« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年7月の12件の記事

2018年7月30日 (月)

DB年金とDC年金の受給手続き完了

ずっと悩やんでいたDB年金(確定給付企業年金)とDC年金(確定拠出年金)の給付方法。

悩ましい選択~年金か?一時金か?~
やっぱり複雑だった退職所得控除

先日、60歳の誕生日を迎えたので、最終的な決断を下さなければなりません。

受給にあたっての選択肢は・・・。


DB年金は
1.一時金として全額受給
2.一時金と年金の併用受給
3.年金として受給(15年)


DC年金は
1.一時金として全額受給
2.年金として受給(5年、10年、15年、20年から選択)



で、出した結論は・・・。

DB年金(確定給付企業年金)は、15年の年金として受給。
DC年金(確定拠出年金)は、一時金として受給。
としました。


なぜこんなに悩んだのか?
は、やっぱり損得勘定ですね。

だって、税金が複雑に絡んでくるもんで。




スポンサーリンク



税金(所得税)の違いは、

一時金での受給は、退職所得になり退職所得控除が受けられます。
(おいらのの場合は、3年半前に退職一時金を受給していて、退職所得控除の算出が複雑だったこともあって、税金の計算が簡単ではありませんでした。)

年金での受給は、雑所得となり年金控除となります。
今後受給予定の老齢年金と同様の扱いですね。

すべてが控除額内で収まるならば、悩むことも無いんですが。

おいらの場合、一時金で受給すると退職所得控除額をオーバーするし、年金で受給しても控除額をオーバーするという、状況でした。

それでも、所得税だけを考えるならば、そう難しくはないです。

63歳から受給できるはずの老齢厚生年金と65歳から受給できるはずの老齢基礎年金も頭の片隅にいれておいてシミュレーションをしないとなりません。

DB年金とDC年金を一時金では無く年金で受給すると、住民税と国民健康保険料にどう影響がでるのか?

そこまで考えないと・・・。
う~ん、さすがに面倒になってシミュレーションは挫折しましたが。(汗)




最終的な決め手は・・・。

DC年金は、一時金で受給しても、わずかな税金の支払いで済みそうだったこと。
DB年金は、元勤務先が2.5%で運用してくれるんで、自分で運用するよりかはいいかも。

結局は、適当!(汗)

でも、もう腹は決めました。
それぞれに書類は郵送したので、あとは入金を待つだけです。

書類に不備が無ければ、DC年金は9月20日に入金されるはず。
DB年金は、9月から3か月ごとに15年間支払われるはず。

56歳から貯金の切り崩しでなんとか凌いできたので、ようやくホッと一息つけそうです。


そして・・・。

あと3年凌げば、老齢厚生年金の受給開始
あと5年凌げば、老齢基礎年金の受給開始

長い間、身を粉にして働いたご褒美って感じかな。
年金の行く末については、財源とかいろいろ問題がありそうですが、この制度はやっぱり必要だよね。

年とればわかる。(笑)

受給できる金額は「悠々自適な年金生活」には程遠いですが、なんとか日本とバンコクの二重生活を続けられそうです。

でも、所得税ゼロ、住民税ゼロ、最低額の国民健康保険料。
無職期間の恩恵は、今年で終了かも。

これからは、少しは社会のお役に立てるかな。

 

スポンサーリンク

2018年7月27日 (金)

姪っ子とバンコク旅行へ

次の訪バンコクは9月中旬頃になるかな?
そんな記事を書いたばかりですが・・・。

その記事は、ここ。

おいらには二人の姪っ子がいます。
上の子はすでに働いていて、下の子は大学生です。

先日、その下の子が、
「夏休みにバンコクに行きたいんだけど!」
そんな事を言い出しまして・・・。

いろいろ話をしているうちに、結局おいらが連れて行ってあげることになりました。

やっぱり姪っ子一人でバンコクに行かすわけにはいきませんからね。
親バカならず叔父バカでしょうか。
姪っ子からすれば迷惑かも知れませんが。(汗)

日程は8月下旬の約1週間。
そんなわけで姪っ子と二人でバンコクに行ってきます。



スポンサーリンク




まずは、航空チケットの確保から。
いつも通りJALのサイトをチェックです。

夏休み期間だから、高いかも?
ちょっと心配だったんですが、最安値のチケットがありました。

東京⇔バンコク 往復43,000円。
プラス、燃油サーチャージ等が、15,450円。

二人分で 116,900円

チケット代は、おいら持ち。
おいら、姪っ子には太っ腹なのです。



宿は・・・?
おいらの借りてる部屋で同居?
その場合、おいらがソファで寝ることになるのかな?
ちょっと迷ってます。

もし姪っ子が、おいらと一緒じゃ嫌だって言ったら、近くのホテルを取ってあげましょうか。



あとは、どこに観光に行くか?ですね。
これは姪っ子に宿題を出しておきました。

バンコクで何をしたいか?
バンコクでどこに行きたいのか?

まったくバンコクのことを知らない姪っ子。
おそらく定番の観光地にはなるとは思うんだけど、どんな優先順位でどんな場所を選ぶのか?ちょっと興味ありです。
若い女の子の感性は60のジジイとは、絶対に違うはずだからね。
おいらも新たなバンコクを発見できるかも知れません。


いずれにしても、急遽決まった姪っ子とのバンコク旅行。
姪っ子よりも、おいらの方が楽しみだったりして。


 

スポンサーリンク

2018年7月24日 (火)

腰痛は寝具のせいかも

 

 

 

日本に戻ってきて、ブログさぼり気味です。(汗)

ネタが無いってこともあるんですが、体調がイマイチ不調でして。

5月のこと。
バンコクに行く当日に、腰痛が起こり、這うようにしてバンコクに到着したのは記憶に新しいところです。

なので、前回のバンコク暮らしは不安を抱えながらのスタートでしたが、何もしていないのに徐々に腰痛は回復。
バンコク暮らしの後半は、腰が痛かったことなどすっかり忘れてしまうほどに、良くなっていたんですけどね。

それなのに、日本に戻ってきたら再発。(涙)

おいらの身体、どうも日本には合わないようです。


 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 



腰痛の考えられる原因は・・・。

前回のバンコク行きの前は、部屋の片づけをして少しばかり重たいものを持ったりしたので、それが原因だとばかり思っていました。

でも、今回日本に戻ってきてからは、別に重たいものも持っていないし。

日本の暮らしとバンコクの暮らしでは、何が違う?
まず思い当たるのは・・・。



寝 具 !!!

 

バンコクでは、オーナーが設置してくれたベッドを使用。

日本では、ベッドはベッドですが、畳が敷いてある日本風?のベッド。
そこに綿入りの敷布団を2枚重ねて、その上で寝ています。
敷布団は、何十年も使っていて、すでに煎餅布団状態です。

朝の起き掛けに調子悪いのは、敷布団が原因なんじゃない?
だんだんとそう思うように。

ってことで、こうなりゃ敷布団を代えてみましょう。
代えるって言っても、新たに購入しなきゃいけないんですけどね。

近くのイトーヨーカドーで物色です。

そこで勧められたのが、これ↓

 

P01_product011

 

 

 

「西川のAfit健康マットレス」って言う代物です。


健康って謳い文句だけで、かなり惹かれますね~。(笑)
もちろん腰痛にも良いそうです。

試しに寝させてもらうと、確かに寝心地はいい感じ。

で、値段を聞いたら・・・。

27,000円+税 だって。
う~ん、意外と高い!

ちょっと考えちゃうよね
もっと安い敷布団もたくさん売ってるし。


ちょっと躊躇してたら、こちら↓はどう?って。

P02_product011

 

 


同じ西川のAfit商品で、四つ折りに出来るちょっと薄めのやつです。
これも「健康マットレス」って書いてあるし。

値段は、15000円+税
これくらいなら、いいかも。

そもそも腰痛の原因が敷布団かどうかも分からないのに、いきなり3万円近い出費はちょっとね~。

ってことで、安い方をお買い上げしてきました。




すでに購入して3日たちました。
使用感は、かなり快適です。

って、今までの煎餅布団が酷すぎた?

腰痛の方も心なしか良くなっているような気もするし。
今まで全然気にもしていなかったけどが、寝具って大事なんだね。

次は枕を新調しようかな?
首も痛いんで。(汗)

そうそう、報告してなかったけど、60歳の誕生日は過ぎています。
おいら、もう爺さんです。(汗)

これからは、ケチケチしないでもっと健康に気を使わねば。
って、すでに3万円のマットレスの購入をケチってますが・・・。(笑)

 

まあ、分相応ってことで。


腰痛でわかったことは、体調がイマイチだと、何もする気が起きないってこと。
ブログも書きたくなくなるし、もしかしてバンコクだって行きたくなくなるかも。

おいらの日本とバンコクの二重生活の終わりは、きっと健康を害した時だと思う。
それは、一体いつ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

2018年7月20日 (金)

いつバンコク?

母親が亡くなったのが、一昨年の10月3日。
今年の10月3日で丸2年なので、三回忌の法要があります。

三回忌の日程が決まらないと、バンコクに戻る日も決められないので、「早く決めてくれ!」って、兄をせっついていたんですが、ここに来てようやく決まりました。

9月2日(日)です。
祥月命日から1ヶ月の前倒しとなりました。

日程が、決まったのはいいけど・・・。
おいらは、いつバンコクに戻ったらいいんだ?


スポンサーリンク



7月下旬か8月上旬にバンコクに戻ったとしても、1ヶ月あまりでまた日本に帰って来なくちゃならないし、それなら三回忌が終わるまで日本でそのままかな?


2017年は、
バンコク 1月17日~3月14日
日 本 3月15日~4月27日
バンコク 4月27日~6月22日
日 本 6月22日~7月25日
バンコク 7月26日~ 9月7日
日 本 9月7日~10月13日
バンコク 10月14日~12月11日
こんなスケジュールでした。


2018年は、
バンコク  1月13日~3月13日
日 本 3月13日~5月4日
バンコク 5月4日~7月1日
日 本 7月1日~(9月中旬?)

このまま行くと、
バンコク 9月中旬~11月中旬
日本 11月中旬~12月中旬
バンコク 12月中旬~翌年2月中旬
今後のスケジュールは、こんな感じになる?




昨年の夏はバンコクだったけど、今年の夏は丸々日本かぁ。
日本の夏の暑さに耐えきれるだろうか?

すでに干からびそうだし。(笑)

 

スポンサーリンク

2018年7月18日 (水)

ジュラシックワールド 炎の王国

一昨日のこと。
先輩との昼食のあと、せっかく都心まで出向いたので、ついでに映画を観てきました。

「ハン・ソロ/スターウォーズストーリー」が観たくてね。
映画館に着いて上映時間を確認したら、何とまあ今始まったばかり。

映画の途中入場は嫌だから、あとは次の上映時間を待つか?ですが・・・。

「ジュラシックワールド 炎の王国」が、ちょうどのタイミングだったので、急遽変更です。
「ハンソロ」は、また後日にしましょう。


3201



この日は、祝日だったこともあって、結構な入りでした。
ほぼ満席状態。

ところで、映画館では、みなさんはどの席を選びますか?
一番の特等席は、やっぱりど真ん中でしょうか。
でもおいら、真ん中は選びません。

おいらが選ぶ席は、だいたいが後方の通路側。
飛行機でもそうですが、通路側が好きです。

横に誰かに座られると、それが気になってしまって、映画に集中出来ないのと。
歳のせいか、オシッコが我慢できない時がたまにあるので。(汗)

上映中に席を立つのは、周囲の人に申し訳ないからね。

極力後方の席を選ぶのは、やっぱり映画が観やすいからですね。
「前方の席の方が迫力があっていい!」って方もいるようですが。

一昨日は、上映時間ギリギリだったもんで、後方の通路側席は全部埋まってました。
前方の通路側なら、若干の空きがありましたが、やっぱり前方での映画鑑賞は疲れそうなんで、結局一番後ろの一番端っこの席にしました。

端っこの席って、斜めから観るようになるので多少はみずらいですが、映画が始まってしまったら別に何ともなかったです。
のんびり観るには、端っこの席もいいかも。

まあ、同じ料金なので、わざわざそんな席を選ぶこともないんですけどね。(汗)
超満員で、前方の真ん中か?後方の端っこか?の選択になったら、ここは迷わず後方の端っこで。


スポンサーリンク



で、映画の方ですが・・・。

想像通りのストーリーです。(笑)
クローンの恐竜が人を追いかけまわして大暴れ。
何度も恐竜に食われそうになりながら・・・な展開です。

今作は、クローン恐竜で一儲けをしようとたくらむ悪い奴と、純粋に絶滅寸前の恐竜を助けたいっていう善人の戦いでもあるんですが。

まあ、単純で面白いです。
メッセージ性も多少はあるんですけどね。
そんなのはどうでもいいです。

恐竜が大暴れするのを観ているだけで気分すっきりです。
暑い夏に映画館で涼みながら、ハラハラドキドキを楽しむ娯楽作品です。

それにしても、CGの技術がすごい。
さすがハリウッド映画です。

恐竜の顔が、「ミズオオトカゲに似てるな~」って思いながら観てました。
↓こいつ、絶対に恐竜の名残だよね。

Dsc_60821



映画、最近は機内で観ることが多くなってしまい、映画館に足を運ぶのが少なくなっています。

でも、映画は映画館で観た方がいいですね。
やっぱり迫力が違います。

次は、「ハンソロ」?
いや待てよ、「ミッションインポッシブル」が、もうすぐ上映開始らしい。

どっちにする?
悩むね~。

こんな悩みは、大歓迎です。

そうそう、おいら今度の誕生日が過ぎたら、映画はシニア料金で観られるようになるみたい。
1800円が1100円に。
助かるね~。

「歳は取りたくないもんだ!」
そう思ってたけど、歳を取るのも悪くないかも。

なんてね。(^^)/

 

スポンサーリンク

2018年7月16日 (月)

ついにボケが始まっちゃったの?

今日は、元勤務先の先輩に会ってきました。
一時帰国のたびに会っているので、だいたい3ヶ月に一度くらいの周期でしょうか。

先輩って言っても、御年67歳の大先輩。
会社は違えどいまだに現役で働いていて、仕事が生き甲斐のような御仁です。

会ったところで、別に大した話をするでも無いんですけどね。
お互いの近況報告をするくらいです。

まあ、先輩も今は独り身なので、「ちゃんと生きてるか?」の確認の意味を込めてね。(笑)


スポンサーリンク

 

 

その先輩に会う時には、毎回バンコク土産を持っていくんですが・・・。

実は今日、その土産を持っていくのを忘れてしまいました。
今朝、忘れないようにちゃんと机の上に置いておいたのに、それなのにそれなのに・・・です。

先輩と待ち合わせた駅に到着して、ようやく土産を持っていないことに気が付くという、お粗末極まりない状況でした。(汗)

先輩からは、
「ついにボケが始まっちゃったの?」
「やっぱり働いていないとボケるのも早いね~。」
な~んて、辛辣なお言葉も。(笑)

逆に先輩からお土産を貰うというオチまでついて。↓

Img_20180716_1438531

立場無いですね。(汗)

先輩と会うのは、一時帰国中に一度だけなんですが、今回は、近いうちにもう一度会いに行かなきゃ。

次回会う時に忘れたら大変だあ。
今からカバンに入れておくか。

もし忘れたら・・・。
「ボケ老人確定!」の、お墨付きを貰えそうです。



言い訳を少しだけ。

今日は、祝日の月曜日ですよね。
おいらの暮す街では、毎週月曜日と金曜日が生ゴミの収集日なんですが・・・。

祝日はゴミ収集ってあるの?
出がけに、それを調べてました。

そして祝日でもゴミ収集があるのがわかりました。
ってことで、急遽の
ゴミ集め。

ゴミ袋で3袋になりました。
「どれだけゴミを貯めてるんじゃい!」は、無しね。

出かける時に、ゴミ袋を両手で持ったもんだから、すっかり土産が入った袋のことなんて。(汗)


でも、いくらなんでも待ち合わせの駅に到着するまで気が付かないとは。
これって、やっぱり・・・。(汗)


それにしても、日本のゴミ分別は、あまりに几帳面すぎませんか。
毎回、表を見て確認しないと、どうやって出してしいいのかわからないんだよね。


Img_20180704_1316001

その点、タイはいいよね。
分別なんてほとんど無いし、毎日ゴミを出しても怒られないしね。


バンコク暮らしは、考えることが少ないので、ボケるスピードも速いのだ。
あれ、それって言い訳になってない?(汗)

 

スポンサーリンク

2018年7月14日 (土)

やっぱり複雑だった退職所得控除

先日、60歳から給付を受けられるDB年金(確定給付企業年金)とDC年金(確定拠出年金)の給付方法について悩んでいることを書きました。

その時の記事は、ここ。

年金として毎月安定した収入を得るか?
一時金としてまとまった金を手にするか?
ですね。

受給する金額だけで、決めるのは簡単なこと。
だけど、これが所得税のみならず、住民税や国民健康保険料まで影響するもんだから厄介なんです。

いろいろシミュレーションした結果、今のところは・・・。

DB年金(確定給付企業年金)は、年金で受給。
DC年金(確定拠出年金)は、一時金で受給。
これで行こうかと。

ホントはすべて一時金で受給したいところなんですけどね。
やっぱり来年の住民税と国民健康保険料が恐ろしいんで。

 

スポンサーリンク

 

 



ところで、給付を受けるための手続きなんですが・・・。

ちなみにおいらの場合は、
DB年金(確定給付企業年金)は、元勤務先
DC年金(確定拠出年金)は、移換先(SBIベネフィットシステムズ)
この二つの会社と手続きが必要です。

60歳の誕生月になってもどちらからも何ら連絡が来ないので、元勤務先は後回しにして、DC年金(確定拠出年金)の移換先である、SBIベネフィットシステムズのコールセンターに電話をいれてみました。

それでわかったことは・・・。

「60歳になっても直ちに給付は受けられない」ってこと。(汗)
スムーズに手続きして受給できるのは9月20日だそうです。

実際に60歳になってから、手続きするもんなんですね。
何せ初めてなもんで、気持ちだけ焦ってました。(汗)

「60歳の誕生日を過ぎたらすぐに手続きしたいので」ってことで、書類を送ってもらいました。

Img_20180714_0847262_2

あとは、「裁定請求書」と「退職所得の受給に関する申告書」に記入して、必要書類と共に返信するだけなんですが・・・。

「退職所得の受給に関する申告書」がやっぱり複雑でした。
こんな書類です↓

Img_20180714_1002251

ちゃんと記入見本もあるんですよ↓
Img_20180714_1002552

でも、記入見本を見てもよくわかりません。
所謂「みなし勤続期間」の欄(C欄)の記入方法が。

で、再度コールセンターに電話して聞いては見たものの、コールセンターの人も結局要領を得ず。(汗)
挙句の果てには、「空欄で提出しても良いですよ。」だって。

なんじゃそれ!ですよね。

それじゃ、とりあえず適当に記入して出しちゃいましょうか。
間違ってたら、何か言ってくるでしょ。

それにしても、普通に読んで理解できない書類って・・・。

おいらがバカなのかなあ?(汗)



元勤務先(DB年金)の方は、退職した時の書類をひっぱり出してみました。

Img_20180714_0810592

そこには、年金支給開始年齢に達した時の手続きについて、ちゃんと書かれていました。


年金で受給する場合
1.年金裁定請求書
2.生年月日に関する市(区)町村長の証明書(住民票の写し等)または戸籍抄本
3.印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)

一時金で受給する場合は、以下の書類も添付してください
1.退職所得の受給に関する申告書(最寄の税務署にてお取り寄せください)
2.退職所得の源泉徴収票(過去に事業主等から退職金を受けた際に交付された源泉徴収票


DB年金も一時金で受給する場合は、「退職所得の受給に関する申告書」を税務署で貰ってくるみたいだね。

DB年金(確定給付企業年金)は、今のところ年金で受給する予定だけど、退職所得控除の件、税務署で一度聞いてくるかな?


なんかモヤモヤしてるんで。

 

スポンサーリンク

2018年7月12日 (木)

昼飯ローテーション(4)

日本に戻ってすでに10日も経っていますが・・・。

今日の記事は、バンコク暮らしの「昼飯ローテーション第4弾」です。
すっかりアップするのを忘れていましたので悪しからず。

第3弾までで、6月17日までの分をアップしたので、今回は6月18日(月)~7月1日(日)までの14日分です。

昼飯ローテーション(3)
昼飯ローテーション(2)
昼飯ローテーション(1)

バンコクでどんな物を食べてるの?
タイ料理ばかりで飽きないの?

そんな質問に対するアンサー記事としてお読みいただければ幸いです。



スポンサーリンク

 

 




6月18日(月)
自宅にて、パスタ

Img_20180618_1519471

日本からのレトルト食品を消費しました。
イザという時のために、カレーやらスパゲティやらのレトルト食品を持ち込んでいます。
でもあまり食べないので、消費期限が・・・。
料理をしないおいらでも、これなら作れます。




6月19日(火)
自宅にて昨晩の残り物

Img_20180619_1351171

二日続けて自宅での昼食となりました。
前日に友人が持ってきたんだけど、その時に食べなかったので、その残り物です。
捨てるには勿体ないので、レンジでチンしていただきました。
ブタバラ肉ですね。
これはこれで美味しいです。




6月20日(水)
最寄駅:BRTワットダーン駅
ローカル食堂にてガオラオとライス

Img_20180620_1242141

この店、メニューがこれしかありません↓
Img_20180620_1241521

上から
ファイマイ 220-270バーツ
ガオラオ 90-110バーツ
クイッティアオ 60-90バーツ
値段はちょっと高めだけど、昼時は近くのオフィスに努める人たちで超満員になる店です。
ここは、昼飯のローテーションに入りましょう。
「ワットダーンのガオラオの店」と命名します。



6月21日(木)
自宅にて、インスタントラーメン

Img_20180621_1400371

この週は自宅で食べる回数が多かったですね。
外食に飽きたわけではありませんよ。
昼時に雨が降ったりすると、ついメンドクサくなったりしてね。(汗)
なので、いくら自炊をしないって言っても、常備食は必須です。



6月22日(金)
最寄駅:BRTサパーンプララーム3
Asia Tique 近くの食堂にて、ぶっかけ飯

Img_20180622_1447331_2

BRT散歩で、Asia Tiqueまで行った時に食べた昼飯です。
牛肉カレーですね。
見た目通りの味です、はい。



6月23日(土)
自宅にて、エビ入りパッタイ

Img_20180626_1922181_2

近くの屋台で買ってきたものを自宅で食べました。
この日も外出したはいいけど、雲行きが怪しかったんだと思う。
普段は屋台で食べるんですが、持ち帰りです。
同じパッタイでも家で食べるよりも、屋台で食べる方が数倍旨く感じるのはなぜだろうか?



6月24日(日)
最寄駅:BRTラーチャプルーク
「TheMall」のフードコートにて、バミーペッ(アヒル)

Img_20180624_1419391

皿の絵柄で、どこのフードコートかバレバレですね。(汗)
ここのフードコートは、昼飯ローテーションにはすでに欠かせない存在に。
街歩きとフードコートは、いつもセットです。
タラートプルーに散策に行った時は、ここのフードコートに立ち寄ることが多いです。




6月25日(月)
最寄駅:BTSチョンノンシー
駅近くの食堂にて、カオマンガイ

Img_20180625_1338203

カオマンガイ、いつでもどこでも安定した旨さです。
たま~に食べたくなりますよね。
昼飯では、確実にローテーション入りです。



6月26日(火)
最寄駅:BRTチャルンラート
「Tree on 3」のフードコートにて、パッシーウ

Img_20180626_1350251

ここのフードコートも、しっかりローテーション入りしています。
パッシーウは久しぶりに食べたような。
フードコートは、選択肢がたくさんあって、やっぱりいいよね。



6月27日(水)
最寄駅:BRTワットダーン
「ワットダーンのガオラオの店」にて、クイッティアオ

Img_20180627_1321281

今回はガオラオではなく、クイッティアオにしてみました。
スープはガオラオと同じ茶色いナムトック。
クイッティアオだけだと、量が少ないので、ご飯も頼んじゃいました。
このスープにライス、合うんだな~、これが。



6月28日(木)
最寄駅:BRTナララーム3
テスコロータスのフードコートにて、ぶっかけ飯

Img_20180628_1211561

テスコロータスのフードコートも、すっかり昼食ローテーション入りです。
野菜を欲している時は、ぶっかけ飯がいいよね。
2種類のおかずを乗せて50バーツで食べられるんだから、自炊なんてしてられません。(汗)




6月29日(金)
最寄駅:BRTワットダーン
「SVcity」のフードコートにて、クイッジャップ

Img_20180629_1316561

ここのフードコートも、今ではすっかり昼飯ローテーション入り。
珍しくクイッジャップを食べてみました。
って、ホントは「クイッティアオ」って、オーダーしたんだけどね。
クイッジャップが出てきました。(汗)
おいらのタイ語、まだまだです。
でも、久しぶりに食べたクイッジャップ、これはこれで旨いです。



6月30日(土)
自宅にて、セブンイレブンで買ってきました

Img_20180630_1312351

一時帰国前日だったので、荷物整理とかしてたもんで、外出しませんでした。
おいらの住むコンドー、セブンイレブンが入っているので、これが便利なんですよね~。




7月1日(日)
スワンナプーム空港のフードコートにて、ジョーク(お粥)

Img_20180701_0644202

昼飯じゃなくて朝飯です。
これが、2018年第2回バンコク暮らしにおける、バンコクでの最後の食事となりました。
やっぱり、朝飯はお粥が旨い!





以上で、2018年第2回バンコク暮らしの、おいらの昼飯紹介はお終いです。


自炊ができない独り身オヤジのバンコク暮らし。
さぞ食費が嵩むと思いきや、おそらく昼飯の1食平均は60~70バーツ(200円~250円)くらいです。
日本だったら、おにぎりかサンドイッチくらいしか食べられ無いでしょ。

バンコクでは、こんなバリエーションのある食事ができるんですよ~。
食事の選択肢が、たくさんあってありがたいです。

だからバンコク暮らしは、止められません。
って、それは少しばかり強引すぎますね。(汗)

 

スポンサーリンク

2018年7月10日 (火)

悩ましい選択~年金か?一時金か?~

おいら、今月中に60歳を迎えます。
ついに還暦です。(汗)

60歳は、本来であれば定年退職となるはずでしたが、一足お先に会社をオサラバしちゃっているので、何ら感慨はありません。

「歳をとったな~、よくここまで生きられたもんだ!」
こんな程度ですかね。

最近は65歳まで働くのが当たり前になってしまったようで、おいらの同僚達は、まだ現役を続ける人が多くて、働く機会が確保されれば、ず~っと働き続けるのかな?

60歳は、もう一区切りの年齢ではなくなってきているのでしょうか。


スポンサーリンク

 

 

おいら、60歳を迎えるにあたって、楽しみがひとつあります。

会社を辞めてから無職生活を3年半続けていますが、生活費は貯金を切り崩しています。
それを可能にしたのは、60歳になれば「DB年金(確定給付企業年金)」と「DC年金(確定拠出年金)」が、受給できるようになるからなんです。

「60歳まで生き延びれば、あとは何とかなる!」
3年半前の退職時は、そんな心境だったでしょうか。(笑)
その後も、63歳からは老齢厚生年金、65歳からは基礎年金が、受給できるはずだしね。

って、いかにも悠々自適な暮らしが待っているかのような書きぶりですね。(汗)
計算上では、今の日本とバンコクの二重生活をなんとか維持できる程度です。(大汗)

年金額が大幅に減らされなければの話ですが・・・。



そんなわけで、今回の日本への一時帰国の最大のミッションは、「DB年金(確定給付企業年金)」と「DC年金(確定拠出年金)」の裁定請求を滞りなく終わらせることなのです。

それにはまず、どんな形態で受給するかを決めなければなりません。

選択肢は・・・。

DB年金(確定給付企業年金)の場合
1.一時金として全額受給
2.年金として15年間受給
3.一時金と年金の併用

DC年金(確定拠出年金)の場合
1.一時金として全額受給
2.年金として 5年間 10年間 15年間 20年間 のいずれかで受給

ここで判断に大きく影響を及ぼすのが税金。

一時金として受給すると、退職控除が使えるのでお得感がありますが、中々すんなりとは決められない事情が。

今、損得勘定を計算中なんですが、いろいろな問題が複雑に絡み合っていて・・・。



まず頭を悩ませているのが、退職所得控除額の算出です。
一般的には、勤続年数で簡単に算出できますね。


勤続年数2年以下の場合 80万円
勤続年数2年を超え20年以下の場合 40万円×勤続年数
勤続年数20年を超える場合 800万円+70万円×(勤続年数ー20年)

おいらの場合は、勤続38年なので2060万円が退職所得控除額です。

ただ・・・。

おいら、3年半前に退職した時にすでに、別に退職一時金を受け取っています。
その時は、退職控除額以内の金額だったので無税でした。

今回受給予定のDB年金(確定給付企業年金)とDC年金(確定拠出年金)を一時金として受給すると、退職控除額はいったいいくらなの?ってこと。

で、調べましたよ。
なんかメンドクサイ計算が必要なようです。
おいらが該当するのが、これ↓


前年以前14年以内に支払いを受けた退職手当等について退職所得控除額に満たなかった時は、その14年内の退職手当等の収入金額に応じ、その14年内の退職手当等についての勤続期間の初日から次の算式によって計算した数(小数点以下の端数切捨て)に相当する年数が経過する日までの期間を勤続年数とみなします。

算式
14年内の退職手当等の収入金額
800万円以下の場合 その収入金額÷40万円
800万円を超える場合 (その収入金額ー800万円)÷70万円+20

はいはい、まずはこれを計算ね。
結果、おいらのみなし勤続年数は22年とでました。


それをどうするのさ?


確定拠出年金資産(移行した資産分含む)のもととなる勤続期間(確定拠出年金掛金の拠出期間)(1年未満切り上げ)と、みなし勤続年数との重複期間を・・・。


わ~っ、めんどくせい!!!
こうやって、わざとメンドクサクして、個人で計算させにくくさせて、税金を毟り取ろうとしているわけね。


いろいろ調べて、なんとか計算してみると、おいらの受給総額は退職控除額をオーバーします。

こうなると所得税だけで損得を考えちゃダメなんですよね。
収入は住民税や国民健康保険料にも影響しますから、そちらにも目を向ける必要があります。


であれば、年金との併用も考えねば。

一時金でいくらもらって、年金としていくらもらうか?
その判断は一筋縄ではいきません。

受給できるのは嬉しいんだけど、ここまで悩ましいとは・・・。

 

スポンサーリンク

2018年7月 8日 (日)

2018年、第2回バンコク暮らしの総括

2018年第2回目のバンコク暮らしの総括です。

日  程 2018年5月4日~2018年7月1日の59日間
総支出 39,786バーツ(一日平均 674バーツ)
(※注 支出には、家賃、水道光熱費、通信費(部屋・スマホ)の固定費は含んでおりません。これらの固定費は、毎月2万バーツです。)

昨年の年間を通しては、一日平均で 429バーツ
2018年第1回バンコク暮らしの一日平均は 478バーツ

2018年、第1回バンコク暮らしの総括は、ここ。

過去と比較すると、今回のバンコク暮らしは大幅に支出が増えてしまいました。
増えた要因は大方予想がついていますが・・・。


スポンサーリンク

 

 



まずは、食費から。
食費は 22,939バーツ(一日平均 388バーツ)でした。

昨年の年間を通しての食費は、一日平均250バーツ。
2018年第1回目バンコク暮らしの食費は、一日平均 315バーツ。
今回は、かなり増えましたね。

朝飯と昼飯は過去と比べても大きな違いはないはずです。
朝は自宅でパンとコーヒー。
昼飯は、フードコートか屋台。
なので、大きく変わりようがありません。

ならば、夕飯か?
食費の大口分を確認してみましょう。



第1位 2,700バーツ
オートーコー市場で購入したドリアンでした。


ブログ記事にもしましたね。
その時の記事は、ここ。

あの超高級ドリアンが、まさかの第1位。
夕食じゃありませんでしたね。(汗)



第2位 1,988バーツ
二人分の食費です。

ラマ3通りの Tree on 3 と言うショッピングセンター内の焼き肉屋で、食べ放題を友人と共に。

Img_20180616_1908181

引っ越し祝いだったので、ちょっと奮発してしまいました。



第3位 920バーツ
二人分の食費です。
ラマ3通り沿いのシーフードレストラン「バーンクランナム2」で夕食代です。

帰国前夜の食事のことは記事にしました。
その時の記事は、ここ。

その時は友人の奢りだったので、今回の出費には関係ありませんが、それまでに数回行っているので、それがランクインです。



以上が食費が多くかかったベストスリー。

サパーンクワイよりも引っ越し先のラマ3通り沿いの方が、おいらの大好きなシーフードの店が多いので、どうしても食費が嵩んでしまいます。

それでは、食費以外はどうでしょうか。
食費以外の支出は、16,847バーツ(一日平均 286バーツ)でした。

昨年の年間を通しての食費以外の支出は 179バーツ。
2018年第1回バンコク暮らしの食費以外の支出は 162バーツ。

食費以外の支出も、かなり増えましたね。

これも原因ははっきりしています。
それは、引っ越ししたからです。


引っ越しをすると、いろいろと新しい物が欲しくなって・・・。(汗)

イケアでの買物、9,631バーツが大きかったようです。

その時の記事は、ここ

イケア以外でも新規に細々としたものを揃えたので、支出増は仕方ないですね。
なんだかんだ、引っ越しは、お金がかかります。

今回のバンコク暮らし。

日本からバンコクへの移動では腰痛に苦しめられ、どうなる事やらと不安だらけのスタートでしたが、数日で腰痛も気にならなくなりました。

なんだったんだろう?あの腰痛は。
バンコクで暮らせば、体調も良くなるようです。(笑)

いつもながらの事ですが、健康でいられることが一番ですね。
幸いにしてバンコクでは病院にかかるほどの病気をしたことも無く、毎回快適に暮らしていらることに感謝です。

次回、第3回目のバンコク暮らしの日程はまだ決めていませんが、日本での野暮用を終えたら、再びバンコクに戻ります。

 

スポンサーリンク

2018年7月 6日 (金)

バンコクでのクレジットカード決済

おいら、日本ではクレジットカードを多用しています。
数百円の購入でも、クレジットカードが使える店なら、ほとんどカード決済です。

マイルを貯めていることもあるんですが、とにかくカード一枚で買物が出来るので、便利この上ないです。

でも、バンコクではいつも現金決済。
クレジットカードが使える店もたくさんありますが、カードを使うのをつい躊躇してしまいます。

やっぱりスキミングとかが怖いんですよね。

それと、日本円の換算レートが良くわからないこと。
決済日のレートによるので、その時点では金額が明確じゃないんですよね。

急激に円安になったりしたら目も当たられませんから。


 

スポンサーリンク

 



それでも、先般のバンコク暮らしでは、2度ほどクレジットカードで買い物をしました。

1度目はイケアでの買い物の時です。
財布を紛失したと思って焦りまくった時ですね。(汗)

その時の記事は、ここ。

財布にあまりお金が入っていなくて、クレジットカードで決済しました。
9,631バーツ分です。

どんなレートで決済されるんだろうか?
金額が確認できるまで不安です。

で、数日後に金額が確認できて、33,672円で決済されていました。
レートにすると、0.286でした。


2度目のクレジットカードの利用は、大阪王将での昼飯代です。
お会計は、546バーツ。
これくらいなら、現金を持ち合わせていましたが、敢えてクレジットカード決済にしました。

JCBカードで決済すれば、10%?15%?、割引があるって書いてあったから、その誘惑に負けてですね。(汗)
それと「日本企業なので、クレジットカードを使っても大丈夫だろう。」です。

で、数日後に金額が確認できて、1,913円で決済されました。
レートにすると、0.2854でした。




高レートの両替所でも0.29前後だったと思うので、そんなにレートを気にする必要はないのかな?
ポイントも貯まるし、これからバンコクでもクレジットカードを多用しようかな?

もちろん店は選びますけどね。
やっぱりスキミングは怖いからね。

それともスキミングって、今はあまり気にする必要は無いの?
クレジットカードの安全対策が、未だに良くわからないや。


 

スポンサーリンク

2018年7月 2日 (月)

日本に戻りました

約2ヶ月間のバンコク暮らしを終え、昨日の夕刻に日本に戻って参りました。

エアラインは、JAL032便(スワンナプーム空港;9時45分発  羽田空港;18時55分着)一切のトラブルも無く快適な空の旅でした。

相変わらずの映画三昧でしたけどね。
機内の観た映画は・・・。


1本目は、これ↓

Img_20180701_1513421

「トレインミッション」
有り得ないだろう状況に、途中でちょっとウトウトしてしまいました。(汗)
おいらの映画の良し悪しの基準は、最後まで飽きずに見ていらるか?なんですが、この映画は・・・。(汗)
もう一度しっかり観れば評価は変わるかも。


2本目は、これ↓

Img_20180701_1513521

「15時17分、パリ行き」
トレイン物2連ちゃんです。
先日日本で起こった新幹線内での事件を思い出してしまいます。
実話の映画化ですから、話は淡々と進みますが、おいらがテロに遭遇したら・・・。
やっぱりすぐに逃げちゃうかな?
勇敢には戦えないと思う。


3本目は、これ↓

Img_20180701_1514091_2

「オリエント急行殺人事件」
トレイン物3連ちゃん!あはっ!
ご存知、アガサクリスティーの名作の映画化ですね。
って、どんなミステリーだっけ?

はっきりと記憶していなかったんですが、鑑賞途中で思い出しました。
確か、日本のドラマでもリメイクしてなかったかな?
筋書きがわかっていても、俳優・女優陣が豪華だったので、見応えがありました。


そんなわけで、今回の帰国便では、映画を3本も観てしまいました。
往路便では3本はありですが、帰路便では珍しいかも。

どれもそんなに長い映画じゃなかったのが幸いしましたね。
あっという間に羽田空港に到着です。


あ~、楽しかった。



スポンサーリンク

 



そうそう、一時帰国前夜の食事のことも書いておかねば。

夕食をどこで食べたのか?
前回の記事で、4っつの店を候補にあげていましたからね。


最終的に選んだのは、ここ↓

Img_20180630_1838301


4っつの店の中で一番豪華な、BRTワットパリワート駅にほど近いシーフードの店、「Baan Khlag Nam 2」(バーン クラン ナム2)にしました。


友人が最後だから、ご馳走してあげるって。
優しいね~。
そして食べたのが、4品。

Img_20180630_1848331

これは、何ていう料理?
初めて食べました。
友人と一緒にご飯を食べに行くと、初めて食べるものも多いので、それもまた楽しです。
味もなかなかいけました。



Img_20180630_1901131

野菜(何て野菜かは、知りません)。
想像通りの味です。(笑)



Img_20180630_1850481

大ぶりのエビ5匹。
お互い2匹食べたところで、残すは1匹。
友人、おいらに譲ってくれたので、ありがたく頂きました。
これで、650バーツもするんですよ。
こんな日じゃないと食べられません。




Img_20180630_1911121

スズキですね。
これもまた600バーツ。
サパーンクワイだったら、300バーツで食べられるのに。(汗)
でも、やっぱり旨いね。


友人と二人だけだったので、これだけで腹パンです。
満足満足な最後の夕食でした。


〆て1622バーツ。
うわっ、高っ!

友人には、申し訳ないことしちゃったかな。
今度は、おいらが奢る番だね。





さて、今度は日本での暮らしがスタートです。

今回の日本滞在では、やらなきゃいけない事が盛りだくさん。
ひと段落つくまでは、バンコクには戻れそうにありません。

いつになることやら。

それにしても、日本は暑いね~。

 

スポンサーリンク

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30