« タイ友御一行様、チェンマイ行き断念 | トップページ | 日本とバンコクの食費を比較したら驚きの結果に »

2020年12月11日 (金)

タイ入国手続きがシステム化されたけど・・・

1月にバンコクに戻ろうか?
未だ、お悩み中です

ここのところ、だんだんトーンダウンしてたんですが、ことあるごとに気持ちが揺らぎ、どっちに転ぶか?自分でもまだわかりません



昨日、バンコクに向けた1月の特別便が、そろそろ公表される頃だと思って、在京タイ大使館のサイトをチェックしたら・・・

「タイ国籍を有しない者のタイ王国入国(新規システム)」として、公表(12月9付け)されてました

早速内容を確認
入国許可申請がシステム化されていて、今までのEメールを使ったアナログ的な申請方法から進化してました

バンコクへの特別便は・・・
タイ航空、全N日空、日本航空の三社から選択は同じ
ただ、今までは特別便がサイト内に掲載されていたのが、1月分からは、それぞれの航空会社のサイトで確認して予約するスタイルに変更です

そこで、タイ航空とJALのサイトを、ざっとチェックしたところ、バンコク便の本数は、増えているみたいです
金額は、往復便で8万円くらいから、有りそうでした
往復で8万円、そのくらいなら、まあ、いいよね

入国許可申請がシステム化されたわけですが、各手続きの順番も変わっていました

今までは・・・
飛行機予約⇒ASQホテル予約⇒医療保険加入⇒入国許可申請⇒入国許可証の受領
入国許可を得るまでは、こんな順番でしたね

1月入国からは・・・
入国許可申請⇒事前申請許可を受けて⇒飛行機予約⇒ASQホテル予約⇒医療保険加入⇒入国許可証の受領
こんな順番に変更です

何が変わった?

入国許可申請が最初になりましたね
この順番の方が、いいですね
今までは、入国許可申請もしていないのに、飛行機とASQホテルの予約を先にするのが、違和感でした
もし、入国許可が下りなかったら、いろいろ面倒そうでしたからね

それと、新規システムの「登録ガイドライン」や「登録マニュアル」が、わかりやすく整備されていました
マニュアル通り進めていけば、間違えることも無さそうです

新しい入国許可システム、ちょっといじってたら、バンコクに戻りたい気持ちが、ムクムクと・・・(笑)
このまま入国許可申請、しちゃおうかな?
なんて、思ったりして

なんとか、ギリギリ立ち止まりましたが(アブナイ、アブナイ)



その矢先、バンコク在住の日本人の知人から、LINEでメッセージがありまして

まず、この画像が送られてきて↓
1607495853500

何々?
「内閣、青信号!すべての国の旅行者を受け入れる 14日間の隔離」
直訳すると、こんな感じでしょうか

そう、タイの入国要件、変わりそうだよ!
そんな連絡でした

今まで中国しか受け入れてなかった「270日滞在できる特別観光ビザ(STV)」
それが、すべての国の申請を受け付けるようになるとのこと

それと、14日間の隔離中にゴルフが出来る「ゴルフ検疫」も承認されたんだとか
タイへの入国規制、いろいろ緩和されそうで、その辺は嬉しいところです

でも問題は、やっぱり14日間の隔離かな
ASQホテル代、負担が大きすぎです
せめて、以前検討されてた10日間の隔離まで、縮めてくれたら嬉しいんだけどね

それと、医療保険の加入義務も、厳しいなぁ
クレジットカードの保険で、良しとして欲しいよね

そこまでしてくれたら、一気に気持ちが固まるんだけどね

知人曰く「1月15日までの非常事態宣言が解除されたら、更なる緩和もあるかもよ」って
そうは言ってくれるんだけど、ここのところ感染者が出始めてるからねぇ

やっぱり、無理だろうなぁ

とりあえず、1月中旬にバンコクに戻るか? はたまた、もう少し待つか?
ギリギリまで悩み続けますわ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« タイ友御一行様、チェンマイ行き断念 | トップページ | 日本とバンコクの食費を比較したら驚きの結果に »

タイ」カテゴリの記事

想い」カテゴリの記事

コメント

>ユーサンさん
少しづつですが、タイに行ける可能性が高まってきました
ただ、まだまだ手続きが厄介なのと、費用が高くつくので、中々思い切れません
2週間の隔離さえ無くなってくれれば、一番いいんですが、なんかタイ入国の最後の砦みたいになっている感じです。
日本が、頑張ってオリンピックを開催してくれれば、今夏には、普通に行き来出来そうになる気もするんですけどね~。
どうなることやら?です
GoTo、悪者になっていて、なんだかなぁです。
GoToを中止すると、一時的には感染者は減るでしょうが、経済を動かせば、また感染者が増えて来るだろうから、いたちごっこですね。
今は「医療崩壊」ばかり言い出して、日本の医療業界って、そんなに脆弱なのかよ!って、思ってしまいます。

徐々に明るい兆しが見え始めて来たようですね?
でもやはり隔離とか保険とか面倒だし、費用も高いし、まだまだ難しいですね。
早くスムーズに往来出来る様になって欲しいです。いったいいつになるやら?
来年秋から年末にかけてかなあ?

ところで先週末にGoToを利用してANAで東京往復しましたが、別に一席ずつ空ける訳でも無くマスク着用以外は至って普通でしたね。
航空機内は頻繁に換気も行ってる様だし、何も問題無いと思うんだけどなあ?

>kou63さん
こんにちは。
STVで入国可能になったところで、どれだけの人がそれを利用して、タイに行きますかねぇ?
中国に開放したところで、たかが知れてたんじゃないでしょうかね。
.
>ビザなし30日、入国時PCR検査結果持参、一週間の隔離、一か月間限定の健康保険加入
確かにこの条件なら、行く人も増えそうです。
タイ政府に、教えてあげたいですね。(笑)

>サムライコボリさん
隔離があっても、ノービザで入国できるようになったら、いいですね。
しかも45日なら、15日隔離されても、残り30日あるので、余裕でリタイアメントビザの申請が出来ますからね。
あとは医療保険ですね。保険料、調べると結構高いです。
非常事態宣言が解除されて、そこまで緩和してくれれば万々歳ですが、どうなることやら。

こんにちは。
特別観光ビザ(STV) は感染リスクの低い国に対して入国可でしたが
全ての国に対して入国可になったようですね。
長く滞在してくれる人=お金をたくさん使ってくれる
をお偉いさんは期待しているようですが実際はどうなんでしょう?
ビザなし30日、入国時PCR検査結果持参、一週間の隔離、一か月間限定の
健康保険加入で入国許可(COE)くらいがいいかな? とふと考えています。
タイに行きたい人が何が問題で躊躇しているかを考えて欲しいですね。
ミャンマー帰りの感染者、増え続けてますね。


こんなことも検討されているようですね。実現出来るかはわかりませんが。
14日間の隔離検疫はあるものの、ノービザ滞在者に「医療保険加入」を義務つけますかね?
もしかしたらこの項目は無くなる可能性もあるかもと淡い期待が、、、
私の場合このカテゴリーでしか訪タイ出来ないのでしばらく見守ります。
来年2021年1月15日までの非常事態宣言の解除の時に何か変化がありそうですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The Interior Ministry will seek cabinet approval for a proposal to extend visa exemption
for foreign tourists from 56 countries from 30 to 45 days
in a bid to attract more tourist arrivals to revive the economy battered by Covid-19.
内務省は、Covid-19に打撃を受けた経済を復活させるためにより多くの観光客を呼び込むために、
56カ国からの外国人観光客のビザ免除を30日から45日に延長する提案について内閣の承認を求めます。
.
Since the 14-day-quarantine requirement remains in place, visa on arrival will be suspended until Dec 30, he said.
14日間の検疫要件が引き続き適用されるため、到着時のビザは12月30日まで一時停止されると同氏は述べた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2033363/freer-visa-rules-to-cabinet

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイ友御一行様、チェンマイ行き断念 | トップページ | 日本とバンコクの食費を比較したら驚きの結果に »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30