« 歯ぐきの治療、続きは3月 | トップページ | 大晦日に5年を振り返る »

2019年12月29日 (日)

除夜の鐘が煩いだと!(怒)

ニュースで見たんだけど・・・。

最近、除夜の鐘を撞かないお寺が増えているんだって。
その理由が「うるさい!」っていう苦情だそうです。

俄かに信じがたいですよね。
そんな理由で、撞くのを止めてしまうなんて。

苦情を言う方も言う方だけど、それで止めてしまうお寺もなんだかなぁ、です。

でも、アンケートでは98%の人が、除夜の鐘を煩いと思っていないらしい。
ってことは、ほんの少数のクレームに、お寺が屈してしまったってことだよね。

Joyanokane_obousan1

ただ・・・。

お寺側の気持ちもわからなくも無いんだよね~。
だって、クレーマーってしつこいからね。

おいら、会社員時代にクレーム対応の仕事をしてたことがありましてね。
些細な事でも文句を言ってくる人って、理屈が通じない人が多いんですよ。
どんなに正論で説明しても、理解できないのか、理解しようとしないのか、「あくまで自分の言い分が正しい!」で押し通してくるからね。
聞く耳を持ってくれないのだ。
それでも、相手が冷静ならなんとかなるんだけど、常軌を逸しているケースもあるからね。

そうなるともう手に負えません。
無視するか?妥協するか?
そんな気持ちになってしまうのですよ。

クレームで除夜の鐘を撞かなくなったお寺は、かなりしつこいクレームを受けていたんじゃないかな。
それじゃなきゃ、そう簡単に止める決断はしないと思うからね。



一方・・・。

タイのバンコクでも同じようなことがありましてね。
おいらが暮らすラマ3の、とあるお寺で今年に実際にあった話です。
ニュースにもなりましたね。

そのお寺、毎日、早朝に鐘を鳴らすらしいですが、その音が煩いとお寺近くのコンドーに住む住民から区役所にクレームが入ったんだって。
それで苦情を受けた区役所が、お寺に対して「もう少し静かに鳴らすように」って、言いに行ったんだそう。

そして、このことが公になったんだけど・・・。

・もともとあったのは寺の方
・鐘撞はタイの伝統だ!
・嫌なら引っ越せ!
・信仰心のないやつだ!
などなど。
SNSで大炎上したんだって。

どれも、ごもっともだよね。
そんなこともあって、最終的には今まで通りに鐘を鳴らしていいことになったらしいですが・・・。

この問題の顛末がまた可笑しくてね。
クレームを言った人は外国人だったらしくて、警察がこのコンドーに住む外国人全員の身元調査をすることになったらしい。
そうしたら、詐欺容疑で指名手配されてた韓国人が不法に住んでいて逮捕に至ったんだって。

まさに藪蛇だね。



日本とタイの似たような騒音問題。

タイでは・・・。
こんなクレームを許すわけにはいかない!
そんなタイ人の気質を感じました。

日本では・・・。
「98%の人が鐘の音は煩くない!」そう思っているにも関わらず、あまり声をあげない?
面倒なことに巻き込まれたくないのかな?
それが日本人気質?
なんかクエスチョンマークばかりです。

そう言えば、どこかの地域で保育園の建設を反対もあったよね。
日本、世知辛い世の中になってしまったなぁ。

なんか、寂しい。

にほんブログ村

 

« 歯ぐきの治療、続きは3月 | トップページ | 大晦日に5年を振り返る »

想い」カテゴリの記事

コメント

>ユーサンさん
除夜の鐘の音が煩いって人は、よほど近くに住んでいるか、早く寝る人か、文化なんかどうでもいい人なんでしょうね。
私には、ちょっと理解できません。
それで止めてしまうお寺もどうかとは思いますが。
早朝の花火の音、ダメですかぁ?
私は、花火の音が聞こえると、「今日はどこで運動会?」って思う程度です。
まあ、確かに音の問題は、感じ方が違うので、難しいですね。
今年1年、たくさんのコメントありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

除夜の鐘は心地よい響きだし、いつも聞きながら年越ししています。
まだ起きてる時間だし、問題無い様に思いますけどね?
それよりも私が住んでる地域は、運動会開催の合図で6時頃花火が上げられるのが嫌です。
いつもそれで起こされるし、全国的にも中止になってると言うのに・・・。
今の時代は連絡なんてメールでも良いし、業者を喜ばせているだけですね。
それと訪タイした時の宿ですが、出来るだけ静かに過ごせるところを選んでいます。
場所も大事だし、中韓は何かと騒々しいので・・・。
いずれにしても音の問題は難しいかもですね。

今年は最後の書き込みになります。
それでは良いお年を。

>サムライコボリさん
隣人の騒音は、困りますねぇ。
私の場合、隣りと上階からたまに聞こえることはありますが、気にするほどのことでは無いので助かってます。
騒音のクレームは、1回で改善してくれる方は良い人なので積極的に友人になりましょう。555
ただ、大概はまず聞き入れてくれません。
そして、逆切れ。これ定番です。
まあ、1月末にいなくなるなら、それまでは我慢でしょうか。
納得できないかも知れませんが、それしかないです。
更にクレームをして、危害を加えられたらたまったもんじゃないですからね。
あっ、もうひとつ解決方法がありました。
それは、その耳ツンボ・ジジ―と仲良くなることでしょうか。
仲良くなってから、困っていることを切実に訴える。
これ効果があると思いますよ。
って、今さら仲良くなれないかな?555
会社員時代に、似たようなクレーム対応を散々してきました。
騒音問題は、厄介です。

タイでアパートを借りていると隣人の騒音になやまされませんか?
oininさんは最新式のコンドのようなので騒音シャットアウトでしょうね。
インド人は音楽を大音量でかける&しゃべり声が真夜中でもお構いなし。とか、
タイ人も同様にTV音量にお構いなし。とか。
ファランは紳士的に控えめであることが多いでしょうが老人ファランは例外ですね。
いわゆる耳ツンボ・ジジーです。
自分が適音量と思っていることです。
始末が悪いです。
私のタイアパートの両隣のファランですが片方は問題なし。
しかしもう片方の「耳ツンボ・ジジー」が厄介です。
初めは私が偶然会った時に私が低姿勢で「眠れないのでTVボリュームを下げてください」とお願いしました。
向こうは黙っていました。
その時は少しは音量が下がったのですがまだ聞こえます。
私は我慢してその場をやり過ごしました。
次に、
真夜中の4時。朝方の8時からと聞こえます。まだ私は睡眠時間帯です。
真夜中の4時の時は壁を叩きましたらおとなしくなりました。
次に朝方の8時から9時の時はファランの部屋のドアを叩いたら向こうは怒り声で「レセプションに言え!」と、
とんだ逆切れです。
初回の時から私はレセプションに相談しましたが耳ツンボジジーとは言えどもお客様の考えがあるような様相でした。(レセプションもあてにならない)
レセプションに聞くとそのファランは短期滞在2ケ月間らしいので次回訪タイ後1月末まで居そうです。
そうこうしているときに12月末日本に帰国したので次回1月から3週間また悩まされそうです。
今後どう対処しようか?悩みます。

>kou63さん
こんにちは。
私の住む所は、午前零時になると氷川丸の汽笛と、お寺の除夜の鐘が聞こえます。
両方とも心地よい音で、それを聞くと身が引き締まります。
年越し花火のイベントへの苦情、大多数の人からであれば仕方ありませんが、大概は、声の大きい少数派のケースが多いように思います。
それが理不尽なんですよね~。
来年の除夜の鐘、聞こえると良いですね。
それまで、あと2日です。

>セントレアさん
こんにちは。
幼稚園の運動会にまで苦情を入れるって、尋常じゃないですね。
大多数の人は問題ないのに、少数の人に振り回される世の中になってしまいましたね。
公園も危険だからって、遊具が無くなったり、キャッチボールさえも出来ないところも多いと聞きます。
子供たちの体力が低下しているとも聞きますし、あれもダメ、これもダメ、の弊害なんじゃないでしょうか。
行く末が心配です。

こんにちは。
自分の住んでいる所は都会ではなくその昔は農村。
お寺までは1km位なので毎年除夜の鐘を心地よく
聞いています。 何故か今年、聞こえなかったです。
誰か苦情でも入れたかと思ったら予定通り打ったとのこと。
当日風がちょっと強くこちら側が風上だった為聞こえなかった
ようでした。 今年はどうかな?
年末年始の苦情で記憶に新しいのは
年越しイベントで年越しと同時に花火が上げられていました。
これは近隣住民から苦情が多かったようで、21時に5分間の
年忘れ花火に変更になりました。

こんにちは、
我が家の近所に大きな公園があります。
4年前までは、近所の幼稚園が公園の使用許可を取って運動会をしていました。
運動会当日は、朝から行進曲や園児の応援の声が我が家にも聞こえてきたので見学に行った記憶があります。
園児たちのお遊戯や駆けっこを見ていると心が癒されました。
しかし、今では騒音のクレームがあったために運動会が無くなりました。
一年に一度の運動会を我慢出来ない人間がいるのがとても残念です。
世知辛い(暮らしにくい)世の中になりましたね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯ぐきの治療、続きは3月 | トップページ | 大晦日に5年を振り返る »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30