« ウィークエンドじゃないウィークエンドマーケット | トップページ | タイ語学習と日本語学習 »

2015年11月16日 (月)

リタイアメントビザ取得へ(その3)-再びの落とし穴-

先週の火曜日(11月10日)に、リタイアメントビザの申請にチェーンワッタナーのイミグレーションまで行ったものの、申請書に記載したアドレスが、チェーンワッタナーの管轄ではなく、パトゥムタニの管轄であったため、すごすごと引き下がってきたのは、ここに書いたとおりです。

で、パトゥムタニかチェーンワッタナーのどちらで申請するかを考えていたんですが、今後のことを総合的に考えて、バンコク管轄のチェーンワッタナーで再度申請をすることにしました。

そのためには、アドレスがバンコク管轄に無ければいけませんので、正規の形でオーナーと賃貸借契約を取り交わした上で、本日再びチェーンワッタナーへ行ってきました。

11月16日(月)
朝一でチェーンワッタナーのイミグレへ。
8時半前には到着しましたが、扉の前は、すでに長い列が出来ています。
でも、先週よりも列は短かったです。

Dsc_2223

8時半ジャストに扉が開き、受付カウンターで番号札を貰ったところ、今回はなんと1番ゲットです。
たくさんの方が並んでいても、ビザ関連にはいろいろな種類があるため、受付カウンターで振り分けられるんですよね。

だから待つこともなく、申請手続き開始です。
前回一度申請手続き(跳ね返されましたが・・・。w)をしているので、気持ち的には楽でしたね。
書類も完璧に揃えましたから・・・。

ん?揃えたはずだったんですが・・・。

ところが、提出書類を見ながらイミグレの担当者、同行してくれた友人に何やらタイ語で話しています。
自分はチンプンカンプンです。

またダメか・・・?
何か不吉な予感。


一旦、書類を差し戻されて、席を離れることに・・・。

友人に聞いてみたら、
「バンコク銀行の残高証明と通帳のコピーを最新のものにしてください。」
と、言われたとのことでした。
その書類は、11月9日(月)に準備しておいたので、1週間経過したものだったんです。

前回申請時は、前日付けの書類だったから、何も言われなかったんでしょうね。
どの位前の書類ならOKなのかは、良くわかりませんが、
1週間前の書類ではダメってことです。

友人「再度残高証明を発行して貰いに、プロンポンのバンコク銀行に行く必要がある。」と、ちょっと浮かない顔。
自分「下階のバンコク銀行で発行してくれるみたいだよ。」
友人「本当?」


友人、半信半疑でしたが、とりあえず共に下階のバンコク銀行へ。

もちろん残高証明は作成してくれましたよ。
Damascusさんのブログを読み込んでおいて良かった~。感謝です。)

これで、すべての書類が整ったわけです。
再度イミグレの窓口にて書類を確認して貰い、2,000バーツを支払って、無事に申請完了です。

結果的には受理までこぎつけましたが、「これで完璧!」なんて、安易に考えたらダメですね。
どこに落とし穴があるかわかりません・・・。

結局、残高証明は2回作って貰ったので、本来100バーツで済むところを、200バーツかかってしまいましたが、これも勉強代です。

次は、12月1日か2日に再度イミグレ出頭です。
何ら問題が無ければ、その時に90日の滞在許可が貰えるはずです。

そして、もう少しでタイ在住者の仲間入りが出来そうです。

-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

« ウィークエンドじゃないウィークエンドマーケット | トップページ | タイ語学習と日本語学習 »

バンコク暮らし-ビザ関連-」カテゴリの記事

コメント

>Damascusさん
自分のノービザ滞在期間がギリギリだったら、何故なのか?担当に聞いていたでしょうが、ノービザ滞在期間内だったため、別にいいや・・・、って気持ちでした。
おそらく、30日が月末なのでそれを避けた(イミグレが忙しい?)ような気もしますが、あくまで推測です。55
想定外のことも起きるし、想定外のことも出来てしまう・・・。
それもすべてタイなんでしょうね。
面白いです。

>招き猫の右手さん
本当、知り合いがいることで、いろいろ安心出来ますからね。
特に外国だと、いざという時に言葉の問題で、理解できないと困ってしまいます。
今の時代、おカネを出せば何でも出来てしまいますが、やっぱり自分で動いた方が達成感は強いですよね。

安心しました♪
そしてタイのアバウトさ(申請期限はビザ期限の15日前までなのに、結果は16ー17日後)にあらためて感心している次第です55
私はいつもギリギリ行動派なので、やばかったかもしれません。。。
ただ、プーケットのイミグレで1年ビザの更新に行った方で、預金期間が3ヶ月に1日足りなくても受理されたって話を聞いたことがあるので、どうにかなるのかな〜♪
これがタイ!か・・・55

知り合いは心強いですね。
苦労を乗り越えて手に入れた地位は嬉しいでしょうね。

>Damascusさん
Damascusさんのブログには、いつも勝手に参考にさせていただいて、有難く思っています。
手続きについては、頭の中にすべて叩きこんで臨んではいるものの想定外なことが起こったりして、ドギマギしたりしてますが、楽しんでやっています。
自分も次のイミグレの出頭日は11月30日だろうと思っていたんですが、RESULTに押されたスタンプは「DATE 1-2 DEC 2015」と、なっていますので間違いないようです。
これだと滞在可能期間15日前、ギリギリに申請に行った人は困ってしまうでしょうね。
そう言う人は、ちゃんと15日後に来れるようにしているのかな?
その辺のところは良くわからないところですね。


おせっかい大歓迎です。そして気にしていただいて嬉しい限りです。
タイの役人に対しては、一切不平不満は言いません。
そして態度にも出しません。
いつも平身低頭で・・・。この姿勢を貫いています。


>サムライコボリさん
現在の制度では、申請時においては3ヶ月キープの縛りはありません。
送金が現金を持ち込んでタイの銀行に預金し、残高証明を取得すれば大丈夫です。
(最初は日数の制限が無いということです。)
まず90日の滞在許可がおりて、次に1年の延長申請になります。
最初の1年の延長申請時でも、60日のキープで大丈夫です。
3ヶ月キープは、その次の更新からですね。
その辺のところは、イミグレのホームページを確認したので、それで間違いないと思います。
私が参考にさせていただいたDamascusさんのブログでも、そうなっています。
いつ変わるかわかりませんので、常に注意が必要ですけどね。

取りあえずおめでとうございます♪
リタイアメントVISAで申請受理後否認されたって話は聞かないのでたぶん大丈夫でしょう♪


ただ一つ気になることが。。。
「次は、12月1日か2日に再度イミグレ出頭です」とありますが、11/16に申請したのであればもらった領収書には「結果は11/30」(受理日を含めて15日後)とスタンプされているのではないでしょうか?
特に重要な用事が無ければ指定された日に出向くのが無難かと。。。


英語では「RESULT(結果)」としか書いてありませんが、タイ語では「結果を聞く約束の日(resultと全く同じニュアンスかもしれませんが)」というニュアンスで書かれているハズです。まあ、「タイの約束」って遅れても大丈夫な事が多いですが、VISAの受領という重要事項なので万全を期したほうが良いかと。。。


タイでは例え役人が悪くても、文句を言っても勝ち目は全くありませんので。。。

既に何らかの確認を取られているのであれば、おせっかいであったかもしれません。

80万バーツの残高があればリタイアメントビザ取得は出来ますけど、リタイアメントビザ申請時に、確か80万バーツを3か月間キープされた状態でなければならないはず。
今回現金を持ち込んで預金したんですよね?

>ユーサンさん
まともに話せれば、文句の一つもいいたくなる時があります。
ただ、こちとら置いていただく身ですから、何事にも従うしかありません。w
困った時は知人頼みってことで、何かと助かっています。
もし居なかったら・・・代行業者に頼んでいたかも知れませんね~。

お役所関連はどこの国でも何かと面倒なものですね。
でもタイ人の知人が居て良かったですね。
もし居なければ通訳が必要かも?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リタイアメントビザ取得へ(その3)-再びの落とし穴-:

« ウィークエンドじゃないウィークエンドマーケット | トップページ | タイ語学習と日本語学習 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30