« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の15件の記事

2019年10月30日 (水)

チャオクワイ、確かに牛乳入れたら格段に旨くなった!

タイのデザート、チャオクワイ。

これね↓
Img_20191012_1203501

「仙草ゼリー」と言われているやつです。

そもそも仙草って何?
なんで日本には無いの(流行らないの)?

そんな疑問はたくさんあるものの、いつも「まあ、いいかっ!」です。
美味しければ、それでいいからね。(笑)

姿形は、コーヒーゼリー。
ゼリーは、ほとんど味はしません。
が、シロップは、ものすごく甘い。

糖尿病まっしぐらのデザートでしょうか?

でも仙草って体に良さそうでしょ。
どうなんだろうね?

チャオクワイを出す店はたくさんありますが、ショッピングセンターなどでも小分けにして売られています↓
Img_20191012_1202001


そう言えば、チャオクワイのこと、以前にも記事にしたことがあったなぁと思って、探してみたら・・・。

見つけました。

この記事です。

当時から、チャオクワイ愛がすごかったですね~。(汗)



食べ方は、そのまま食べるか?凍らせて食べるか?のどっちかだったんですが・・・。

先日に、どなた様かのブログで、チャオクワイのことを取り上げている記事を見ました。
(どなたのブログかは、覚えていません。ゴメンナサイ m(__)m)

そこに書いてあったのが・・・。

「そのままでは甘すぎるけど、牛乳を入れると、旨くなるよ!」みたいなこと。

へぇ~、そうなんだ!
最近、ちょっとチャオクワイ熱が冷めていたので、新たな食べ方を早速試してみましょう。

牛乳を適当に入れて↓

Img_20191012_1204541

それで、シロップをひとすすり。

う、うめ~~!

なんと、格段に旨くなったのです。

シロップの甘さがまろやかになり、まるでコーヒー牛乳のよう。
コーヒー味にはなりませんけどね。(汗)

まさかの変りように、ちょっと感激!
どなた様かは忘れてしまいましたが、そのブログ主さんに感謝です。

チャオクワイ、しばらくご無沙汰してましたが、おいら、今またチャオクワイ愛復活の兆しです。

みなさんも試してみてね。(^_-)-☆

タピオカの次の次くらいには、日本でも流行るかもよ?

にほんブログ村

 

2019年10月28日 (月)

リクエストにお応えして~タイで売ってる出前一丁~

先日、読者さんからこんなコメントをいただきました。

タイでは日本で販売されていない色々な味の「出前一丁」が、トップスなどで売られているそうですね!

何味があるのか非常に興味があります。


よろしければ散歩のついでに調査をお願いします。


そう言えば、タイで売っているのを見たことがあるなぁ。
ってことで、ちょっと調べてみることに。

おいらの予想では、たぶん3~4種類くらいじゃないのかな?
調査する前は、そう思っていたんですけどね。

実際に調べて、もうビックリです。



いくつかの店舗を周ってみました。

まずは、マックスバリュー。
残念ながら一つも見つけられず。

2店舗目は、テスコロータス。
残念ながら一つも見つけられず。

3店舗目は、フードランド。
ここで4種類の「出前一丁」を見つけました。

これで全部かな?
コメントに「トップスなど」って書いてあったので、一応トップスにも行ってみましょう。

4店舗目は、トップス。

そうしたら↓
Img_20191017_1334051

たくさん売ってるじゃありませんか!

袋麺のみならず、カップ麺もこんなに売ってるし↓
Img_20191017_1334101

タイで出前一丁を買うなら、トップスが最強のようです。

全部で何種類あるんだろう?
数えるのも面倒なので、全部買っちゃいましょうか。
ただし、今回はカップ麺は除きます。

入手した袋麺の出前一丁↓
Img_20191017_1811462

全部で10種類です。
結構たくさんの種類があるもんですね。

上段左から
1.附加「麻油」
2.五香牛肉味
3.雞蓉味

中段左から
4.黒蒜油猪骨湯味
5.東京醤油猪骨湯味
6.九州濃湯猪骨湯味

下段左から
7.極辛猪骨濃湯味
8.火辣海鮮味
9.微辛咖
10.辛辣XO醤海鮮味

袋にそう書いてあります。

ちなみに、上段、中段、下段には種類ごとに並べてみました。
パッケージの右上に、唐辛子やらブタの絵が描かれてあるでしょ。
それが仕分けのポイントです。

上段 絵なし。
中段 ブタの絵。豚骨味だよね。
下段 唐辛子の絵。これは辛いやつだわ。


でも、ここでちょっと疑問が・・・。

ホントにこれだけなんだろうか?
まだあるかもしれないよね。

ここで、検索!
そしてわかったこと。

タイで売っている「出前一丁」は、香港からの輸入品ってこと。
だから、ちょっとお高いです。
高いって言っても、一袋30バーツくらいですから、たかが知れていますが。

そして、種類ですが・・・。

香港で製造している出前一丁(袋麺)は、全部で15種類あるようです。
(香港日清のHPで確認)

なので、まだ買えていないのが・・・。

↓11.海鮮味、これはあっさり系?きっと旨いよね。
Dr_pack_sea_1img_b1

↓12.これは・・・よ、よめない(汗)何味なのさ?気になります。
Dr_pack_satay_1img_b1

↓13.これは、紅なんとか牛肉味、すでに購入済みの五香牛肉味ってのはあるけど、それとどう違うのかな?
Drpack3d_19_drbbig1

↓14.北海道味噌猪骨湯味、ブタの絵も書いてあるし豚骨系だね、これは絶対に旨いはず。
Drpack3d_15_dymbig1

↓15.香辣麻油味、これはオリジナルを辛く仕上げたのかも?唐辛子の絵も書いてあるしね。
Drpack3d_12_dtsbig1

(未購入品の画像は、すべて日清食品のHPからお借りしました)

以上の5種類が、まだ入手出来ていない「出前一丁」です。
なんとか探し出したいところです。

それにしても、「出前一丁」が、15種類もあるなんて、それだけで驚きです。
パッケージを見てるだけで、楽しいわ。

これから、まだ入手出来ていない5種類の出前一丁を探しながら、順繰りに食べ比べを楽しみたいと思います。

どの味が美味しくて、どの味がイマイチなのか?
それは後日のお楽しみってことで。



そうそう、実は袋麺の出前一丁、上で挙げた以外にもう1種類あるみたいです。
それが、これ↓

___3_15239494911

これを入れると、袋麺の出前一丁は、16種類。
ただこれは、袋が縦型だし、出前一丁の文字も小さいし、「韓辣味」ってのが・・・。(汗)
だから対象外です。
悪しからず。


ちなみに、ニッシンはタイにも進出してまして。
おいらが、今嵌まっているのは、これ↓
Img_20191018_0929151

「焼きそば」と「激卵」
両方とも、パンに挟んで食べると旨いんだなぁ。
値段も1袋10バーツくらいなので安いのもいい。

残念なのは、「出前坊や」の絵は描かれているけど、「出前一丁」の文字は書かれてはいません。
って、タイで「出前一丁」って書いてもタイ人にはわからないか!
でも、「出前坊や」を描いているなら、小さくてもいいからどこかに「出前一丁」の文字は入れて欲しかったなぁ。

それでも、タイニッシンは、マーマー、ヤムヤム、ワイワイなどの、名だたるタイブランドの中にあって、かなり健闘しているように思います。



ところで、日本で売ってる「出前一丁」は、いったい何種類あるの?

おいらの記憶では「ゴマ油の風味」の一種類なんだけど・・・。
違ったかな?

香港日清を見習って、たくさんの種類を出せば、面白いのにね。
日本では、需要が無い?

にほんブログ村

 

2019年10月26日 (土)

ついに拝めた!ワットパクナム、巨大仏陀の御顔

日帰りドライブからの帰り道に、車窓から見えたワットパクナムの仏塔と建設中の巨大仏陀。

Img_20191016_1720381_20191026100201

しかも大仏の頭部の足場が外れているように見えます。

今年の2月にワットパクナムに行った時には、まだこんな状態でした↓
Img_20190204_1420251_20191026100501

あれから約9ヶ月。
ついに御顔を拝める時が来たのか?



日帰りドライブから戻っての翌日。
早速見に行ってきました。

ワットパクナムは、今年は一番通ったお寺です。
BRTバス終点の駅から歩いて20~30分の距離も、全然苦になりません。

いつもの場所からいつものように、建設状況を確認↓
Img_20191021_1212491

胴体はまだ足場が掛かっていますが、頭部の足場は完全に外れているようです。

御顔、拝めそうです。
ちょっとワクワク!

ワットパクナムへの路地も、速足で抜けて↓

Img_20191021_1215511


ワットパクナムの入口に到着すると。
大仏様の横顔が見えました。↓
Img_20191021_1216371


早く正面から・・・。

はやる気持ちを抑えて、ルーチン通りに写真を撮って行きましょう。

まずは、仏塔の5階へ。
相変わらず大人気の場所↓
Img_20190909_1147011

今では、ここは「ついで」です。(汗)

目的は、あくまで大仏様。
5階からテラスに出て、大仏様の後ろ姿を、パチリ↓

Img_20191021_1222071

そして、いよいよ。
大仏様の正面に廻って御顔拝見と行きましょうか。

しか~し!
正面に廻ろうと思ったら・・・。

Img_20191021_1226141

通行禁止!
あれ?正面には行けないの?

そこは勝手知ったるワットパクナム。
おそらく本堂を通っていけば大丈夫でしょう。



ワットパクナムのアイドル犬?↓
Img_20191021_1234021

それにしても、よくぞここまでデブりましたね。

犬の降り見て我が身を直せ!
これは、ワットパクナムの教えでしょうか。(笑)

気を付けないと。

で、大仏様の正面へ廻ると・・・。

見えました。!

正面から御顔拝見↓
Img_20191021_1230291

端正な御顔立ちです。
タイの仏像にありがちな、面白顔じゃなくてとりあえず一安心。

御顔を拡大すると↓
Img_20191021_1232471

ほりが深くギリシャ彫刻のようにも思えます。

それで、ちょっと驚いたのが・・・。

この大仏様の御顔、真正面を向いているわけではなくて、かすかに下に傾けているようです。
そう、下界を見下ろしているよう。

だから余計に御顔がはっきりと拝めるのです。

かすかにほほ笑む、口元。
何もかもがお見通しの、半眼の眼差し。

しばらく見惚れてしまいました。

ワットパクナムの黄金に輝く大仏様。
完成したら、きっと大きな話題になること間違いなし。

だって・・・。

大仏様の高さ、69mもあるんですよ。
調べた限り、タイ国内では2番目の高さになるんじゃないかな?

完成まであとちょっと。
おいらは、来月日本に帰国直前に、もう一度見に行くつもりです。

にほんブログ村

 

2019年10月24日 (木)

バンコク近郊、日帰りドライブ(4)

たった1日の日帰りドライブなのに、長々と4回にもわけて記事を書いてしまいました。
もう飽きましたよね?(笑)
今日の記事で最後です。

「海老の火山焼」の昼食後、もう喰えねぇ状態で向かった先は・・・。

30分くらい走ったでしょうか。

Img_20191016_1525521

景色は街中から、バッファローが草を食むのどかな景色に代わりました。

「こんなとこに住むのもいいね」
なんて話をしていたら・・・。

デカいヘビが道路を横断してるじゃないですか。
それはもうビックリするほどのデカさで。
写真!写真!
そう言ってる間に、道路わきに逃げ込まれてしまいました。

自然は好きだけど、ヘビが大の苦手なおいら。
「やっぱりここには住めないね」
すぐに前言撤回です。(汗)

そして到着したのが、ここ↓
Img_20191016_1501051

「タラートナムトゥンブアデーン」
レッドロータス水上マーケットです。

2年位前にオープンした施設だそうです。

Img_20191016_1501262

たくさんの赤い蓮が観られる場所。
そんな場所でしょうか。

でも今回、行った時は、こんな感じ↓
Img_20191016_1504421

花が、ほとんど咲いてない!
人も、ほとんどいない!

でも、ヘビはたくさんいそうです。(汗)
う~ん、って感じです。

一応、船は乗れるみたいだけど・・・。
これじゃぁ、わざわざ乗ることもないね。

店もほとんど閉まっていました↓

Img_20191016_1509451

来る時間帯が悪かったのか?
平日だからか?

それにしても、観光地は、やっぱり賑やかじゃないとね。
がっかりスポットでした。

なので、ぐる~っと一回りして、そそくさと退散です。



そして、次に立ち寄ったのは・・・。

オーキッドファーム。
蓮の次は、蘭。
また花スポットです。(笑)

Img_20191016_1546381

ファームというより花市場の様相ですね。

Img_20191016_1544051

安いのだと、25バーツとか↓
Img_20191016_1541581

高いのだと、2800バーツとか↓
Img_20191016_1553261

更に高価なものまで。
ピンからキリですね。

蘭は買いませんでしたが、自分へのお土産で、これを購入↓
Img_20191024_0806271

50バーツでした。
ところで、なんていう植物?



ナコンパトムへの日帰りドライブ。
これにて終了です。

今回のドライブで印象的だったのは・・・。

やっぱりデカいヘビとの遭遇かな。
もとい、デカい仏塔のあるワットプラパトムチェディでしょうか。
かなりの格式の寺だし、あの仏塔は見事でした。
夜にはライトアップもされるらしいので、次はライトアップされた姿も見てみたいかな。

それと、あのエビ。
また食べたい!

あのエビを食べるだけに、またナコンパトムへ。
充分に考えられます。

それにしても、あ~、楽しかった。


そして、おまけ。

ドライブの帰路に、車窓から見えたのが↓

Img_20191016_1720381

ワットパクナムの仏塔と建設中の巨大大仏。

あれ?
大仏の顔の部分の足場、もしかして外れている?

うわ~、見に行きたい!

ってことで、予告です。
次回の記事は、「ついに拝めた!ワットパクナム、巨大仏陀の御顔」をお届けします。

にほんブログ村

 

2019年10月22日 (火)

バンコク近郊、日帰りドライブ(3)

バンコクの隣の県、ナコンパトム。
バンコクが東京だとすると、ナコンパトムは埼玉って感じでしょうか。

そこに何があるのか?
まったく知らずに友人任せで来たわけですが・・・。

まず最初に訪れたのが、ピンクのビルに龍が巻き付いたちょっと変わった寺、ワットサムプラン。
そして次が、とにかくでかい仏塔があるタイで最高位の格式の寺、ワットプラパトムチェディ。

見所は、お寺しかないの?(笑)

とりあえず、2カ所のお寺を廻ったところで、時刻は12時半。
お腹も空いたし、飯でも喰いましょうか。

何食べる?
そんな友人に、すかさず・・・。

クンオッププーカオファイ!

長いタイ語の店名を噛まずに言えました。(笑)

元々、ナコンパトムの飯屋なんて、知る由も無し。
たまたま「ワットプラパトムチェディ」のことを、スマホで調べてたら検索に引っ掛かりました。

この店の料理の写真を見て。
「あっ、これ知ってる!」です。
どなた様かのブログで見た記憶が・・・。

友人の「高いんじゃないの?」には、「おいらに任せとけ!」です。(汗)
だって折角、ナコンパトムにいるんだから、ここは行っとかないとね。



お店に到着。

店の入口↓
Img_20191016_1242551

なんかパッとしないね。(汗)

中の様子↓
Img_20191016_1403071

結構、広々。
そして、結構混んでいます。

さすが有名店!

店名ですでに、どんな料理を出す店か?わかった方もいるかと思いますが・・・。

メニューの表紙↓
Img_20191016_1245511

もうお分かりですね。(^^♪
「海老の火山焼」の店です。

この店、こんなとこに有ったんですね。
「一度は食べてみたいなぁ」そうは思っていたんですが、ひょんなことからの発見です。

で、オーダーしたのが・・・。

1品目↓
Img_20191016_1252261

ヤムサームクロープ。
3種のカリカリ揚げサラダってとこでしょうか。
旨いよね、これ。

2品目↓
7326406656_n1

魚のフライ
これは、ちょっと脂っぽかったかな。
でも美味しくいただきました。

そして、3品目はもちろん、これ↓
7235568_n1

ははっ!
面白いね。

でも、パフォーマンス重視で味はどうなの?
ちょっと気になるところです。

火山を外した中身が、これ↓
Img_20191016_1318021

デッカイ海老が、12匹くらいいたでしょうか。
二人で食べきれるかな?

まあ、食べきれなかったらお持ち帰りしましょう。
そんな話を友人としてたんですが、一気に完食です。

まあ、旨いこと!
こんな美味いエビを喰ったのは、プーケットで喰ったロブスター以来かも。

特にソースが絶品でしたね。
手と口の周りをベタネタにしながら、かぶりつきましたよ。

海老の殻を剥くのが、めんどかったけど。

そして、デザート↓
Img_20191016_1344322

サラのかき氷で、べとついた口の中もさっぱり爽やかです。

で、恐怖のお会計。

全部で1406バーツ。
約5000円くらいですね。

昼飯にしては、大きな出費でしたが、旨かったから良しとします。

ちなみに、海老の火山焼は、800バーツ。
約2800円くらいでした。

海老の火山焼、今までは指を咥えて写真を見てただけですが、ようやく食べることができました。

もう大満足です。



お腹もいっぱいになったところで・・・。

次はどこに行こう?
お寺以外に見所はあるかな?

ナコンパトムのドライブ、更に続きます。

にほんブログ村

 

2019年10月20日 (日)

バンコク近郊、日帰りドライブ(2)

ワットサムプランで、気分がどよ~んとしてしまったので、次はスカッとしたいところです。

車の中で「次どこ行く?」友人に訪ねる、おいら。
「ワットプラパトムに行く」と、友人。

ワットプラパトム?
また寺かぁ。(笑)

「どんな寺?」には。
「ナコンパトムのシンボル」だってさ。

到着前に事前に調べておきましょうか。

正式名称は「ワットプラパトムチェディ」
タイで一番高く、世界一大きい仏塔があるんだそうです。
その高さは、約120mだって。

世界一かあ。
それはすごいんだろうね。

そして「第1級の王室寺院」にも指定されているそうで。

第1級の王室寺院?
何それ?

気になることは、ちゃんと調べないとね。

王室寺院とは王室に関係する寺院で、その中でも第1級寺院は最も格式の高い寺院。
第1級の中にも格付けがあって、ワットプラパトムチェディは、その中でも最高位の寺院に指定されている。
しかも最高位の寺院は、タイ全土で6つしかない。

へえ~、すごい寺院なんだね。

タイに数ある寺院の中で、ベスト6に入っているなんて。
こりゃ、楽しみだわ。



ナコンパトムの街を、しばらく車で走ると・・・。

遠くに仏塔が見えてきました↓

Img_20191016_1137421

その高さがなんとなくわかりますね。

だんだん近づくと↓
Img_20191016_1138431

全容が見えました。
丸味が印象的な、黄土色の仏塔です。

車を停めて、中に入りましょうか。

まずは、チケットを購入。
Img_20191016_1147511

外国人は60バーツ、タイ人は無料。
毎度のことです。

でもここ、入場にあたってチケットは確認されませんでした。
きっと、チケットを買わずに入ってもわからなそうです。

って、バチが当たっても知りませんが。

正面から、パチリ↓
Img_20191016_1145321

仏塔の手前にあるのは、ご本尊でしょうか?

階段を上がって、近づくと↓
Img_20191016_1148051

黄金に輝く、立位の仏陀が迎えてくれます。

ここで参拝して、仏塔へ。

世界一の大きさの仏塔↓
Img_20191016_1203321

デカすぎて、写真にうまく収まりません。

ちょっと離れたとこから↓

Img_20191016_1202001


仏塔の中には入れませんが、仏塔の周りを回ることができます。

Img_20191016_1204131

Img_20191016_1202211

ちなみに、ここにはラーマ6世がお眠りになっているそうです。
王室寺院ってそういうことなのね。



ワットサムプランで、少しイヤな気分になったんですが、ここで邪気を払えたようです。

気分もスッキリして・・・。

時刻は12時半。
ちょうどお腹も空いてきたことだし、昼飯にでも行きましょうか。

つづく

 

にほんブログ村

 

2019年10月18日 (金)

バンコク近郊、日帰りドライブ(1)

先日、友人の誘いもあって、バンコク近郊をドライブすることに。
どこに行くかは、すべて友人任せです。

Img_20191016_0924541

天気も上々、まさにドライブ日和です。



1時間ちょっと走ったところで到着したのが、ここ↓

Img_20191016_1101421

バンコクの隣接県、ナコンパトムにあるワットサムプラン。
ピンクのビルに龍が巻き付いている姿が印象的なお寺です。

実はおいら、以前友人にこの龍が巻き付いたビルの写真を見せて・・・。

ここに一度行って見たい!

そんな話をしてたんですね。
友人、それを覚えていてくれたようです。

おいらの興味は、ビルにどんな構造で龍が巻き付いてあるのか?
それを知りたくてね。

建物マニアなもんで。(汗)

早速近づいてみると↓
Img_20191016_1056021

龍は、ビルから梁を持ち出して、支えてあるようです。

これが、良くわかりますね。↓
Img_20191016_1054271

でも、強度はどうなのかな?
ちょっと不安ですね。

龍の中から屋上まで行けるようなので、行って見ましょうか。

まずはビルの中へ。
ビルの入口の正面に鎮座していたのは、煌びやかなナーガを背負った仏陀です。↓
Img_20191016_1031491

そして、廻りもたくさんの仏陀↓
Img_20191016_1054001

まあ、タイのお寺のよくある光景でしょうか。

龍の胴体への入口↓
Img_20191016_1032591

ここから、龍の胴体をグルグル回って屋上まで行くことができます。

胴体の中は、こんな感じ↓
Img_20191016_1033191

あはっ、いたってシンプル!
窓も装飾も何もなし!

ただ、ひたすら、グルグルをと上るだけです。

でも、やっぱり構造計算が不安!
落ちやしないだろうね。

タイの建築物をまったく信用していない、おいらなのです。

無事に屋上に到着。
そして、屋上にも、仏陀↓

Img_20191016_1043021

Img_20191016_1043121

仏陀は何を眺めているのでしょうか?

Img_20191016_1045541

さすがに屋上からの景色は、素晴らしかったです。

Img_20191016_1040561

そして、見上げれば、龍の顔↓
Img_20191016_1041591

あまりの大きさに、龍の顔全体は写せませんでした。(残念)



屋上でのんびりしながら、この寺のことを調べていたら・・・。

このワットサムプラン。
なにやら、いわくつきの寺みたいなんです。

何があった?

この寺の僧侶が少女を強姦して、逮捕されるという事件があったんだとか。
それで、しばらくこの寺は放置され荒れ放題だったんだって。

とんでもないことが起こってたんだね。
しかも聖職者の僧侶がそんなことするなんて!
許せませんねぇ。

どうも陰気臭い寺だと思ったわ。
この寺、タイのお寺特有の華やかさがまったく無いんです。

友人もこの寺にはまったく興味が無いようだったので、早々と撤退しましょう。

それにしても、こんなにも負のオーラを感じる寺、始めただわ。
ビルの物珍しさだけで連れてきて貰って、大反省です。

もう2度と行くことは無いでしょう。
友人にも申し訳なかったかな。

気を取り直して、次へ向かいます。

つづく


にほんブログ村

 

2019年10月16日 (水)

「日タイ合作 特製ガパオラーメン」はいかが?

日本のインスタント食品は、いつでも常備してあります。
日本の味が恋しくなることもあるんじゃないかと思って、毎回一時帰国のたびに持ってきているのです。

でも、実際はほとんど食べなくて。
タイ飯が美味しいし、安いしで、わざわざインスタント食品を食べなくてもね~。
そんな感じです。

そこでちょっと気になったのが、消費期限。
もしかして消費期限を過ぎているものがあるんじゃないかと。

そこで、先日全ストック食品の消費期限を確認したところ・・・。
消費期限間近のものが、いくつか。

そろそろ食わないと。

その一つが、これ↓

Img_20190916_1243081

サッポロ一番塩ラーメン。
10月20日が消費期限でした。

早速喰わねば!



ってことで、今週はインスタントラーメン消費週間です。

素で食べるよりも、何かトッピングが欲しいところですね。
カット野菜が一番いいんだけど、コンドー近くのショッピングセンターでは見つけられませんでした。
丸ごとの野菜は、カットするのも面倒なんで却下です。

それで、ショッピングセンター内で、何かトッピング出来そうなものを物色してたら・・・。

見つけました。

それが、これ↓
Img_20190916_1243271

インスタントのガパオガイです。
(写真がボケボケでゴメンナサイ)

どれだけタイ料理が好きなんじゃい!でしょうか。(笑)

ラーメンに合いそうでしょっ?
だけど、ガパオライスはメジャーだけど、クイッティアオにガパオって見たこと無いなぁ。
まあ、どこかにあるんでしょうけどね。

ってことで、ガパオラーメン作りに挑戦です。

ラーメンは普通に作って、ガパオガイはレンチンして。
あはっ!簡単に「日タイ合作のガパオラーメン」の出来上がりです。↓

Img_20190916_1249561

見た目はイマイチ。(笑)

まずはスープを一口。
うん、塩ラーメンのスープは、やっぱり旨い!

それでは、かき混ぜて、いただきま~す。

辛~い。
でも、旨~い。

有りか?無しか?で言ったら、間違いなく有り!です。
ほぼ狙い通りに仕上がりました。

まるで担々麺です。



でも、塩ラーメンとガパオの取り合わせは、少し無難すぎたかな?
もっと挑戦しなきゃ。

次は、これにするかな↓

Img_20190919_1233211

って、これも無難な感じですね。(汗)

あっ、そうだ!
いいこと思いついた!

日タイのインスタントでベストな組み合わせを見つけて、日本で流行らせるか!
中々いいアイデアじゃねぇ?(笑)

そんなくだらないことを考えながら、消費期限間近の食品をせっせと消化している、今日この頃です。

にほんブログ村

 

2019年10月14日 (月)

タイの味の不思議

前々回の記事で、友人がたくさんのタマリンドを持ってきてくれたことを書きました。
そのタマリンド、意外と癖になる味で美味しくいただき、すでに完食です。

「美味しかったよ」

おいらのそんな言葉に気を良くしたのか、友人、また何かを持ってきてくれました。

今度は、これ↓
Img_20191010_1045171

あはっ!
またタマリンド。

砂糖漬けのやつね。

オープン↓
Img_20191010_1045461

砂糖漬けのタマリンドに、岩塩をまぶしてあるようです。

食べて見ましょう。
一緒に入っているプラスティックのフォークで、拾い上げて。

Img_20191010_1046201

見た目は、でっかい鼻〇そみたい。m(__)m
これをチマチマと食べます。

味は・・・。

甘酸っぱいタマリンドを砂糖で更に甘くして、それを岩塩でしょっぱくして・・・でしょうか。
まさにタイらしい味です。

それにしても、なんでこんな複雑な味に仕上げるのかな?
折角甘くしたのに、岩塩を混ぜてしょっぱさを足してって。(笑)



ところで・・・

日本は、どちらかというと素材の味を大事にしますよね。

でもタイは違う。

めちゃくちゃ辛くして、素材の味なんてどこへやらの料理は、そこら中にたくさんあるし。
トムヤムクンみたいに、辛さに酸っぱさを混ぜて複雑な味に仕上げたりとかね。

極めつけは、「自分で味付け」でしょうか。

食堂に行くと、必ず置いてある調味料。
Img_20190220_1252171_20191014113701

唐辛子、砂糖、ナンプラー、お酢・・・。
これで、自分好みの味に仕上げるスタイルね。

Img_20190603_1301321

調味料を、ちょっぴり加える程度なら、まだわかります。
ちょっぴりならね。

ただたまに見かけるんですよ。
山盛りの唐辛子に、山盛りの砂糖、それにナンプラーもドバドバっと。

なぜそこまで?っていうくらいたくさん入れてる人。
そこまで行くと、もう素材の味なんて、そんなの関係ねぇ状態ですよね。


おいらの場合は・・・。

スプーン半分の唐辛子。
スプーン半分の砂糖。
スプーン1杯のナンプラー。

これがおいしくいただく黄金比でしょうか。

辛くて、酸っぱくて、しょっぱくて、しかも甘い。
そんな複雑なタイの味。
すっかり嵌まってしまいました。

この味付け、結構中毒性がありましてね。
日本に戻ると、もの足りなさを感じてしまうようになってしまうのです。

だんだんとタイ人化してる?
ちょっとやばいかもです。

タイ人並みにドバドバっとまでは、まだ勇気がありませんが。

にほんブログ村

 

2019年10月12日 (土)

心配なのは自宅より実家

猛烈な勢いを持つ台風19号、今夜、おいらの自宅(横浜)に直撃しそうです。

Img_20191012_0901121

もう直撃を避けられそうにありませんね。

でもおいら、今いるのはバンコク。
何も出来ません。

自宅はマンションで7階部分なので、問題無いと思いたいです。
仮に停電や水が出なくなっても、帰るころには元通りになっているとは思うんでね。

ただ、一つだけ心配があります。
それは、窓ガラス。

掃き出し窓が全部で4か所ありましてね。
そこに飛んできたものが当たって、もし窓ガラスが割れてしまったら・・・。

それがちょっと心配。



どちらかというと、もっと心配なのは実家の方。
今は兄家族が住んでいるところです。

おいらの自宅からは、歩いても10分ほどのご近所さんです。

その実家、いかせん築40年超えの木造住宅。
屋根が吹き飛ばされやしないかと。

それがかなり心配。

先の台風15号の時は、雨漏りが数カ所発生したそうです。
とりあえず、兄貴が屋根に上りコーキングで応急措置は施したらしいですが、それもどうなることやら。
水浸しにならないといんだけどね。

台風15号の傷跡もまだ残ったままの台風19号。
もう恐怖でしかないですね。

なんとか無傷であってほしいものです。
バンコクの地からは、ただただ無事を祈る事しかできません。



で、おいらよりももっと心配性なのが、タイ人の友人。

どこから拾ってきたのか、先ほどこんな写真を送ってきて↓
15708465232141

「大変だ!」
「食べ物が、無い!」
って。(笑)

友人、実家にも泊ったことがあるし、兄家族にも会ってるし、どうも気が気じゃない様子なんです。
「大丈夫か、聞いてみて」って、うるさいことうるさいこと。

とりあえず「大丈夫って言ってたよ」そう返答しときました。
兄には連絡してないけどね。(汗)

ニュースって、悲惨な場面しか切り取って放送しないから、それを信用しちゃうのも無理ない話ですが。
まあ、心配してくれるのはありがたいです。

でも・・・。

今回の台風、実際のところどれだけの被害をもたらすのか?

実際、おいらも気が気じゃないです。

にほんブログ村

 

2019年10月10日 (木)

友人が持ってきたグロテスクな食べもの

友人が、ビニール袋に何かグロテスクなものを入れて持ってきた。
ぱっと見、ソーセージに見えるけど。

それをタッパーに詰め直していたので・・・。

おいら「そのソーセージどうしたの?」
友人「ソーセージじゃないよ、マカームだよ」って。
おいら「マカーム???」です。

それで、タッパーをのぞき込むと。

これ↓
Img_20191004_2007011

確かにソーセージじゃ無かったね。

「マカームは、タマリンド」
そう教えてくれました。

タマリンドかぁ。
それなら知ってるわ。

でも、こんな大きなタマリンドを見るのは初めてかも。

タマリンドって、日本人にはあまり馴染みはありませんよね。
おいらも、タイに旅行に来る前は、タマリンドなんて見たことも聞いたこともありませんでした。

まあ、タイに来るようになって、タマリンドっていうフルーツがあることを知ったわけですが・・・。

それでも、タマリンドジャムとか、砂糖漬けのタマリンドとか、加工されたものしか知らなかったんですよね。
それが、いきなり10センチ以上の長さの茶色い異様な物体を見せられて「それ、タマリンドね」そう、ぱっと言える人は、かなりのフルーツ通かもです。

そう、タマリンドはフルーツなのです。

しかも栄養価はかなり高いんだって。
これは俄かですが。



ところで、どうやって食べるのさ?

形は、枝豆のお化け。
枝豆のように、中身を食べるのか?

とりあえず、友人に「食べてみて!」。
そしたら、いきなりの丸かじり。(笑)

そのまま食べるのね。

おいらも初挑戦。
美味しいのかな?

初めて口にするものって、なんか勇気がいるね。
それにちょっとグロテスクだし。(笑)

Img_20191006_1114281

まずは、こわごわ一口。

味は、甘酢に漬けてあるので、甘酢の味そのまま。
食感は、カリカリ梅。
まあ、全体的な印象は、はカリカリ梅の酸味を少なくした感じでしょうか。

「意外と美味しいじゃん!」
が、初感想です。

要注意は、タネ。
膨れた部分に、必ずタネが入っているんですが、それを間違って食べちゃうと・・・。

こんなやつね↓
Img_20191006_1118152

苦くて渋い!(笑)
でもタネは大きいので、気を付ければ問題ないです。



ところで、こんなにたくさんのタマリンド、どうしたのさ?

ペッチャブーンに住んでる友人の姪っ子さんが送ってくれたんだって。
タマリンドは、ペチャブーンの名産品らしいのです。

友人「たくさん送ってきたんで、君にも食べさせてあげようと思ってね。」だってさ。

優しいね~。

でも、実際は、一人じゃ食べきれないからだろうけどね。(笑)
ありがたく頂きます。


そうそう、昨日とあるデパートを散策中に・・・。

Img_20191006_1354191

マカーム発見。

そう言えば、こうやって売ってるの今までも見たことがあったような。
知らなかったのは、自分が興味が無かっただけなんだね。

頂いたマカーム、全部平らげたら、次は自分で買ってみることにします。


そして・・・。

ペチャブーンは、タマリンドが名産。
タマリンドは、タイ語で มะขาม(マカーム)。

また二つ勉強になりました。

タイ、おいらの知らないことが、まだまだたくさんあって。
「だから楽しい、バンコク暮らし」です。

にほんブログ村

 

 

2019年10月 8日 (火)

キャッシュカードが使えなくなる?

おいら、タイではバンコク銀行に口座を持っています。

先日友人が、おいらのキャッシュカードを見て、「そのカードもうじき使えなくなるから」って。
えっ?どういうこと?

どうやら、ICチップが付いていないキャッシュカードが使えなくなるんだそうです。
だから、早めに変更しといた方がいいって。

本当かどうか?
とりあえずバンコク銀行に行って確認してみますか。



ってことで、昨日はプロンポンのエンポリアムに入っているバンコク銀行へ。

もちろん友人にも同行してもらいました。
うまく伝えられないと困るからね。
毎度の友人頼みです。

で、その結果ですが・・・。

やっぱりキャッシュカードは変える必要があるみたいです。
新しいカードは、ICチップ付きで、暗証番号も4桁から6桁に変更です。
それと通帳も新らしくなりました。

おいら、バンコク銀行で口座を作ったのが、2011年12月。
その間、パスポートを一度更新していて、その届出もしていなかったんですよ。

だから、登録情報なども変更しないといけないらしくて、かなりの書類をにサインをさせられました。
もちろんサインした書類が、何んなのか?細かいことはわかりませんが、友人が見ていてくれたので大丈夫でしょう。

おいらは、キャッシュカードでお金の出し入れが問題なく出来れば、それだけで充分です。

それにしても、おいらのバンコク暮らし、何から何まで友人におんぶにだっこです。
「キャッシュカードが使えなくなる!」
そんなことまったく知らずに、使えなくなってから慌てふためいていたかもです。

ICチップの付いていない、古いキャッシュカードを、今でも使っている方。
じきに使えなくなるかもです。

確認しておいた方がいいですよ~。

そうそう、いつ使えなくなるのか?ですが。
はっきりとは聞き逃してしまいましたが、今年いっぱいって言ってたような・・・。



付き合ってくれた友人へは、昼飯をご馳走です。

どこ行く?
に、ドンキに行きたいって言うもんだから・・・。

ドンキのビルの中に入っていた「風月」っていうお好み焼き屋へ。
Img_20190925_1134491

焼きそば大盛
Img_20190925_1145361

 

お好み焼き一人前
Img_20190925_1154321

あと水。

これだけで、929バーツ。
お好み焼きって、滅多に食べないけど、結構高いのね。(汗)
まあ、高いだけあって、美味しくいだだきましたが。

久しぶりのお好み焼きに舌づつみ。
でも、もう庶民の食べ物じゃないな、これは。

にほんブログ村

 

2019年10月 6日 (日)

とある1日~洗濯・停電・豪雨・両替、そして犬~

一昨日の金曜日。

11時~15時の間中、コンドーが停電になるということで、その時間は外出することに。
どこに行こう? ちょっと考えて、すぐに決定。
ちょうど手持ちのタイバーツが心許なくなってきたので、昼飯も兼ねて両替しに行きましょう。
両替は、先月の10日に1度したので、約1ヶ月ぶりです。

その前に、天気も良かったので、洗濯をしちゃいましょうか。
Img_20191006_0945101

洗濯物を干しながらの鼻歌。

♪ 寂しくなると訪ねる 坂道の古本屋 立ち読みをする君に 会える気がして・・・♪
おいらと同年代ならわかるよね。(^_-)-☆

天気がいいと、気分もいいのだ。

で、朝11時10分「これから停電します」(実際は聞き取れていません 汗)の放送が入って、部屋の電気が切れた。
とりあえず、冷蔵庫の中にアイスが2本入ってたので、それを食べてから出かけましょう。



両替場所は、毎度チョンノンシーのスーパーリッチへ。
おいらのコンドーからは、BRTバスで終点のサトーン駅まで行って、そこから歩き。

でも、バスに乗ってる途中から雨が降ってきてしまいました。
さっきまであんなに晴れてたのに。

雨が降ると気になるのは洗濯物。
濡れなければいいんだけど・・・。

そして、サトーン駅に着くころには、ものすごい豪雨。
しかも横殴りの雷雨。

洗濯物、絶体絶命です。

それにおいら、傘も持ってきてないし・・・。
両替所に辿りつけるかな?

雨に煙るチョンノンシー↓
Img_20191004_1205192

(雨って写真に収めるのは難しいね。)

とても歩ける状況にないので、先に飯でも食いましょうか。
ちょうど12時だし。
濡れずに行ける、トップスのフードコートへ。

Img_20191004_1233231

さすがの大混雑。

なんとか空席を見つけて、クイッティアオ。

Img_20191004_1238031

美味しくいただきました。



フードコートで1時間ほど雨宿り。
雨は小降りになってました。

これくらいなら大丈夫でしょう。

少しばかり濡れながら速足で、スーパーリッチへ。

Img_20191004_1340271

さすがにガラガラ。
いつもは混んでるのにね。

そんなことより問題は、両替レート。

表示板を確認にたら・・・。

0.285

相変わらずしょぼくいレートにガッカリ。
前回の両替は、0.2855だったので、さらに悪くなってるし。
でも、バーツを持ってないと、暮していけないからね。

10万円をバーツに替えて、28500バーツゲットです。
うち、2万バーツを銀行に預けて、財布に8500バーツ。
これで今月末までしのげるかな?



雨が止めば、ルンピニ公園にでも散歩に行きたいところだったんですが、相変わらず小雨が降り続いてたので、どこにも寄らずに帰りましょう。
洗濯物も心配だしね。

で、自宅のある最寄り駅まで戻ったら、すっかり雨は止んでいました。
まさに女心とバンコクの空でしょうか。
(そんな言い方は無い?)

駅では、おいらのお気に入り犬が、気持ち良さそうにぐっすり。
Img_20191004_1432431

そして、コンドーに戻ったのは、14時40分。
ちょっと早かったけど、停電どうかな?

セキュリティーの人に聞いたら・・・。
「もう大丈夫だよ」って。
少し早めに解消したようです。

で、洗濯物は?

急いで確認。
あれ?渇いてる!

匂いを嗅いでも大丈夫そう。

助かった~。
洗濯、2回もしたくないからね。

シーロム辺り限定の局地的豪雨だったのかな?

それにしても、この時期のバンコク。
朝晴れていても、急な雷雨には要注意ってことで。

ちなみに傘を持ってても、まったく役に立ちませんけどね。


にほんブログ村

 

2019年10月 4日 (金)

チャオプラヤ川の夕日と積み荷のない船

昨日の10月3日は、母親の命日でした。
そのことは、前回の記事で書きましたね。

で、その昨日ですが・・・。

お墓参りには行けないので、とりあえずその代わりと言ってはなんなんですが、近くのお寺で手を合わせてきました。
「もう少し健康でいられますように」って。
な~んだ、自分のことなんだ。(笑)

Img_20190606_1338292


そのあとはチャオプラヤ川沿いの公園へ移動。

Img_20190925_1619231


目的は、タイ人に混じって少しばかりランニング。

Img_20190912_1804031

健康をお祈りしたなら、神(仏)頼みだけしててもダメだよね。
自分でも少しは行動しないとね。


一汗書いた後は・・・。
チャオプラヤ川に沈む夕日を、ぼ~っと眺めていました。

Img_20190925_1742241

ところで・・・。

唐突ですが「深夜特急」というドラマをご存知でしょうか?
沢木耕太郎原作のテレビドラマで、放映されたのは、だい~ぶ昔です。

大沢たかお演じるバックパッカーが、アジア~ユーラシア大陸~ヨーロッパを旅するロードストーリー。
特に好きだったのは、やっぱりバンコクが出てくる”熱風アジア編”かな。


おいら、この場所でチャオプラヤ川に沈む夕日を眺めていると、なぜか「深夜特急」の主題歌「積み荷のない船」が頭の中に流れてくるんです。

♪ 積み荷もなく行くあの船は 海に沈む途中 ・・・ ♪

どんな曲か忘れちゃった人は、どうぞ↓

 

 

https://youtu.be/m07Ri1t7sIA


陽水らしい、なんかけだるい歌ですよね。
そして、わかるようでわからない歌詞。
これも陽水らしい。

でも、切なさがズシリと心に響いてくるんですわ。

チャオプラヤ川に沈みゆく夕日と、チャオプラヤ川を行き来する船、それを眺めながら「積み荷のない船」を聴く。
おいら、なあ~んて、ロマンチストなんでしょう。(笑)

つい、大沢たかおになった気分で
「オレ、ここで一体何してるんだろう?」
そんなことを考えたりもしちゃいます。

たまには、そんな気分に浸るのも悪くないですよ。
そう、母さんの命日くらいはね。


にほんブログ村

 

2019年10月 2日 (水)

3年前のこと

明日10月3日は、3年前に亡くなった母の命日です。

3年も経っているのに、あの日のことは今でも鮮明に覚えています。
ブログの記事に残してたから余計に覚えているのかも?

ブログを読み返してみると、記憶がどんどん蘇って・・・。



溯ること3年前。
2016年10月3日の早朝。

和室の部屋には、おいらと介護ベッドに横たわる母さんと二人だけ。
母さんは、意識は朦朧としているが、呼吸は荒く苦しそう。
懸命に生きようとしているのがわかる。

おいらは、何も出来ずにその姿をただ見守るだけ。

そこには、医者もいないし看護士もいない。
在宅介護を選択した時、覚悟は出来ていたつもりだけど、ちょっと心細かった。
母さんが、もうすぐ息絶えてしまうことが、容易に想像できたからだ。

その時のおいらの気持ちは・・・。

「もう少し、がんばってくれ!」っていう気持ちと、「もういいよ、早く楽になってくれ!」っていう気持ちが、複雑に絡み合っていたように思う。


そして・・・。

母さんの、苦しそうで荒い呼吸が、止まった。

死んだ?

そう思った数秒後、息をふきかえす。

呼吸が止まったり復活したり。
それを何度か繰り返すのだ。

人の生命力ってすごいなぁ。
おいら、何故か冷静だった。


そして・・・。

「うっ!」と言う唸り声をあげて、また呼吸が止まった。
数十秒待ってみたものの、こんどは息を吹きかえすことは無かった。

母さんの人生が、終わった。

それは、おいらが、人の死と初めて向き合った瞬間でもあった。


その時、おいらは、ドラマのように大声で泣き叫ぶでもなく、不思議と涙も出なかった。

それより、これからどうすればいいんだ?
そっちの方が気になっていた。

とりあえず、事前に言われていた通り、医師に連絡しなきゃ。
それと兄にも。

兄より先に、すぐに医師がかけつけてくれた。
そして、母さんの状態を確認。

死亡が宣告された。


そして医師がおいらに・・・。

「よく頑張りましたね」と、声をかけてくれた。

その言葉で、急に涙があふれでた。
「ありがとうございます。」その言葉を発するのが精一杯。
あとは言葉が出ない。

おいら、母さんが闘病中
人前では、ずっと気丈に振舞ってきた。
人前では、ずっと涙を見せることは無かった。
でも、ついに堪えきれなかったのだ。

ただそれは、母さんが亡くなったことの悲しみの涙というわけでもなく、安堵の涙でもなかったような気がする。

病院を退院させられ、自宅介護に切り替えたこと。
そのことが、おいらの心にずっと重くのしかかっていたのだ。

結局、自宅介護を初めてたった2週間で、母さんを逝かせてしまった。
自宅介護は、おいらのエゴだったんじゃないか?
もっと病院にいさせてあげられれば、母さんは苦しまなくて済んだんじゃないか?

そんな想いがずっと有ったので、医師の一言で報われたような気がしたのだ。



あれから3年。
今思えば、とてつもなく辛い在宅介護をした2週間でした。

母さんは何も食べられ無かったけど、ちゃんと食事を用意して。
慣れないオムツ替えをして。
一生懸命に話しかけても、昔の母さんには戻らないもどかしさ。

そして、なんといっても在宅介護に入って、日々弱弱しくなっていく母さんの姿をみつづけるのが辛かった。
無理言って病院にいさせてもらった方が良かったんじゃないかな?
そんな葛藤もあってね。

母さんの本当の気持ちはどうだったのかな?
「最後は自宅で死にたい」一般的には良く聞く言葉だけど、それって本当なんだろうか?
母さんからは、一度も「最後は自宅で」なんて聞いたことなかったし。

最後は病院にいた方が、安心だったんじゃないのかな?
息子に介護をされるって、イヤじゃ無かったのかな?

それをずっと引きずってる。
今さら答えなんて出ないのにね。

じゃ、おいらはどう?
どちらかいうと病院で看護師さんに世話になって死にたいかな。

なんなの、その矛盾!
天国の母さんに、突っ込まれそうですが。(笑)

それにしても、3年なんて、あっという間。
過去のことより、そろそろ自分自身の心配をしないといけないかも。

おいらもそんなお年頃です。

明日は、お墓参りには行けないけど、バンコクから手を合わせます。

 


にほんブログ村

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック