« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の5件の記事

2017年1月30日 (月)

甘~~い、オジサン。

何に使うか知らないけれど、
「バンコクの街の様子の写真を、メールで送って」
って、姪っ子から連絡がきた。

はりきって、いろいろな場所で撮ってきて、送ってあげた。

「犬のかばんみたいなのすごく可愛いね。」
って、返信があった。

たくさん送ったのに、目の付けどころはそこかい!
こんなの日本でもたくさん売ってるだろ!

なんて、気持ちは心の中に閉まって・・・。

「今度、お土産で買っていくね。」
って、姪っ子に返信したのでした。

姪っ子には、甘~~い、オジサンなのです。

ちなみに、たくさんの写真の中から、唯一、姪っ子から反応があった写真がこれ↓

Dsc_4813

チャトチャックのウィークエンドマーケットでなんとなく撮った写真です。

もっとバンコクらしい写真も送ったのに、そっちの写真には無反応。
寂しいやら嬉しいやら・・・。



にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年1月28日 (土)

タイ観光フェスティバル2017~ソムタムに並ぶ~

1月25日から29日まで、ルンピニ公園で「タイ観光フェスティバル」が開催されているとの情報を得て、どんな様子なのか?ちょっと足を運んでみました。

Dsc_4766

公園内は、歌に踊りにまさにお祭り騒ぎ。
Dsc_4786

Dsc_4785

食べ物屋や土産物屋もたくさん出店しています。
Dsc_4770

その中で、おいらが一番気になった店がここ↓
Dsc_4776

ソムタムの店。
かなりの行列が出来ていました。
列に並んでいるのは、ほとんどがタイ人、特に若いお嬢さんが多かったような・・・。

ソムタムなんて、どこでも食べられるのに、なんで並ぶ?
ここ、有名なの?美味しいの?
ちょっと覗いてみただけなのに、だんだんと気になり始めています。

そして、吸い込まれるように行列に並んでる。w

みんな何をオーダーしているんだろう?
観察していると、かなりの人が「ソムタムプー(沢蟹入りソムタム)」を買っているみたい。


おいら、「ソムタムプー」は、かなり危険な食べ物と認識している。w
かなりの確率でお腹を壊すらしいからね。
だからおいらは、「ソムタムプー」を今まで食べたことが無い。
ノーマル?な「ソムタムタイ」か、卵入りの「ソムタムカイケム」ばかり食べてきた。

どうしよう・・・?
考えているうちに、おいらの番が・・・。

口が勝手に・・・。
「ソムタムプーを一皿と、カオニャオを下さい。」

わっ!!、
「ソムタムプー」をオーダーしてしまった。

もう、腹をくくるしかない!

臭いを嗅ぐと、いつも食べるソムタムよりも、明らかに臭い!
腐ってる?w
わけないか。

怖々食べて見ると・・・。
あれ? 意外と旨いんじゃない。
ちょっと、癖はあるけどね。

完食です。
もちろん沢蟹自体は、除けて食べませんでしたよ。

あとの不安は、腹具合だけ・・・。

公園内を散策して、腹の調子を伺います。
Dsc_4788

Dsc_4781

お腹、特に問題無いようです。

あとは家路を急ぎましょう。
ルンピニ公園から自宅までは、BTSを使って約30分位の道のり。
電車の中でお腹が痛くなったら、目も当てられないからね。

そして無事にアパートに到着。
どうやら大丈夫みたい。

そして、一晩経過して今日。
特に腹の調子も悪くなく下痢もせず・・・。
快調な朝を迎えることが出来ました。w

食べ物に恐怖を感じるなんて、なんかおかしいね。
それだけ「ソムタムプー」には、恐怖を刷り込まれていたってわけです。

ちなみにおいら、屋台メシでも平気で食べてしまうので、お腹はだいぶ鍛えられているのかも知れません。

このフェスティバル、明日まで開催されているようなので、興味のある方はどうぞお試しあれ。
だけど、お腹を壊して体調が悪くなっても、一切責任は取りませんので、悪しからず!!!
何事も自己責任でね。

-


にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年1月27日 (金)

リエントリーパーミット~シングルかマルチか~

前回記事の続きです。

11時45分にリタイアメントビザ延長手続きも無事に完了し、あとはリエントリーパーミットの手続きをするだけ。

受付だけでも済ませてしまおうかとも考えたんですが、何も準備していなかったので、昼飯を優先させました。

イミグレ受付でリエントリーパーミットの申請書(TM8)を貰って、地階のフードコートで昼食です。
サクッと食事を済ませ、書類の準備に取り掛かります。


まずは必要書類の確認から。
・リエントリーパーミット申請書(TM8)
・パスポート
・パスポートのコピー
・出国カード(TM6)
・出国カード(TM6)のコピー
・申請書に貼付する写真
・手数料(シングル1000バーツ、マルチ3800バーツ)

こんなところでしょうか。

リエントリーパーミットの手続きは、昨年に3度手続きをしたこともあり、リタイアメントビザ延長手続きに比べ、緊張感はありません。
不足の事態が起こることもないはずです。

あえての悩みは、「シングル」にするか「マルチ」にするかぐらいでしょうか。

シングルとマルチ、何のことかわからない人のために簡単に説明すると・・・。
シングルは、タイ国外へ1度だけ出入国が可能になること。
タイを出国する前に、都度リエントリーパーミットを取得する必要があります。
それをせずにタイを出国しようものなら、折角取得したリタイアメントビザが失効してしまうんです。


マルチは、リタイアメントビザの有効期限中は、何度でもタイを出入国できるわけですね。

だからマルチの方が面倒も無く安心です。
ただ悩むのは、金額のこと。
シングル1000バーツに対し、マルチは3800バーツ。
タイを4回以上出入国するなら、絶対マルチなんだけどね。

ちなみに昨年はシングルで通しました。
タイを3度出国したので、3000バーツ。
手続きは面倒だったけど、金額的にはシングルで正解だったわけです。

さて、今回はどうしよう。

今後の予定を組み立ててみましょう。
まずは3月中旬に一度日本に帰ることは決定しています。
母が亡くなって最初のお彼岸だし、その他もろもろと・・・。


そして2度目は6~7月頃だね。
運転免許証の更新があるんです。

3度目は、9月~10月にかけてかな?
母の1周忌法要なので、帰らなければ。

思いつくのは、そんなところかな?
そうなると、やっぱり3回か・・・。

それなら、今年も「シングル」でいいかな?

いや待てよ。
年末に日本に帰るかも知れないし、それ以外にもタイ周辺国に遊びに行くかも・・・。


そんなことを考えているうちに、イミグレのオープン時間となりました。

受付で番号札を貰らいます。

Dsc_4764

20人待ち。
自分の番が来るまでに、コピーした書類すべにサインをしておきます。
それとTM8の申請書の余白には、自分の電話番号も書いておきましよう。

受付から1時間ほど待って、自分の番号が呼ばれました。

結構、待ちました。
良く観察してみると、ブースの中で、担当者に聞きながら申請書を書いている人がいるんですよね。
それが待ち時間が長くなる原因?
ちょっと、イライラ。
どうして、事前にちゃんと準備しておかないんだ!!!
心の叫びです。w

シングルかマルチか?
最後まで悩みつつ、結局今回は「マルチ」にしました。
たとえ3度しか出入国しなくても、その都度の手間を考えたら、やっぱりマルチの方がいいかなって。

最後の最後にマルチにチェックを入れて、担当者に準備した書類を渡します。
担当者は、たいして内容を確認するでもなく、すぐに3800バーツを要求されました。
4000バーツを支払い、200バーツのお釣りを受け取り、あとは再度番号が呼ばれるまで、ブース外で待つよう指示されます。


ここでの担当者とのやり取りは、ほんの1~2分程度。
しかもイスに座ることなく、立ったままで。
今度は完璧に書類を揃えたからね。

だけど、ここからがもっと長かった。
パスポートにスタンプが押されて戻されるんですが、中々番号が進みません。
こちとら、もう何もすることも無いし、ひたすら待つのみ。

掲示板の番号の進み具合を眼で追いながら、あと何番目か・・・の、繰り返し。
「出るのは、ため息ばかりなり。」ってか。

自分の番号が呼ばれたのが、書類を渡し終えてから約1時間半後。
長かったな~。

時刻を見るとPM3時半。
リタイアメントビザ延長手続きを併せると、約7時間超、ここにいることになります。

1日仕事になってしまいました。
午前中にすべて終わらせてしまおうと、朝一で行ったのにね。
甘い考えでした。w

それでも、タイに居させてもらうための、1年に1度のイベントだと考えれば、たいしたことではありません。
今後、待ち時間を楽しむ方法を考えればいいだけですからね。


これで来年のビザ延長手続きまでは、自由にタイを出入国できることになりました。
タイに、日本に、はたまた他国に・・・。
あっちこっち飛び回ることにしましょう。

おしまい。

以上、3回に分けて書きましたが、2017年1月24日(火)チェーンワッタナーのイミグレーション顛末記でした。


-


にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年1月26日 (木)

リタイアメントビザの延長~TM30と2枚の不明な書類~

前回記事の続きです。

なんとかA棟の銀行で残高証明を取得して、再びモタサイでイミグレのあるB棟へ。
まずは地階で預金通帳をコピーを取って、イミグレへ。
イミグレでは、すでに番号札を貰っていたので、そのままLカウンター(ビザ延長のカウンター)に向かいます。

AM9時15分頃に番号札を貰った時点では33人待ち。
それからA棟の銀行で待たされ、すでに1時間程度が経過。
タイミング的にはちょうど良いくらいかな?なんて掲示板を見ると、あと10人ほどでした。
事前に番号札を貰っていて正解でした。

待ち時間に申請書類(TM7)の書き込みとコピーの書類にすべてサインをして、これで完璧なはず・・・。

30分ほどして自分の番号が呼ばれ、すべての書類を担当者に差し出します。

その書類は、

・リタイアメントビザ延長申請書類(TM7)
・パスポート
・パスポートコピー、サイン済み
・出国カード(TM6)
・出国カード(TM6)コピー、サイン済み
・預金残高証明書
・預金通帳
・預金通帳コピー、サイン済み


一通りチェックされ、担当者からは、パスポートのコピー不足を指摘されました。
準備した書類、完璧だと思っていたのにね。
完璧じゃありませんでした。w
昨年出入国したスタンプを押されたページも必要だったようです。
そんなことなら、お安いご用。
すぐに友人にコピーを取りに行って貰いました。

他には、担当員から2枚の書類を差し出され、チェックされた箇所にサインをしろとのことで、言われるままにサインをしました。

手数料は1900バーツ。
2000バーツを支払い、その場でお釣りの100バーツと領収証を受け取り、すべての書類を別のカウンターの人に渡すように指示されます。

そこで再度書類一式を渡し、あとはブースの外で待つように言われ、しばらく待って、名前を呼ばれ、ビザ延長のスタンプが押されたパスポートを受け取り、リタイアメントビザ延長手続きのすべてが完了です。

手続きは、結構、スムーズでした。

これで来年の2月13日までタイに滞在出来るお墨付きを得て、目出度し目出度しです。

パスポートを受け取った時刻は、AM11時45分。
朝一で庁舎に到着してから約3時間半。
残高証明の取得で時間を取られましたが、なんとか午前中で終わって良かった。
「残高証明の機械が故障」って、銀行で言われた時は、どうなることやら?と思ったからね。


ただ・・・。
今回のリタイアメントビザ延長手続きに際し、気になったことが2つ。
それは、CMの後ってことで。

スポンサーリンク


まず、一つ目の気になったこと。
何人かのタイ在住者のブログには、更新に際し「TM30の提出を求められた。」と書かれていたこと。
そもそも、このTM30の存在すら知らなかったんですが、良く読むと「外国人をタイ国内に滞在させる場合、そのオーナーは届出が必要。」なんだとか。

自分が借りているアパートのオーナーが、その届出をしているかは定かではない。
だけど一度もそんな話を聞いたこともないので、おそらく何もしていないと思う。

この件を今回言われるんじゃないかと、気になっていた。
何も準備していないしね。

結論から言うと、TM30は要求されなかったし、話にも出なかった。
敢えてこちらからら話を持ち出すほど野暮なこともないしね。
何か言われたら対応しよう・・・。
そんなスタンスでした。


結局のところ、現時点においては、TM30はイミグレの各所で対応が異なると言うことでしょうね。
少なくともチェーンワッタナーのイミグレでは、その必要が無かったってこと。
ただそれだけ。
この手続き、今後統一されていくのか、はたまたこのままか?
これからどうなるかなんて、考えてもしょうがないや。
どう転んでも、ここはタイなんだから、その時々で対応するしかないからね。
面倒なことに、ならないことを願うしかありません。


二つ目の気になったこと。
手続き中に、言われるがままにサインさせられた2枚の書類のこと。
あれは一体何の書類だったんだろうか?

書類の上部には、氏名と住所を書く欄があって、右側には写真を貼る場所と思われる欄も。
そして最下部にはサインする欄。

ちょうど中央部当たりに、「
RETIREMENT」の青いスタンプが押されていました。

上部の欄に氏名と住所を書いていたら、氏名だけ書けばいいよって。
もちろん写真も要求されていません。
あとは2枚とも下部にサインして提出。

自分にもう少し余裕があれば、書類の内容を確認できたかもですが、情けないことに、ただただ言われるがまま。w

1年前の手続き時にも、こんな書類あったのかな~?
もう覚えてないや。
きっと、リタイアメントビザの人は詳しく記入しなくて良い書類なんだと。
そう、勝手に判断しておきましょう。

来年の更新時の宿題として、忘れないように、ここに書き留めておきます。

以上、リタイアメントビザ延長に際した気になったこと2題でした。


午後からは、リエントリーパーミットの手続きもしておきましょう。
そのことは、次回に続きます。




にほんブログ村

スポンサーリンク

2017年1月25日 (水)

リタイアメントビザの延長~想定外のトラブル発生~

ブログの更新がまた約1ヶ月も滞ってしまった。
すっかり怠け者と化しています。

昨年末に日本へ帰国、正月を日本で過ごすのも10年振り。
昨年の10月に亡くなった母の百箇日法要と12月に亡くなった従兄の四十九日法要が重なり、なんだかんだ忙しい日々でした。
それでも、正月はテレビ三昧。
駅伝を見たり、サッカーを見たり・・・。
たっぷり日本の正月を堪能したのでした。
(ただ、寒さには辟易してましたけどね。)

正月はタイで・・・。
ここ10年、それが当たり前になっていましたが、日本で過ごす正月も良いかな・・・?
そんな気持ちにもさせられたのでした。
だから来年の正月も日本で・・・?
いやいや、まだ今年も始まったばかりで、来年のことを考えるのは良しましょう。

で、今はすでにバンコクに戻ってきています。
やっぱり寒いよりは暑い方が好きかな。
いろいろ気持ちが揺れ動くお年頃です。w

バンコクでの生活ですが、すでに日常化しており、中々ブログに書きたいことが起きません。
平々凡々な毎日で、相変わらずのぐ~たら生活。
そんなわけで、ブログを書く気も起きずに、気がついたらほったらかし状態。

ブログを見に来ていただいている人には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
なにか刺激的なことが起きれば、喜んで披露するんですけどね。

そんなことを思っていたら、ここでようやく刺激的なことが起こりました。
そして、ようやくブログが書けます。w




自分「リタイアメントビザ(NON-O)」を取得してバンコクで暮らしていますが、その期限が2月13日までなんです。
そろそろ「ビザの延長をしなくちゃっ!」ってことで、昨日は重い腰を上げてチェーンワッタナーのイミグレーションまで行ってきました。

今回はビザの延長の他に、リエントリーパーミットの手続きも併せてするつもりなので、朝一で出かけることに。

まず家を出る前に、持ち物の確認。

・パスポート
・出国カード(TM6)
・預金通帳
・現金

とりあえず、これだけ忘れなければOKです。


あとは現地で調達。
・リタイアメントビザ延長の為の申請書(TM7)
・リエントリーパーミット手続きの為の申請書(TM8)
・預金の残高証明書
・申請書に貼付する写真
・パスポート、出国カード、預金通帳のコピー


必要な書類はこれくらいでしょうか。

自分が庁舎に到着したのが、AM8時10分。
イミグレと銀行のオープンが、AM8時30分。
イミグレの入り口には、すでに長い列が出来ていましたが、自分はその列には並ばずに、必要なものを準備です。

写真を撮り、パスポート等をコピーして、次は残高証明を取るために銀行へ。
オープン5分前に銀行の入り口へ。
銀行には一番乗りでした。

実は、この銀行でタイトルにも書いた「想定外のトラブル」が起きたのでした。

そのトラブルとは・・・?
それは、CMの後で。

スポンサーリンク



一番乗りで銀行のカウンターで残高証明の依頼。
10分、20分、残高証明が出来てきません。
それまでは「遅いな~」って思いながらも、おとなしく待っていました。

30分位経って、さすがに業を煮やしカウンターに「まだですか?」って聞きに行ったら、なんと機械が故障してるんだとか。

それでも、残高証明が無ければ、ビザ延長手続きが出来ませんから、こちらは待つしかありません。

それから10分後位でしょうか。
イライラし始めた頃に係員に呼ばれ言われたことが・・・。

「機械が治らないので、ここでは残高証明は取れません!!」
だってさ。
すでに渡してあったパスポートと預金通帳、それと手数料の100バーツを返されてしまいました。


えっ、残高証明が取れない?
また出直し?
折角早起きして来たのに、どうすりゃいいのさ、この私。
まさに、そんな状態。

タイ語も英語も、まだ上手く話せないし、一旦トラブルが起きると、思考停止に陥ってしまうのです。w

でも、今回は大丈夫。
自分には強い味方がいます。
そう、イミグレで何か言われた場合のために、友人のタイ人を同行させていたのでした。


その友人に詳しく聞いてもらいました。
やっぱり機械の故障で、すぐには残高証明が出せないということ。
いつ復旧できるかもわからないんだとか。
それで銀行側からの提案は、A棟内にも銀行があるから、そこに行ってくれってことらしい。

いつ復旧出来るかわからない状態で、このまま待つか?
A棟にある銀行に行くか?
選択は二つに一つ。
ここは間違いなく、A棟の銀行への移動でしょう。
そのまま待っていてもイライラを募らすだけですからね。

移動の前に、イミグレに立ち寄り、リタイアメントビザ延長のための受付番号を貰います。
その時点で46番目の33人待ち。

Dsc_4756

これなら、A棟の銀行で残高証明を取得し戻ってきても、自分の順番までには充分に間に合うでしょう。

それでもチェーンワッタナーのイミグレに行ったことが有る人は、わかると思いますが、イミグレのあるB棟からA棟に移動って言っても、かなり遠いですよね。
もちろん歩きでなんて考えられません。

自分、危険なんで普段モタサイを利用することは無いんですが、この日ばかりは仕方ない。
ちょっと怖いけど、モタサイで移動です。

A棟に到着して、銀行もすぐに見つけて、残高証明を依頼。
これで一安心?

って、思った矢先に・・・。

ここでも
「機械が故障中!」
だってさ。w

なんてこったい!!!

銀行の支店内の機械の故障では無く、銀行内全体で起こっていることなんじゃないの?
それなら、そうと言ってくれれば良かったのに・・・。
そんな事も調べずに「他の銀行に行け!」って言ったのね。

結局、A棟内の銀行でも、30分くらい待たされ、なんとか残高証明を出して貰えましたが、それにしてもタイらしい。
普通、機械が故障なら手書きで出してくれても良さそうなのに、それも出来ないの一点張り。

残高証明は、前もって準備するわけにも行かないし、まさか銀行で残高証明が取れないなんてことは想定外でした。
だけど、あくまでここはタイ。
こちらの常識では、測り知れないことが起こることは、いつも覚悟しとかなきゃね。
こんなことで、イライラするなんて、まだまだ修行が足りません。


ちょっと長くなってきたので、本来の目的、リタイアメントビザ延長の手続きのことについては、次回にってことでお許しを。

-


にほんブログ村

スポンサーリンク

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30