« パトゥムターニーの友人宅へ | トップページ | センタンの誘惑 »

2018年10月12日 (金)

タイチーム・・・終わった!

2018女子バレーボール世界選手権の話です。

9月29日から始まった、今大会。
ずっとタイチームを応援してました。

1次ラウンドは、D組で 韓国・ロシア・トリニダートトバコ・アメリカ・アゼルバイジャン との総当たり戦でした。

この中で上位4位以内に入らないと、2次ラウンドには進めないんですよね~。

【結果】

韓国戦 3ー2 勝ち
あのキムヨンギョン率いる韓国チームによく勝ちました。

ロシア戦 2-3 負け
先に2セット連取してからの逆転負け。悔しい~!!

トリニダードトバコ戦 3-1 勝ち
ストレートで勝ちたい相手でしたが1セット取られてしまいました。
この辺がタイチームらしいところです。(笑)

アメリカ戦  2-3 負け
2セットを簡単に取られ、完敗か!って、思わせておいてのフルセット。
よく頑張りました。

アゼルバイジャン戦 3-1 勝ち
これは、見てて安心できる戦いぶりでしたね。 



【1次ラウンドD組順位】

1位 アメリカ 5勝0敗
2位 ロシア 4勝1敗
3位 タイ 3勝2敗
4位 アゼルバイジャン 2勝3敗
5位 韓国 1勝4敗
6位 トリニダードトバコ 0勝5敗

やりました!
堂々3位で、2次ラウンド進出決定です。

でも、この1次リーグで、ピムピチャヤ選手とアチャラポーン選手の二人のエースが怪我しちゃったんですよね~。

かなり頑張ってた二人なので、ここでの離脱は痛いです。
あとは、ベテラン陣がどれだけ頑張れるかにかかってます。


それにしても、勝敗が綺麗に並びました。
それだけ実力差がはっきりしているってことなのかな?



スポンサーリンク

 



そして、2次ラウンド

タイは、B組で勝ち上がってきた4チーム、イタリア・中国・トルコ・ブルガリアとの対戦です。
ここでは、上位3チームに入らないと、3次ラウンドには進めません。

1次ラウンドの成績は、そのまま持ちこされるので、3次ラウンドの進出は、かなりハードルが高いです。


【結果】

中国戦 0-3 負け 
第1セットはジュースまで持ち込みましたが、残念。各セットとも善戦したんですけどね。

イタリア戦 0-3 負け
なすすべもなく完敗、どうやっても勝てそうにありません。イタリア強し!

ブルガリア戦 2-3 負け
ブルガリアは、B組4位のチームなので、勝っておきたいところでしたね。
最終セットまでもつれ込んでの敗戦、これも悔やまれる戦いでした。

トルコ戦 1-3 負け
最後の意地をみせて欲しかったんですけどね。
ベテラン陣、歳には勝てませんね~。



【2次ラウンドF組順】

1位 イタリア 9勝0敗
2位 中国 8勝1敗
3位 アメリカ 7勝2敗
4位 ロシア 6勝3敗
5位 トルコ 5勝4敗
6位 ブルガリア 4勝5敗
7位 タイ 3勝6敗
8位 アゼルバイジャン 2勝7敗

まあ、順当な結果かな。
ロシアが3次ラウンドに進めなかったのは意外でしたが、上位3チームはホント強かったです。

2次ラウンドも、勝敗が綺麗に並びましたね。
う~ん、番狂わせが起きないと、ちょっとつまらん。

タイチームは、仕方ない順位でした。
やっぱり二人の怪我がね~。
ベテラン勢だけで勝ち上がるのは、相当に厳しい。

プルムジット、ヌットサラ、ウィラワン、オヌマ、マリカー、みんなもう30代中盤になろうとしてますから。
2次ラウンドは息切れですね。(笑)

それでも、若手のタッダオは、今大会で急に伸びたように思います。
これは、嬉しい誤算。
ずっと、プルムジットに頼りきっていたセンターですが、世代交代、うまくいくかも。
今大会は怪我で出られなかった、ハッタヤもいるしね。


ちょうど過渡期に入っているタイチーム。
いつまでもベテランに頼ってはいられません。
「頑張れ若手!」って、ところでしょうか。


東京オリンピックには、どんな布陣で?
それも楽しみなんですよね~。

って、東京オリンピックの予選に勝ち上がれなかったりして。(汗)




一方、裏では・・・。

日本チーム、頑張ってますね~。
E組2位で、3次ラウンド進出です。

怪我から戻ってきた長岡、不振だった古賀も戻ってきた。
石井に黒後もいる。

攻撃陣が揃ってくると、楽しみも増えますね~。


タイチームと同じように、若手が力を発揮しだしたように思います。
すっと木村沙織に頼っていた日本チームですが、木村引退が功を奏したんじゃないかな?


日本チームとタイチームって、なんか似ていると思うんですよね。
絶対的エースはいないけど、拾いまくって点につなげるバレー。

両チームとも時にボロ負けして、がっかりさせられることも多いけど、見ていて楽しいバレーを、これからも期待したいところです。


今大会、タイチームが去ったあとは・・・。

日本チーム 頑張れ!
テレビの前でバンコクから応援しています。


 

スポンサーリンク

« パトゥムターニーの友人宅へ | トップページ | センタンの誘惑 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

バンコク暮らし」カテゴリの記事

コメント

タイチームが3次ラウンドに進めなかったのは残念です。
プルムジット(34歳)、ヌットサラ(33歳)、ウィラワン(34歳)、オヌマ(32歳)、マリカー(31歳)、みんな30代中盤ですね。
私も長年タイチームの試合を見ているので名前と顔は覚えてしまいました。555
タイ滞在中タイチームの試合TVは毎回見ています。
今年6月のネーションズリーグも見ていました。
ピヤヌット(28歳)は唯一ギリギリ手前で若手の仲間だけど中堅か。
アチャラポーン(23歳)、チャッチュオン(18歳)、ポーンプン(25歳)、ハッタヤ(25歳)、ピムピチャヤ(20歳)、タットダオ(24歳)、
スパットラ(不明)は、皆若手なので今後拾って繋ぐ見てて楽しいプレーを期待しています。
.
ピムピチャヤ選手とアチャラポーン選手の二人のエースのケガは残念でしたね。
ピムピチャヤ選手のケガはどういう状況下のどんなケガかは見損ねたのでよく分からないのですが、、残念です。(知っていますか?)
アチャラポーン選手のケガは下記のUSA vs Thailand試合はリアルタイムでNET視聴していました。単なるねん挫なら良いのですが、、、
でもその後の各試合で試合会場コートに居て自力で歩いていたのでちょっと安心しました。
.
アチャラポーン選手のケガの瞬間↓
USA vs Thailand 2018 Volleyball World Championship Women
(Injury of Thai player K. Ajcharaporn )
https://www.youtube.com/watch?v=Gojf2GS0lIA
.
<3次ラウンド>世界バレーWorld Championship Volleyball の日本戦、
10/14(日)日本vsセルビア・・18:30(日本時間)
10/15(月)日本vsイタリア・・19:00(日本時間)
3次ラウンドの各試合(日本戦含む)も下記のいずれかで視聴可能だと思いますのでoininさんもタイで日本の応援してください。
https://www.youtube.com/channel/UCK2iVfrrSYj3lbhB6cYZnhA
https://www.youtube.com/channel/UCJyVJ53nTgtYYGPJYV93tRQ
https://www.youtube.com/channel/UCY3RrxkS1OMahkZhsVP7MRg
.
日本戦のもっと良いTV視聴方法やNETアドレス情報などありましたらそれもブログネタとして聞かせてください。

レシーバーの二人がほんとうによく拾ったし、アタッカーが打ちやすいところにきちんとボールを出していたと思いました。

特に162センチの井上嬢に乾杯!

>サムライコボリさん
それぞれの年齢を調べていただいてありがとうございます。
やっぱり年齢がね~。(笑)
でも今のベテラン勢が、タイのバレーボール人気に火をつけたわけで、その功労者ですからね。
東京オリンピックまでは、頑張ってほしいところです。
ピムピチャヤ選手のケガは、確かトリニダードトバゴ戦だったと記憶しています。
2セット連取して、3セット目の終盤でした。
どんな状況下だったのかまでは、良く見えませんでしたが、急に動けなくなってコート外へ運びだされました。
どうも膝を痛めたようでしたね。
アチャラポーン選手のケガは、足首がぐにゃっとなったところが映し出されましたね。
いかにも痛そうでした。
まあ、二人とも最後は自力で歩いていたので、大丈夫だと思いたいです。
私の視聴は、タイチームの試合はworkpointチャンネルで全試合みました。
日本チームの試合は、やはりユーチューブのライブで見ています。
でも、映像が固まったり乱れたりで、イマイチなんですよね。
それでも頑張って応援します。

>P-takさん
日本の試合はあまり見れてはいませんが、日本のリベロは上手ですよね。
タイのリベロがイマイチなだけに、交換して欲しいくらいです。(笑)

タイのリベロ・・・・・・ピヤヌット選手(28歳)は、結構長くタイ代表をやっていますね。
下記動画でもピヤヌット選手が拾いまくっていますが、日本のリベロの井上選手の方が上かな。555
井上選手は飛び込んで拾っている姿を多く拝見しますね。
https://www.youtube.com/watch?v=Nf6j3ZDztzk
.
タイのリベロ・・・・・・ピヤヌット選手(28歳)とスパットラ選手(不明)が今回やっていましたが、
東京オリンピックの予選&本戦は一体だれがリベロをやっているのでしょうね。
ピヤヌット選手はたぶんまだやっていると思いますけど。
.
昨日のブラジル戦で日本の石井選手が足蹴りでボールを拾っていましたが
タイのプルムジット選手(34歳)は足蹴りでボールを拾う光景をよく見ますね。555
タイのバレーボールのベテラン勢がバレー人気に火をつけた功労者・・・・・これは納得です。美人揃いだし。
またタイの選手は点を取った時も失った時もニコッと笑うしぐさは何かホッコリしますね。そしてカワイイです。555
日本の選手は点を失ったら残念そうな顔をするんですけど、ここがタイ選手との違いですね。

>サムライコボリさん
ピヤヌット選手は、28歳でしたかぁ。
もう中堅バリバリな歳ですね。
今回の大会で、各国のリベロを見ましたが、それらと比べると、ちょっと見劣りするかな?って感じでした。
強国のリベロは、「レシーブは全部任せろ!」みたいな迫力がありましたしね。
タイチームはどれだけ粘れるか?が勝負のカギなので、もう少し拾いまくって欲しかったかな。
それに比べて日本のリベロは、ちょっと見ただけですが、確実性があるように思えました。
それと、石井選手の足技、見事でしたね。
完璧でした。
そう、タイチームの良さは、あの笑顔。
失敗しても、みんなあっけらかんとしてますよね。
特にアチャラポーン選手の笑顔には愛嬌があります。
今大会で、タイチームがもう見られないのが残念です。

私も得点&失点に関わらずアチャラポーン選手の笑顔が好きです。タイチームの中で一番好きです。555
タイチーム選手ではタトゥーがある選手は今まで居ないと思っていました。・・・しかし、、、、、
同居人のタイ人に聞いてもらいたいのですが、
アチャラポーン選手の右ひじと肩の間に刻まれたタトゥーのことです。(4~5人の人の顔?のタトゥー)
昨年はタトゥーは無かったんですが、今年の6月の頃には有ったんです。
タイTVでそのタトゥーについて放送されていたのですが何せタイ語なので分かりませんでした。
何が刻まれていてその理由は何なのか興味があり知りたいです。

再々投稿をお許しください。

>サムライコボリさん
アチャラポーン選手のタトゥー、確かに数人の人のように見えます。
私は「おそらく家族を思ってのタトゥーなんだろうな?」って、勝手に想像していました。
タイ人、家族想いの方が多いですからね。
入れた理由もテレビで放送されていたとのこと。
知っているかわかりませんが、友人に聞いてみます。
ただ友人、今旅行中で、こんどいつ会えるかわからないので、話を聞けるのはしばらく先になると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイチーム・・・終わった!:

« パトゥムターニーの友人宅へ | トップページ | センタンの誘惑 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック