日のイサーン旅で、蛇神「ナーガ」に、興味を持ち始めまして・・・。

ウドンタニーの「ワットカムチャノート」に行ったのが切っ掛けです。

その時の記事は、ここ↓
「続・風まかせの旅(イサーン編)7日目」

実は、「ワットカムチャノート」に行く前にも、「ナーガ」のことで、ちょっと気になる場面に出くわしてましてね。

この寺で↓
Dsc_0879_20220309012401

ここが、どこかと言うと・・・。

「続・風まかせの旅(イサーン編)5日目」に行った、スカイウォーク(ノンカーイ)のある、山の上のお寺です。
立派な「ナーガ」でしょ?

って、別にこの「ナーガ」が、気になったわけではないんです。
まだ「ワットカムチャノート」に行く前だったしね。

気になったのは、ここ↓
Dsc_0880
本堂の前で、制作中の「ナーガ」が、気になって。
両掌を広げて「ガオー!」のポーズにも見えますね。(笑)

近寄って、パチリ↓
Dsc_0881
完成したら、すごい迫力の「ナーガ」になりそうです。

おいら、完成物よりも建造途中の現場を見るのが、大好きでして。
そのことは、今まで何度もブログに書いてきましたね。

なので、この時も「ナーガ」そのものより、「何かを作ってる!」ってとこに、興味を惹かれたってわけです。

裏に回ると↓
Dsc_0885
鱗一枚一枚、かなり精巧に作ってますね。

しっぽの方は、まだ鉄筋がむき出し状態↓
Dsc_0886

おいら、建築現場は、ずっと見てられるんですよねぇ。(笑)

でも今回は、いかんせん旅の途中なので、そんなに長居は出来ません。

しかも完成しても、その完成昨品を見に行くことも、ままならない。
ノンカーイは、それだけ遠いです。



イサーン旅からバンコクに戻って、数日後のこと。
いつも通り、自宅近くを散歩していたところ・・・。

真新しい「ナーガ」発見↓
Dsc_1909

実は、この寺の前の通りは、今まで何度も、歩いてる場所なんですよね。
それなのに、気がつかなかった・・・。

今回は、頭の片隅に「ナーガ」がいたから、見つけられたのかも?

そして・・・。

良く見てみると、反対側の壁の上に、もう一匹?「ナーガ」を製作していました。

制作中の「ナーガ」↓
Dsc_1903
バックにマンションが被って、ちょっと見えずらいかな?

今はまだ、鉄筋で「ナーガ」の形を作っただけですね。
こうなると「ナーガ」+「制作途上」で、興味が2倍にアップです。(笑)

奥に進むと↓
Dsc_1905
胴体部分の鉄筋に網を巻いた、状態。
この網が無いと、セメントが付かないですからね。

更に奥へ進むと↓
Dsc_1906
胴体の網にセメントを塗りつけた、状態。
「ナーガ」の制作過程を、1度で見れて、なんかワクワクしてきた。(笑)

最後の尻尾部分↓
Dsc_1907
鱗とかも彫刻されて、残すは、色付けだけかな?

ちなみに、ここどこ?

ラマ3通りにある、「ワットトーンボン」って言う、お寺です。
最寄駅は、BRTバスの「ワットドークマイ」ですね。

お寺の入口は、こんな感じ↓
Dsc_1900



まさか、自宅近くで制作中の「ナーガ」を見れるとは・・・。
なんか不思議な縁を感じます。

これも「ナーガパワー」のお陰でしょうか?(笑)

ノンカーイのお寺で作っていた「ナーガ」は、あの日の、あの場面しか、見ることが出来なかったけど。
ここなら、最後まで見届けられるかもです。

おいらが、日本に帰国する前に、完成してくれれば・・・ですが。

タイのお寺って、いつもどこかしら工事しているように思うんですよねぇ?
お金が余ってるのかな?

なので、ここ「ワットトーンボン」以外でも、現在、気になる工事現場がいくつかありましてね。
そこらを見て回るだけで、楽しいバンコク暮らしです。(笑)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« 続・風まかせの旅(番外編)~タイ友特集(後編)~ | トップページ | 100バーツの床屋 »

バンコク暮らし」カテゴリの記事

バンコク暮らし-旅行-」カテゴリの記事

コメント

>スイカさん
こんにちは。
「ナーガ」の作り方、簡単でしたね。
あとは、仕上げする人の腕次第でしょうか?
タイのお寺、前から「工事している所が多いなぁ。」って、思ってたんですよね。
お金は、結構集まってくるんでしょうね?
一度信頼を得たら、ガッポガッポと・・・そんなこと言ったら、罰が当たるかな?(汗)

写真は、すべてスマホのカメラです。
2台持ちは、面倒なんで。(笑)

私の住んでいるエリアは、元々観光客が来るエリアではないので、外国人が増えた印象はありません。
観光地は、どうなんでしょうね?
今は、人がたくさんいるところには、出かけてないので、正直よくわかりません。m(__)m

>ただの酔っ払いさん
初コメント、ありがとうございます。
そう言われると、ナーガとヤマタノオロチは、姿形は似てますね。
でも、ナーガは信仰の対象で、ヤマタノオロチは畏怖の対象・・・。
日本人が蛇を恐ろしいと思う人が多いのは、古事記から根本的に刷り込まれているからなんでしょうかね?
ってことは、蛇を信仰の対象にしている国や人は、蛇をあまり怖がらない?
なんか興味深いです。

こんにちはです。
ナーガの建設中を初めてみました。現在だと金網などを使って、張りぼてのように
作るのですね。
タイのお寺の工事が多いのは、信仰心が強くお金が集まるからなのでしょうかね。
仏像に金箔を貼るお寺もたくさんありますよね。結構な金を消費していると思うの
は、信仰心のない私だからでしょうね。
日本だと廃神社や廃寺が増えていると聞きますが残念です。

ところで、oininさんは、アップされている写真はスマホで撮っているのですか、それ
とも別にカメラを持ち歩ているのでしょうか。今回たくさん撮られたということでした
ので、別にもっているのかなと思ったもので。

test&goが再開されたわけですが、街中を歩かれていて、外国人が増えた感じはありますか。

初めまして、
ナーガは良神、ヤマタの大蛇は邪神、でも、にていますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・風まかせの旅(番外編)~タイ友特集(後編)~ | トップページ | 100バーツの床屋 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31