« タイの建築物に想う | トップページ | どうでもいいことなのに、気になってしまったこと »

2015年8月27日 (木)

タイの思い出~真実の聖域~

アルバムを整理していると、いろいろな思い出が蘇ります。

本日紹介するタイの思い出の場所は、「The Sanctuary of Truth (真実の聖域)」です。
ここは、2010年の夏にパタヤに行った帰りに立ち寄りました。


P8170367

場所は、パタヤの北側にあるらしい。
「あるらしい・・・」って。www
自分で調べて行ったわけではないので、パタヤビーチからどれくらい離れているのかも知りません。
だから、点として覚えていても、線として繋がらないんです。w

自分の知らない場所に連れて行かれた場合は、後でしっかり調べないと、なんだか良く分からないことになってしまいますね。

それらは「ここはどこ・・・?」で以前に書きました。


ここ「The Sanctuary of Truth(真実の聖域)」は、「タイのサグラダファミリア」って、呼ばれているらしく、それで覚えていました。
「タイのサグラダファミリア」だなんて、あまりにおこがましいし、アントニオ・ガウディに失礼な気もしますけどね。

1981年に着工して未だ未完成だから、サグラダファミリアになぞられたんでしょうね。
でも、あまりに歴史が違いすぎる。w
ガウディーのサグラダファミリアは1882年からですからね。
100年以上も前から作りはじめて、まだ未完成。
ここは、たかが30年。

未完成しか共通点が無い・・・。www



でも、それなりに見ごたえはありますよ。
建物好き、装飾好き・・・にはね。


P8170380

未完成建築物で、現在も工事中ですから、ヘルメットを被って中に入ります。
とにかく、あらゆる場所の細工がすごい。


P8170372

釘を一切使わずに、すべて木材だけで作られているんだとか・・・。
日本建築に通ずるものがありますね。


P8170395

写真がうまく撮れていないので、なんだかわからないかも知れませんが、壁一面に精巧な彫刻が施してあります。

P8170383

写真でみるより、やっぱり実物を見て欲しいですね。www



この建物、観光目的で作られたものではなくて、17世紀から続く木造建築の技術を現代に残すことを目的に、タイの大富豪の方が、私費を投じて作り始めたんだとか・・・。
でも、完成を見ずに2000年には他界してしまったそうです。

その故人の遺志を継いで、作り続けているんでしょうね。

でも、今は完全に観光地化に走っているような・・・。www
だって入場料が500バーツって。
それに、馬車があったり象にも乗れるしね。

もう、故人の遺志は度外視している・・・?

今のところは「大富豪のひとりよがり」の感を強くしてしまいましたが、未完成な建築物が好きな自分にとっては、魅力ある場所であることは間違いありませんでした。

日本では、「完成させてしまうと、あとは崩壊するだけ・・・」ってことで、日光東照宮(陽明門)の逆柱のように、わざと未完成のままにしておくこともありますよね。


未完成は未完成の理由があれば、それが歴史になります。
それと未完成には未完成なりの美しさがあって「完成を想像させる力」と「アンバランスな魅力」があります。

だから自分は、未完成の建物が好きなんだと思います。

ここ、「The Sanctuary of Truth (真実の聖域)」の真価は、これからでしょう。
折角、あれだけの精巧な装飾を、釘を使わずに作りつづけているわけですから、故人の遺志をしっかり継いで、木造建築の技術を伝承する目的を履き違えなければ、それなりの評価を得ることが出来るような気がします。

でも、今は中途半端な観光地になってしまっているようで、気になるところです。

初めて訪れたのが2010年ですから、すでに5年経過しました。
5年経って、どれだけ進捗し、どう変化したのか・・・?
近く再訪してみるつもりです。

-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

« タイの建築物に想う | トップページ | どうでもいいことなのに、気になってしまったこと »

タイ」カテゴリの記事

コメント

>招き猫の右手さん
観光料は建築継続のために使われていると信じたい。
でも、どうだかわかりませんね。w
一度くらいは行ってみてもいいと思いますが、評価はわかれる場所だと思います。
建築物や装飾にまったく興味がない人にとっては、面白くないかもです。

あれ、パタヤには3回くらい行ってますが、ここは知らなかったです。
次回チャンスがあれば行ってみます。
しかし500バーツですか、高いなあ。
その資金がこの建築を維持するために使われているならいいんですけど、もしどっかの利権でかすめとっているだけならイヤですね。

>ユーサンさん
あの手の込みようは、尋常じゃないですよね。
まだ途中だけに細工の方法も実際に目にすることが出来るので楽しいです。
最初に行ったのが約5年前。あれからどう変わったのかも気になっています。

真実の聖域は興味深いですね。
結構手が込んでいて一見の価値有ですよ。
日本の古寺、神社も同様ですが、パワースポット的なところは私も好きです。
5年でどのぐらい変わっているんでしょうかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの思い出~真実の聖域~:

« タイの建築物に想う | トップページ | どうでもいいことなのに、気になってしまったこと »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30