« 独学(タイ語学習)のもがき(2) | トップページ | チェンマイからの土産 »

2018年10月20日 (土)

停電

一昨日の昼飯時のこと。

買い置きしてある「さっぽろ一番塩ラーメン」でも食べようと思って、鍋でお湯を沸かし、麺を鍋に入れた途端に・・・。

バチンと電気が切れた。
ショートか?停電か?


廊下に出てみると、廊下の電気も点いてないので、どうやら停電のようです。

おいらの住むコンドー、新しいわりに頻繁に停電が起こります。
今年5月に引っ越してきて、これで3回目かな。

前の、サパーンクワイのコンドーでは、停電は一度も無かったんですけどね。
ここは、場所が悪いのか?コンドーの電力設備に問題があるのか?良くわかりませんが。

でもまぁ、1度目と2度目の停電の時は、1時間程度で回復したので、今回もすぐに治るだろうと高を括ってました。

ぬるいスープに、茹できらない麺。
捨てるのはもったいないので、まだ固い麺をすすりながら、復旧を待ちましょうか。

停電が起こると、心配なのが冷蔵庫の中身。
たいしたものは入ってませんが、アイスクリームは常備品。
溶ける前に食べないと。

で、2個ペロリ。

 

スポンサーリンク

 

 

午後1時、停電発生から約1時間経過。
まだ復旧しません。


電気が無いとテレビも見れないし、何より暑い。
エアコンも扇風機も使えないからね。

どこかに涼みに行きましょうか。
エレベーター、動いているかな?

おいら部屋は25階なんで、エレベーターが動いていないと、外出する気はおきませんから。
さすがに階段じゃね~。

見に行ったら、4基あるエレベータのうち、2基が動いていました。
非常用電力、フル稼働でしょうか。






午後3時、停電から約3時間経過。
ショッピングセンターをぶらついて、コンドーに戻ってきました。

さすがに、もう回復してるでしょ?って、ことで。

あれ?
1階にあるセブンイレブンが開いてない。
しかも、電気も点いてない。

復旧は、まだのようです。

とりあえず部屋に戻りましたが。
やる事が・・・無い。

あとどれくらいで回復するのかがわかれば良いんだけど、それを聞きに行く勇気がない。(言葉の問題ね。 汗)
まあ、いずれは復旧するでしょうから、ここは部屋でじっとしてましょうか。

スマホの充電切れを恐れ、ネットはせずに、とりあえず読書でも。
部屋の中は暗いので、バルコニーで。

積読状態だった、「古代ローマ人の24時間」。
この本、ようやく日の目を見ました。


Img_20181018_1254041

たまにはいいですね。
時間がゆっくり過ぎて行く感じ。
悪くないです。






午後6時、停電発生から約6時間経過。
一向に電気が点きません。

徐々に辺りも薄暗くなってきて、バルコニーの優雅な読書タイムも限界です。

そして夕飯の心配も。
冷蔵庫の中にあるのは、すべて電子レンジで温めが必要なものばかり。
セブンイレブンは、まだやってないし。


ここで、我慢しきれず友人に連絡。
「午後から停電。あとどのくらいで復旧するのか、聞いてくれる?」って。

しばらくして、友人から返事。
「あと1~2時間はかかるらしいよ。」って。
どうも、コンドーの電力設備が故障が原因らしい。

まあ、復旧の見通しが立って一安心かな。

夕飯は友人と、近くのしゃぶしゃぶ屋へ。
しゃぶしゃぶと言うより、単なる
鍋ですが。(笑)

Img_20181018_1828041

野菜たっぷり。
二人で200バーツ。
安いね~。

もちろん、おいらの奢りで。





午後9時、停電発生から、約9時間が経過。
夕食を終え、コンドーに戻ったら・・・。

煌々と灯りが。
ようやく復旧したようです。

灯りっていいね。
電力にもっと感謝しないと。

それにしても、今回の停電は長かった。

アイスクリーム、食べといて良かったよ。
食べてなかったら、完全に溶けてたよね。(笑)





今回は、昼間に起こった停電だったから、まだ良かったけど、もしこれが夕方からだったら、ちょっとビビったかも。

だって部屋の中、真っ暗だからね。
非常用電灯、準備しとかなきゃ。

電気のない生活は、考えられませんからね。


でも・・・。

停電中に読んだ、「古代ローマ人の24時間」に、こんな一文が・・・。

ローマの通りには照明というものがまったくないことに驚かされる。おそらく私たちが現代の生活に慣れすぎたせいだろう。長い年月のあいだ、世界のどこの都市も、日暮れとともに暗闇に包まれのが当然だった。わずかな光といえば、宿先にともされたランプか、夜道を行く旅人のために、通りの角や十字路のような要所にある神像に供えられた灯火ぐらいだったのだ。それは帝政下のローマにおいても例外ではなく、暗闇のなかで、このようなわずかばかりの明かりか、家々から洩れるランプの明かりを手がかりに、位置を推しはかるしかなかった。

停電時に読んだ本で、電気の無い生活に思い馳せることになろうとは・・・。

暗くなったら寝るだけ。
それでいいのかも。

だけど、バンコクで扇風機もエアコンも無かったら、やっぱり暮らせないよね。
昔の人、どうやって過ごしてた?

寒いところなら、たくさん布を纏えば耐えられるけど、やっぱり暑いのはね~。

うちわで扇ぐだけ?
きっと、寝苦しかっただろうね。


 

スポンサーリンク

« 独学(タイ語学習)のもがき(2) | トップページ | チェンマイからの土産 »

バンコク暮らし」カテゴリの記事

コメント

日本ではあまり経験しない停電ですがタイとなると普通に停電しますね。
タイのアパートの冷蔵庫の冷凍庫にはアイスクリームは入れていませんが
納豆(毎日の朝食用です)は頻繁に入っています。
2週間分の在庫です。555
>寒いところなら、たくさん布を纏えば耐えられるけど・・・
最近年齢のせいもあるんでしょうけど日本の冬は体に堪えます。
現在健康診断の結果待ちですがそれがクリアーしたら12月から訪タイ予定・・・早く行きたいです。
血圧&尿酸値の薬を持参ですが。(一生飲まなくてはいけないのがつらいです)

>サムライコボリさん
停電、タイは多いと聞いてましたが、私は今まであまり気にならなかったんですよね~。
今のコンドーに引っ越す前までは。ですが。
引っ越したとたんに、3度も。(汗)
納豆を冷凍室ですか?私は納豆は冷蔵室です。
いつも賞味期限ギリギリまで冷蔵庫に眠ってます。(笑)
日本の冬、確かに寒いので私も大嫌いですが、エアコンの無いバンコクとどっちを取るか?って聞かれたら、寒い日本かな。
究極の選択ですが。(笑)
常用薬、一緒ですね。私はそれにコレステロールと胃酸の薬が追加されてます。
避寒にタイ、楽しみですね。

こんにちは。
静岡県の中部に住んでいるんですが
10/1の台風24号の通過後、夜中の12時頃停電。
停電の備えとしてペットボトルに水を入れ凍らせたものを
3本位作っておいたものを冷蔵室へ。
結構効果あります。
5時に起きた時、まだ停電中。結局、6時まで6時間の停電。 
浜松在住の知り合い宅は2日間停電。
関西に上陸後、勢力が衰えないまま通過。
すごい強風でした。
タイで暮らしていた時、停電になると数時間外出してました。
ラーメン作っている時の停電でまだ良かったですね。
エレベーターに乗っている時なら最悪です。

>kou63さん
こんにちは。
台風での停電、それは大変でしたね。
でも備えもしっかりなされてて、感心致します。
私の場合は、非常時の対策をほとんどしていないので、改める必要がありそうです。
(日本でもバンコクでもです。 汗)
水と食料は、2~3日は暮らせるように、いつもストックしておかないとダメですね。
危機管理、まだまだです。

私は訪タイ時に停電の経験は無いんですが、普段はたまに有るんですね?
すぐに復旧すれば良いんでしょうが、半日とかになると困りますね。
夏とか冬のエアコンの必需季節だと1時間でも不便なのに・・・。

ところで今年は洪水とかの水害はどうなんでしょうか?
数日前にネットニュースに危険な状況とか出てたものですから。
その後どうなのかと?
数年前の様な事は無いんでしょうね?

>ユーサンさん
私も引っ越しするまでは、停電の経験はありませんでした。
引っ越し後に頻繁になるので、同じバンコク内でも、地域とかで違いがあるのかも知れません。
昼間の停電は、暑さ対策はデパートに避難できますが、夜だったら困るでしょうね。
水害、バンコクは全然問題ありません。
どこかやばい地域があるんでしょうかね?
水は最終的にバンコクに流れ着くので、北の方がやばいとすると、これから来るのかな?
でも、あまり騒いでいないので、大丈夫な気がします。
ここ2日くらいは、バンコクはぐずついた天候で雨も降りましたが、空気は爽やかなので、雨期明けも近いように感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 停電:

« 独学(タイ語学習)のもがき(2) | トップページ | チェンマイからの土産 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック