« リタイアメントビザの延長~想定外のトラブル発生~ | トップページ | リエントリーパーミット~シングルかマルチか~ »

2017年1月26日 (木)

リタイアメントビザの延長~TM30と2枚の不明な書類~

前回記事の続きです。

なんとかA棟の銀行で残高証明を取得して、再びモタサイでイミグレのあるB棟へ。
まずは地階で預金通帳をコピーを取って、イミグレへ。
イミグレでは、すでに番号札を貰っていたので、そのままLカウンター(ビザ延長のカウンター)に向かいます。

AM9時15分頃に番号札を貰った時点では33人待ち。
それからA棟の銀行で待たされ、すでに1時間程度が経過。
タイミング的にはちょうど良いくらいかな?なんて掲示板を見ると、あと10人ほどでした。
事前に番号札を貰っていて正解でした。

待ち時間に申請書類(TM7)の書き込みとコピーの書類にすべてサインをして、これで完璧なはず・・・。

30分ほどして自分の番号が呼ばれ、すべての書類を担当者に差し出します。

その書類は、

・リタイアメントビザ延長申請書類(TM7)
・パスポート
・パスポートコピー、サイン済み
・出国カード(TM6)
・出国カード(TM6)コピー、サイン済み
・預金残高証明書
・預金通帳
・預金通帳コピー、サイン済み


一通りチェックされ、担当者からは、パスポートのコピー不足を指摘されました。
準備した書類、完璧だと思っていたのにね。
完璧じゃありませんでした。w
昨年出入国したスタンプを押されたページも必要だったようです。
そんなことなら、お安いご用。
すぐに友人にコピーを取りに行って貰いました。

他には、担当員から2枚の書類を差し出され、チェックされた箇所にサインをしろとのことで、言われるままにサインをしました。

手数料は1900バーツ。
2000バーツを支払い、その場でお釣りの100バーツと領収証を受け取り、すべての書類を別のカウンターの人に渡すように指示されます。

そこで再度書類一式を渡し、あとはブースの外で待つように言われ、しばらく待って、名前を呼ばれ、ビザ延長のスタンプが押されたパスポートを受け取り、リタイアメントビザ延長手続きのすべてが完了です。

手続きは、結構、スムーズでした。

これで来年の2月13日までタイに滞在出来るお墨付きを得て、目出度し目出度しです。

パスポートを受け取った時刻は、AM11時45分。
朝一で庁舎に到着してから約3時間半。
残高証明の取得で時間を取られましたが、なんとか午前中で終わって良かった。
「残高証明の機械が故障」って、銀行で言われた時は、どうなることやら?と思ったからね。


ただ・・・。
今回のリタイアメントビザ延長手続きに際し、気になったことが2つ。
それは、CMの後ってことで。

スポンサーリンク


まず、一つ目の気になったこと。
何人かのタイ在住者のブログには、更新に際し「TM30の提出を求められた。」と書かれていたこと。
そもそも、このTM30の存在すら知らなかったんですが、良く読むと「外国人をタイ国内に滞在させる場合、そのオーナーは届出が必要。」なんだとか。

自分が借りているアパートのオーナーが、その届出をしているかは定かではない。
だけど一度もそんな話を聞いたこともないので、おそらく何もしていないと思う。

この件を今回言われるんじゃないかと、気になっていた。
何も準備していないしね。

結論から言うと、TM30は要求されなかったし、話にも出なかった。
敢えてこちらからら話を持ち出すほど野暮なこともないしね。
何か言われたら対応しよう・・・。
そんなスタンスでした。


結局のところ、現時点においては、TM30はイミグレの各所で対応が異なると言うことでしょうね。
少なくともチェーンワッタナーのイミグレでは、その必要が無かったってこと。
ただそれだけ。
この手続き、今後統一されていくのか、はたまたこのままか?
これからどうなるかなんて、考えてもしょうがないや。
どう転んでも、ここはタイなんだから、その時々で対応するしかないからね。
面倒なことに、ならないことを願うしかありません。


二つ目の気になったこと。
手続き中に、言われるがままにサインさせられた2枚の書類のこと。
あれは一体何の書類だったんだろうか?

書類の上部には、氏名と住所を書く欄があって、右側には写真を貼る場所と思われる欄も。
そして最下部にはサインする欄。

ちょうど中央部当たりに、「
RETIREMENT」の青いスタンプが押されていました。

上部の欄に氏名と住所を書いていたら、氏名だけ書けばいいよって。
もちろん写真も要求されていません。
あとは2枚とも下部にサインして提出。

自分にもう少し余裕があれば、書類の内容を確認できたかもですが、情けないことに、ただただ言われるがまま。w

1年前の手続き時にも、こんな書類あったのかな~?
もう覚えてないや。
きっと、リタイアメントビザの人は詳しく記入しなくて良い書類なんだと。
そう、勝手に判断しておきましょう。

来年の更新時の宿題として、忘れないように、ここに書き留めておきます。

以上、リタイアメントビザ延長に際した気になったこと2題でした。


午後からは、リエントリーパーミットの手続きもしておきましょう。
そのことは、次回に続きます。




にほんブログ村

スポンサーリンク

« リタイアメントビザの延長~想定外のトラブル発生~ | トップページ | リエントリーパーミット~シングルかマルチか~ »

バンコク暮らし-ビザ関連-」カテゴリの記事

コメント

>サムライコボリさん
そう、写真を撮っておけば、その時わからなくても後になって理解できることもありますからね。
自分、手続き中テンパッテしまっていて、すっかり写真を撮るのを忘れていました。
後になって「あれ何の書類だったんだろう?」って、気にしてるんだから困ったもんです。555

再度写真を確認しました。。。。。
・・・・・まさしくTM30の書類でした。情報って大事ですね。ありがとうございます。
NOTIFICATION FORM FOR HOUSE-MASTER, OWNER OR THE POSSESSOR OF THE RESIDENCE WHERE ALIEN HAS STAYED・・・・・と英語タイトルの右隅にタイ文字で「30」と書かれていました。
写真で残すって大事ですね。555

>サムライコボリさん
サムライコボリさんの2枚の書類は、まさしくTM30の書類2枚ですね。
私がサインさせられた書類名は定かではありませんが、ちょっと形態は違っているように感じました。
いずれにしても、いろいろ変わりつつある状況のようですね。
常に情報は仕入れておかないと、対応する時に慌ててしまうので、教えていただいて助かります。
私の場合、次回の延長手続きは来年までありませんが、その時はちゃんと確認してくるつもりです。

私も昨年ラオスで観光ビザ(シングルビザ)を取得して60日間滞在の終わり間際にイミグレに行き「30日間の延長手続き」に行った時の事なんですが、
2枚の書類(ホチキスで止めてあった)を渡されたが何を書いたらいいのか分からなったのですが、これはイミグレ職員がその場で書いてくれたので何も私は書きませんでした。
その後この書類を返却されさらに呼ばれたら提出するのですが、今後の為と思い、写真を撮影しておきました。
1枚目は縦に読むタイプで写真貼り付け欄が有り。
2枚目は横にして読むタイプで大きな囲いで縁取りされてさらに中には縦横に仕切りのある書類でした。
1枚目・・・・NOTIFICATION FORM FOR HOUSE-MASTER, OWNER OR THE POSSESSOR OF THE RESIDENCE WHERE ALIEN HAS STAYED
2枚目・・・・NAME OF ALIENS IN RESIDENCE
でしたがoininさんとは多分違う書類でしょうね。


・・・・・・・・・あぁ!昨日に投稿した書類は上記とは違う書類です・・・・Foreign National Information Form

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リタイアメントビザの延長~TM30と2枚の不明な書類~:

« リタイアメントビザの延長~想定外のトラブル発生~ | トップページ | リエントリーパーミット~シングルかマルチか~ »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31