« コロナ禍の北海道旅行(6) | トップページ | コロナ禍の北海道旅行(8) »

2020年8月 1日 (土)

コロナ禍の北海道旅行(7)

旭川から札幌に戻ってきた、おいらたち。

夜は夕飯以外、出歩くことはしません。
コロナ対策は、万全です。

ホテルに戻って、翌日の行動を打ち合わせ。

まずは、泊まる所。
宿泊地は、函館にすることに決めていたので、函館のホテルの選択です。
北海道旅行2日目のホテル、「JRイン函館」が、結構快適だったので同じでいいかな。
そんな話になって予約しようとしたら、ちょっと高くなってた!
なので、他のホテルも物色。

函館、意外と安いホテルも多くて。
駅近で朝飯までついて、シングル4000円程度の「コンフォート函館」っていうホテルを予約です。

あとは、観光をどうするか?
考えたのは、往路と同じ道を逆走するか?
ちょっと遠回りだけど、小樽、余市、倶知安、ニセコを経由するか?
この2択です。

で、結論は・・・。

往路と同じ道の逆走!
「わざわざ遠回り、しなくていいんじゃねぇ!」です。
なんか気分は、帰りモードでしょうか。

まあ、1週間近く旅していると、そんなもんかも知れません。(笑)

それでは、北海道旅行7日目を、どうぞ。



7月10日(金)
朝から晴れ。

まずは、中山峠を目指しましょう。
往路で食べなかった、「揚げいも」目当てです。

無事到着↓
Img_20200710_083428

揚げいも↓
Img_20200710_084903

手前の大きいのが、中山峠名物揚げいも。
一串に3っつ刺さってるんですが、ボリュームがあるので、一つは友人にお裾分けです。

どんな味かと言うと・・・。
アメリカンドッグのソーセージが、じゃがいもに変わっただけですが。(笑)

羊蹄山を望みながら↓
Img_20200710_084709

食べる揚げいも。
至福の時です。(笑)

天気も良くて、絶好のドライブ日和だったんですが・・・。

この後、しばらく写真を撮ってません。(汗)
羊蹄山や田園風景など、中々景色の良い場所もあったんですけど。

写真、なんで撮らなかったんだろう?
自分でも不思議。(笑)
だから、この辺の雄大な景色は、おいらの心の中にしかありません。
(景色を文章で表現するほどの技量も無いしね。)

ってことで、次に写真を撮った場所は・・・。

ここ↓
Img_20200710_120801

海越しの駒ケ岳。
そう、大沼公園に近づいていました。

この景色は、往路では背中越しになるので、見られないですね。
長万部から大沼公園の方に走ってこその景色です。

大沼越しの駒ケ岳もいいけど、海越しの駒ケ岳も、また良しです。

そろそろ昼飯タイム。
何か旨いものあるかな?

ネットで検索したら・・・。
大沼公園にある「レストラン梓」っていう店が引っ掛かりました。
ここの焼きそばが、旨いらしい。

写真を見て、すでに「焼きそば食べた~い!」です。

その焼きそばが、これ↓
Img_20200710_134742

あんかけ焼きそばね。
見た目は、普通のあんかけ焼きそば。

ただ、この焼きそば、とにかくボリュームがあったのです。
ふ~、もう腹パンです。
値段は1000円でした。



大沼公園まで来たら、函館はすぐそこです。
もうひとっ走りしましょう。

朝8時に札幌を出て、途中何カ所か寄り道して、函館に着いたのは、午後3時頃。
やっぱり札幌⇔函館は、遠いね。

早速、ホテルにチェックイン。
部屋から函館駅ロータリーをパチリ↓
Img_20200710_161410

駅近で、便利なホテルでした。
部屋もコンパクトだけど、中々快適でした。

部屋でしばしくつろいで・・・。

この日のメインイベントは、函館山からの夜景。
函館山の頂上も、肉眼で見えるし、大丈夫でしょう。

函館山山頂へは、夜景タイムは車で登ることが出来ません。

だから、方法はロープウェイかバスですね。
初めての方は、ロープウェイがおススメですが・・・。

値段重視の方は、バスを利用しましょう。

函館駅広場のバスターミナルから、山頂行が出ています。
おいら達は、もちろんバスで。
なにせ、貧乏人なもんで。(汗)

それと、夜景は出来れば明るいうちに登りたいところです。
だんだん暗くなる様子も見ないとね。

函館山から薄暮の景観↓
Img_20200710_192158

この風景は、お馴染みですね。

違う方面も中々いいですよ。
Img_20200710_192758

遠くに、山頂が尖った駒ケ岳も見えます。

「あ~、あそこから来たんだ~!」
夕景が、余計に感傷的にさせてくれますよ。(笑)

そして、日も暮れて↓
Img_20200710_195908

スマホの写真じゃ、これ以上どうしようもありません。
ぜひ肉眼で見て欲しいものです。

最近の函館山、いついっても大混雑だったんですが・・・。

今回は、外国人はほとんどいないし、観光客も少なかったので、充分に堪能できました。
外国人が入ってくるようになれば、また大混雑でしょうね。

今(コロナ禍)だから、のんびりできるし、夜景も堪能できます。
今は、旅行をおススメ出来ない雰囲気だけど、ちゃんとソーシャルディスタンスを意識して行動すれば、大丈夫なような気がします。
(あくまで個人的見解です。)



函館山から夜景を堪能して、夕飯タイム。

何食べる?

で、食べたのが、これ↓
Img_20200710_210227

Img_20200710_210247

ハセガワストアのやきとり弁当、約500円。
安上がりですね。(笑)

「函館に来たら、ラッキーピエロ!」は、すでに書きましたが・・・。

ハセガワストアのやきとり弁当も、食べとかないとね。
これも函館でしか食べられ無いからね。

安くて旨い、B級グルメ満載の函館。
だから好きなんだよね~。

あっ、ラーメン食べなかったけど、それは、次に来るときにとっておきましょう。

いよいよ明日(7月11日)12時のフェリーで北海道を離れます。
1週間なんて、あっと言う間ですね。

友人と明日の予定を打ち合わせして、早々とおやすみです。ZZZ


北海道旅行8日目に続く

にほんブログ村

 

« コロナ禍の北海道旅行(6) | トップページ | コロナ禍の北海道旅行(8) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すいません、煽る意図は全く無いのですが、
良い歳した男同士で旅行すると周りの目が気になりませんか?
私も昔は良く男だけで旅行したものですが、30歳を過ぎたあたりから、
男同士の相部屋をホテルから断られたり、周囲の好奇の目に耐えられなくなり、
以後は嫁や子供連れの旅行しかできなくなってしまいました。

>名無しさん
世間体など、まったく気にしませんし、気になりません。
相部屋も、さすがにダブルベッドはイヤですが、ツインベッドなら大丈夫です。
(基本は、シングルを取りますが。)
男同士の相部屋を断るホテルなんてあるんですか?
私は、そんな経験も無いので、好奇の目にさらされたこともありません。
私が鈍感なだけかもしれませんが。(笑)
旅行は、性別で決めるのでは無く、誰と行くか?の方が重要です。
だから、旅行を楽しめる相手じゃないと、まず一緒には行けません。
今回の一緒に行った友人は、中学生からの友だちなので性格から何からお互い熟知した間柄なので、楽しく旅が出来ました。
周りって自分が思うほど、他人のことなど気にしていないと思いますよ。

こんにちは。
「峠の揚げいも」 懐かしい。
駐車場の状況から人混みもなく自然とコロナ対策になってますね。
昔、自分が行った時、揚げいも売り場結構混雑していた記憶が
あります。

>kou63さん
こんにちは。
揚げいも、私も久しぶりに食べました。
味も、素朴で懐かし味でした。
駐車場は、ガラガラで、揚げいもを買うのもスムーズでしたよ。
今回の北海道旅行全般に言えることですが、混雑している場所は全く無くて、コロナの不安も感じませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍の北海道旅行(6) | トップページ | コロナ禍の北海道旅行(8) »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30