« センタンの誘惑 | トップページ | 独学(タイ語学習)のもがき(2) »

2018年10月16日 (火)

独学(タイ語学習)のもがき(1)

2015年11月から、日本とバンコクの二重生活を始めたわけですが・・・。
あれから3年、月日が経つのは早いもんです。

バンコクで暮らすなら、タイ語は修得しとかないと。
そんな思いで、すぐにタイ語学校に通い始めたのが、2015年11月から。

学校では、タイ語を一から習いました。
でも、タイ語学校に通ったのは、たった3ヶ月間だけ。
一旦、日本に帰ることにしてたもんで。
バンコクの戻ったら、また通うつもりでいたんですけどね。


日本帰国中に母が倒れ入院、そして死。
その間は、バンコク暮らしもタイ語の勉強も中断です。


そして、再びバンコク暮らしを始めたのが、2016年12月から。
なので、日本とバンコクの二重生活が本格的に稼働してから、もうすぐ丸2年です。

バンコクに戻って再びタイ語学校へ?
いえ、行ってません。(汗)

その理由は・・・。

タイ語学校に通った3ヶ月でタイ語の基礎(声調)は、なんとなく修得できたこと。
学校での次の単位は、タイ文字修得の授業なので、独学でもなんとかなるんじゃないかと。
それと、月謝もばかにならないしね。
そんなわけで、独学でやってみようと。


そして、目標。
「タイ文字を読めるようになること!」

バンコク暮らしで普段目にする、看板を読めたらいいな~。
ってことで。

学習方法は、タイ語で書かれている看板とかの写真を撮ってきて、辞書片手に読んでみる。
それを繰り返していけば、タイ文字を読めるようになるんじゃないかと。

学校で習うよりは遠回りだけど、別に急ぐこともないし、のんびりと自分のペースで覚えられればいいかな。

スポンサーリンク

 

 




そんなわけで、2年前から独学で始めた、タイ文字学習。
って言っても、先生は必要ですね。

おいらの、先生は・・・。
タイリンガル」って言う、サイトです。
このサイトの「タイ文字が最速で読める講座」、ここが一番わかりやすく書いてありました。


さて、2年間で、どの程度にタイ文字が読めるようになったでしょうか?
まあ、2年間って言っても、途中でやる気が無くなることも度々でしたけどね。(汗)

それでも、ダラダラとやり続けた結果・・・。

ここにきて、8割方は読めるようにはなった気がします。
(まだまだ完璧ではありませんが、タイ文字を読む楽しさを感じているところです。)

当初、タイ語なんて、コーカイ(子音)と母音さえ覚えちゃえばなんとかなるんじゃないの?
なんて簡単に思ってたんですけどね。

コーカイは、これね↓

Img_74061

ところがどっこい。
コーカイと母音を覚えても、ほとんどのタイ文字の看板が読めなかった。(笑)


そう簡単では無かった、ってことですね。


タイ文字を読む勉強をして、まず最初の躓きは声調のところ。
子音の上につく、声調記号がかなり厄介でした。


こんなマークのやつね↓


่ ้ ๊ ๋

たった4つの記号なんだけど、これがかなり複雑でして。

この記号でタイ語を正しく発音する場合、
子音の字類を完全に覚えないといけないんですよね。

子音の字類?
何それ?ですね。

子音って、低字類、中字類、高字類 の、3つのグループに分かれていて、どの字類に、どの声調記号が付くかで、発音(声調)が違ってくるんですよね。

だから、どの子音が、どのグループに属しているのか?
字類を完全に覚えないと、いつまでたってもタイ文字を正しい声調で読めないのです。

この字類と声調記号の因果関係を理解するのが、もう大変で。
「タイ文字を読めるようになってやる!」という、おいらの野望が、挫折しかけた最初の関門でしたね。


最初は、これも簡単かな?って思ったんですけどね。

まず最初は中字類を完全に覚てて。
中字類は、9つしかないんで、覚えやすそうですからね。

この9つです↓

ก จ ด ฎ ต ฏ บ ป อ

これを完全に覚えたら、次に低字類、次に高字類・・・って、順に。

でも、そう簡単じゃなかった。
覚えては忘れ、覚えては忘れ、これを繰り返すばかり。
特においらは物覚えが悪いもんで。(汗)

でも、諦めずに続けていればなんとかなるもんで。
ここにきて、ようやく字類と声調記号の因果関係を覚えることが出来ました。


ただ・・・。

タイリンガル先生のサイトにも書いてあるように、この程度を、覚えただけでは、まだ道半ば。
いや、半分も行ってない。(汗)

まだまだ読めない看板をたくさん目にするわけで。

そして、ふたたび躓いたのが・・・。


次回に続きます。

 

スポンサーリンク

« センタンの誘惑 | トップページ | 独学(タイ語学習)のもがき(2) »

バンコク暮らし-語学学習-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独学(タイ語学習)のもがき(1):

« センタンの誘惑 | トップページ | 独学(タイ語学習)のもがき(2) »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック