« 大阪のおばちゃん達とのデート | トップページ | 心が折れそうになると・・・。 »

2017年11月17日 (金)

もうひとつ命の火が消えようとしている

昨年の12月5日に、父方の従兄が67歳で逝った。
すい臓がんだった。

その時の記事はここ。

癌が見つかってから1年も持たずに逝ってしまった。
学生時代はアメフトをやっていたりして、いかにも屈強な男だったのに・・・。

その従兄が亡くなったすぐ後、たしか今年の初め頃だったと思う。
その弟が会社の健康診断で肺に異変が見つかり、病院で検査したところ肺がんとの診断を受けたと聞いた。

お兄さんの方が亡くなったばかりなのに、今度は弟か・・・。
お兄さんと弟は一つ違いの兄弟なので、弟も今年で67歳のはず。

何の因果だろうか?
あまりの話に耳を疑った。

でも、まだ初期段階の肺がんなので手術すれば治るらしいと聞いて、ちょっと安心した。

そして手術。
そして成功。

それなのに・・・。

スポンサーリンク

先日、おいらの兄から連絡があった。
もう長くはないらしいと・・・。

えっ、どういうこと?
手術して良くなったんじゃないの?
どうして?
何があったの?

おいら、突然の話にすぐに事態が呑み込めない。
冷静になっていろいろ話を聞くと、肺がんが再発し、ここに来て容態がかなり悪化しているんだとか。

早ければ今日明日にも・・・。
そんな状態らしい。

おいら、この従兄とは子供の頃は遊んでもらったんだけど、それからはずっと会うことは無かった。
それが、昨年の10月の母の葬儀で久しぶりに会った。

何十年ぶりだったかな。
懐かしくもあり、照れ臭くもあり、そんな再会でした。
見た目はすっかり爺さんになっていましたけどね。
おいらも他人事じゃないんですが。(汗)

その時はすごく元気だったんだけどな~。
それから、わずか1年くらいで、こんなことになろうとは・・・。

会社の健康診断での癌の疑いから、たった1年も生きられないなんて。
あとは奇跡を願うしかない。



おいら、会社を少し早く辞めてバンコクと日本の二重生活を始めたのは、自分の人生を後悔したくなかったからが理由のひとつ。

でも、もし明日癌が発見されたら・・・。
やっぱりまだ後悔だらけだと思う。

それと・・・。
果たして冷静でいられるだろうか?
自分の余命を宣告されたら、どう気持ちの整理をつけたらいいんだろうか?

おいら、人生は達観しているつもりだったけど・・・。


もう少し生きたい!

やっぱり悪あがきしそうな気もする。

いつになったら「人生とさよならしてもいいや!」って、思えるようになるんだろう?
健康なうちは、そうはならないよね、そんな気がする。
80歳を超えればそうでも無いのかな?

おいらの母は、昨年83歳で亡くなったけど、晩年は「もういつ死んでもいい。」って言ってた。
でも本心はどうだったんだろう?
良くわからないや。

痛みや、苦しみが無かったり、衰えを感じることが無かったら、きっと「いつまでも生きていたい!」って思うような気もするし。

人の生き死にを目の当たりすると、いつも余計なことを考えてしまう。
答えなんかないのにね。

きっと、いろいろ考えることが気持ちの整理に繋がっているんだと思う。
おいらの従兄、あと何日生きられるかわからないけど、今は一生懸命に生を全うしようとしているのは間違いない。

苦しんでいなければ、いいんだけど・・・。
願いはそれだけ。

バンコクにいると、彼の家族に寄り沿うことすら出来ない。
少し罪悪感。


追記
このブログをアップして、すぐに兄から連絡が入りました。
ここで書いた従兄が、ちょうど今亡くなりました。

なんてタイミングだ。
彼がおいらに、この記事を書かせたようにしか思えません。

合掌

 

 

スポンサーリンク

« 大阪のおばちゃん達とのデート | トップページ | 心が折れそうになると・・・。 »

バンコク暮らし」カテゴリの記事

人生について」カテゴリの記事

コメント

>ヤスさん
まずは、お母様の奇跡的な回復を、お慶び申し上げます。
お母様、頑張っておられますね。


正直に言って「ブログにこんなプライベートなことを書いてどうなの?」って、いつも思っています。
でも、みなさんからの共感や叱咤激励をいただくことで、それが励みになりブログを続けれているわけです。
だから、止め時が難しいです。(笑)


「やることやったし人生にもう飽きたわ!」
そんな心境になるまでは、生きていたいんですけどね。
果たしてどうなりますか?
それも「自分のお楽しみ」ってことで。(笑)


来月のバンコク旅行、楽しみですね。(^^♪


oininさん、サムライさんのコメント見て、私が考えてることをお二人も考えているんだな。。ブログって心の叫びみたいのものを発信できるところが良いところだと思います。こんなことは、会社や同僚に真剣に問いかけませんしね。私は67歳は早いとは思いません。。自分はこれから一年一年生きているのがラッキーと思いながら生きたいと思ってます。先日健康診断に行きました。。オプションで肺のctスキャンと大腸内視鏡検査までしました、何よりも早期発見、ここまでして癌が見つかったら、しゃーないと諦めるようにしてます。
余談ですけど、母親が奇跡的に回復しました。。まだ余談は許しませんが。。ホント寿命ってわからないです。
これで安心して来月バンコクに行けそうです。タイ料理満喫とアパート探しに闊歩したいと思います。^^ 

>サムライコボリさん
「手術は成功した」までしか聞いていなかったので、急な展開に驚いてしまいました。
1年前は元気だったんですけどね~。
ホント、寿命なんかわからないです。
とにかく生きてるうちにやりたい事は、すべてやった方がいいですね。
後悔しないためにもね。

67歳とは早すぎますね。みんなが平均年齢まで健康ということはありませんよね。
私も40歳後半~50歳を過ぎた頃にはよく自問自答していましたが、
何の為に生きているのか、何の為に働いているのか?と、、、、多くの人は働き続けなくてはならないのが現状なのは分かっていますがそういう人生で良いのかと。
oininさんの言うように本能の赴くままに無職生活を楽しむことも大事だと思います。(将来の金銭問題をクリアーしたなら尚更です)
人の死や病気などを身近に感じると特に考えさせられます。
現在50歳半ばなのでこれからは、出来るだけいろいろなことに縛られずに自由に暮らしていきたいと思っています。

>セントレアさん
こんばんは。
どうも父方の家系の特に男どもは、寿命が短いようです。
その系統をついでる私も早死にの可能性大です。
悔いなく生きなきゃ、、、です。

こんばんは、
従弟様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
平均寿命が80歳なので、67歳は早過ぎますね!
心からご冥福をお祈りいたします 。 合掌

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつ命の火が消えようとしている:

« 大阪のおばちゃん達とのデート | トップページ | 心が折れそうになると・・・。 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30