« どっちがいいんだろうか? | トップページ | すっかり怠け癖がついてしまいました »

2016年10月27日 (木)

もしかして俺はこの世に存在していなかった?

昨日は10月下旬にしては、小春日和の穏やかな日でしたね。
そんな日は、ちょっと遠出です。

電車に揺られて約2時間半。
茨城県のつくば市役所まで行ってきました。

相続手続きのための書類集めです。
相続人を特定するためには、被相続人の出生時から死亡時までの戸籍謄本(抄本)が必要がなわけです。
出生時から死亡時までの連続した戸籍謄本が必要なのは、隠し子の存在が無いかどうかを調べるためですね。

母は茨城県で生まれで21歳の時に父と結婚、その後横浜に移り住んで現在に至ります。
つくば市に於いては少なくとも出生時の戸籍謄本(抄本)と婚姻時の戸籍謄本(抄本)を取得する必要があります。

本籍地を何度も変えている人や、結婚離婚を繰り返している人は、書類集めが大変です。
それでも同一地域であれば、まだ良いですが、あっちこっちに移動していると、全部の戸籍謄本を集めるのは結構厄介ですからね。

幸いに母の場合は、つくば市では出生時と結婚時の2部の取得で済みました。
その戸籍謄本の記載内容をまじまじと眺めます。


そこには驚愕の記載が・・・。w

スポンサーリンク


母の事を記載してある欄を見ていると、「本籍ニ於テ出生 父○○届出 昭和○年○月○日受附入籍」と書かれているのが読み取れます。
これは特に問題ではありません。

驚愕の記載とは、この一文の前にある括弧書きでの記載です。
昭和の初めの古い戸籍謄本ですから、すべて手書きですから、正確には読み取れません。
でも、はっきり読み取れるのが
「死亡」の二文字の記載。
(昭和○年○月○日 本籍ニ於テ死亡 ○◆※→一部読み取れない。)
年月日は母の誕生日です。
これって、母は出生時に一度死んでたんじゃないの?
そして息を吹き返した?
あくまで推測ですけどね。

もし死産のままだったとしたら、俺はこの世に存在していなかったってことだよね。

初めて知った事実に驚きを隠せませんが、それ以上に母の出生時に何が有ったのか?
興味が尽きません。
だけど、本当のことを知っている人は、もう誰もいないでしょう。
もう少し早く知っていたならば、母に直接聞けたのにね。

他にも戸籍謄本では、興味深いことが読み取れました。
祖父と祖母は「出来ちゃった婚だったんじゃね?」とかね。
だって婚姻による入籍日が、長女(母の姉)が生まれた日の前日なんだよね。w


他にもいろいろ・・・?
聞きたいことが山ほどあります。

すべてに於いて事実は確認しようがありませんが、自分のルーツを知る意味においても、戸籍謄本を探ることって、案外面白いかも・・・。

今まであまり興味は無かったけど、父方も含めて少し自分のルーツを探ってみることにします。
そこにはいろいろな人間模様があったでしょうからね。
また一つ楽しみが出来ました。

-


にほんブログ村

スポンサーリンク

« どっちがいいんだろうか? | トップページ | すっかり怠け癖がついてしまいました »

健康について」カテゴリの記事

コメント

>招き猫の右手さん
まじまじと見ると、自分の知らなかった事が見えたりして結構面白いです。
お奨めです。

ふーむなるほど、戸籍謄本とはなかなか面白そうなものですね。
いつかしっかり見てみようかなあ。

>エムさま
戸籍収集は司法書士には頼まず自分で取ってきました。
天気も良く気分転換にもなって良かったです。
お母様がご健在とのことで、たくさん親孝行をしてあげてください。
ただ関わりが強くなるほど、亡くなった時の喪失感は、大きくなるんですけどね。
今はまだ母との思い出に浸っているところです。
四十九日を過ぎたら、自分自身の気持ちに区切りをつけて、次のステップに動き出す予定です。

ご自分で行かれたのですね。気候が良い時期で良かったですね。

私の父は20年ほど前に亡くなりましたが、母親はまだ健在です。ブログ、大変参考になります。
消失感はないほうがおかしいですよね。

寒くなってきましたので健康にもお気をつけください。

>TOSHIさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
まるっきり同い年です。
お母様を亡くされて、しばらくは消失感に苛まれていたのですね。
やはり1年くらいはいろいろ考えてしまいそうです。
昔は籍にいれるタイミングも、跡取りとかの事情で遅らすこともあったんですね。
うちの場合、今更、確かめようもありませんが、祖先に想いを馳せるのに良いキッカケになっています。
ブログでは拙い記事しか書けませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

はじめまして、昭和33年生まれで、ほぼ同年だと思います。
札幌在住で、仕事を辞めて10年 株と 不動産収入で暮らして、
時々、3週間ぐらい、パタヤで過ごしているものです。
私も、昨年3月母親を亡くしました。
12月に 突然おなかが痛くて病院に行ったら、腸閉そくが破れていて手術、
5日後、また破れて、再手術、坂道を転げるように 悪化
ついてはいましたが、何もできず、いってしまいました。
私自身、消失感で、なかなか立ち直れずに、いましたが、やっとこの頃、
そんなのだれも望んでいないって思えるようになり、
前向きに、前向きにと思って暮らしています。

さて 本題ですが、実は、私の祖父が亡くなったとき、やはり長男が生まれてから結婚してました。
できちゃった婚と同じように思ったのですが、昔は、子供が生まれるまで、
籍を入れないということが、頻繁にあったようです。
基本が 家なので、 子供が生まれなければ、 離縁
その時、戸籍に残らないようにだそうです。

違うかもしれませんが、ふと思い出したので

頑張ってください

TOSHI

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もしかして俺はこの世に存在していなかった?:

« どっちがいいんだろうか? | トップページ | すっかり怠け癖がついてしまいました »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31