« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の16件の記事

2017年8月31日 (木)

チャトチャックの不思議

毎週末になると大賑わいのチャトチャックウィークエンドマーケット。

Dsc_4807

ここはおいらの住むアパートから近いので、いつも散歩してる場所。
週末のみならず平日にもね。

そこでいつも疑問に感じてるのが・・・。

「なんで週末だけしか開催しないの?」ってこと。
「毎日開催すればいいのに・・・。」って、いつも思う。

昼は駐車場、夜はマーケットみたいな二通りに利用価値があるなら、限定開催もわかるんだけど。

ここはブースがはっきりしている常設店舗だからね。
週末限定にしている意味がわからない。

まあ敢えて肯定的に捉えるなら「限定によるプレミアム感!」ってとこでしょうか。




週末のウィークエンドマーケットは人、人、人
Dsc_4801

それに引き換え平日ときたら・・・。
Dsc_4999
シ~ン。
犬が死んだように寝れるほどの静かさです。

完全なシャッター通りになってて勿体ない。
集客力のあるマーケットなんだから余計にそう感じてしまう。


スポンサーリンク

 



それでも平日のここ。
まったく利用されていないわけでは無く、一応二通りの使い道にはなっています。

水曜と木曜は植木市が開催されていますから。
外周だけだけどね。

Dsc_6148

色とりどりの草木が目を楽しませてくれます。
でも観光客はほとんどいません。
そりゃそうだよね。
植木なんて買っても持ち帰れないからね。
だから賑やかさは週末の比じゃありません。

おいら、ここでもまた疑問が・・・。

この植木市、毎週2日間のためだけに、商品を準備する必要があるわけで・・・。
毎週火曜日か水曜日に植木を車で運んできて並べる。
そして木曜日に売れ残った植木を片付けて車に積んで持ち帰る。

この繰り返し。
常設店舗じゃないので、こればかりはしょうがない。

それでも植木や草花の小さいものなら、そんなに大変ではないかもだけど。

こんなのはね~。↓

Dsc_6152

植木と言うより樹木です。
こんなのをたった2日間のために、持ってくるなんて大変だろうな。
それでも売れればいいけど、売れなきゃ持ち帰りだからね。

持ち運ぶ苦労の割に、そんなに売れないんじゃないかと。
そんな心配までしてしまう。

こんな大木まで商品です。↓

Dsc_6154

こんなの買う人いるんだろうか?
櫓まで組むんだから展示するだけでも大変。

よっぽど安くて評判なら、わざわざ買いに来る価値はあるんだろうけど・・・。
どうなんだろうね。




チャトチャックウィークエンドマーケット。
平日も上手く活用しているようには見えるけど、実態は厳しいんじゃないかな?

平日も常設店舗をオープンさせれば、観光客もそれなりに来るだろうし、相乗効果で植木市も賑わうと思うんだけどなあ。

こんなの簡単に考え付くことだよね。

それが出来ないのはなぜか・・・。
何か利権が絡んでる?

華やかさの裏に暗躍するフィクサー!
そうだきっとそうに違いない!

な~んてことを勝手に想像しながら、毎日の散歩を楽しんでいるのでした。
あはっ!


スポンサーリンク

2017年8月29日 (火)

傾いたり崩れたり~デザインビルが面白い~

今月の中頃だったでしょうか?
「バンコクで建設中のビルが傾いていて倒れそうだ!」と話題になったのは。
作業中の作業員も一部非難する騒ぎにもなったとかで、日本のテレビニュースでも取り上げられたみたい。

そんな話を聞いたら建築家の端くれとしては見に行かないわけに行かないしょっ!
ってことで、だいぶ時間がたってしまいましたが、昨日その現場に行って来ました。

その建設中のビルは、BTSプルンチット駅のすぐ脇にありました。

まずはビルの左側から。

Dsc_6132
あれ?
別に傾いているようには見えない。

ビルの右側に回ってみましょう。

Dsc_6134
こちら側からも、傾いては見えないよね。

それじゃあ駅の反対側に行って正面から見てみましょう。

Dsc_6146

あはっ!傾いてる!

ちなみに完成予想図は、こんな感じ。
2ff958a1fff8219979c0d11c16268c25_tb

微妙に左右非対称。
構造計算、本当に大丈夫?


スポンサーリンク

 



日本だと建築基準法が厳しいので、変わったデザインビルを作るのは難しいんですよね。
一番の問題は耐震性。
それをクリアするのには、コストもかなりになるからね。
だからなのか日本は遊び心があるデザインビルは少ないように思う。

それが最近のバンコクの建築物は、まるでデザインを競っているかのようで面白い。

例えばこれ↓

Dsc_1803
(2015年、まだ建築途中の写真)
BTSチョンノンシー駅近くに立つ、現時点ではタイの中で一番高いビル「マハナコン」。
パズルが螺旋状に崩れ落ちたようなデザインが面白い。


例えばこれ↓
Dsc_6123
MRTラマ9世駅前に立つ、「Gタワー」
文字通り、ビルが「G」の形になってる。

そう言えば、このビルも建築途中に「ビルが傾いてる!」って話題になったけ。

↓こんなに傾いています。(笑)
Dsc_6124



今、バンコクは建築ラッシュです。
Dsc_6128
そこかしこで工事、工事、工事。

これからどんなビルが新しくできて、どんな風に街が変わり往くのか?
興味津々なおいらなのです。

だからバンコクは面白い!

スポンサーリンク

2017年8月27日 (日)

サイアムでイサーン料理

昨日は友人を誘ってイサーン料理を食べにサイアムに行ってきました。
イサーン料理なんてわざわざサイアムまで行かなくても、おいらの住む地元でもたくさん食べられるんですけどね。

実はちょっと食べたいものがあって・・・。
地元で食べられそうな所を探したんですが見つけられなくて、サイアムなら有るだろうってことで。

それはこれ↓

Dsc_6141

「ラープ プラーニン トート」
揚げテラピアのラープ和え。
そんな料理です。

ちなみに、プラーニン(テラピア)って魚は、1960年代にタイの食糧事情が良くないと知った今上天皇がタイ国王に50尾贈り、テラピアの養殖を提案、それでタイに根付いたそうです。


プラーニンは漢字で書くと「仁魚」。
天皇陛下に敬意を表し名前(昭仁親王)の「仁」の一文字をつけたんだとか。

日本とタイの友好の魚ですね。
ありがたく頂戴しましょう。


スポンサーリンク

 



そんな「ラープ プラーニン トート」探しで、おいら達が行ったのは、サイアムスクエアワンの中にある「พูไท(プータイ)」って店です。

↓ライスをこんな風に出してくれる小洒落た店です。
Dsc_3323

おいらの勘はあたり、「ラープ プラーニン トート」メニューに有りました。
それが一番上の写真の料理です。

おいらの苦手な香草「ホーラパー」がたくさん載ってるのはご愛敬。(笑)

これで225バーツ。
日本円に換算して700円くらいだから、そんなに高くないよね。

おすすめです。



もちろんこの店、これ以外にも美味しそうなものが盛りだくさん。
何を食べようか?
きっと迷ってしまいますよ。

今回おいら達が他に食べたのは・・・。

Dsc_6140

左が「ソムタムタイ」(食べかけで失礼) 75バーツ
真ん中が「ヤムウンセン」 95バーツ
右が「ソムタムラーオ」 75バーツ

ソムタムが2種。(汗)
こればかりは好きなんだからしょうがない。

屋台で食べるよりも高いんだけど、味は保証付きです。

もちろんおいらの保証じゃないですよ。(笑)
何度も書いてるけど、おいらはバカ舌の持ち主だからね。

あくまで友人(イサーン出身)のお墨付きってことで。



そんなわけで美味しいイサーン料理に満足してアパートに帰ってきたわけですが・・・。

辛い料理ばかりだったので、おいらの腹、辛さの許容量を超えてしまったようだ。
昨晩は、お腹が緩くなってしまい、たびたびトイレに籠る始末。
ソムタムラーオが原因かな?

イサーン料理、旨いけどいつも腹下しと隣り合わせだね。(笑)

スポンサーリンク

2017年8月25日 (金)

未だ克服できない苦手な食べ物

先日「クイッティアオが好き!」って書いたんだけど、基本タイ料理のほとんどが大好きです。

それでも初めから好きだったわけではありません。
タイに旅行に来た当初は、あまりの辛さに悶絶したり、何が入ってるのか?わからないものも多くて、恐る恐る口にして「うぇ~!」ってことも何度も経験した。


「屋台には注意してください!水は危険です、氷も危険です。」

そんなことを散々言われたもんだから、屋台での食事はかなり神経質になってたし、歯磨きするにもミネラルウォーターを使ったり、シャワーを浴びるにも口に水が入らないように、口を堅く閉じてたり。

そんなんだったのに・・・。

今はまったく気にしなくなってる。
さすがに水道水を直接飲むことはしないんだけど、歯磨きは水道水だし、シャワーの水でうがいもする。
屋台に置いてある水だって平気で飲むしね。

慣れとは恐ろしいものです。

あまり気にしなさすぎて、たびたび下痢には襲われるんだけどね。(汗)

いつか七転八倒の事態が起こるんじゃないかと・・・。(笑)
ちょっと心配したりして。

それでも、安いし、旨いし、手軽だし。
屋台での食事はおいらのバンコク暮らしには欠かせません。

そんな大好きな屋台飯なんですが・・・。

未だに苦手なものもあります。
だいたいのものは、最初はダメでも食べてるうちに美味しく感じるようになったりするんだけどね。



スポンサーリンク

 



未だ苦手なもの。
そんな食べ物を思いつくままに少しだけ。

まずは・・・。
下二つの写真に共通して写ってるものです。

Dsc_3598

Dsc_5806

チョコレート色したゼリー状の奇妙な物体です。(笑)
始めてみたときは「なんじゃこれ!」です。

豚や鶏の血をゼリー状に固めたものらしいんだけど、それを聞いたら、余計に食べたくない!

特に味もしないし、これ食感を楽しむもんなんだろうか?
それともおいらの舌がバカすぎて、味を感じないんだろうか?

どうも不思議な食材です。

今は残さず食べられるようになりましたが、敢えて言えばまだ苦手な部類かも。



つづいては・・・香草系。

パクチーを代表とする香草がダメって方多いですよね。
おいらはパクチーは初めから大丈夫だったんだけど、他に刺客が・・・。(笑)

それがこの葉っぱ。↓
Dsc_5759


↓こんな風に付け合わせとかでよく出てきますね。
Dsc_5775

クイッティアオナムトック(スープが茶色いやつね)にもよく入ってます。
โหระพา(ホーラパー)って言う葉っぱらしい。

この葉っぱを始めて口にしたときも驚きました。
とにかく強烈な味です。
パクチーの比じゃありません!(笑)

1~2枚だけ葉っぱをちぎって食べる分にはまだいいんだけどね。
たくさん入ってると舌がやられます。

この葉っぱが美味しい・・・。
そう感じるようになるまでには、もう少し時間が必要かも。




そして最後が、これ↓
Dsc_5760

鶏の足です。

これは、旨いとか不味いとかいう以前の問題です。
とにかく見た目がグロすぎる。

クイッティアオに入っていたら、これだけはいつも除けてしまいます。

でも食べず嫌いかも知れない。
食べたら美味しいのかも・・・。

そんな衝動に駆られて、食べてもみましたよ。

だけど今のところはまだ「うぇ~!」な状態から代わってません。




苦手なもの。
考えてみると、ホーラパーのように味がダメなものと、鶏の足のように視覚的にグロテスクなものにわかれるようです。

視覚的にダメなものは印象だけで決めてるわけで、いわゆる「食べず嫌い」ですね。

味覚は舌を通して脳に
視覚は目を通して脳に

そして脳は「それは不味いもの」・・・そう決めつけてる。

ってことは、どれも脳を騙せば克服できるはずだ。
きっとそうだ。


さて、どうやって騙そうか?

スポンサーリンク

2017年8月23日 (水)

上っ面の会話しか出来ないもどかしさ

母親の葬儀を無事に済ませ、友人は昨夕にウドンタニーからバンコクに戻ってきました。
そして夕食を共にし、友人にはお悔やみの言葉とともに、おいらの非礼を詫びました。

おいら、友人からの訃報を受け、ウドンタニーに駆けつけようか正直迷いました。
「手伝いに行こうか?」って聞いたら「大丈夫だから」って。
それに行ったところで返って足手まといになって迷惑をかけるんじゃないかと・・・。

だから結局行きませんでした。

それでも、日本だったら弔電を打つとか花を贈るとか弔意を表す方法はありますが、おいらタイ式の葬儀のことなんて一切知らないし、結局何もしなかった。

今更ながら、それがちょっと心に引っ掛かっています。




友人との普段の会話は、ほとんどが英語で、そこにタイ語が多少混じる程度です。
「英語で会話」って言っても中学生が習う程度の語彙力しかありませんので、複雑な話は出来ません。

もちろんタイ語ではもっと出来ません。(笑)

そんなんでも意思疎通はちゃんと出来るんもんだから、難しい言葉を知らなくても問題なかった。

今まではね。

それが今回みたいなことが起こると、一気にへこむ。
なんて言葉をかけていいのか・・・?
まったく言葉が出てこない!
そして聞きたいことも、まともに聞けないんだからね。

それでもおいらが一番気になっていたことは何とか聞くことが出来た。


スポンサーリンク

 



まずは「お母さんと話は出来たのか?」ってこと。
それについては、友人が駆けつけた時は、すでに意識が無く話は出来なかったようです。

おいら、昨年母親を看取った時に医師から「人は死ぬ直前まで耳は聞こえてるから、たくさん声を掛けてあげてください」って言われてたのを思い出した。

そして友人がウドンタニーに帰る前にそれを伝えてあげた。
「意識が無くても、たくさん話しをしてあげて」って。
「そしたら意識が戻るかもよ」って。

残念ながら話は出来なかったみたいだけど、息子が来てくれたことはわかったようです。
「話しかけたら頷いてくれた」って言ってたから。




それと「亡くなる3日前になぜ退院させたのか?」ってこと。
普通なら意識が無い状態では退院などさせないよね。

ここには家族間でも葛藤があったようです。
それでも友人は家に戻すことを選択した。
正直助かる見込みは無かったのにです。

これはおそらくおいらが母親を自宅で看取ったことが影響していると思う。
友人も「最後は長年住み慣れた自宅で看取ってあげたい」って以前に言ってたから。

これに正解は無い。
お母さんの意思を一番に考えたいところだけど、すでに意識が無い状態だと、看取る側の気持ちで決めるしかない。

退院させることで死期を早めてしまう可能性もあるわけで、難しい問題だよね。

でも友人は「自宅で看取れて良かった」って言ってくれたから安心した。
ちょっと気になっていたから。




そして「お母さんの最期は苦しまなかったのか?」ってこと。
ずっと意識が無い状態だったのに、亡くなる前日にちょっとした奇跡が起こったようです。

急に眼を開けて、回りをキョロキョロと見渡し、涙を流されたそうです。
そしてそのまま眠るように・・・。

友人曰く
「きっと自宅にいることを確認したんだと思う。そして安心して・・・」

そんな事を聞かされたら、おいらはもう涙が止まりません。

友人からしてみたら、もうドラえもん状態です。

どうして君が泣くの まだ僕も泣いていないのに 自分より悲しむから つらいのがどっちかわからなくなるよ

ですね。(笑)

これ以上、友人になんて声を掛けていいのか?

言葉が見つからなくなってしまいました。



上に書いたこと「友人はおそらくこう言ってるだろう」の脚色が多少入っています。
それはおいらが友人の話を完全に理解できているわけではないからです。

友人はおいらにもっとたくさんのことを話してくれました。
でも聞き取れない言葉も多々あって。

それに対しておいらの方は、励ましも、アドバイスも、在り来たりの簡単な言葉でしか伝えられません。

もっとタイ語が話せたら、もっともっといろんな話が出来るのに・・・。

昨晩は悲しみと共に言葉が出ないもどかしさを感じさせられたひと時なのでした。
あ~やるせない!

スポンサーリンク

2017年8月21日 (月)

やっぱりクイッティアオが好き!

バンコクで暮らすようになって、いろんなタイ料理を食べてきたが、一番食べてるのは・・・?

それは間違いなくクイッティアオ(タイラーメン)だと思う。
ほぼ毎日のように食べてるからね。

クイッティアオって言ってもいろいろあるけど・・・。

汁なしか?汁ありか?
これは「汁あり」に軍配。

どっちも旨いんだけど、汁ありの方が満腹になるからね。
貧乏なおいらは、汁で腹を膨らませてます。(笑)

麺は・・・。
中細麺のセンレックが王道
たま~に卵麺のバミー
滅多に食べない極細麺のセンミー
全然食べない太麺のセンヤイ
ってとこでしょうか。

センレックの圧勝です。

あっ、センヤイは、ラートナー(あんかけ)やパッシーユ(焼き麺)では欠かせなかった。
だけど今回は除外です。

スポンサーリンク

 



それではスープはどうでしょう?

◇一番最初に嵌まったのは、ナムサイ

Dsc_2325
日本の塩ラーメンみたいだよね。
すっきりして味にクセが無い。

これにチリとナンプラーを少々かけて食べるのが好きだった。

具材は比較的なんでも合うけど、やっぱりルークチンかな。
あっ、ワンタンも美味しいよね。

でもだんだんと他の味にトライしているうちに、ちょっと物足りなくなってきた。
最近はすっかりご無沙汰している。



◇次に嵌まったのが、ナムトック
Dsc_2196

茶色いスープのやつね。
「豚の血が入ってるんだよ」って聞いてたので、ちょっと遠慮していた。
本当に豚の血が入ってるのかな?
なんか漢方のような味だけど・・・。

だけど何度か食べてるうちに、この味にすっかり嵌まってしまった。
ちょっとクセはあるけど、何とも言えない不思議な味。

具材は肉系が合うと思う。
鶏でもアヒルでも豚でも牛でも肉系なら何でも旨い!

それとチリはたっぷりかけて、砂糖を少々・・・お好みで。
周期的に食べたくなる味です。


◇そして今一番嵌まっているのが、トムヤム

Dsc_2056

この味、最初はまったく受け付けなかったんだよね。
トムヤムクンもそうだけど、酸っぱいし、辛いし・・・。

この味が美味しいって言う人が信じられなかった。

それが今では大好きになっちまった。
味覚は変わる!
子供舌から大人舌に変わったようで、ちょっと嬉しい。(笑)

これを食べる時の注意点を一つ。
それは麺をすすらないこと。
ラーメンやソバを食べる時みたいに麺をすすると、間違いなくムセます。(笑)
おいら、何度笑われたことか。


◇なかなか嵌まらないのが、イエンタフォー

Dsc_0562

スープがピンクのやつね。
ちょっと甘酸っぱい、初恋の味でしょうか。(笑)
でもおいら、まだこの味の旨さはわからない。

不味くはないんだけど、どうしてもこの色がねえ。(笑)
食べ続ければ、少しは嵌まるかな?




おいらが大好きなクイッティアオ、どれも40~50バーツで食べられるんだから、財布にも優しい。

そうそう、先日MBKへ行ったときにフードコートで食べたクイッティアオ。
なんと・・・80バーツだって。
もう目ん玉が飛び出そうだったよ。

その80バーツのクイッティアオがこれ↓
Dsc_6105

牛肉たっぷり。
もやしもたっぷり。(もやしは入れ放題です。)

もちろん美味しかったけど、財布には優しくなかった。
以前はもっと安かったはずなのに、いつの間に・・・。

クイッティアオでタイのインフレを直に感じる今日この頃ってことで。

さて今日の昼飯はどれにする?
久々にピンクなイエンタフォーでも食べてみるか。

スポンサーリンク

2017年8月19日 (土)

ガチャガチャ

おいらが毎日のように行くショッピングセンター、BIG-Cサパーンクワーイ店。
ここに昔懐かしい「ガチャガチャ」が置いてある。

今まで注意して見たことは無かったけど、タイでも「ガチャガチャ」って普及してたんだね。

でもそこはあまり人が通らない場所で、誰かがこの「ガチャガチャ」をしている姿を今まで一度も見たことが無い。

Dsc_6103

ただの飾り物と化していて、ひっそりと置いてある。
誰にも見向きをされず、ちょっと可哀そうになったので、いっちょやってやるか?


Dsc_6097

上下に2台ずつ、全4種類、10バーツから30バーツまである。

30バーツのカプセルに入ってるのがこんなやつ↓

Dsc_6098
う~ん、魅力がないねぇ。

20バーツのカプセルに入っているがこれ↓

Dsc_6099
こっちの方がいいかな?
LINEキャラクターみたいなやつがいいね。

でもやっぱり止めた。

それより食い気だ!
食わないと死んでしまう!
Dsc_6096
10バーツで玉子を追加してもらった。

ケチなオヤジでゴメン!

スポンサーリンク

2017年8月17日 (木)

願い叶わず

先日記事にした友人の母親は、回復の願い叶わず昨日天国に旅立ちました。
大腿骨を骨折してから約4ヶ月弱で逝ってしまいました。

享年83歳。
偶然にも昨年亡くなった、おいらの母親と同じ歳でした。

なぜか自分のことのように悲しい・・・。

合掌

スポンサーリンク

2017年8月15日 (火)

テレビが突然見られなくなったおかげで・・・。

おいらの住むアパート、はっきりとは知らないけど建築されてから7~8年だと思う。
ここにきて、温水器が壊れたり洗濯機のホースが裂けて水が漏れたりと、いろいろな不具合が出るようになってきた。

そして先日のこと。
今度はテレビが急に映らなくなった。

Dsc_6063

テレビを普通に見てたら、いきなり画面がブルーに。
すわっ!ついにお前もか!

いろんなところを弄ってみたものの、うんともすんとも・・・。

まいったな~。
おいらテレビ大好き人間なんで、テレビが無いと生きていけないよ。(笑)

もちろんタイのテレビだから、当たり前のタイ語放送。
意味なんて、ほとんどわからないんだけどね。

タイ語のヒアリング能力を付けるには、テレビが欠かせません。
って、いかにも勉強家のようなフリをしてますが・・・。

それより何より、テレビが点いてないとなんか寂しい。
これが本音です。


スポンサーリンク

 



それでも今の時代、テレビが見られなくてもパソコンでいろいろな動画が見られから寂しさは半減。
便利な世の中になったもんです。

そこでパソコンで面白そうな動画を探していたら・・・。

興味深い動画(番組)をYoutubeで見つけました。
それは、これ↓

Dsc_6094

「真相深入り!虎ノ門ニュース」って番組。
毎週月曜~金曜の朝8時~10時に生配信しているんだって。
もちろん生で見なくても、録画も上がっているので、それで見られます。

以前、このブログ内で日本のテレビ番組(特に政治を扱う番組)がダメダメだって書いたんだけど・・・。

その時の記事はここ。

この「真相深入り!虎ノ門ニュース」って番組の録画分を片っ端から見て、腑に落ちました。
日本のテレビがいかに腐敗しているかってことを。

一方の偏った考えの番組ばかりで、おかしいと思っていたよ。

おいらはネットも見るし、ある程度はわかっていたけど、ネットに縁も無くテレビが大好きな人たちに、あんな偏向放送を、ずっと見せ続けるなんて。

ひどい話だ。




壊れた?と思ったテレビ。
その日の夜に復旧しました。

壊れたわけじゃなかったようです。
映らなくなった理由はわかりません。

一時的にテレビが見れなくなったおかげで、「真相深入り!虎ノ門ニュース」ってネット番組を知れたのは大収穫です。

たっぷり2時間。
毎日楽しく拝聴しています。

それにしても、日本の報道番組とワイドショー。
そしてテレビ番組のお目付け役?のBPOって言う組織。

知れば知るほど・・・。
まったくもって腐りきってるわ!

スポンサーリンク

2017年8月13日 (日)

今一番の心配事

昨年、母親を亡くし今秋で1周忌を向える。
早いものだ。

あんなに母のことを心配する毎日だったのに、今ではすでに過去のことに。
母を想うことが、だんだん少なくなっている。
時の流れって、なんか残酷。

でも時の経過とともに、新たな心配事が生まれる。
それもまた必然。


スポンサーリンク

 



今一番の心配事。
それはバンコクで半同居している友人の母親のこと。
その母親はウドンタニーで友人の姉家族と暮らしている。

今年の4月に風呂場で転んで大腿骨を骨折。
無事手術も成功して、リハビリも開始したと聞いた。

リハビリって言っても日本みたいなリハビリ施設が有るわけでも無く、家族が手伝って自宅で行うだけ。

これだと厳しいよね。

やっぱり一人で歩けるようになるまでには回復せず、ベッドで過ごすことが多くなったって。
そして食もかなり細くなり、徐々に弱ってきているんだとか。

そう聞いてのおいらが友人に言ったことは・・・。
「時間が許す限り母親のところに会いに行ってあげてほしい!」
「仕事が忙しくても、出来るだけ帰ってあげて!」ってこと。


母親と過ごせる時は、そう長くないはずだからね。
自分の時間は無くなるし、疲れるし、飛行機代もばかにならないけど、これは今しか出来ないこと。
あとで後悔して欲しくないから。
1年前に母親を亡くした先輩からのアドバイスです。

それからは友人は頻繁に実家に帰るようになった。
それでも2週間に1度程度だけどね。




そして一昨日。
友人の姉さんから友人へ連絡が入った。
母親がベッドから落ちて病院に運ばれたと。
電話の様子からは、かなり深刻な状態だとか。

「今すぐにウドンター二―へ帰れ!」
そんなおいらの忠告にも、どうも煮え切らない友人。

友人、今責任ある仕事をこなしていて、かなり忙しいんだとか。
なんか日本のサラリーマンを見てるようだ。

もしかしたら親の死に目にも会えなくなるかも・・・。
気を揉むおいら。



そして昨日。
普段通り会社に行った友人。

昼間に突然おいらのアパートにやってきて・・・。
「16時20分の飛行機で実家に帰るから」って。

たぶんお姉さんからも、いろいろ言われたんでしょう。
とりあえずは良かったかな。

昨日は奇しくもタイでは母の日。
友人の母親、友人の顔を見て元気になってくれればいいけど・・・。

友人からの連絡はまだ無い。


スポンサーリンク

2017年8月11日 (金)

バンコクで「しゃぶしゃぶ」を食す

先月、バンコクに来る前に兄家族と会食したことを書きました。
「和食しゃぶしゃぶ かごの屋」という店でした。

この店のこと、おいらはまったく知らなかったんですが、近畿、関東を中心に展開しているチェーン店のようです。

その時の記事はここ。

3000円程度のしゃぶしゃぶ食べj放題。
特筆すべき程のものでもないんですが・・・。

この店、バンコクに8店舗も出店しているということを知り、気になって気になって。


スポンサーリンク

 

一昨日のこと。
友人と連れ立って、バンコクにある「かごの屋」に行って来ました。

Dsc_5987_2

バンコクに8店舗あるうち「ザ・マーキュリービレ店」へ。
チットロム駅前の「The Murcury Ville」というビルの2階にありました。

さあ、何を食べようか・・・。

Dsc_5991_3

定食で一番安いのは「豚しゃぶしゃぶ定食」の360バーツ。
「かごの屋牛しゃぶしゃぶ定食」は490バーツもする。

日本円に換算すると1000円~1500円程度。
決して高くはないですが、1食あたり100バーツ程度で済ませているバンコク暮らし。
おいらの財布には優しくないです。(笑)

でもここは、日本とバンコクで何がどう違うのか?
そこを調査しなくっちゃ。
変な使命感で、日本で食べたものと同じようなものを食べましょう。

だからやっぱり食べ放題を・・・。
Dsc_5992

90分食べ放題です。
まずは肉の種類を選びます。

「豚しゃぶしゃぶ 食べ放題」が429バーツ
「牛・豚しゃぶしゃぶ 食べ放題」が469バーツ。
「かごの屋牛・豚しゃぶしゃぶ 食べ放題」が1199バーツ。
※税金別だから注意してね。

「かごの屋牛・豚しゃぶしゃぶ 食べ放題」だけが突出して高い!(汗)


この「かごの屋牛」ってのは和牛だそうです。
ただの「牛」はオージービーフ。


日本でも「かごの屋牛」は頼んでいなかったので、「かごの屋牛」は却下。
単なる「牛・豚しゃぶしゃぶ 食べ放題」で充分です。

次に、スープ。
・昆布だし
・京風そばつゆ
・とんこつだし
・すき焼きだし(40バーツ追加)
・トムヤムクンだし(40バーツ追加)
・季節のだし(40バーツ追加)
この中から2種類選びます。


「トムヤムクンだし」なんてのはタイらしいですね。

おいらたちが選んだのは・・・。

Dsc_6042

追加料金のかからない「京風そばつゆ」と「昆布だし」です。

そのほか、野菜とライスと冷たいお茶ををオーダー。
すべて食べ放題メニューに含まれています。

まずは牛肉から。
見た目、中々まともな牛肉ですね。

Dsc_6044

サシはあまり入ってませんが、食べ応えのある牛肉でした。

一通りすべて持ってきて・・・って頼んだら、いろいろな肉や野菜が来ました。

20637863_10207943184652609_86784235

20597383_10207943160332001_50473486

20621185_10207943185052619_21542584

竹に入った、鳥のつくねも日本と同じです。

肉と野菜を4周りくらいお替りしたら、もう腹パン。
〆に、ラーメンでも食べようか・・・。
そんなことも思っていたのに、その余力がなくなってしまいました。(笑)

食べ放題の食べ方って、難しいね。




日本の「かごの屋」と比較して・・・。

特に品質の違いは感じませんでした。
価格については間違いなくバンコクの方が安いです。
半額くらいの感じかな?

だけど、バンコクの他のしゃぶしゃぶ屋と比較するとどうなんだろう?

バンコクにあるしゃぶしゃぶ屋。
ピンからキリまであるからね~。

でも、すべてにおいて不満も無く、肉の質もまともだったから、それなりに評価してあげてもいいかもね。

おいら、もちろんリピートありです。

次に行ったら「かごの屋牛」を食べてみようかな?
食べ放題じゃなくて、定食でね。

あっ、それと「トムヤムクンだし」のしゃぶしゃぶも食べてみたいわ。


スポンサーリンク

2017年8月 9日 (水)

パトゥムワン交差点にお洒落なペデストリアンデッキが完成

先週の土曜日に「バンコクアートアンドカルチャーセンター」に行ったのは、前回記事にしたとおりですが・・・。

このビルに面しているのが「パトゥムワン交差点」です。

一角に「バンコクアートカルチャーセンター」
一角に「サイアムディスカバリー」
一角に「MBK(マーブンクロン)」

バンコクに来たことがある方は、一度は通ったことがある場所でしょうか。

ここのところずっと「マーブンクローン」と「サイアムディスカバリー」の改装とともに、パトゥムワン交差点もペデストリアンデッキの設置工事が行われていました。

今年2月、工事の様子が下の写真です。↓

Dsc_0055


いつ完成するのか、まったく知らなかったんですが・・・。

先日の土曜日(8月5日)に「バンコクアートアンドカルチャーセンター」に行ったときは、通れるようになっていました。

2017年8月5日に撮った写真です。↓

Dsc_6023

おいらが行った前日(8月4日)から通れるようになったみたいです。
グリーンを基調にした床が印象的です。

これでMBK(マーブンクロン)とサイアムディスカバリーが、このデッキでつながり行き来が便利になりました。

サイアムディスカバリーからMBK(マーブンクロン)へ↓

Dsc_6025

MBK(マーブンクロン)からサイアムディスカバリーへ↓
Dsc_6030

スポンサーリンク

 



このペデストリアンデッキ、「ユニバーサルデザインとパブリックアート」をコンセプトに作られたそうです。

どおりでお洒落な感じです。

デッキの床と設置してあるオブジェ、それぞれに蓮の葉をモチーフにしているように思えます。

そしてそのオブジェに、数人が絵を描いていました。

Dsc_6027

Dsc_6029

Dsc_6026

美術学校の学生さんたちでしょうか?
前衛的な感じです。

全部完成したら、これらの絵を見て周るのも楽しいかも。

今はちょうど描画中。
その様子を見るのもいいかもです。
今しか見られませんからね。




上空からの俯瞰写真が素晴らしかったので、拝借してきました。
どうですか?
グリーンの床の色が映えて、とても美しいでしょ。

Newskywalk21

デッキの上をBTSが走る姿。
周りのビルもリニューアルされてお洒落に。

全部併せて
「ユニバーサルデザインとパブリックアート」
じゃないでしょうか。

この写真、ドローンからの撮影かな?
MBK(マーブンクロン)の上空からと思うんだけど、全体を俯瞰したこの姿。
ぜひ自分のこの目で見てみたいものです。

MBKの屋上からなら見えるかな?
って、その前にMBKの屋上に入れるか?ですね。

ペデストリアンデッキ全体を見渡せるベストポジション探し。
今度行ってみましよう。

それにしても、どんどん変化するバンコク。
目が離せません。


スポンサーリンク

2017年8月 7日 (月)

バンコクでアートに触れた日

一昨日のこと。

BTSナショナルスタジアム駅近くの「バンコクアートカルチャーセンター」へ行ってきました。
Dsc_6021

一番の目的は、これ↓

Dsc_6011

「The Art of Thai Aquascape」

以前、アクアリウムの 世界に興味を持ち始めたことは、ブログ記事にしました。

その時の記事は、ここ。

そこで「バンコクアートアンドカルチャーセンター」にて、アクアリウムの展示が行われているとの情報を得て、見に行ったわけです。

この展示、7月25日~8月6日が期間だったそうで、昨日で終わったようです。
ぎりぎり間に合って良かった。



どこでやってるんだろう?

1階のロビーから下を覗いたら見えました。
どうやら地階で開催されてるみたい。

Dsc_6019

地階に降りてみると・・・。

思ってたより、展示の数が少なくてしょぼい!(笑)

Dsc_6015

Dsc_6014

いくつかの作品を写真に撮ってたら・・・。
Dsc_6012

Dsc_6013

Dsc_6016

Dsc_6018

Dsc_6017

撮影禁止だった!(汗)
怒られる前に、自分で気が付いてよかった。

それにしても「アクアリウム」って、ずっと見てても飽きないし、やっぱり癒されるわ。


スポンサーリンク

 



折角、ここに来たんだから、ついでに他の展示物でも見てみるか。

アートを見るこつは・・・。
「考えるな!感じろ!」です。(笑)

Dsc_6010
う~ん、なんかもの悲しい・・・。

Dsc_6009
う~ん、なんか空恐ろしい・・・。

Dsc_6008
う~ん、ちょっとユニーク。

Dsc_6007
う~ん、うん?

Dsc_6006
あはっ。

結局、さっぱりわからないや。(汗)
一生懸命に感じようとしたんだけどね。

他にも、亡き国王の彫像などが展示されていました。

Dsc_6004

いくつか写真を撮った中で、おいらがお気に入りの一枚がこれ↓
Dsc_6005

白い壁に前国王のシルエットが映っている・・・ように見えるでしょ。

実際は薄い板を何枚も重ねて少しだけ立体的に作ってある。
影絵ではありません。

シルエットだけで前国王とわかる。
良い作品でした。

滅多にないけど珍しくアートに触れた1日。
たまにはいいかもね。

考えてばかりで、ほとんど何も感じなかったけど。(汗)



スポンサーリンク


2017年8月 5日 (土)

バンコク暮らしの日常を切り取ると

先日のこと。

朝もはよから、せっせとせっせと・・・洗濯してたらね。
バルコニーが水浸しになってた。
良く見ると、洗濯機の排水ホースから水が噴き出てるじゃないですか。

よく見たら、ホースがパックリと口を開けてた。


Dsc_5937

あちゃ、温水器の故障に続いて、今度は洗濯機かよ。

いずれはオーナーに交換してもらうにしても、とりあえず応急処置を。

Dsc_5976

口を開けていた場所を接着剤で塞いで、その上からテープでぐるぐる巻きにしてやりましたよ。

これで、とりあえずは大丈夫でしょう。


スポンサーリンク

 



そして昨日、洗濯してたらさ。

またバルコニーが水浸し。
Dsc_5998

折角テープで塞いだのに、別の場所から水が噴き出てる。

ちっきしょう!

Dsc_6001

またまたぐるぐる巻きにしてやりました。

このホース、かなり傷んでいて、弄ってるとパリパリ裂けてくるんだよね。
もう寿命だね。

水が漏れて
テープで補修

水が漏れて
テープで補修

これ繰り返してたら、そのうち真っ黒いホースになったりして。(笑)
そうなる前に早く交換してもらわなきゃ。

これがバンコク暮らしの日常の一コマです。
あはっ!

スポンサーリンク

2017年8月 3日 (木)

おいらの「やる気スイッチ」はどこに?

最近、タイ語学習の意欲が失せています。
日本に一時帰国中もまったく勉強しなかったし、バンコクに戻ってからもまったくやる気なし。

どうしちゃったんだろう、おいら。

今までだったら、タイ文字の看板を見つけりゃ写真を撮って、意味を調べて、ノートに書き写して・・・。
頑張ってたんだけどな~。

最近は、看板を見てもスルー。
テレビを見ても、ダダ流し。

「やる気が出ないなら、やる気が出るまで待とう・・・ほととぎす」
そんな徳川家康的?な心境にまでなっています。(笑)


これじゃ、いつまでたっても、タイ語の修得なんて夢のまた夢。
そろそろやる気スイッチを探しましょうか。

スポンサーリンク

 



おいらのパソコンのキーボードには、タイ文字の表記がありません。
日本で買ったやつなんで、当たり前ですよね。

でもタイ文字の勉強をするにあたって、タイ文字の打ち込みは欠かせません。

そこで、どうしてたかと言うと・・・。

Dsc_5978_3

タイ文字のキーボード配列が書かれた紙を準備して、それを見ながら打ち込んでいました。
でも、それがあまりに面倒でね~。

昨日、キーボードに貼るタイ文字のシールを買いに、パンティッププラザまで行ってきました。

Dsc_5980_3

1階では、何やらフェアをしてたけど、閑散としてます。(笑)
折角外装を新たにしたのに、シャッター店舗も多くて、ここもうダメかもね。

それでもお目当ての「タイ語シール」は、ちゃんと見つけて買ってきました。

Dsc_5984_2
60バーツでした。
やっぱり日本で買うよりは安いよね、たぶん。

売り子のおばちゃんは、しきりに「3M製だよ!」ってアピールしてました。(笑)


Dsc_5985_3
シールの裏には、ちゃんと「3M」の文字が。



早速、キーボードに貼ってみましょう。
Dsc_5994_3

そのまま貼り付けると、日本語入力にしたときに違うとこもあるので、注意が必要です。
その場合は、シールを切って貼り付けましょう。

それにしてもタイ文字がかなり小さい!
老眼の身にはちょっときつい。

まあ、それでも慣れれば大丈夫でしょう。




グーグル翻訳にタイ文字で入力してみたところ・・・。
Dsc_5997

สวัสดีครับ(サワディークラップ)
って打ち込んだら、翻訳結果が「もしもし」だって。(笑)
あながち間違いではないけれど、せめて「こんにちは」でしょ。

まあ、これで懸念していたパソコンでのタイ文字入力は解決です。
これがおいらのやる気スイッチになってくれれば・・・。




追伸
折角、プラトゥーナムまで行ったので、久しぶりに「ピンクのカオマンガイ屋」でカオマンガイを食べてきました。


Dsc_5981
11時半ごろだったので、待つことも無かったんですが・・・。
「あれ?こんなんだったかな~」
そこらへんで食べる「カオマンガイ」と、たいして変わらないような。(笑)
これなら、おいらの地元のカオマンガイの方がだんぜん旨い!

口コミの威力って、やっぱりすごいよね。

スポンサーリンク

2017年8月 1日 (火)

バンコクにトラが出た!!!んっ?

昨日、こんなジャングルっぽいところを散歩していたら
Dsc_5929_2

いきなり視界が開けて
Dsc_5928

何かいる・・・?
なんじゃあれ・・・?

慌ててカメラを向けたら、ボケてしまった(笑)

犬か?
それにしてはでかすぎる!

木陰に隠れて、もう一度落ち着いてカメラを向けたら
Dsc_5927

トラだぁ!!!!
トラが歩いてる!!!

間違いない!

どこかの動物園から逃げてきたのか?
こりゃ、一大事じゃ。

スポンサーリンク

 



ごめんなさい。
実態はこれです。↓

Dsc_5676

作り物のトラでした。m(_ _)m

トラのほかにも、親子のゾウもいますよ。
Dsc_5674

バッファローもいます。
Dsc_5675

ここは「クイーンシリキット公園」内でした。

公園内のどこにあるかは自分で探してね。
ぐるっと一周すれば見つけられると思います。

ただ、かなり広い公園なので、熱中症には気を付けて。



「クイーンシリキット公園」
おいらの大好きな公園の一つです。

週に2~3度は、ぶらついているかも。

他の有名どころの公園は、子供の声が騒がしかったり、カップルがいちゃついていたりで・・・。
いまいち落ち着きませんが、ここは、人がほとんどいなくて、かなり静かです。

木陰のベンチで読書も良し、眼を閉じて物思いに更けるも良し。
おいらは、いつもここで「我が人生」を憂いています。(笑)

それにしても、いつ行っても手入れがすばらしい。

Dsc_5931

綺麗な花がたくさん咲いています。
Dsc_5919

水辺もあって見た目は涼やかです。(ホントはすごく暑い!)
Dsc_5534

もちろんバンコク名物?の「ミズオオトカゲ」もいますよ。
Dsc_5932

これは作り物じゃなくて、ちゃんと生きてます。555

まあ、バンコクの郊外にあるんで、わざわざ行くのも大変ですから、ウィークエンドマーケットに来たついでにでもどうぞ。


ウィークエンドマーケットの賑わいが嘘のように静まり返っていますよ。

今日のところは「クイーンシリキット公園」の紹介記事ということで。
これにて失礼。

スポンサーリンク

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31