« 値段も見ずに、つい・・・。 | トップページ | ナコンパトムのデートコースにいかが? »

2022年2月 4日 (金)

バンコク暮らしの新たな興味

おいら、建設中の構造物をみるのが、大好きです。
ワットパクナムの大仏を、骨組みの状態から、ずっと追っかけていたのも、それが理由です。

でも、前々回の記事の通り、ワットパクナムの大仏は、完成してしまいました。
完成してしまうと、一気に興味が失せて・・・。

次、何を追っかける?

バンコク内で、建設中の構造物を探すのは、そんなに難しいことはありません。
そこら中で工事してますからね。

ただ、すべての工事に興味を惹かれるわけでも無く・・・。

完成までの過程が、ミステリアスなほど、ワクワクするというか。
どうやって作るの?
そんな子供が持つ疑問のようなもんですね。(笑)

ワットパクナムの大仏に興味を持ったのも、大仏ってどうやって作るの?でしたからね。

なんか、プラモデルやジグソーパズルみたいに、作る過程を楽しむ・・・そんな感じに似てるかも。
それも「複雑であればあるほど、やりがいがある」みたいなね。



そんなわけで、次の興味の話でしたね。

まずは、この写真をみてください↓
Dsc_1189-1

おいらの部屋から見える、チャオプラヤ川の景観です。
この景色を見ながら、コーヒーを飲むのが、バンコク暮らしでの至福のひと時なんですが・・・。

あれ?
あそこで何かしてるぞ!

2年前とは、違う景色を見つけました。

その場所は、〇印をつけたところ↓
Dsc_1189

カシコン銀行ビルの前、ちょうどラマ9橋(ダオカノン橋)のところ。

なんか工事してるよね?

何してるんだろう?
それで、一気に興味深々に。(笑)

ちなみに、ラマ9橋(ダオカノン橋)は、1984年ー1987年に、東急建設らが関わって完成したらしいです。
シンプルだけど、美しい斜張橋ですね。
あの広いチャオプラヤ川の両岸に建てた支柱とケーブルだけで、橋を架けちゃううんだから、「すごい!」としか言いようが有りません。
それもこれも、綿密な構造計算に裏打ちされた、確かな技術だから出来るんだよね。

とりあえず、近くでみてみたい・・・。
ラマ9橋は、BRTバスの駅名にもあるので、そこまで行けば、良く見えるかも?

早速、BRTバスでラマ9橋駅へ。

そして、ラマ9橋の橋の下で↓
Dsc_1173

看板を発見。
ラマ9橋に沿わせて、同じような橋をもう一つ作るみたいだね。
いつも渋滞する橋なので、渋滞緩和のためかな?

新旧合わさった二つの橋、それもまた美しいかも。

ちょっと見やすいところに移動して、パチリ↓
Dsc_1172

ラマ9橋に沿って、新たな橋脚を作ってるのが良くわかります。

もう少し見易いところに移動して、パチリ↓
Dsc_1170

また、もう少し移動して、パチリ↓
Dsc_1168

またまた、もう少し移動して、パチリ↓
Dsc_1167

いや~、どこから見ても圧巻なんですけど!

川に橋を架ける工事なんて、そうそう見られるもんじゃないですからね。
斜張橋の完成までの過程をこの目で見られる、絶好のチャンス到来です。

完成までは、2年~3年くらいでしょうかねぇ?
バンコク暮らしの楽しみが、またひとつ増えました。(笑)



ワットパクナムの大仏は、現地に行かないと建設状況が分からなかったけど、この橋は、部屋にいながらにして、進捗状況がチェックできるという、願ったり叶ったりなのです。

何かしらの変化が見られたら、すぐに飛んで行けるしね。

ってことで、ワットパクナムの大仏の次の、おいらの興味は・・・。

チャオプラヤ川に新規に架ける橋

でした。

ねっ、結構壮大でしょ?

でも、こんなの見て喜んでるのって、もしかして、おいらだけ?(汗)
興味ない人が、大半なんだろうなぁ。

まぁ、子供が新しいおもちゃを手に入れたようなもんですわ。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« 値段も見ずに、つい・・・。 | トップページ | ナコンパトムのデートコースにいかが? »

バンコク暮らし」カテゴリの記事

コメント

>スイカさん
こんにちは。
チャオプラヤ川を眺めていると、「バンコクにいるんだなぁ」を実感です。
短期旅行の場合は、どうしても便が良いホテルになるのは、仕方ないですよね。
たくさん動き回りたいですもんね。
私も旅行者の時は、そうでしたから。
でも今は、あっちこっちに行かなくてもいいし、ただバンコクにいるだけの生活です。
でも、それもまた良しです。
建設現場、今回の場所は、いろんなところから丸見えです。(笑)
まあ、工事現場が高所なので、完全に囲うのは無理でしょうね。
長期戦にはなりますが、だんだんと出来上がってくる様を見られるのは、とても楽しみです。

こんにちはです。
チャオプラヤー川を長めながらコーヒーを飲むは、憧れます。
自分は、いつも短期旅行なので、スクンビットなど動きやすい街中のホテルが多いです。
短期の旅行と長期の滞在で、景色など見え方感じ方が違ってくるのは、やっぱり気持ちの
問題なんでしょうかね。

ところで、橋建設の写真ですが、ずいぶん建設現場の近くで撮られているのもあるように
見えました。日本だと結構囲われて中が見えない現場が多い気がしたので。
部屋から見て変化があったときには、駆け付けられるというのはいいですね。

>kou63さん
こんにちは。
そうですね、川岸に建てた支柱を起点に、組み立てて行くのですが、川の上でそれをする訳なので、平地よりも難易度は高くなるはずです。
それを初めて自分の目でみられるので、ワクワクです。
でも、仰る通りまだまだ時間はかかりそうなので、年単位の壮大な事業です。

こんにちは。
斜張橋の建設方法をググってみたら
・別場所である程度の長さの道路を作って、それを超巨大
 クレーン船で持ち上げて連結、ケーブルで吊る。
・短い道路をクレーン船で持ち上げて連結、ケーブルで吊って
 徐々に延ばしていく。
に大別されるようです。
橋脚部の完成までまだ時間がかかりそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 値段も見ずに、つい・・・。 | トップページ | ナコンパトムのデートコースにいかが? »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30