« なぜ自宅で看取ったのか? | トップページ | 葬儀は家族葬で »

2016年10月13日 (木)

へぇ~、人ってこうやって死んでいくんだぁ~。

タイのプミポン国王の容体が不安定になっているらしい。
医師団による懸命な治療が続いているとのこと。
みんな回復を祈念している。
それでも国王は「生きたい!」と思っているのか?
「もう逝かせてくれ!」って思ってるんじゃないのか?

回復を願いながらも、母を看取ったばかりの自分にとっては、ちょっと複雑な心境です。

母の場合。
自宅に連れてきた時から治療はしない。
そう決めた。
死を覚悟して、それを受け入れた。
でも少しでも長く生きてほしい・・・。
そこには母の気持ちなど無く、見守る側の勝手な思い入れ。
長引けば長引くほど、お互い苦しむことはわかっているのにね。


平成28年10月3日 午前9時00分 死亡
直接死因 クモ膜下出血 
その原因 前交通動脈瘤破裂
発病から死亡までの期間 5ヶ月


これが、死亡診断書に書かれた内容です。

初めての看取り。
実際、どんな感じで人は死にゆくのか?
事前にレクチャーを受けていても、やっぱり不安はありました。
果たして冷静に看取れるのか?
ジタバタしてしまうのか?


その顛末を要約するとこんな感じか・・・。
亡くなる前日の夜のこと。
いつもより呼吸が荒くなってきた。
とりあえず、契約していた24時間看護ステーションに連絡。
返って来た答えは、
「しばらく様子をみてください。」

そう言われると思っていた。
何もしない・・・。
それが上手に死なせるためには必要なことらしいから・・・。

慌てて救急車でも呼ぼうものなら、母を蘇生させることが出来るかもしれないけど、より苦しませる可能性も否定できない。
在宅で看取る覚悟を決めたのだから、ジタバタしてもしょうがない。
自分で自分に言い聞かせます。

今夜が山か?
看取りのシーンでよく聞く言葉が頭を過ります。

いかにも苦しそうな呼吸をしていますが、当人はそんなに苦しくないらしい。
それって本当か?どう見ても苦しそうだよ・・・。
見ていて辛い・・・。
「苦しくないよね!苦しくないよね!」そんな軽薄な言葉しか母に投げかけられません。

そんな様子が一晩中続きました。

そして朝(AM5時30分)のオムツチェック。
亡くなる前は尿量が減るらしいが、この時はたっぷりと尿は出ていました。
あれ?まだ大丈夫?そう思ったのですが・・・。

体温は38.6度(熱が高いな~)
脈拍は120/分(脈も速くなってきた~)
目は半開きで、瞬きはしていない。
昏睡状態か?
手足は冷たくなってきて、足はチアノーゼ(紫色に変色)の症状を確認。


痰が絡むのか?時たま喉がゼーゼーしています。
そして胸、腹、肩を使って大きく呼吸をしているのがわかります。

AM7時頃 呼吸が止まりました。
死んだ?と、思ったら10秒くらいして、大きく息をして呼吸が復活。

そしてそれからAM8時頃まで、呼吸停止、復活を5分置き位に繰り返しました。
自分は黙って、その様子を見守るだけです。
ここで大きな声で「母さん!」なんて叫ぼうものなら、折角、三途の川を渡ろうとしているのに、呼び戻しかねないからね。
苦しい様子を見るのはもうたくさん!。
だから気持ちは「もう逝っていいよ!」でした。

AM8時頃からは、穏やかな呼吸に変化。
持ち直したのか?
そう思った矢先に、下顎が外れるような仕草を2~3度繰り返し「ウッ!」と言う音を残して完全に呼吸が止まり、それと同時に半開きだった目が、完全に閉じたのでした。

10月3日、午前8時21分のことでした。

それにしても人の命なんて・・・儚いね~。


-


にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

« なぜ自宅で看取ったのか? | トップページ | 葬儀は家族葬で »

健康について」カテゴリの記事

コメント

>サムライコボリさん
タイ国歌に国王賛歌、両方とも歌えるんですね。
すごいです。
私の方は、ようやくタイ語学習を再開しました。
しばらく勉強していなかったので、だいぶ忘れてしまいました。
「まずはタイ文字を読めるようになる。」を目標に頑張ります。

再々投稿で申し訳けありません。
下記の方が歌いやすいので再訂正版・最終版です。
タイ国王崩御の日から《国王賛歌》をずっと聞き歌い練習したので現在もう完璧に歌えるようになりました。
次回訪タイ時(今年年末年始に1週間ほど滞在確定なので)にタイ人の友達に聞いてもらおうと思っています。555
《タイ国歌》はもうすでに歌えるので今まで初対面のタイ人とのコミュニケーションツールとして使っています。
oininさんもどうですか?コミュニケーションツールとして。555

私は下記↓を何回も聞いて覚えました。
https://www.youtube.com/watch?v=MErQvZLHo-c

________🎵サン・ソェーン・プラ・バーラミー🎵___ สรรเสริญพระบารมี_____《国王賛歌》
_カー・ウォーラ・プッ・タ・チャウ
_アウ・マヌー・レ・シィラ・クラーン
_ノップ・プラ・プーミ・バーン・ブンヤ・ディレーク
_エーク・ボーロマ・チャックリン
_プラー・サヤーミン・プラ・ヨセ・イン・ヨン
_イェン・シィラ・プロ・プラ・ボリバーン
_ポン・プラ・クン・ター・ラックサー
_プーヮン・プラチャー・ペン・スック・サーン・コー・バンダーン
_ター・プラ・ソン・ダイ・・チョン・サリッ・・ダン
_ワン・ワラ・ハルェッ・タイ
_ドゥッ・チャ・タワーイ・チャイ・チャヨー

>招き猫の右手さん
自宅で死を迎えさせて良かったんだろうか?
戸惑いはありました。普通に考えても病院で死ぬ方が安心感があるんじゃないかと思うんです。
いくら家族に見守られているとはいえ、医療に関しては素人ですからね。
「死に目に会えなかった」って残念がる人がいますが、人が死ぬ瞬間は、あまり見たくないのが本音です。
看取るこちらが、かなり息苦しいです。

僕の場合は父親は僕がいないときに死んで後から駆け付けたので、こういう瞬間を見ることがありませんでした。

しかし、時代ものでよく死に場所を定めるという言い方をしますが、自分で人生の幕引きのタイミングや場所を決められるって実はかなり贅沢なことなのかもしれませんね。

>サムライコボリさん
母が逝ってから10日後のこと。
ただならぬ縁を感じてしまいます。
それにしても今年は自分の周りでいろいろなことが起こります。

サン・ソェーン・プラ・バーラミー__《国王賛歌》は下記の方が歌いやすいので訂正版です。

___サン・ソェーン・プラ・バーラミー__《国王賛歌》
__
_カー・ウォーラ・プッ・タ・チャウ
_アウ・マヌー・レ・シィラ・クラーン
_ノップ・プラ・プーミ・バーン・ブンヤ・ディレーク
_エーク・ボーロマ・チャックリン
_プラ・サヤーミン・プラ・ヨセ・イン・ヨン
_イェン・シィラ・プロ・プラ・ボーリバーン
_ポン・プラ・クン・ター・ランサー
_プーン・プラチャー・ペン・スッン・サーン・コー・バンダーン
_ター・プラ・ソン・ダイ・・チョン・サリッ・・ダン
_ワン・ワラ・ハルェッ・タイ
_ドゥッ・チャ・タワーイ・チャイ・チャヨー

本日、2016年10月13日・タイ時間19時前(日本時間21時前)に、
プミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が、死去しました。
12月5日が誕生日なので現在88歳・・・・残念です。
タイの映画館で上映前に流れる《国王賛歌》下記ですが
今日は何回も口ずさみ聞いています。
___
__♪JAPANESE-Lyrics♪日本語歌詞 เนื้อเพลง-ภาษาญี่ปุ่น__
___サン・ソェーン・プラ・バーラミー__《国王賛歌》

_カー・ウォーラ・プッ・タ・チャウ
_アウ・マヌー・レ・シィラ・クラーン
_ノップ・プラ・プーミ・バーン・ブン・ヤディ・レーク
_エーク・ボーロマ・チャク・クリン
_プラ・サヤー・ミン・プラ・ヨセ・イン・ヨン
_イェン・シィ・ラ・プロ・プラ・ボーリバーン・・ポン・プラ・クン・ター・ラック・サー
_プワン・プラ・チャー・ペン・スック・サーン・コー・バンダーン
_ター・プラ・ソン・ダイ・チョン・サ・リッ・ダン
_ワン・ワラ・ハ・ルェッ・タイ
_ドゥッ・チャ・タ・ワーイ・チャイ・チャヨー
_____
_訳:
_わたくしは意思と理知を持って
_プミポン国王に敬意を払います
_最も偉大なチャッククリー王朝
_プミポン国王の甚大ですぐれたお力、御加護と恩
_王の平和維持を喜びとします
_全ての民衆は平和で幸福であるよう祈ります
_王がいかなる願いも実現されますよう
_心から願います
_勝利が賜われますよう 万歳!

https://www.youtube.com/watch?v=d8yyByggRT0


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へぇ~、人ってこうやって死んでいくんだぁ~。:

« なぜ自宅で看取ったのか? | トップページ | 葬儀は家族葬で »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30