« 従兄が死んだ・・・ | トップページ | 老後、どうする? »

2019年7月22日 (月)

故郷の懐かしい味

おいらは、横浜生まれの横浜育ち、だから故郷はありません。

でも両親の故郷は茨城県。
子供の頃は、よく連れて行って貰ったので、「おいらの故郷は茨城県」そう言ってもいいかもです。

今では、冠婚葬祭くらしか行く機会が無くなってしまいましたけどね。
先だっての従兄の葬儀は、そんな故郷で執り行われました。

ところで、茨城といえば・・・。

水戸納豆!

あまりに有名ですよね。

それでは・・・。

納豆は納豆でも「干し納豆」って、知ってますか?
文字通り、納豆を干したものです。

でも、横浜では干し納豆を売っているのは、まず見かけたことがありません。

なんでだろう?
美味しいのにね。



先日、従兄の葬儀に向かう途中。
常磐自動車道の守谷サービスエリアに立ち寄った時のこと。

その「干し納豆」を発見。

うわ~、懐かしい!
もちろんお買い上げです。

これね↓
Img_20190720_1913261

260グラム入りで、756円。
納豆を干しただけなのに、結構お高いのね。(笑)

葬儀を終え、家に戻って早速に食べて見ました。

蓋を開けたら・・・。

強烈な臭い!
でも、おいらにとっては懐かしい匂いです。
納豆嫌いだったら、絶対にダメでしょうね。(笑)

どうやって食べる?
これ、そのまま食べてもいいんですが、すごく固いんです。

おいらの、おススメの食べ方は・・・。

お茶漬け!

適量、ご飯にかけて↓
Img_20190720_1911451

お湯を注いで↓
Img_20190720_1912231

1~2分、放置。←これ重要ね。(笑)
干し納豆が、しな~っとなった頃を見計らって、一気にかっ込みます。

味の表現はうまく書けないけど、とにかく旨い!(笑)

子供の頃、母親の実家でこの「干し納豆」を作っていたので、しょちゅう食べていました。
だから、すごく懐かしい味なのです。

そして・・・。

「干し納豆」とともに、子供の頃の思い出がフラッシュバック。
カブトムシを取ったり、川で泳いだり・・・。
陽水の「少年時代」や拓郎の「夏休み」の世界観、そのままです。

「干し納豆」を食べきるまでは、懐かしい思い出に浸ります。



にほんブログ村

 

« 従兄が死んだ・・・ | トップページ | 老後、どうする? »

日常生活」カテゴリの記事

想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 従兄が死んだ・・・ | トップページ | 老後、どうする? »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30