« 無知とは恐ろしいもんですが無知が故の喜びもあるんです。 | トップページ | 今日も続く、恐怖の介食! »

2016年6月20日 (月)

トンチンカンな会話はやっぱり認知症のせいだよね。

入院中の母さん、最近はリハビリ病棟でリハビリ師に支えながら立ちあがることや歩く訓練をしています。
でも相変わらず母さん自身の意思は感じず、無理やり感が満載です。
傍で見ているこちらとしては、「立て!立つんだ!母さん!」と、「明日のジョーの丹下段平」の気持ちで見守っています。

昨日は母さんの弟(80歳)が見舞いにきてくれました。
母さん、入れ歯を外したくしゃくしゃな顔で喜んでいました。

どうやらしばらくぶりの再会のようです。
つもる話しも有って、面会時間を軽く超えて2時間ほど、母さんと話をしていました。
83歳(母さん)と80歳(叔父さん)との会話です。
方言も交じってるので、はっきり聞きとれはしませんが、

川で魚釣りをした思い出。
ザリガニを取って食べた思い出。
家の手伝いで畑仕事をして大変だったこと。
弟の面倒を見てあげたこと。
などなど・・・。
そんな話しをしていました。

母さん、叔父さんの一方的な会話にも「うん、うん!」って頷いたり、「そうだったね~。」とか口にしています。

傍から見れば、特に変わった様子はありません。


あれ?
普通じゃん。
会話も成立してる感じです。

そう、かなり普通に見えるんですよね。
「おむつさえ取れて歩けるようになったら、入院前と変わらない状況で家に戻って来れそうだね?」
叔父さん、そんな事を言って帰っていきました。

ところがどっこい!
普通じゃないんです。

病院の出口まで叔父さんを見送り、病室に戻ってから母さんと話しました。
自分「久しぶりに叔父さんに会えて良かったね?」
母さん「いつ?」
自分「今、来てくれたでしょ!」
母さん「どこに~?」
自分「ここにだよ!今、お見舞いに来てくれて、昔のことを話してたじゃん!」
母さん「・・・・・・。」

どうやら叔父さんと会ったことを、覚えていないらしい・・・。
今さっきのことじゃん!
なんで・・・?
自分の頭の中の方が「?????」です。


認知症の症状を調べてみると、「記憶障害」によって過去の出来事が記憶されなくなるんだとか。
新しいことから忘れてしまう・・・。
そんなことが起こるらしい。

それでも昔のことは記憶として残っているらしく、そうなると叔父さんと会話が成立したのも合点がいきます。

自分、いつも病院にいくたびに、「今日はご飯食べれた?」とか「今日のリハビリは、どうだった?」とか聞いていました。
でも、母からの返事は「まだ食べていない!」とか「何もやっていない!」とかでした。
明らかにご飯も食べてるはずだし、リハビリもやってるはずなのにね。

あっ、そうか?
ご飯を食べたことも、リハビリをしたことも記憶していないんだ!


だから母さん、今は「リアルタイム」と「遠い昔の思い出」でだけで生きているようです。
今さっきのことや、昨日のこと・・・。
なんで入院したのか?はたまた今入院していることすら、わかっていないのかも知れません。

それって、ある意味幸せかも。
嫌な出来事を忘れられる(記憶していない)わけですから・・・。

でも、こちらは今までは「ボケ」の一言で片づけてしまったいたことを、「認知症」と言うやっかいな症状と向き合わなければなりません。

もしリハビリで歩けるようになってしまったら「徘徊」の心配も出てきます。
老人が道に迷うのも、歩いてきた道を記憶していないので、帰れなくなってしまうんでしょうね。
それに「妄想」とかも怖いですね。
家にいても誰かが襲ってくるとか、家族に苛められてるとか・・・。
時に凶暴になることもあるらしいから厄介です。

そんな人とまともに向き合っていたら、こっちの身がもちません。
いかに母の感情を損ねずに、適当にスルーできるか?
大きな課題です。

それと、この「記憶障害」。
起こったことは記憶されないらしいんですが「感情」は覚えているんだとか。
「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「怒り」とかの感情ですね。
そうだとすれば、母さんが「嬉しいと思うこと」や「楽しいと思うこと」を、これからの思い出として残してあげたい。

そのためには、これから何をして上げられるでしょうか?
只今「認知症との向き合い方」を勉強中です。

そんな勉強を始めたら、タイ語の勉強がおろそかに・・・。
折角、学校にまで通って勉強したのにね。
自分、タイ語はすでに「記憶障害発生中!」です。w

-


にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

« 無知とは恐ろしいもんですが無知が故の喜びもあるんです。 | トップページ | 今日も続く、恐怖の介食! »

健康について」カテゴリの記事

コメント

>ユーサンさん
まさしくその通りで、脳の「記憶する」部分が壊れてしまったんでしょうね。
たった今、してしていたことを覚えていません。
物覚えが悪くなったとか、人の名前を思い出せないとか・・・。
そう言った類の延長に認知症があるんでしょうかね?
であれば、自分も認知症予備軍かも・・・。w

知人も言ってましたが、記憶障害って言うのは、たった今話した事やした事を覚えていないらしいですね?
脳の中に入ってこないと言うか?記憶するスペースが無いと言うのか?
だから笑い話みたいな事も有るんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンチンカンな会話はやっぱり認知症のせいだよね。:

« 無知とは恐ろしいもんですが無知が故の喜びもあるんです。 | トップページ | 今日も続く、恐怖の介食! »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30