« 英語の勉強 ドジョウ:weather loach | トップページ | それでもゾウが好きなんだよね »

2015年6月21日 (日)

バンコクでの生活費を再検証してみた

昨年の12月から今年の1月までと、今年の3月から4月にかけて、それぞれ約1ヶ月間バンコクに滞在して、生活するに必要な費用がだいぶ見えてきました。

1回目の時は、ホテル滞在と年末年始があったことで、出費が嵩んでいましたが、今回は特別なイベントもありませんでしたので、今後のバンコク滞在のベースになると考えています。

1回目と2回目のかかった費用は、こんな感じです。

Photo_3


総額で約20,000バーツほど、減額出来ています。
宿泊代の約10,000バーツの減額もそうですが、食費、生活費もすべて減少させることが出来ました。

前回の検証では、自分がバンコクでストレスなく生活するためには、宿代が15,000バーツ、生活費(食費含)が25,000バーツ、計40,000バーツは必要かな・・・?

なんて感じで書きましたが、2回目の滞在では、生活費(食費含)は20,000バーツ以内に収まりました。
あとは、宿代を15,000バーツ以内に収めれば、計35,000バーツで生活出来そうな目途が立ちました。


宿については、1回目はホテル住まいだったので参考にはなりません。
2回目も、友人の知人から安く提供してもらったんですが、エリアがスクンビットだったこともあって、約8000バーツほどオーバーでしたね。

でも、2回の滞在で実際に自分が住みたいエリアは調査済なので、あまり心配していません。
長期契約(1年以上)であれば、15,000バーツ以内で収まるでしょう。

もう少し安い所もありそうですが、予算は15,000バーツにしておきます。
あくまで上限ということで・・・。


問題は円安とインフレ・・・。
いつも気になるところですが、こればかりは自分の力ではどうしようもない。
だからと言って、気にしないわけにはいかないので、今出来ることは楽観視しないということ・・・。

今までは、1バーツを3.5円で計算していましたが、すでに1バーツが約3,7円になっています。
とりあえずは、更なる円安を考慮して、予算化では1バーツ4円で考えておきましょう。


前回の試算では・・・。
40,000バーツ×3.5=14万円


今回の試算では・・・。
35,000バーツ×4.0=14万円


前回の滞在で35,000バーツで生活出来そうなのがわかったのに、円安調整したら結果として同じ金額になりました。w

35,000バーツ14万円・・・これが、自分がバンコクに暮らすための、目安となりそうです。
これを超えない範囲で暮らしていければ・・・。

おそらく死ぬまで、路頭に迷うことはなさそうです。
大病しなければ・・・だけどね。www

移住で、生活費を下げたい・・・。
そんなことは昔の話、バンコクでは今や難しいかも・・・。
日本と同じ暮らしが精いっぱいです。


あくまで自分の場合は・・・です。w

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

« 英語の勉強 ドジョウ:weather loach | トップページ | それでもゾウが好きなんだよね »

タイ」カテゴリの記事

コメント

>damascusさん
そうでした、電気代バカに出来ないですよね。
過去2回は、宿代に含んでいます。アパートは12000~13000で抑えないといけませんね。
ありがとうございます。
あとは、新型エアコンと風通しですね。
注意して探したいと思います。

アパート探しの際、注意事項を一つ。
それは電気代です。
今回の試算で電気代がどこに含まれているのか不明ですが、結構バカにならないと思います。。。
ご存知の通り、タイは都市ガスがないので全て電気です。
便利さを求めると電気代が比例して高くなります。

季節や使用する家電によって人それぞれなので、具体的な金額は書きませんが、エアコンを使う季節は2000B前後、またはそれ以上は見ておいたほうがよいと思います。
つまり家賃15000Bで探す場合、ネットの家賃は13000Bくらいを目安に。
水道代はあまり気にしなくていいかな?
その他インターネット代が家賃に含まれているのかとか、単純な家賃ではなくてトールで1ヶ月いくら払うのか?ってところが大切です。

家主・管理人がいるアパートの場合、多くは電気会社に払う電気代に大幅な手数料を上乗せしています(稀に電気会社直払いもあります)。
これはどこでも同じなのですが、その価格はよーく比較したほうが良いです。
また、エアコンが新型か旧型かによっても電気料金が相当違ってくるので、単純なユニット当たりの電気代だけでは比較できないところが悩ましいところですかね?

そのほか部屋の方角や風通しによってエアコン稼動率がかなり違いますので参考まで。。。

>招き猫の右手さん
この金額は、若干余裕を持った金額です。
1ヶ月に1度くらいは、タイ国内を旅行したりもしたいですからね。
アパート代をもう少し絞ることも出来そうなんで、10万円を目途に生活することが理想です。
そのためには、もう少し円高になってくれるといいんですけどね。

14万とは、、やはり日本での生活のほうが安いくらいになってしまいますね。
旅費その他の諸経費を入れたらさらに。
バンコク移住は贅沢な話になってしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンコクでの生活費を再検証してみた:

« 英語の勉強 ドジョウ:weather loach | トップページ | それでもゾウが好きなんだよね »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30