« NISA どうする? | トップページ | タイチーム・・・終わった! »

2018年10月10日 (水)

パトゥムターニーの友人宅へ

先日、パトゥムターニーにある友人宅へ遊びに行ってきました。
パトゥムターニーは、バンコクの北隣の県ですね。
ドンムアン空港の近くです。

遊びというより、手伝いなんですけどね。
「樹木が鬱蒼としてきた。」って言うもんで、その伐採をしにです。


友人の住む住宅の街並み↓


Img_20181003_1215351


Img_20181003_1241391

約10年数年前に開発されて、出来上がった街です。
2軒長屋が、いくつも並んでいます。


不動産屋的なキャッチコピーなら・・・。

「区画整然とした閑静な住宅街に立つ、築10年の2戸一住宅。
南道路に面する陽当たり良好な物件。」

ってとこかな?(笑)

今は車が無いと、ちょっと不便な場所ですが、BTSが延伸されれば、少しは便利になるかも。


友人宅、2011年の洪水時に、床上浸水してしまったんですよね。

今は、こんなんですが↓

Img_20181003_1240221

2011年の洪水の時は、こんな状態に↓
Flooding_1

すごいことになってますね。
一生けん命に積んだであろう土嚢が、何の役にも立っていません。


これでも、だいぶ水が引いた時の写真だそうです。
ピーク時は、壁の下の方に貼ってあるタイルが、全部水で隠れるほどだったそうです。


ここのところは、日本でも台風や地震で被害を受けた方が、たくさんいらっしゃることでしょう。


一瞬にして住む家が無くなる。
場合によっては、人まで飲み込まれるわけで。


明日は我が身、もう運を天に任せるしかないようです。



スポンサーリンク

 



そんな悲惨な話をしながら、伸びきった枝の伐採完了。

もう汗だくです。
伐採後の写真を撮るのも忘れるほどに、疲れ切ってしまいました。


久しぶりに仕事をしたなあ。
でも、たまにはいいね。


ひと仕事したあとは、近くの市場へ。

Img_20181003_1329571

Img_20181003_1329501

Img_20181003_1322221

Img_20181003_1330561

バンコクの良くいく市場よりも、少しは安いかな。
マナオをたくさん買って帰りましょう。
今、マナオジュースに嵌まってるもんで。

マナオを絞って、ハチミツを入れて、ソーダで割って・・・。
シャワー後にごくりと。

クワ~ッ!旨いんだな~、これが。
しかも健康に良さそうでしょ。



お腹もすいてきたので、市場内で↓


Img_20181003_1306481

食べる物は、いつも変わり映えしませんが。(汗)
これもまた旨い!!!

特に・・・ソムタム最高!





いつもは、自宅近くを散歩するくらいで、引きこもりがちなおいら。
たまには知らない街に行くのも楽しいもんです。

暇つぶしにもなるしね。


誘ってくれた友人に感謝です。
まあ、友人も樹木の伐採が出来たので、WINWINの関係ってことで。


次は家の中の修繕をしてあげようかな?


Img_20181003_1239521_2


いくつか直した方が良さそうな所を見つけたので。


 

スポンサーリンク

« NISA どうする? | トップページ | タイチーム・・・終わった! »

バンコク暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
修繕はoininさんの得意分野ですね!
是非 before and after をブログでUPしてください。
知人(タイ人)に聞いた話ですが、タイの一軒家の1階のコンセントが床から1メートルくらいの場所にあるのは洪水対策のためだそうです。
一番下の写真を見ると、コンセントが床から1メートルくらいの場所にありますね!
まさに「備えあれば憂い・・・」ですね!

>セントレアさん
こんばんは。
確かに高い位置に、ごっついコンセントが見えますね。
低い位置には無いのかな?
次行った時に、ちゃんと見てきます。
タイの伝統式家屋は高床式、風土・気候を考えた作りで理にかなってるんですよね。
一般住宅もその名残で、いろいろ工夫しているんでしょうね。
友人の家のリフォーム、気になりだしたら手をかけたくなりました。
機会があれば、弄らせてもらいます。

ドンムアン空港に着陸する飛行機の窓から、赤い屋根の住宅団地がたくさん見えますが、あの辺りですよね。
でも、バンコク都心から遠くて BTS もないし、バスは朝はダメだろうし、車も多分ダメだろうし、都心に通う人ってどんなふうにしてるんでしょうかね。

>makandatさん
友人は都心部に車で通勤していますが、通常時で1時間、雨の日などは3時間かかることもあるって言ってました。
私の部屋に頻繁に泊りに来たがるのもわかる気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パトゥムターニーの友人宅へ:

« NISA どうする? | トップページ | タイチーム・・・終わった! »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック