« 祭りのあと | トップページ | 「早朝トレーニング宣言」発令! »

2017年11月 7日 (火)

ロケ地を訪ねてシロッコへ

おいら意外とミーハーなところがあって・・・。
好きな映画やドラマに感化されると、ついその撮影現場に行って見たくなります。

古くは「北の国から」というテレビドラマ。
おいらが北海道好きになった原点のドラマです。
子供の頃にこのドラマを見て、それから何十回北海道を旅行したものか。
ドラマの舞台の富良野に留まらず北海道のあらゆる所を旅したなあ。
今まで北海道を旅するのにどれだけカネを使ったか・・・。
罪作りなドラマです。(笑)


おいらをラスベガス好きにした映画もあります。
それは「オーシャンズ11」。
ジョージクルーニー率いる11人がベラッジオ(ホテル)の金庫から大金を盗み出す大がかりな仕掛けにワクワクしたっけ。
ストーリーも面白いんだけど、舞台となったラスベガスの煌びやかさに眼を奪われた。
それで結局4回もラスベガスへ行く羽目に。
もちろん映画の舞台になったベラッジオにも泊ったし、ブラッドピット気取りで噴水を眺めたっけ。
旅行代金がバカにならない、これまた罪作りな映画です。(笑)

ラスベガスと言えば、お気に入りの映画がもう1本。
忘れちゃならない「ハングオーバー」。
この映画を見てラスベガスに行きたくなったわけでは無いんだけど、「ラスベガス好きに拍車をかけられた映画」って言った方がいいかも。
「ハングオーバー」をモチーフにしたスロットマシンが有って、それが面白くてずっと回してたっけ。
スロットマシンに散財させられ、この映画は大罪です。(笑)

タイを舞台にした映画に感化されて、訪ねた場所もあります。
その映画は、レオナルドデカプリオの「ザ・ビーチ」。
訪れた場所は、もちろんピピ島。↓

P1210006

それと「007 黄金銃を持つ男」の舞台になったバンガー湾にも行ったっけ。↓
P4070153

映画の舞台が目の前に・・・。
あのシーン、このシーンを、いろいろ思い起こさせてくれます。

だからロケ地巡りは、やめられない。

スポンサーリンク



そんな映画好きロケ地好きのおいらが、バンコクをロケ地としながら未だ行ったことが無い場所がありました。

それは、ここ↓

Dsc_6454

「ハングオーバー2」のロケ地となった、シロッコのスカイバーです。

映画冒頭、三人の途方に暮れた姿が印象的なこのシーン。↓

Yjimage2

ここ行って見たかったんだよね~。

バンコクに暮らしていながら、中々行く機会が無かった。
理由は、ドリンクの値段が高いって聞いてたから。

だって、ジュース1杯頼んんだだけで、500バーツは取られるらしいよ。
それがワインやカクテルなんて頼んだ日には・・・。
そりゃ躊躇するわな。

でも・・・。
やっぱり1度は行ってみたい!
そんな思いを捨てきれず、ついに足を踏み入れてしまいました。

有りましたよ、彼ら三人が途方に暮れて腰かけていた階段が。↓

Dsc_6486

残念ながら、同じポーズで写真は摂れず。(悲)
立ち止まって写真を撮ろうとしたら、ガードマンにやんわり注意されてしまいました。

このドームも印象的ですね。

Dsc_6484

もちろんバンコクの夜景は素晴らしかった。
23031445_10208460047653861_87852440

Dsc_6477

だけど・・・。
やっぱり値段がね~。


Dsc_6472

おいらが頼んだのは、「Sky Punch」ってソフトドリンクで、550バーツ(約1700円)

1杯のジュースで、昼飯10回も食べられるじゃないか!
映画のロケ地を訪ね歩くのもカネがかかるってことで。(笑)




今回、ここに来たいきさつは・・・。

友人の誕生日だったから。
いつもお世話になってるので、食事でもご馳走しようと思ってね。

おいらのたっての希望で、ようやくここに来ることが出来ました。
でも食事をすると目ん玉が飛び出るような金額になるので、ここではドリンクのみで我慢してもらいました。(汗)

友人がオーダーしたのは、ジントニック1杯だけ。
金額は850バーツ(約2600円)

二人合わせて、1400バーツにサービス料と税金が加わって1648バーツ(約5000円)でした。

そして食事は・・・。
タニヤの牛角へ。


Dsc_6499

たらふく食って飲んで、1818バーツ(約5500円)。

あれ?シロッコのドリンク2杯分と、そう変わらないや。

さあ、みなさんならどうする?
一度はかの有名なシロッコに行って見るか?
それとも焼き肉を食べまくるか?

さあ、どっち。


 

 

スポンサーリンク

« 祭りのあと | トップページ | 「早朝トレーニング宣言」発令! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

バンコク暮らし」カテゴリの記事

コメント

>セントレアさん
こんにちは。
シロッコ、メニューを見ただけで、帰りたくなりますね。(笑)
私は元々酒も飲めないので、滅多にこういう所には行かないんですが、とりあえずロケ地探訪ってことで。
服装は短パンの人はエレベータ乗り場でチェックされて断られていました。


バンラック地区、私もシーロムを根城にしていた頃は頻繁に行ってたんですけどねえ~。
屋台や食堂も多く活気がありますよね。
そう言えば、ロビンソンデパートが火災になった時も間近で見ていました。
最近は用事が無いので、行かなくなってしまいました。
そもそもサパーンタクシンから船で観光することが激減です。
久しぶりにのんびり歩いてみましょうか。

こんにちは、
ルブアホテルのシロッコは何をオーダーしても値段が高いので、一度しか行ったことがありません。
一応ドレスコードもあるみたいですね!
シーロムのバンコク銀行本店の横のユナイテッドセンターにあったCLOUD47というスカイバーは、夜景はシロッコより少しだけ劣りますが、雰囲気も良くて値段も安かったので5・6回行ったことがあります。
昨年くらいにCLOUD47は閉店したらしいですが・・・。

知人(タイ人)がシーロムに住んでいてタクシーですぐなので、タイ滞在中はルブアホテルのあるバンラックに毎日行きます。
食料品の買い出しやMKに行く時は、バンラックのロビンソンデパートの地下にあTOPSやMKに行くし、以前コメントした姪に頼まれたお土産(ペタンコの靴)もバンラックの路地裏で買いました。
昼間のバンラックも面白いので、健康のためのウオーキングでぜひ訪れてください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロケ地を訪ねてシロッコへ:

« 祭りのあと | トップページ | 「早朝トレーニング宣言」発令! »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30