« ある程度、予測はしていたが・・・。 | トップページ | 恐ろしき人間模様 »

2015年5月18日 (月)

やっぱり日本の職人はすごいわ。

最近、どうも涙もろくなっているようです。
感受性が強くなったのでしょうか・・・?
それとも歳のせい・・・?

昨日も「世界の子供がSOS!THE★仕事人バンク マチャアキJAPAN」という番組を見て、不覚にも・・・。

この番組は不定期番組で、今回が10回目らしいんですが、1年に1回くらいの放送なんですよね。
タイトルにもあるように、貧困に苦しむ子供たちからのSOSを受け、日本の技術職人が現場に赴いて、手助けするという番組です。

この番組の良いところは・・・。

 ・自然の破壊をしない
 ・現地のものを利用する
 ・地元の人に技術の伝承を行う

という、基本原則があって、最先端技術を利用しないところにあります。


昨日の番組は「カンボジアの貧しい村で井戸を掘る」という内容でした。
生活用水は川の水や溜池の水だけしかありません。

毎日大きなペットボトルに入れた汚れた水を抱え、片道6キロの道を裸足で学校に通う少女。
川の水を飲料している妊婦。

日本でのうのうと暮らしている自分には目を疑う光景です。


綺麗な水を出してあげたい・・・。
そんな思いで日本の井戸掘り職人を派遣し、地元民と協働で井戸づくりをしていくわけですが、職人の勘では30メートルぐらいは掘らないと水脈にはたどりつかないだろうと・・・。

でも水脈があるかどうかは、掘ってみないとわからない。

最先端の機材を使えば30メートルの掘削は、容易いかもしれませんが、それでは彼らのためにはなりません。
あくまで、地元の人だけで、井戸を作れるようにしてあげるのが、この番組の目的ですからね。

すべて人力です。

やぐらを組んで、そこからロープに吊るした鉄管を地面に叩きつけて、地面を掘り進めていくわけですが、途中、砂地盤や岩盤などにぶち当たり、困難が待っています。

1日中掘っても50センチしか掘れないことも・・・。
その都度、日本の職人は知恵と工夫で、その難局を切り抜けていきます。

日本の職人・・・すごいです。


ただただ、掘るだけですから、途中、地元民も職人も疲れきっていたでしょうね。約1ヶ月間も、最後まで諦めずに掘り続けた・・・。

そしてついに・・・・。
 

井戸水が汲み上げられて、地元の人たちの歓声と喜ぶ顔に、こちとらついに涙腺が崩壊です。www
みんな良く頑張りました。

それにしても綺麗な水が出て良かったな~。

それと、すでに地元の人たちだけで、新しい井戸を掘りはじめたらしい・・・。
まさしく、技術の伝承が出来たわけで、今度は地元の人たちだけで、井戸水を汲み上げてほしいものです。
諦めずにね・・・。


蛇口を捻れば綺麗な水が出る・・・。
これって、ものすごくありがたいことですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

« ある程度、予測はしていたが・・・。 | トップページ | 恐ろしき人間模様 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり日本の職人はすごいわ。:

« ある程度、予測はしていたが・・・。 | トップページ | 恐ろしき人間模様 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30