« 数少ない友人の一人が日本に帰ることを決めたそうです | トップページ | 週末は、ふらふらと・・・。 »

2016年2月 5日 (金)

タイ語学校、初心者コースから初心者脱却コースへ

今通っているタイ語学校、昨日から新しいコースがスタートしました。
そのコースは名付けて「初心者脱却コース」です。

1単位目が「超初心者コース」
2単位目が「初心者コース」
3単位目が「初心者脱却コース」
コース名は、あくまで自分が勝手に名付けているので、正式名称ではありませんよ。w

この3単位目までは、タイ文字の学習までには至りません。
だから終了しても、まだタイ文字は読めませんし、タイ文字を書くことも出来ません。
あくまでタイ語で簡単な会話が出来る程度のレベルになる位でしょうか。

次の4単位目から、タイ文字での読み書き訓練がスタートしますので、3単位目まではまだまだ初心者のレベルっていうことです。
ただ、この単位を終了出来れば、初心者から脱却出来るんじゃないかと、期待を込めて勝手に命名しています。
(でも、次の単位はタイ文字初心者コースになるかもです。w)

現在、一緒に授業を受けているのは自分も含めて4名で、その内、日本人は2名。
この日本人とは1単位目から一緒に授業を受けています。

最初の1単位目は全部で8名のクラスメートがいたわけですが、2単位目の初心者コースに進んだのが自分も含め4名だけ。
その4人に落第者が2名加わって、2単位目は6名での授業でした。

そして、今回更に二人減って、4名だけになってしまいました。
なんか、どんどん減ってしまい、寂しい限りです。

それで、昨日から始まった3単位目の授業ですが、教材のテキストが極端に薄くなりました。
2単位目と比べても3分の1位の厚さでしょうか。

それを20日かけて授業を進めるわけで、どんな授業になるのか興味津々です。

で、早速始まった授業・・・。
う~ん、やっぱり大変かも。

テキストが薄い分、3単位目は会話中心の授業のようです。
おそらく今まで詰め込んだものを、吐き出す番ですね。

先生が話す言葉を速記するように声調マークを付けて、ローマ字書きしたり、今まで習った語彙を使って短い文章を作ってて発表したり・・・。
そんなことから、授業が始まりました。

それと、矢継ぎ早の質問攻撃が・・・。w
初っ端からタジタジです。

いくら一度習ったからって、そう簡単に身につくものでも無し、「これ前にも教わったでしょ・・・。」そう、言わんとばかりの先生の表情に、こちとら居直り気味に対峙します。w

質問なんて、すごく簡単な内容なんですけどね。
日本語で答えるならばね。w

おそらく幼稚園児への質問レベルと同じくらいじゃないかな?
それでも、すぐに答えられないんだからね。
情けないです。w

頭の中では、こう答えたい・・・。
でも、言葉が出てこない・・・。
このもどかしさ。

あ~、イライラする。

それに、もう一人の日本人は、すでに仕事でタイ語をかなり使っているようで、上達も早くタイ語での会話は苦ではなくなってきているみたい・・・。
他の二人の生徒も、もう何年もタイに住んでいるらしく、会話レベルは何ら問題ないようなので、今は自分が一番出来の悪い生徒ってところでしょうか。w

やっぱり、タイ人と話す機会が多ければ多いほど、上達が早いのは当たり前ですからね。
自分の場合は、仕事関係でタイ語を使うことも無ければ、タイ人の集まるコミュニティーに参加しているわけでもないので、タイ語を使う機会って、どうしても限られてしまいます。
だから上達が遅れるのは仕方が無いことと、そう達観はしているんですが・・・。

どうしても同じクラスの生徒と比べてしまいます。


まだこんな状態で、いつになったら不自由なく、タイ語を話すことが出来るようになるんだろうか?

焦っても仕方ないし、近道があるわけでもないし、茨の道も一歩から・・・。
のんびりと、ゆっくりと歩いて行きますわ。
-


にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

« 数少ない友人の一人が日本に帰ることを決めたそうです | トップページ | 週末は、ふらふらと・・・。 »

バンコク暮らし-語学学習-」カテゴリの記事

コメント

>招き猫の右手さん
友達と話すと言うより、仕事で強制的に話さなければいけない環境が、上達の近道のようです。
ただその分、苦労も半端ないでしょうけどね。
自分の場合は、のんびりでもいいから苦労せずに身に付けたい。
そんな感じです。w

やっぱり友達と毎日話すのがいいんですかねえ。
でもどんどん上に行ってる感じがしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイ語学校、初心者コースから初心者脱却コースへ:

« 数少ない友人の一人が日本に帰ることを決めたそうです | トップページ | 週末は、ふらふらと・・・。 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30