« 祝!退職 | トップページ | ついに・・・。 »

2020年4月 4日 (土)

へっ?一瞬耳を疑ったわ!

前回記事の続きの話を少しだけ。

友人、3月31日付けで退職したわけだけど・・・。

おいら「時節柄、送別会とかは、中止になったの?」
友人「会社全体のは無くなったけど、有志ではやってくれたよ。」

で、その時の写真を見せてくれました。

そこには、10名くらいだったでしょうか。
密接な距離で、みんなにこやかに写ってました。

結局、こんな時でも、やっちゃうのね。

友人の会社は、名前を聞けば誰もが知ってる会社。
おいおい、大丈夫かよ!

”大企業でも、危機感なんてたいして持っていなんだぁ。”

まあ、実際に経済活動をしている人は、感染のことなどあまり頭に無いのかもしれない。
いちいち気にしてたら、仕事なんて出来なくなっちゃうもんね。
特に人と会う仕事なら余計にね。

そんな友人とテーブルを挟んで会話している、おいら。
メシを喰いながらだから、お互い当然にマスクは外しているし。

もし、友人が無症状感染者だったとしたら、おいら、感染するかも。
そんなことを思ったりして。



話は変わって。

友人「ところでさぁ、前話していた旅行どうする?」

友人とは以前に「会社を退職したら、ドライブしながら旅でもしようか?」って、話をしてたんですよね。
「退職したら時間の制限もなくなるし、のんびり行けるね。」って。

おいら「日本にいる時なら、いつでも付き合うよ。どうせ暇だし。」

そしたら、友人「じゃぁ、ゴールデンウィークに入る前はどう?」だってさ。

へっ?一瞬耳を疑ったわ。
日本まさに「今そこに在る危機」状態なのに、今、旅行ってか。

どんだけお花畑なんだよ!(笑)

友人の言い分は・・・。

車での移動なら、大丈夫。
混雑している場所には、行かなければいいし。
ホテルだって空いてるはず。
それに、自然がいっぱいある所の方が、安全だと思うよ。

う~ん、そう言われると、そうかもね・・・。

危うく話に乗ってしまいそうな、おいら。(汗)

ダメ、ダメ!
今は、ダメだよ!
もう少し様子を見てからにしようよ。

おいら、すぐに冷静さを取り戻したのでした。(笑)

それにしても友人、送別会の件と言い、旅行の件と言い、危機感が無いよなぁ。
それと、友人が誰と会っているのかわからないから、しばらくは友人とも距離を置いた方がいいかも。

自分の身は自分で守るしかないからね。

でも、一人っきりはやっぱり寂しいから、適度な距離を保ちながら・・・だね。

だけど「どうにでもなれ!」って。
しばらくしたら、そんな気持ちになりそうな。

そんな気がしないでもない。


にほんブログ村

 

« 祝!退職 | トップページ | ついに・・・。 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

私も一瞬耳を疑った話しを。
タイでの知り合いの70歳ジイさんです。
.
私がタイから日本帰国したのは3/22ですが空港での検疫は昔ながらの歩行客をカメラで撮影体温測定という従来通りでした。
もちろん「公共機関を利用して移動しないように」という通達も無い期間でした。
私は現在自宅自己隔離で13日間経過しているので4/5の午前8時に14日間が終了になります。
毎日3回ほど体温を測っていますが咳もだるさも無く過ごしています。
その後3/26ごろから空港検疫では書類に「今後2週間はどこに滞在して過ごす」と記入することと、
「公共機関を利用して移動しないように」という通達になりましたよね。
そして昨日4/3からは更にプラスしてPCR検査も行い検査結果が出るまで空港に2日間ほど待機となりましたよね。
.
その70ジイさんはタイでの部屋から出るなというロックダウンという厳しい状況を知っているのに
日本はまさに「今そこに在る危機」状態なのに、どんだけお花畑なんだよ!という行動をしてました。。。
この人は3/29に羽田空港にタイから帰国したのですが、
検疫で「今後2週間は自宅(大阪)の近郊にある別のマンションを友人に借りて滞在して過ごす」と記入したそうです。
当初は羽田到着後すぐに航空機で大阪まで飛ぶ航空チケットを持っていたのですが、検疫で搭乗禁止を言い渡されキャンセルしました。
で問題はその後の行動です。
「公共機関を利用して移動しないように」という通達に反して、羽田空港から東京駅まで電車で移動して大阪まで深夜バスを利用移動し、更に最寄りの大阪近郊マンションまで電車で移動したと言っていました。
羽田近郊のホテルに2週間滞在したらいくらかかる?!とか大阪に帰らなくてはいけないのに公共機関利用移動してはいけないという出来ないことを検疫は言う!とか言ってました。
そもそもお願い要請レベルなので強制では無いので電車バス使っても良いんだよ!!!と逆ギレ。
もう呆れると言うか老害ジジーと言うか、、、
.
更にもう6日間経っているのですが、不要不急の外出は控えるようにと言われているさなか、その期間マンションから毎日出歩いているとの発言が。
近所の喫茶店でランチをして、電車で数駅移動して大型ショッピングセンターでレストランで食事したりして満喫した日々を送っているよ。と。
ちょっと自慢気に話しをしていました。
「開いた口がふさがらない」というのはこういう時に使うのでしょうね。
その場で私は説教しておきました。
私が帰国後もう13日間経過しているけど外食はまだ1回もしていないと言うと逆に驚かれ、
どのように食事しているんだ?と聞かれました。
近所のスーパーでお惣菜を買ったり弁当を買ったりして自宅で食事しています。と言うと更に驚かれました。
その人は外食=優雅・人より自分がワンランク上の生活をしているという自慢披露老害ジイサンの様です。
.
海外から帰国して自分が感染しているかもとか、誰かから移されるかもという危機感が全くない老害ジイサンですね。
昨日のTV(羽鳥○一のモー○ングショー)でタマ○ワ氏が言っていましたけど、
医療現場で看護師や先生が感染してしまうのと、夜の街に出て行って感染し感染させる行為をしても
日本の医療制度では今回のコロナは政府負担で治療が出来るのは不公平感が有ると。
本当にそう思います。
お花畑患者は自費で治療費を払って欲しいと思うのは私だけではないはずです。
税金を使うということは一般市民から更に税金を徴収しなければいけないと言う事です。
そういう人は税金で治療を受ける価値の無い人です。
一夕ヒんでください。(一夕ヒ=し)と言いたいです。
でもこういう老害ジイサンは日本にいっぱいいるんでしょうね。

>サムライコボリさん
タイから帰国して、もうすぐ14日とのこと。
とりあえず、おめでとうございます。
14日過ぎれば、まあ、今後もし感染したとしても、タイからの帰国者にならなそうですからね。
大好きなタイを守ってくれて、ありがとうです。
一方、70歳のジイさん、あまりの無責任さに読んでて腹立たしかったです。
同じようなことをしている日本人、かなりいるんでしょうね。
日本の今の法律だと強制が出来ないので、今は日本人の民度にゆだねるしかありませんが、もう法律を変えた方がいいかもです。
少なくとも罰金を取れる法律にはして欲しい。
そうなると人権派なる人たちが、大騒ぎでしょうけどね。
日本人の民度の低下、嘆かわしいです。

こんにちは。
静岡県内の感染者を振り返ってみると
約半数以上がお花畑患者。
すでに世界中で騒がれている三月に、海外旅行をして
持ち帰りの高齢者。 この人からうつされた方はどこに
怒りをぶつけたらいいのでしょうか?
サッポロ雪まつりに来ていた中国人いわく「日本は安全だから
感染しない」。 先週末、都内から静岡に遊びに来ていた
日本人いわく「静岡はまだ感染者が少ないのでいいかなー」
うつらない行動から、うつさない行動への意識変更が
必要な時期に
「今そこにある危機」を日本が「ワンチーム」になって
乗り越えようと叫ぶ人はいないですね。
あれだけ「ワンチーム」「ワンチーム」って言ってたのに
もう死語になっちゃったかな?
誰が叫んだら効果が出るかなと考えてみたんですが
カリスマ性をもったアイドルにたどり着けない。


>kou63さん
こんにちは。
どこも同じようですね。
全体で考えれば、ちゃんと自粛している人の方が多いと思うんですけど、少数派が悪目立ちします。
本当は無視したい所ですが、ニュースなどで取り上げるもんだから、余計に気分が悪いです。
テレビに出ている人に期待しても無理でしょうね。
言わされている感が、満載ですから。
強制的な命令しか、なすすべが無いような気がしてきました。
それはそれで情けないですけどね。

私はタイから日本に帰国して今日4/5の朝8時にちょうど14日間の自主的自宅自己隔離は終わりました。
この間、毎日体温を測っていました。
咳の症状や体のだるさも無く過ごしています。
プーケットはもうすでにロックダウンされましたが、パタヤ市のロックダウンがいよいよ現実味を帯びてきました。
明日月曜日に会議で承認されるのかも?
日本も一時的にでもロックダウンしないと本当に医療崩壊してしまいそうです。

>サムライコボリさん
とりあえずは、良かったですね。
でも政府や知事による自粛要請はまだ続きます。
だから、これからもず~っと自粛です。
まあ、私の場合は、コロナに関係なく前から引き籠りがちなので、自粛は苦になりませんが。(笑)
嫌なのは、タイに自由に行けないことくらいかな。
タイは、感染者の数は少なくても、やることは早いですね。
その分、後の経済的ダメージが気になります。
日本は、どうなんでしょうね~。どうすればいいのか?正直、良くわかりません。
ウィルスが収まった時に、何が良くて何がダメだったのか?各国の対応の良し悪しが明確になることでしょう。
日本のやり方が、正しかった!そんな評価になって欲しいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祝!退職 | トップページ | ついに・・・。 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック