« 中長期間の留守問題 | トップページ | 2拠点暮らしの終焉は・・・。 »

2021年12月 8日 (水)

もう一つの心配事

前回記事の続きです。

前回の記事で中長期間自宅を留守にする場合の問題点を取り上げました。
読者さんからのコメントで「郵便物はどうしてる?」の問題提起が発端です。

そうしたら、いくつかコメントもいただき、「みなさんも同じように悩んでたんだなぁ」が、正直な感想です。
そして戸建て住まいの方は、「玄関先に大きな郵便受けを設置する」そんな対策の方が多いようですね。

他にも、クレジットカードや免許証の期限切れにどう対処するか?
などの問題点もいただいて、おいら自身がハッとさせられたりして、とても有難かったです。

おいらが挙げた心配事は「給湯器」。
長い間使わないと、動かなくなりそうで・・・でした。
まあ、たいした話じゃなかったですね。(笑)
でも、おいらにとっては困った問題だったので。

それで、その記事を書きながら、もう一つ心配事に気付いてしまったのです。
今日は、その話を。



その前に、まずは前段から。

話は遡って、今年の4月のこと。
コロナ禍になって引き籠り生活1年目くらいの頃ですね。

部屋が、なんか殺風景だな?なんて、思い初めましてですね。
ずっと念願だった「アクアリウム」でも、作ろうか?なと。

ホームセンターに行って、店員さんに話を聞いたところ・・・。

「アクアリウム」は、維持管理がかなり大変そうでした。
特に水の入れ替えですかね。
コロナ禍が明けたら、何か月も家を留守にするおいらには、ちょっと無理そう。
残念ですが、即断です。

そして、その帰り際。
観葉植物売場で・・・。

つい衝動買いです。

これね↓
Img_20210416_171838

「パキラ」って名前の観葉植物でした。
二股になっている幹が、なんか面白くてね。
「アクアリウム」には程遠いですが、部屋にアクセントが出来ました。

「パキラ」なんて、初めて聞いたんですが、一応買ってきた以上、ちゃんと世話をしないとね。
で、ネットでいろいろ調べると・・・。
結構丈夫な植物で、水やりだけ注意すれば、育ってくれるらしいことがわかりました。
ずぼらなおいらには、打ってつけの植物でした。

そして、1か月後(5月)に、もう一鉢購入↓
Img_20210510_135026_20211207234201

こっちの「パキラ」は、実生苗って言って、タネから育ったやつだそうです。
最初に買った「パキラ」と、幹の部分が違うでしょ?
ちゃんと育てば、幹がどんどん太くなるらしいんで、それも楽しみかな?ってことでね。

今ではすっかり「パキラ」の虜です。(笑)

この二つの「パキラ」、水やりに注意して愛情込めて育てたら・・・。

今では、こんな状態に↓
Dsc_0027

Dsc_0028

成長の早さが、すごいです。
たった7~8か月で、こんになになるとは、自分でも驚きです。

こうなったら、部屋中ジャングルみたいにしてやれ!
そんなことを考えてる、今日この頃です。



それで、何が心配なの?

「パキラ」、素人でも比較的簡単に育てられる植物なんですが、唯一の不安が越冬。
暑い国の植物だそうで、寒いのが苦手なんだそうです。

寒さに弱い・・・なんか、おいらに似ています。(笑)

これでもうお分かりですね。
今冬、おいらがバンコクに行ってる間、こいつら大丈夫かな?
なんです。

水やりは、兄に頼むとして・・・。

でも、初めての越冬だからね。
枯れないといいんだけどなぁ。

そう、もう一つの心配事は、「パキラの越冬」でした。(汗)

なんだ、そんなこと?
いやいや、これ、切実ですから!!!!(笑)

もし枯れたら、おいらのジャングル計画、すべておじゃんになっちゃうからね。



コロナ禍の2年間、日本で引き籠り生活をしていて、いろいろ考えさせられました。

今までなら、日本とタイを行き来することで、精神状態の平静を保っていたわけですが。
ひとたびそれが出来なくなると、別な欲求が出てくるもんですね。

おいらの場合は、「イヌかネコを飼いたいなぁ」でした。
でも、しょせん無理な事はわかっていました。
1年のうち、半分以上は日本にいないんだからね。
そんな可哀そうなことは、出来ません。

そして、「アクアリウムなら」だったんですが、それもまた大変なことがわかって。
結局、観葉植物で妥協です。

その観葉植物でも、枯らさず育てられるのか?
そんな状態なんですよね、2重生活をするって。

よ~く、わかりました。

そして、決めました。
今後、いずれ日本とタイを行き来する2重生活も、出来なくなる日が来ることでしょう。

そうなった時からが、おいらの余生です。

その余生は・・・。

イヌかネコを飼って、アクアリウムを作って、観葉植物で部屋をジャングルみたいにする!

2重生活が原因でやりたくても出来ない事、見えてきましたから。
そう考えると、コロナ禍の2年間、自分を見つめ直す、良い機会だったかもです。

余生もまた楽しみだったりして。(シミジミ)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« 中長期間の留守問題 | トップページ | 2拠点暮らしの終焉は・・・。 »

日常生活」カテゴリの記事

人生について」カテゴリの記事

コメント

>由美さん
あの番組は、私の思考とは違うコメンテーターが多く出演しているので、見ているとイライラしちゃうんですよねぇ。
見たとしても、興味のある情報のとこだけを、ピンポイントでです。(笑)
まあ、テレビ全般、あまり見ることが無くなりましたが。

「サンデーモーニング」は余りにも偏っている? そうなんですか。私は何でも真に受けるほうなので。
でも視聴率はいいようですよ。宇宙旅行について昨日ちょうどやっていたので、これを見たのかなと思ってしまいました。私の勝手な思い込みです。

>由美さん
へっ?、「サンデーモーニング」どこかで「見てる」って書いてたかなぁ?
今は、ほとんど見てませんよ。
あまりに偏った見方の番組なんで、私の中ではワースト番組の一つです。
箱買いしたら、すぐに出す・・・そんなことも知らずの箱買いでした。(笑)
ユズ、あまり食べる機会がないです。
柑橘系は、みかんぐらいしか食べないかなぁ。
タイで柑橘系だと、マナオが一般的です。
そもそもユズとマナオの違いすら分かっていませんが。(笑)
タイの柑橘系の果物、たくさんの種類がありますよ。
日本の果物のように、繊細さは感じませんが、どれも私には十分な美味しさです。

oininさんも「サンデーモーニング」をご覧になっているんですね。私も欠かさず見ています。
ところで、ミカンやリンゴ、箱で買ったらすぐ中身を全部出さないとだめです。下敷きになっているものはつぶれてきます。
どうやって保存するか頭を悩ますところですが、ミカンなどは時間がたったほうが甘くなります。

あと、今はユズがおいしいです。私は茨城県に住んでいて知り合いの農家からドーンと送られてきます。段ボールいっぱいです。これもすぐ出さないとつぶれてきます。ジャムにしたりお風呂に入れたり、しぼり汁をレモンがわりにニンジンジュース(手製)に入れています。タイではユズはとれないでしょう。かんきつ系では、オレンジがあるのかな。

>由美さん
いえいえ、贅沢は人と比べるもんじゃなくて、あくまで自分の中の価値観ですからね。
だって、30億円使って宇宙旅行しちゃう人もいますが、全然羨ましく無いですもん。(笑)
自分の心が満たされるお金の使い方なら、全然贅沢じゃないです。

「花ざかり」買ったんですね。
それじゃ私は、収録曲をユーチューブで聴いて、脳内で高音質に変換します。(笑)
「花ざかりの森」、私も好きな曲ですよ。
って、彼の曲は全曲好きなんですけどね。
今までイマイチかな?って思っていた曲も、新たに聴き直すとすごく良かったりして、マイナーだった曲もどんどん引き込まれます。
不思議な魅力がある人です。

バンコクにいる時は、マンゴーと同じくらいパイナップルは、食べます。
屋台ですでに切って売っているので、それを買って歩き食いです。
70円くらいで買えるので、お財布にも優しいですしね。
バンコクでは、そんなのばっかり食べてるので、日本じゃとてもじゃないですが、買う気がおきないのです。

私は随分ぜいたくをしているんですね。よくわかりました。
きょうは村下孝蔵の「花ざかり」のCDが届きました。早速、高音量で聴いています。これはBSCD2(Blu-specCD2)というもので、すごい高音質です。特に「花ざかりの森」は心ゆさぶられて、私の心臓から鼓動が聞こえてきます。
oininさんには〝耳の毒〟ですね。

南国の果物、私はなんといってもパイナップルが好きです。生協で沖縄のパイナップルが買えるときは必ず買います。
あとは、バリ島に行ったとき食べたモンキーバナナ、味が濃くて甘くてすごくおいしかったです。マンゴーは、宮崎マンゴーを食べたことがありますが、日本ではとびきり高いですよね。

>くぼゆうさん
こんにちは。
フェイクのパキラ?しかも光触媒?
分からなかったので、ついググってしまいました。(笑)
今は、そんな観葉植物もあるんですね。
インテリアとして、人気みたいですね。
今度ニトリに行ったら、どの程度本物に近いか?見てきます。
私もずぼらなんで、ぴったりなんですが、成長してくれないと、やっぱりつまらないかなぁ。(笑)
それでも、パキラはパキラなんで、パキラ仲間として、今後ともよろしくです。

こんにちは、くぼゆうです。

私は20年弱、パキラを部屋に置いています。
と言っても、私のはフェイクなので水やりも無ければ、成長もしないんですけど汗笑

フェイクのパキラは光触媒のやつで、部屋に置いておくと、空気をキレイにしてくれるそうなのでおいています。
ウソか本当か体感できないんで分からないんですけど。

雰囲気だけは植物のある部屋みたいになってます。

長年置いていると、葉っぱの上にホコリが溜まるので、定期的に拭いてやるくらいです。

楽天市場とかネットで買ったように記憶してますが、昔のことなんで忘れちゃいました。

ズボラな私にピッタリなんですよね、水やり不要で放ったらかしOKってのが。
お恥ずかしい話になっちゃいました笑笑

>由美さん
コメントのやりとり、楽しめていただいているようで、良かったです。
果物は、結構糖質は高いみたいなので、なので、糖尿病予備軍には、厳しい食材です。
毎日、リンゴ1個程度ならいいらしいので、それで我慢です。
リンゴとミカンの箱買い、全部、ちゃんと食べればお得でしょうね。
って、意味深な言い方をしてしまいましたが・・・私も以前にミカンを箱買いしたことがありまして。
そうしたら、箱の底の方のやつが、いくつかカビが生えたり腐ったりで、結局、損した気分になってしまいました。
それ以来は、食べられる分だけを、ちょび買いです。
日本のリンゴ、確かに旨いですよねぇ。
タイで食べるリンゴは、あまり旨くないです。
でも、日本産は高いし、タイでは別のフルーツで代用です。
マンゴーなんて、1キロ150円~200円で買えるし、他にも珍しいフルーツもたくさんあるし、まさにフルーツ天国です。
ナシも大好きですが、しばらく食べてません。
私にとっては、1個100円以上の果物は、すでに高級品ですから。(笑)
会社を辞めてからは、すっかり節約癖が身についてしまってます。(笑)
70を超えても働いておられるのは、すごいですね。
私は、56歳でリタイアしてからは、毎日ぐうたらしていることに慣れてしまったので、今さら働くことは出来なそうです。
せめて頭がボケないようにしているのは、このブログを書くことぐらいかな?
こんなブログでも、何を書こうか?多少、頭使っていますので。(笑)

oininさん
やりとりが楽しいですね。確かに甘い果物を取り過ぎると血糖値は高くなるでしょうね。私は甘過ぎるものはほどほどにして、リンゴとミカンを箱で買って食べています。日本のリンゴは世界一おいしいといいます。あと、ナシも、日本のナシは中国ではすごい高級品だそうですね。
ちなみに私は一人暮らしですが、それでもリンゴとミカンは箱買いです。ものすごく食べます。ご近所と分けますが、箱で買ったほうがお得なのです。
もう一つ言うと、私はまだ仕事をしています。今まで会社員勤めというのはしたことなくて、速記という仕事をしています。
指が動いて、頭が働く限り、続けます。仕事があればですが。コロナのせいで仕事が半減以下です。政府からの給付金で何とか息がつけました。

>由美さん
こんにちは。
運動不足は、間違いないですね。
それでも、バンコクにいる間は、あっちこっち歩き回っているので、それなりに運動している実感はあるんですが、日本ではダメですねぇ。(笑)
野菜は、クリニックに行くたびに「野菜を摂るように・・・」って、さんざん言われてきたので、以前よりも習慣化できてきました。
「野菜1日これ一杯」で、代用してしまうことも多々ありますが、肉食中心から野菜・魚中心の食生活に変えて、血液検査の各種指標がかなり改善されたのには、ちょっとビックリです。
果物、好きですよ~。
ただ、バンコクだと、果物の種類も豊富ですし値段も安いので、有難いんですが、日本は、やっぱり高いですからねぇ。
今は1日あたり、林檎1個。こんな感じです。
クリニックの先生からも、果物は糖質が高いので、あまり摂らないようにって言われてるし、まあ、そこそこならいいですよね。
自彊術、初めて聞きました。
自宅で簡単に出来るのなら、トライしてみますね。
結構飽きっぽいので、続けられるかわかりませんが。(汗)
それにしても、74歳で、常用薬なしは、すごいですね。
私なんて、63歳で余生のことを気にしているわけで、まだまだ青い?(笑)

oininさん
こんにちは。
過去のブログをいろいろ読ませてもらいました。oininさんの健康のことですが、運動不足を自覚されているようですね。それと、野菜が足りないとか。私はそこに果物もプラスしてほしいなと思いました。男性は果物が苦手な人が多いようですが、その理由は、皮をむくのが面倒だとか。私は果物なしには夜も日も明けないほど、果物大好き人間です。毎日3~5種類は食べます。そのせいか、常用している薬はありません。(今月で74歳)
コレステロールの薬は医者に処方されるので最近までのんでいましたが、これは自分の判断でやめました。最近の研究ではコレステロールが高めのほうが長生きするという説もあります。

運動ですが、私はここ8年ほど、自彊術(じきょうじゅつ)という体操をやっています。ウェブで検索すると出てきます。神田勝久さんという方がオンライン講座もやっています。私は、コロナのせいで、いつも続けていた教室が閉鎖になり、パソコンで検索してこの先生を知りました。オンライン講座も受けてお話しできるようになりました。前にお話ししたコロナワクチンを打たないという考えは、この先生から聞き、私も同感しました。
今は、教室も再開し、オンライン講座はやめましたが、私はこの先生から自彊術の真髄を伝授され、今は以前にもまして打ち込んでいます。oininさんにもお勧めします。体はスリムになり、さまざまな不調も改善されるのではないかと思います。
神田先生は、人間は本来病気をしないものだと言います。先生は、高血圧が治ったそうです。そしてすごくスリムになりました。一度、その自彊術というものを見てください。動画だけでも見よう見まねで体操ができますよ。私は英会話のクラスにも入っていますが、その先生にもこの動画を勧めて、今、続けているようです。アメリカ人ですが、実は神田先生は英語が話せて、この動画も英語で解説しています。若い頃、海外青年協力隊に入ってパプアニューギニアに行って英語が話せるようになったそうです。自然な英語です。

世の中にはおもしろいことがいろいろありますね。私はコロナのおかげで時間ができて、村下孝蔵を知ることができました。oininさんともこうしてやりとりできるようになりました。私にとってコロナは福の神です。

>kou63さん
こんにちは。
私も買うまで「パキラ」なんて名前の植物、聞いたことがありませんでした。
育てるにあたり、ググってみると、観葉植物として結構人気があるみたいですね。
なんか「財運を高める樹」とか「商売繁盛の樹」とか言われているようです。
そんな樹なら、余計に枯らすわけにはいきません。(笑)
冬場の水やりは、特に注意が必要だとかで、ほんの少し与えるだけでいいらしいんですが、その加減が「兄にわかるかなぁ?」です。
枯れずにいてくれたら、来春以降、日本に戻ってきたタイミングで、挿し木にも挑戦したいと思います。
部屋中、ジャングルみたいにしたいので。(笑)
長期日本を離れる場合の郵便問題、いろいろ工夫を凝らしている人がたくさんいて、ちょっとビックリしました。
みなさん、切実だったんですね。
私は、兄が近くに住んでいるので、かなり恵まれているようです。

こんにちは。
パキラ 初めて知りましたのでググってみました。
冬場は成長時期ではないので水を夏場の成長時期
と同じ位与えると根腐れを起こし枯れると書いてありました。
冬場に枯れるは水の与え過ぎだそうです。
室内の日当たりが良い所で越冬が可能みたいです。
来年の春に枝を挿し木して増やしましょう。
郵便受けですが、昔どこかのブログでみたのですが
玄関のドアではなくその横に壁埋め込み式の郵便受け口を
取り付け、内側で段ボール箱設置してました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中長期間の留守問題 | トップページ | 2拠点暮らしの終焉は・・・。 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30