« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の31件の記事

2015年5月31日 (日)

僕が会社を辞めてまで、バンコクに行くひとつの理由

昨日、小笠原を震源に、比較的大きな地震がありました。
自分の住む街は震度3ぐらいだったでしょうか・・・。

マグニチュードが8.5ということですから、もし震源が浅かったら・・・。
考えただけでも恐ろしい。

今や大地震や火山の爆発による災害が、いつ自分の身に降りかかってくるやもしれません。
覚悟しておく必要がありそうです。

日本で災害が発生すると、タイの友人たちは、ラインを使ってメッセージを送ってくれます。

「Are you OK?」ってね

日本の災害ニュースがタイで放映されるたびに、心配してくれるもんだから、時には「何のこと・・・?」ってのも、たまにありますけどね。w

先の口永良部島で起きた火山の爆発なんかがそうです。
自分が住んでいる場所と、災害が起こっている場所を、理解していないために、「日本で起こった災害だから・・・」ってことだけで、心配してくれちゃうわけです。w


でも心配してくれるだけ、ありがたいですね。
無視されるより、よっぽど嬉しいです。

自分の人生は、すでに2/3は終わりました。
長い間、日本で働いていると、ビジネスライクな付き合いばかりで、人間らしい付き合いが希薄になっていると感じていました。

おそらく仕事抜きで付き合える関係を、ずっと欲していたんだと思います。

そんな時に、偶然にもタイという国を知り、日本で災害が起こる度に、

「Wish you safely and pray for Japan・・・」
と、心配してくれる仲間が出来た。

家族ではないけれど、家族同様の付き合いをしてくれる人たちが、バンコクにいる。
それだけでも、僕が会社を辞めてまで、バンコクに行く価値があると思っています。

退職により、ようやく仕事人間からは脱却し、残り少なくなってきている自分の人生・・・。
あとは、本能のままに、好き勝手に生きるだけです。


タイの友人たちに、恩返しをしながらね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月30日 (土)

懐かしい場所

「今日も暑かったですね~。」・・・テレビのお天気キャスターが言っていました。
そんなに暑かったですか?

住んでいる場所によっても違うとは思いますが、少なくとも自分の住む横浜は暑くないです。
風が吹くと、さらに心地良いです。
そう感じるのは自分だけ・・・?

それとも、すっかりバンコクの暑さに慣れてしまったからでしょうか・・・???


そんな快適な日は、自宅に引きこもっていては、もったいないです。
ってことで、いつもの散歩コースを大幅に変更して、ちょっと遠出を・・・。
遠出っていってもたかが知れてますが、自分にとっては、とても懐かしい場所です。

ここです。↓

Dsc_1585

「曹洞宗大本山総持寺」

鶴見駅から歩いて5分くらいです。

曹洞宗のお寺ですが、その意味するところは、あまり良く知りません。www

大本山って呼ぶくらいなので、かなりの有名な場所ですね。
大本山は福井の永平寺と、ここ横浜の総持寺しかないそうです。

子供の頃は、家も近かったんで、よくここを遊び場にしていました。
この中にある幼稚園にも通っていましたしね。

引っ越してからは、あまり来ることもなくなってしまいましたが、久々に来たら随分変わっていましたね。
時の移り変わりを感じます。


昔は池があって、ザリガニや亀を捕まえて、お坊さんに叱られたのを思い出しました。

今はその池も埋め立てられて駐車場に変わってしまい、昔の面影がすっかり無くなってしまいました。
残念です。

あと、ここで思い出されるのが肝試しです。
これは、相当怖かったです。
先に墓地を回ってきた人が「人魂を見た!」とか「うめき声が聞こえた!」とか、言うもんだから・・・。www
今でも、そういう遊びってするのかな?


毎日「暑い暑い!」って、口癖になっている方、ぜひ夜ここに訪れてみてください。
きっと涼しくなるはずですよ。w

自分はまだ暑さを感じていないので、夜には行きませんけどね。www

子供の頃の懐かしさに浸って、歩き回っていたら、こんな看板を見つけました。↓

Dsc_1587


ちゃんと裕ちゃんのお墓にも、挨拶しておきました。
Dsc_1588

「さすが、裕ちゃん!」・・・立派なお墓でした。

今日は、久しぶりに子供の頃の思い出して、少しだけ感傷的な気分に浸ってきました。

四国まで
お遍路に行かなくても、ここに来れば邪悪な煩悩を、洗い流してくれそうです。


昔々、ここの坊さんに叱られる度に、陰で
「糞坊主!」って、言ってました・・・。
ゴメンナサイ、どうぞお許しくださいね。w
お賽銭、はずんでおきましたから・・・。

自分の人生の中で思いで深い場所・・・。
これから、いろいろ訪ねてみるつもりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月29日 (金)

人生なんて何が起こるかわからない

昨日テレビ番組で、大手百貨店勤務で年収1100万円あった男性が、親の介護のために会社を辞め、路上生活者を経て、生活保護を受けるまでになってしまったことを、取り上げていました。

「そもそも貧困や生活保護は”ひとごと”と言い切れるだろうか?」が、番組のテーマです。

この男性、父親が癌になり介護が必要な状況で、しかも母親が病弱で寝たきり状態だったそうです。
兄弟は兄がいるらしいが、そのことには、まったく無関心だったらしい・・・。

介護のために会社を休職したものの、休職に対する社内の意識が低く、会社での居場所が無くなり、退職せざるを得なくなったのが45歳の時。

まさに、働き盛りで年収も多い時ですね。

それが、退職して2週間後に、その父親は他界してしまったと・・・。
なんか巡り合わせが悪いですね。

その後、知人の紹介でスポーツ用品店で働くも、その会社が経営不振で約5年で再び無職に・・・。
アルバイトなどで食いつなぐも、結局家賃が払えなくなって、54歳の時に路上生活者になってしまったそうです。

寝たきり状態の母親も、路上生活に入る1年前に亡くなったらしい。

「路上生活に入る前に、なんか手だてがあるでしょ!」って、思わなくもないですが、頭が回らなかったんでしょうね、きっと。

最低限の衣類と、自宅で飼っていた猫を抱えて、路上生活者になったそうです。
猫も一緒ってところは、ちょっとほっこりです。w

路上生活の時に、支援団体の助けがあり、生活保護も2年半ほど受けたそうですが、今では東日本大震災の被災者ケアの相談員として働いていて、路上生活からも抜け出せたそうです。

良かったですね。

でも、いろいろ考えちゃいますね。
年収1100万円の会社員でも、ちょっとしたキッカケで路上生活者になり、生活保護を受けなければならなくなる・・・。

明日は我が身というか・・・。
テレビ番組製作者の思う壺というか・・・。www

この問題は、やっぱり働き口が無いってことですよね。
働きたくても働けない・・・?。
本当にそうなんでしょうか?
贅沢言わなければ、何とかなるような気がするんですがね。
それって甘い考えなんでしょうかね・・・?

おそらくこの男性も退職する時点では「会社を退職したって何とかなる!」って、楽観的に考えていたんでしょうね。

OECDによると、
日本の貧困率は16.1%
貧困者が約2000万人(6人に1人)
生活保護を受けている人が約200万人
だそうです。

6人に1人が貧困者って、もしかして自分も入ってる・・・?wwww

自分は、もう退職して乗ってた船を降りちゃったんで、人生を楽観的に考えることにしていますが、それでも、ひとたび何か想定外の事が起きれば、それはそれで甘んじて受け入れるしかないです。

人生、何が起こるかなんて誰もわかりません。
だから、今は平穏無事な毎日に感謝しながら生きるだけのことです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月28日 (木)

「ニフモ」って何?

自宅のネットワーク回線のプロバイダーは、ニフティーと契約しています。

ニフティーは、最初にパソコンを購入した当時から、一度も浮気せずに契約を継続していて、毎月2592円を支払っています。

安いのか?高いのか?わかっていません。
調べればもっとお得なところもあるんでしょうけど、別に不自由しているわけではないんで、そのままにしているだけなんですけどね。
他と比較することも面倒なだけです。www

先日、そのニフティーから電話がかかってきました。
今まで一度も、ニフティー側から電話がかかってくることなど、ありませんでしたから何事かと・・・。

話を聞くと「ニフモはご存じでしょうか?」って・・・。
自分は「?????」です。

自分の所有しているスマホのことやタブレットのことをいろいろ聞かれて、それなら
月額3000円くらいは安くなるらしい

今使っているスマホは、月額10000円くらいのコストがかかっています。
それが7000円くらいになるってこと・・・?

美味しい話しです。

ただ「美味しい話には裏があるはず・・・」
まずは疑いますよね、普通は。


「ニフモ」って言葉さえ、その電話で初めて知ったくらいですから、ほいほいそんな話に乗るわけには行きません。

ニフティーの担当者は、
「詳しい話をしたいので、5分後くらいに再度電話させてください」と・・・。


いきなり電話がかかってきて、
ニフモって知っていますか?ってわからないことを聞かれて、
3000円くらい安くなるって美味しい話をされて、
再度、電話をしますって・・・


売り込み電話の典型です。w

きっと、再度の電話でも長々話をされて、
「こんなにお得ですよ!」
「契約しないと損ですよ!」
って、たたみかけられずはず・・・。
こちらが知らないことをいいことにね。

そうは問屋がおろしませんよ。


信用する事も大切ですが、疑う気持ちも常にもっていないとね。
美味しい話しにすぐに乗って、騙されちゃいけません。

「ニフモについて、まったく情報を持っていないので、資料を送っていただけますか?」って聞いたら、「資料の郵送はしてません!」と・・・。

「電話で説明するから、それを聞いて判断しろ!」っていうことか・・・?


こういうケースだと、こちら側に知識がないので、質問することもわからないし、質問したところで、いいように返答されるのが関の山。

だんだん面倒になって「いろいろ調べてみて、必要があればこちらから連絡しますから・・・。」ってことで、再度の電話は断わりました。


その後「ニフモ」について、調べてみると、いろいろお得らしい・・・。
ただ「ニフモ」じゃなくても、スマホ代を安くする方法が、たくさんあるようですね。

でも、仕組みや詳細について完全に理解することが出来ません。
メリットばかり書かれていて、デメリットの情報が少なすぎです。

50代後半のオジサンは、とてもじゃないけど、ついて行けません。www

こういうことに精通すると、もっと節約も出来るんでしょうけどね。
自分の場合は、はっきり言って
「ムリ!」です。

もうわからなくていいです。www

スマホのコストが下がるのは嬉しいんですが、単体で考えてもね。
自分の場合はバンコクで利用することも、想定しているわけで・・・。


・SIM解除済スマートフォン(テザリングでIPADのルーター代わりでも使用)
・IPAD(WIFIが無いと使えません)
・バンコクで購入した携帯電話(タイ滞在用)
・SIM解除住みWIFIルーター(今はタイ滞在中に活躍中)

これらを、どう整理してコストを安くするか・・・?
どちらかというと、今はそちらの方に頭を悩ませているところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月27日 (水)

歯の治療が始まりました。

バンコクに移住する前に歯の検査をして「悪いところは治してしまおう!」ってことで、今月から歯医者に通い始めました。

5月16日に検査してもらい、以前から気になっていた個所(左下奥歯)のほかに、虫歯も少しあるということで、しばらく通わなくてはなりません。

そして昨日が治療開始日でした。
「まずは虫歯を治療しましょう」ってことで、イスに座って口を開けたら、もう「まな板のコイ」。

歯を削るためのキーンと聞こえる金属音・・・。
歯の神経に触られたら、とてつもなく痛いことを、我が脳は、しっかり覚えています。

「神経には触らないで!!!」・・・もう祈るしかありません。w

医師は容赦なく歯を削っていきます。
たいして痛くないのに「ものすごく痛い!」と感じてしまう馬鹿脳なんで、ちょっと痛いだけで顔全体に力が入ってしまいます。


それを医師もお見通しでしょうか・・・。
タイミング良く「痛いですか?」と聞いてきます。
本当は「痛いです!」って言いたいところでしたが、なんと意に反して「ダイジョブデス」って言ってしまいました。www

何、意地張ってんだか・・・。w


みなさん口を開けたまま「大丈夫です」って言ってみてください。
なんか笑えますよ。w
ちゃんと言える人は、きっと腹話術の才能があるんじゃないかな・・・。
いっこく堂に言わせてみたいな~。w


そうそう、子供のころ口の両脇を指で左右にひっぱり「金沢文庫」って言って遊びませんでしたか?
今はそんな遊びをしないのかな~?
バカバカしくも無邪気な子供もころも、たまには思い出してみましょう!

わっ、話がだんだん横道に・・・。w


結局、たいした虫歯じゃなかったので、当日に虫歯治療は完了して、次回からは、いよいよメインイベントの抜歯です。
「覚悟しておいてくださいね・・・。」という医師が発した言葉。
何を意味するのでしょうか・・・?w

あまりのチキンぶり・・・いい歳してちょっと情けない。w

今日の治療費2840円。
痛い思いをしてカネを払う、この不合理さ。w
普段から摂生していないツケが、これからどんどん出てくるんだろうな~。

それにしても、治療中ずっと体が硬直していたので、肩コリがひどい!
これで、整体にでも行ったら、余計にカネががかってしまいます。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月26日 (火)

放浪願望

自分にはどうやら放浪願望があるようです。
旅行者ではなく、旅人になりたい・・・そんな願望です。

テレビで旅番組を見たりすると無性にそこに行きたくなります。

昨日は『YOUは何しに日本へ』っていう番組を見て、四国お遍路巡礼をしたくなりました。

昨日の番組ではドイツから来た青年を密着取材していたんですが、歩いて八十八か所を巡りたいと・・・。
どれだけ、大変なのかわかっているのかな・・・?
「おそらく途中で挫折するだろうな・・・。」って思っていました。

最後の方は彼らの旅程の都合で、ヒッチハイクに変わったようですが、ちゃんと八十八個所を巡礼したようです。
お遍路の意味さえわからない外国の若者が、最初は興味本位だったと思うんですが、最後までやり遂げた・・・。
それだけでもすごいですよね。

昔は世捨ての旅人が、お遍路をしたらしいんですが、今では健康のためやストレス解消のために、お遍路する方も増えてるとのこと。

それでも、総行程で1400kmもあるんで、生半可な気持ちでは痛い目に会いそうですね。


こんな人は、お遍路したらいいらしい・・・。

 
・心を癒したい人
 ・自分を見つめ直したい人
 ・これからの生き方を考えたい人
 ・人生に挫折した人
 ・仕事に行き詰った人
 ・病気に打ち勝ちたい人
 ・悟りを開きたい人
 ・今までの人生に懺悔したい人
 ・心を清めたい人
 ・生きる喜びを見出したい人
 ・今の苦しみを取り除きたい人
 ・88の煩悩を消し去りたい人
 ・生きる目標を見出したい人
 ・水子供養をしたい人
 ・先祖供養をしたい人
 ・ストレス解消をしたい人
 ・いろいろな祈願をしたい人


もうほとんどの人が該当しそうですね。www

でも、実際にお遍路をするとなると、かなり大変そうです。
まだまだ自分には、その覚悟はないし、生き方を変えるつもりもないので、ちょっと様子見としておきましょう。w

生半可の気持ちで始めたら返って罰があたりそうですからね。

自分では解決できない悩みごとが出来たり、精神が病みそうになったら、八十八ヶ所を巡礼させていただくことにします。

そんなわけで、根本には放浪願望があっても、実際のところ放浪なんて出来ないヘタレな自分がいます。w
苦労の方が先に見えちゃうからね。

単なる旅行者に若干毛の生えた程度が、自分の身の丈にあっているようです。
だから自分はどう頑張っても、なんちゃって旅人にしか、なれそうにありません。www

しばらくは自宅周辺の日帰り放浪を楽しむことにします。
あっ!これって、普通は
「散歩」っていうんでしたね。www

本当は「寅さん」みたいな生き方に憧れているですけどね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月25日 (月)

節約と本能の狭間で・・・。

車を廃車にしてからというもの行動範囲がかなり狭くなって、ほとんど自宅から徒歩圏内で生活しています。

これって、節約生活にはもってこいの環境です。
行動量が減ると、それに伴って衝動買いや買い食いするケースも激減しますからね。

ただ・・・。
これでいいんだろうか?

自分の資産は「質素に暮らせば問題ないけど、贅沢に暮らせば破綻してしまう」程度です。

そんなんで退職に踏み切ったわけですから、節約には敏感になるのは致し方ないですよね。
ただ、あまりに退職以前とのギャップがありすぎて困惑している自分がいます。

勤めていた時は、いろんな街に出かけることも多かったし、通勤途中の駅であれば、どれだけ乗り降りしてもいいわけで、特段の用がなくても気晴らしが出来たんですけどね。
今はそれが出来無い・・・。


わざわざ電車賃を使ってまで、行きたい場所があるわけでもないので、自然と出不精になるのは必然なんでしょうけどね。

なんかすごく小さい世界で生きている・・・。
そんな気持ちになっちゃうんですよ。
自宅から半径2km以内だけの生活だとね。www


「本能のままに生きる・・・」という大命題があるんだから、それに従って行動範囲を少し広げればいいだけなんですけど、そこに「もったいない!」という、気持ちが立ちはだかります。

「1000円のものが美味しそうだけど、もったいないから500円のもので我慢しよう。」
そんな心境と似ているかもしれません。www
本能のままなら1000円のものを食べればいいのにね。

犬猫だったら、絶対に欲しいものから食べるからね。w

いろんなところで「節約」と「本能」の狭間で揺れ動いている自分がいます。
これって将来に対する不安が、そうさせているのか・・・?
それとも単なる貧乏性の仕業なのか・・・?


よくわからんです。w

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月24日 (日)

今の自分

ぐっすり寝て
Dsc_1198


ちょっと目を覚まして
Dsc_0241


2度寝して
Dsc_0412


なんか食べて
Dsc_0310


ちょっと動き回って
Dsc_0369


また寝る
Dsc_0120


これ、まさに今の自分の生活そのものです。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月23日 (土)

我慢の度合と幸福感の因果関係

会社を退職してから、ほとんどストレスの無い生活を送っています。
これって、精神的にはとても重要なことで、なんか長生きできそうな気までしています。

会社員の時は、しょちゅう体調が悪くて「こりゃ~、長生きせんわ!」って思っていましたからね。www

そういう意味では「ストレスの無い生活=幸せな生活」なんでしょうね。

会社員時代は我慢の連続でした。
今考えてもストレスフルな毎日でしたね。


 ♪この坂を越えたなら~、幸せが待っている~
  そんな言葉を信じて~、超えたな七坂四十路坂~♪

 
  「夫婦坂」(歌唱:都はるみ)の一節です。

会社員時代だった頃の、自分への応援歌です。www
幸せが待っているから、もう少し我慢しよう・・・ってね。


普通は5日間我慢したら、ささやかですが2日間の幸せが待っていますよね。
それが6日間我慢して、1日しか幸せを感じる時がなかったり、挙句の果てに2週間も我慢しっぱなしの時があったりと・・・我慢ばっかりです。

そんな我慢を繰り返していると、年に数度は1週間くらいの幸せもありますけどね。

でもその幸せだと感じる期間なんて、すぐに終わってしまいます。
その期間が充実すればするほど、我慢することが余計に辛くなったりする・・・。

人間の脳って、どれだけ贅沢に出来ているんだか・・・?。www

だんだんと我慢することに限度を感じてきます。
我慢の元凶は会社員であることでしたから、それを排除しちゃえばいいわけです。
そうすれば、毎日が幸せになるはずだからと・・・。


会社を退職すると、しばらくはものすごく幸福感を味わうことが出来ます。
これは週末の休日や1週間程度休んで得られた幸福感の比ではありません。www
たくさん我慢してきた人にとっては、まさに天にも昇る気分が味わえることでしょう。

でも、そうは問屋がおろしませんでした。w

時間の経過とともに、そんな幸福感もだんだんと薄れて行きます。
今度は「平凡・退屈」ということが脳を支配してきます。


「平凡・退屈」って、それ自体で幸せなことだと思うんですが、退職後に得られた幸福感があまりにも大きいものだったんで、物足りなくなるんですね。

もう一度言います・・・。
人間の脳って、どれだけ贅沢に出来ているんじゃ!www


結局のところ、我慢があったからこそ、その代償として幸福感があっただけなんですね。
我慢することが無くなったら、幸せを実感できなくなる。
そんなもんです。

だから今度は自分で脳をコントロールします。


「あの時は、辛かったよな~」って、我慢していた過去を思い出します。
そうやって、過去と今を対比させることによって、何度も幸福感を味わってしまおうってわけです。w


そんなことで幸せを実感出来たりしちゃいます。w
そして、ブログを書く行為も、自分の脳を誤魔化す手段になることがわかりました。

この単純脳・・・笑っちゃってください。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月22日 (金)

やっぱり先人たちのおかげです。

自分は今、バンコクで暮らすための準備段階に入っています。

そのために失ったものとして一番大きいのは「収入」でしたが、「それを捨ててまでバンコクで暮らす意味が、わからない!」って声も聞こえてきます。

その意味は・・・。
一言で表すと
「ロマン」です。wwwwww
Dsc_0376


なんてね。w
そんな大それたものではありません。

簡単に言うと・・・。

1.何度かタイに行くうちに、そこに暮らしてみたいと思うようになった。
2.一方、会社員での生活に疲れていた。


この二つの気持ちがうまくマッチングしたんですね。
片方の思いだけでは、気持ちの整理はつけられなかったかも知れません。

それにしても、自分が子供の頃は「海外に暮らす」なんて思いもよらなかったのに、これも時代の流れでしょうか・・・。

ちなみに
「一般財団法人 ロングステイ財団」が設立されたのが、1992年とのこと。
今から23年前ですね。

ロングステイが一般的になってきたのも、その頃なんでしょうね。
自分が30代半ばの働き盛りの時です。

その頃、大橋巨泉氏の「冬はオーストラリア、夏はカナダ、春秋は日本で暮らす」という夢のような生活スタイルに、「さすが芸能人!カネ持ってるな~」って思ったもんです。


それから、次第に「定年退職後のライフスタイルに海外でのロングステイを・・・」が大きく取り上げられるようになって、手の届かない夢から実現可能な夢に、変わっていったわけです。

ロングステイに限らず、海外旅行も高根の花から、誰でも行ける時代になって、地球の大きさが小さく感じるようになりましたね。
どんどん「ロングステイ」の敷居も低くなってきました。


まったく不安はないか?って聞かれたら・・・。
やっぱり不安はありますよね。
文化や習慣も違うし、言葉だって不自由だからね。


でも、先人たちの成功事例に触れるたびに、気持ちを後押ししてくれています。

失敗談ばかりだと、やっぱり躊躇してしまいますからね。
それでも、失敗した方もいるわけで、自分にとってはそれも大切な情報です。
反面教師に出来ますから・・・。

「この歳になっても未だワクワク出来るって、やっぱり先人たちのおかげですわ。」

さわやかな、五月の午前中・・・。
「早くバンコクに行きたい」という想いを抑えながら、そんなことを考えていましたとさ。w
今、バンコクは暑いんだろうな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月21日 (木)

非効率の方がいい

会社員だった頃「効率良く時間を使いなさい!」って良く言ってたし、言われてもいましたね。
顧客とのアポイントを、中途半端な時間で設定すると「そんな時間に設定したら、効率が悪いだろう!」とかね・・・。
一種、合言葉のように、この「効率」という言葉が頻繁に使われていました。
みなさんの会社ではどうですか・・・?

ところが、会社をリタイアしたら「効率」なんて、一切気にしなくなりました。
逆に非効率が心地よい・・・。www

仕事をしているうちは、オンとオフが明確です。
オフの日が楽しみでしょうがなかった。

このオフの日の使い方ですが「普段できなことをして、目いっぱい楽しむ人」と「完全に休養日に充てたい人」に分かれるんじゃないでしょうか?


自分はオフの日は出来れば休養に充てたい派でした。
どうしても予定がある場合は、極力土曜日に効率良く予定を組んで、日曜日は休養日に充てるとかしていましたね。
これって、オフの日も仕事のことを考えていたんですよね。
疲れた体で月曜日を迎えたくないって言う心理です。

そんなタイプの人間がリタイアするとどうなるか・・・?

リタイア者でも、毎日、何も予定が無いのは、精神的には良くないです。
だから何かしらの予定を作り出した方がいいです。

ただ、予定をぎゅうぎゅう詰めにするのも良くないです。
疲れますから・・・。www

だから、今までだったら効率を考え1日で終わらせていたことも、複数日に割り当てたりしています。

例えば、銀行と郵便局と役所に行く予定があるとします。
半日もあればすべて回れる距離なので、今までだったら、同日にすべて予定を済ませていたでしょう。

効率的な時間の使い方が重要でしたからね。


でも、リタイアしたら、3日に分散しても何ら問題ありません。
今日は銀行、明日は郵便局、明後日は役所、っていう具合にね・・・。www

1日で終わるのに、わざわざ3日もかけるわけですから、非効率このうえないですね。
会社員だったら大ひんしゅくです。www

リタイア者であっても、予定は無いより、あった方がいいです。
でも、時間には縛られたくない(わがままです)。
そんな思いが、敢えて非効率な行動へと繋がるわけです。

ここのところ、適度な予定を作り出すことが、快適で健康的なリタイア生活に必要であることが、ようやくわかってきました。

「効率」って言葉に振り回されてるみなさん。
その言葉、カネ儲けには重要かも知れませんが、リタイアしたら返って邪魔ですから・・・。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月20日 (水)

思えば叶う!

自分が50歳になった頃(約7年前)、漠然とですがバンコクへの移住を考えるようになりました。
その頃はまだ定年退職後のプランであって、定年前に会社を辞めてまで移住を考えていたわけではありません。

それから何度もバンコク旅行を繰り返すうちに、だんだんと「バンコクで暮らしたい!」との思いが強くなっていくわけですが、最後まで自分を悩ませていたのが
「定年という呪縛」でした。

50を過ぎて、一度も転職せずにいると、当然会社への愛着もあるし、定年まで働くのが当たり前の考えになっていました。
仕事なんて適当にやっていれば、それなりの収入も貰えるわけですから、敢えてそれを捨てるのは「あまりにもったいない」という思いもありましたしね。
「会社=自分の人生」そのものでした。

定年までの残り期間が5~6年くらいになった頃、自分の人生を今一度、真剣に考えるようになりました。
きっかけは「バンコクで暮らしたい!」の思いがより強くなってきたわけですが・・・。
今までの勤務期間を考えたら、残りは少ないです。
でも、自分の人生の残り時間を考えたら、この5~6年はとても貴重な期間なんじゃないかな・・・?
そんな思いが交錯していました。

その頃は、かつて自分の上司だった人たちが、定年を迎え「退職か?」「嘱託で会社に残るか?」の選択で悩んでいるのを多く見かけるようになった時でもあります。


どちらかというと、嘱託で会社に残る人の方が圧倒的に多いんですが、嘱託になると今までの地位に居られるわけでもなく、組織上では今までの部下と上下関係が逆転するわけです。 

バリバリと率先して陣頭指揮を取ってた人が、急に覇気が無くなっているように見えていました。
それがいつも寂しさを感じさせるんですよね。

結局「仕事人間の末路なんて、こんなもんか!」と・・・。


そんな姿を見てしまうと、自分にとって「定年」なんて、何の意味も持たなくなりました。
「定年まで働くというのは、ただの自己満足でしかないんだ!」とね。


そう考えたら簡単に
「定年という呪縛」解けました。

そうなると、あとは会社員生活の終焉を、いつ迎えるか・・・?」を考えるだけですが、何かしらのタイミングは必要でした。
「年度の切り替え」や「ボーナス時期」などですね。


そんなことを考えるようになったら、勝手にタイミングは降りてきましたけどね。www
自分の場合は「組織改正」がそのタイミングでした。
「思えば叶う!」ってことでしょうか・・・。w

最近、良く考えます。
人生のレールって、初めから引かれていて、自分はそれにただ乗っかているだけじゃないかと・・・。

そもそも「海外で暮らす」なんてこと、若い頃はこれっぽっちも考えていなかったわけで、人生なんて、どう転ぶかわからないです。
だから面白いのかも知れませんが・・・。


おそらく人生における最後の興味は「人生の終焉は、いつ、どのように迎えるんだろう・・・?」ということになるんじゃないかな。
それをも、どう終わりたいのかを、ちゃんとイメージしておけば、その通りになるんじゃないかと思っています。
「思えば叶う!」っていうことを信じてね・・・。

でも「宝くじを当てたい」とか「お金持ちになりたい」とかの邪心がある思いは、いくら思っても、めったに叶いませんけどね。
悪しからず・・・。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月19日 (火)

恐ろしき人間模様

会社を退職したら毎日が暇なので、コーヒーショップに良く行くようになりました。
自分のお気に入りはベローチェです。
ドトールもいいけどベローチェの方が量が多いんですよね。
それに安いしね。

平日の昼間に良く行ってます。

昨日も午後のひと時を、ネットでみなさんのブログなんかを見たりして、のんびり過ごしていたんですが、ちょっと気になる会話が耳に飛び込んできました。

それは、隣の席にいた「30代位のちょっと派手目な女性」「50代位のサラリーマン風の男性」の会話です。

この男性の声があまりに大きいので、聞きたくなくても聞こえてしまいます。www
どうも、この二人の関係は、女性の旦那が男性と同じ会社に勤めていて、男性の方が上司のようです。


なんとなく耳に入ってきたのが・・・。
「会社では誰からも信用されていませんよ!」
「仕事の責任感がありません!」
「ミスが多いんですよね!」
「降格させるつもりです!」

・・・男性からの部下批判です。
部下である奥さんの旦那のことを、ボロクソに言ってます。

 

それだけなら、まだしも・・・。
「家庭内ではどうですか?」
「なぜ彼と結婚したんですか?」
「子供は作らないんですか?」

・・・私生活に立ちいる質問もしていました。www


普通、旦那のことをボロクソに言われたら、奥さんはショックだろうし、私生活のことなどを聞かれるなんて論外ですよね。

ところがこの奥さん、笑ってるんです。
会社内での素行については「そうでしょうね」と同調しているし、家庭内のことも臆せず話しているようです。

それどころか、輪をかけて旦那の悪口まで言ってる始末です。www


自分は、最初「ダメな奴もいるもんだな~」程度の興味本位で、聞こえてくる会話を、楽しんではいたんですが、聞いているうちに段々と腹が立ってきました。
あまりに、この旦那のことが可哀想でね。

旦那からすれば、上司と奥さんが、自分の知らないところで、自分の悪口を言ってるんですよ。
冗談じゃないですよね。

会社でも家庭でも虐げられていたら、メンタル面だっておかしくなっちゃうでしょ。
安らげる場所もないしね。


ちょっと不思議に思ったのが、この状況をセッティングしたのはいったい誰・・・?
最初は上司の方が、部下の素行の悪さを奥さんに伝えるために、呼び出したのかと思っていましたが、普通はあり得ませんよね、そんなこと。
会社内の評判や素行を奥さんに伝えるって・・・。

もしかして、奥さんの方から上司を呼び出した・・・?
でも、これも意味がわからない。

元々、この女性と男性が知り合いだったなら、わからなくもないけど・・・。
それにしても、異常な状況でしたね。

上司と奥さんが、こっそり会っているのを知ってしまったら・・・。
あ~、恐ろしや。


ウィークデーの昼下がり、いろんな場所でいろんなことが起こっています。
知らないのは自分だけってことがね。

コーヒーショップ・・・。
複雑な人間模様が見られます。それもたった200円でね。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月18日 (月)

やっぱり日本の職人はすごいわ。

最近、どうも涙もろくなっているようです。
感受性が強くなったのでしょうか・・・?
それとも歳のせい・・・?

昨日も「世界の子供がSOS!THE★仕事人バンク マチャアキJAPAN」という番組を見て、不覚にも・・・。

この番組は不定期番組で、今回が10回目らしいんですが、1年に1回くらいの放送なんですよね。
タイトルにもあるように、貧困に苦しむ子供たちからのSOSを受け、日本の技術職人が現場に赴いて、手助けするという番組です。

この番組の良いところは・・・。

 ・自然の破壊をしない
 ・現地のものを利用する
 ・地元の人に技術の伝承を行う

という、基本原則があって、最先端技術を利用しないところにあります。


昨日の番組は「カンボジアの貧しい村で井戸を掘る」という内容でした。
生活用水は川の水や溜池の水だけしかありません。

毎日大きなペットボトルに入れた汚れた水を抱え、片道6キロの道を裸足で学校に通う少女。
川の水を飲料している妊婦。

日本でのうのうと暮らしている自分には目を疑う光景です。


綺麗な水を出してあげたい・・・。
そんな思いで日本の井戸掘り職人を派遣し、地元民と協働で井戸づくりをしていくわけですが、職人の勘では30メートルぐらいは掘らないと水脈にはたどりつかないだろうと・・・。

でも水脈があるかどうかは、掘ってみないとわからない。

最先端の機材を使えば30メートルの掘削は、容易いかもしれませんが、それでは彼らのためにはなりません。
あくまで、地元の人だけで、井戸を作れるようにしてあげるのが、この番組の目的ですからね。

すべて人力です。

やぐらを組んで、そこからロープに吊るした鉄管を地面に叩きつけて、地面を掘り進めていくわけですが、途中、砂地盤や岩盤などにぶち当たり、困難が待っています。

1日中掘っても50センチしか掘れないことも・・・。
その都度、日本の職人は知恵と工夫で、その難局を切り抜けていきます。

日本の職人・・・すごいです。


ただただ、掘るだけですから、途中、地元民も職人も疲れきっていたでしょうね。約1ヶ月間も、最後まで諦めずに掘り続けた・・・。

そしてついに・・・・。
 

井戸水が汲み上げられて、地元の人たちの歓声と喜ぶ顔に、こちとらついに涙腺が崩壊です。www
みんな良く頑張りました。

それにしても綺麗な水が出て良かったな~。

それと、すでに地元の人たちだけで、新しい井戸を掘りはじめたらしい・・・。
まさしく、技術の伝承が出来たわけで、今度は地元の人たちだけで、井戸水を汲み上げてほしいものです。
諦めずにね・・・。


蛇口を捻れば綺麗な水が出る・・・。
これって、ものすごくありがたいことですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月17日 (日)

ある程度、予測はしていたが・・・。

先日、「覚悟を決めて」というタイトルで歯科医の予約をしたことを書きました。

その記事はここ。

昨日は予約日だったので、あまり気が進まなかったけど、とりあえず行ってきました。
気になるところの検査ということで・・・。

無職生活には、心身ともに健康じゃないと楽しめないからね。

気になっている歯は、左下の一番奥の歯。
すでに金属が被せてある場所なんですが、最近グラグラするようになっていて、ちょっと違和感がある。


レントゲンを撮って状態を見てもらったら、歯の根っ子の部分に問題があって、歯を支えている骨の部分が、溶けて?無くなってきているらしい。

その部分は、すでに神経がないためまったく痛くはないんですが、このままにしておくと、隣の歯にも影響が出るとのこと。

それで、どうするの・・・?

「処置の施しようが無い」と・・・。www


結局、抜くしかないってことね。
ただそれも簡単じゃないみたい。w

ある程度は予測していたものの、あまり大事になったら嫌だな~。
痛みがあるなら、覚悟も出来るけど、今は痛くないからね。

結局「他の悪い部分を治しながら、どうするか決めましょう・・・。」ってことになりました。

抜く抜かないは説明を受けてから自分で決めますが、最終的には歯科医のアドバイスに従うしかないですけどね。w


歯や歯茎で気になる個所がある方・・・。
美味しいものが食べられなくなったら、人生つまらないです。
だから早めに受診して治しちゃいましょうね。
先送りは良くないですよ。

自分は、しばらくの間、歯科医通いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月16日 (土)

依存症の克服

会社員時代の自分は、「タバコ」と「パチンコ」の依存症だったかもしれません。
タバコは1日に2箱。
パチンコも休みの度に・・・。
パチンコを打っていると、余計にタバコの量が増えたりしてね。w

すべて「仕事のストレスが原因で・・・。」そんないいわけを自分にしていましたが・・・。www

それが今では両方ともすっぱりと止めることが出来ました。
どう克服したか?ちょっと書いて見ますね。

頻繁にバンコクに行くようになって、飛行機の中でタバコが吸えないのは、ヘビースモーカーにとってはとでも辛いことでした。
特に食事の後が我慢出来ないわけです。w


搭乗前の吸いだめは当たり前・・・。
吸いだめしたって、ただの気休めなのにね。

あれは確か今から5~6年前のことです。
機内でタバコが吸えないイライラを解消するために、禁煙グッズの電子タバコなるものを買って搭乗しました。
ただ、さすがに座席で電子タバコを吸うのは、あまりに恥ずかしいので、トイレで使ってみました。


トイレから戻ってしばらくすると・・・。
「トイレ内でタバコを吸われた方がいらっしゃいます・・・。」との機内放送が・・・。www
もしかして、これって自分のこと????

別に悪いことをしたわけじゃないのに、ちょっとドキドキです。

直接言われたら、めいっぱい反論してやるつもりでしたが、機内放送で注意を促されただけでしたけどね。


でも、どうしてわかるの・・・?
今度はそっちの疑問です。
どこかにカメラが付いてるの・・・?
煙探知機・・・?

電子タバコの水蒸気など、たかが知れています。
それくらいでも探知できちゃうのね。www


CAに一言伝えてから使えば良かったんでしょうが「そこまでして吸いたいの・・・?」と、思われるのも嫌だったので、その後は機内で電子タバコを使うことは諦めました。 

電子タバコ。結構、高かったんですけどね。

でも折角、電子タバコを買ったので、そこから禁煙に挑戦しました。
結局は失敗に終わってしまいましたが・・・。www

でも、その頃から禁煙への意識が高まったのは確かです。
「タバコを吸っている人は悪・・・」みたいな風潮でしたからね。


禁煙に成功したのは、それから1年後くらいだったでしょうか。
今から3~4年前の年末のことです。

バンコク行きの1週間前くらいから風邪で喉が痛くて、1週間の禁煙状態のままバンコク行きの日を迎えました。
いつもなら、空港の免税店でタバコをワンカートン購入するんですが、その日は体調も思わしくなくタバコを吸いたい気持ちも薄れていたので、買わずにバンコクに向かいました。

吸いたくなれば、バンコクで買えばいい・・・そんな思いもありました。


バンコクではすっかり体調も良くなり、当然にタバコを吸いたい気持ちが襲ってきたわけですが「しばらく吸わなかったんだから、バンコク滞在中だけは、我慢して見るか・・・。」と自分に言い聞かせました。

「もう少し我慢してみるか!」という気持ちが禁煙には大切です。
1週間、1ヶ月、3ヶ月・・・。
時間が経過するほど、この言葉の意味が大きくなります。

「折角、ここまで頑張ったんだから、それを台無しにしたくない!」ってね。


一番辛かったのは、禁煙して1ヶ月くらいの頃だったでしょうか。
そこは、根性で乗り切るしかありません。
その後は、徐々に楽になりますから・・・。

吸いたい欲求って、周期的に襲ってくるんですよね。
特に食後は必ずですが、少し我慢すると欲求を忘れます。
そして、また欲求が現れる・・・。

禁煙の最初の頃は、その周期が短いんですが、時間が経てば段々と欲求の現れる周期は長くなります。
自分の場合は、禁煙から1年後くらいまでは、欲求が現れていました。www

今でも、ごくたま~に「吸いたい!」と思う時がありますしね。

禁煙者にとって危険な場所は「飲み会」と「パチンコ」です。
ここに行くと、絶対に吸いたくなるのは間違いないです。
今までの我慢が水の泡になりますので、注意してくださいね。

自分の場合は、元々酒席が苦手なので、飲み会は問題なし。
ただ、パチンコはただただ我慢しました。


結局、禁煙は意思の強さを試されているようです。
克服するには、我慢しかないです。

最近は、医療行為で禁煙出来るらしいですけどね。
我慢の必要もなく、簡単なんだろうか・・・?

自分は、我慢と根性で禁煙したわけですが、それに併せてパチンコ屋へ入ることも禁止したので、一気に二つの依存症を克服出来たのでした。


「タバコを吸わない人」や「パチンコをしない人」にとっては「なんて大袈裟な!」って思うかもしれませんが、依存症にとってはとても大変なことなんですよね、止めることって・・・。

あっ、それとタバコ、パチンコでの浪費がなくなったことで、アーリーリタイアも予定より早くできたから、一石三鳥でしたね。

今では、いろいろ我慢した甲斐がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月15日 (金)

移動を楽しむ旅・・・ちょっといいかも。

昨日は、横浜市鶴見区にある「大黒ふ頭」に行ってきました。
「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」っていう豪華客船を見たくてね・・・。

横浜に寄港する客船は、普通は横浜の観光名所にもなっている「大さん橋」に停泊するんですが、この船はあまりに大きすぎて、ベイブリッジをくぐれないらしい・・・。
だから、観光施設など何もない「大黒ふ頭」に寄港することになったとか・・・。
「大黒ふ頭」は主にコンテナ船を停泊させる場所なんで、周辺は工場や倉庫ばかりです。

豪華客船の乗船者で横浜を知らない人は「ここが横浜?」ってガッカリしてしまうでしょうね。

ベイブリッジをくぐれないほどのデッカイ船・・・。
「大黒ふ頭」は、自宅からそう遠くもないので「もう見に行くしかないでしょ!」ってことで行ってみましたが・・・。

「見学場所はありません」の看板が、ところどころに立てかけられています。
「ガーン!」・・・折角来たのにショックです。

でも、このまま引き返すわけには行きません。
そんなにデッカイ船なら、どこかしらに見える場所があるんじゃないかと・・・。
淡い期待を胸に歩き回りましたよ。


そんな想いに神様は見捨てませんでした。
見えましたよ、その雄姿。

これです。↓

Dsc_0007

ガードマンが居て近くで見ることは出来ませんでしたが、それでもその大きさは実感できました。
ちょっと、回り込んで撮ったバックショットがこれです。↓

Dsc_0003

昨日、自分がここに到着したのが15時頃。
17時に出港して次の寄港地、室蘭に向かうとのこと。
離港するところも見ようかと思いましたが、時間をつぶす場所もないので、それは諦めました。

自宅に戻って、この船のことをちょっと調べてみたら、室蘭⇒富山⇒境港⇒仁川(ソウル)⇒天津までの10日間クルーズ。
金額も一番安い部屋なら54000円、窓側の部屋でも7万円~8万円くらいからあるらしい。
食事も全部ついているし、船内ではいろいろなアクティビティーもあるし、こんな旅もいいかも・・・。

船ではありませんが、九州を縦断するクルーズトレイン「ななつぼし」も大人気だそうですし・・・。

移動そのものを楽しむ旅のスタイルにも、ちょっと憧れています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月14日 (木)

ドコモショップで・・・。

調子が悪くて修理を依頼したスマホが、昨日無事に帰ってきました。

修理までの顛末はここ。

やっぱり内部基盤が故障していたらしくて、それを交換したとのこと。
それとカバーも交換したとのことで、外観は新品になっていました。

Img_0750

ただ、初期化した状態ですので、今までインストールしたアプリは、すべて無くなっていました。
これからアプリをインストールする必要があるので、それが面倒ですが・・・。

スマホを海外で利用する場合、コスト面を考えればSIMロックを解除して、現地のSIMカードを活用するのが一番お得です。
自分もこのスマホを購入した時に、SIMロックは解除してあります。

でも今回、修理に際してその件について何も伝えていませんでした。

昨日のdocomoショップ店員との会話・・・。

自分「修理前はSIMロックを解除してあったのですが、SIMロックの解除はしてありますか・・・・?」
店員「してありません。」

自分「解除してください。」
店員「費用がかかりますが・・・。」

自分「?????なんで費用がかかるんですか?」
自分「元々おカネを払ってSIMロック解除をしたんですよ。今回の不具合も私のせいではないですよね?おかしくないですか・・・。」
店員「・・・・聞いてきます。」


待つこと数分・・・。
店員「費用はかからないです。」
自分(にこやかに)「当たり前だよね。クレーマーになるところでしたよ!」
店員「・・・すみません。」


そんなことがあって、SIMロックも解除してもらいました。


たいしたやり取りではありませんが、あまりに店員が稚拙すぎて・・・。www
別に知らなければ知らないでいいんです。
費用がかかるものなら、それはそれで仕方ありません。
ただ、納得性のある説明が必要ですよね。

なぜ「費用がかかりますが・・・。」なんてことを平気な顔で言ってしまうのか・・・。

この対応は危険ですよ、docomoさん。
ちょっと間違ったら店長さんの出番を誘発しますからね。w


昨日は、隣のカウンターにいたオジサンも、窓口の女性店員に向かって怒っていました。w
女性店員も必死に説明(反論)していましたが、それがまた火に油を注いでしまう展開に・・・。


自分の手続きが先に終わってしまったので、最終的に、どう解決したかを見届けることは出来ませんでしたが、あの調子じゃ、おそらく上司の出番があったんじゃないかな・・・?

上司も顧客のクレームにいちいち駆り出されちゃ、たまったもんじゃありませんが、それも仕事ですからしょうがないですね。

職種は違えど自分もつい最近までクレーム対応をしていたので、それを思い出してなんか複雑な心境でした。www


でも状況次第では、自分も「上司を出せ!」って、言ってしまうところでしたけどね・・・。w

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月13日 (水)

バンコクもいいけどプーケットもね

2004年12月26日、スマトラ島沖地震によってプーケットは大きな被害を受けました。
その当時は自分はまだ、タイとの繋がりはありませんでしたが、テレビに映し出された津波の様子に驚愕を覚えたものです。

自分が初めてプーケットを訪れたのが2007年2月のことでした。
津波の被害を受けて約2年後ですね。

テレビで甚大な被害を受けたことを知っていましたから、訪問することへ若干のためらいもありましたが、何かに導かれるようにプーケットに向かっていました。

初めてのプーケットは、ビーチ沿いはところどころ津波による被害で、空き地になった場所や半壊のビルがそのまま残されている所もありましたが、街は活気を取り戻していて安心した記憶があります。

でも、地元の人たちと話をすると、やっぱり悲しい想いを口にする方も多く、心を痛めたものです。

その後プーケットには6回ほど訪れています。
プーケットの魅力は何と言っても「海」ですね。

自分はダイビングをするわけでもなし、サーフィンをするわけでもありません。
だから海のアクティビティーを楽しむこともありません。


でも、自分としては美しい海を眺めているだけで充分なんです。
心が洗われます。

プーケット本島の海も綺麗なんですが、ちょっとだけ船で移動すれば、今までに見たことがないほど、感動出来る海の景色に出会うことが出来ます。

今では有名になりすぎた「ピピ島」もそうです。
レオナルド・デカプリオ主演映画「ビーチ」が撮影された場所ですね。

P1210006_2


ダイビングをしなくても充分に感動出来ますよ。
ただ、最近は有名になりすぎて、たくさんの中国人の観光客が訪れていて、大変なことになっているようですが・・・。www

それでも、まだまだ穴場があるのがプーケットの魅力です。
「ピピ島よりもっと綺麗な場所があるよ~」ってことで、連れて行ってもらったのが「シミラン諸島」です。
「シミラン諸島???」自分はまったく知りませんでしたが、ダイバーには有名な場所らしいです。

でもダイビングをしなくても大丈夫です。
シュノーケリングでも楽しめますよ。

Pc300118

もちろん、砂浜でのんびりも出来ますので、綺麗な海を見たければ、ここまで来れば大感動請け合いです。

ただ問題が・・・。
ここまで来るのに、スピードボードを使ったわけですが、実は自分は船に弱かったんです。www
綺麗な海の景色を眺めていたら、自分が船に弱いことをすっかり忘れていました。w

船に弱い方、忘れずに酔い止めの薬は飲んでくださいね。

バンコクからプーケットまで、飛行機で1時間ちょっと。
バンコクの近くの海はパタヤが有名ですが、ちょっと心が疲れた方は、プーケットとその近隣の島にぜひ行ってみてください。

きっと心の元気を取り戻すことが出来ますよ・・・。
おすすめは、天候が穏やかな12月~2月です。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月12日 (火)

ハローワーク第2回認定日

今日は失業保険給付を受けるための第2回認定日だったので、地元のハローワークに出向きました。

14時~14時30分と時間まで指定されていましたので、遅れないように、その時間に併せてテクテクテク・・・と約1時間、健康のために歩いて行ってきました。
なまった体にはちょうど良い距離です。
台風が近づいていて雨が心配だったんですけど、降られずに助かりました。

2回目の認定っていっても、給付金はまだ貰っていません。
自分の場合は、自己都合退職ですので、3ヶ月間の給付制限があったために、今回、認定されて初めて給付金を受け取ることが出来るわけです。

認定される条件は、初回認定日から最低3回の求職活動が必要でした。
自分の場合は、初回認定日(2/17)に1回、バンコクに行く前(3/17)に1回、バンコクから帰ってきてから(4/21)1回、ちゃんと3回の求職活動をしましたので、認定は問題ないはずです。


認定を受けるための書類(雇用保険受給資格者証・失業認定申告書)だけは、忘れるわけには行きませんので、記載内容に漏れがないかもちゃんと確認した上で受付へ提出。
待つこと5分程度で名前を呼ばれ、今回給付される金額と次回認定日時の説明を受けて、認定手続きは終了です。

意外とあっさりでした。

約1週間後には銀行口座に、117,075円が入金されるはずです。
今まで減る一方でしたから、これは嬉しいですね。

今回の認定では、15日分の給付しかありませんが、次回の認定からは28日分が給付されるはずですので、しばらくは、なんとか生き延びれそうです。www

次回認定日は6月9日(火):10時30分~11時」指定されました。
忘れないようにしなきゃね。


あっ、それと次回認定日までに、2回の求職活動が必要です。
今日すでに1回分の求職活動はしてきたので、最低、あと1回ですね。
これも忘れるわけには行きません。


自分の給付可能日数は150日です。
数えてみると満額給付を受けるためには、9月29日までハローワークに通う必要があります。
今まで退職経験がありませんでしたので、初めてのことですが、良い体験をさせてもらっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月11日 (月)

思い出がいっぱい

始めてパスポートを作ったのは、2003年5月2日。
約12年前の44歳の時です。

パスポートに押されたスタンプを見ると、いろいろな思い出がよみがえります。

Img_0742


一番の思い出は、やっぱり初めての海外旅行のことでしょうか・・・。
44歳になるまで、海外には一度も行ったことはありませんでしたので、かなりの遅咲きでした。
それまでは、仕事一筋でしたから・・・。www

きっかけは、永年勤続表彰で会社から休暇と旅行券を貰ったことです。
5日間の休暇(土日と組み合わせると9日間の連続休暇が可能)と、20万円分の旅行券で「旅行で日頃の疲れを癒してきなさい!」「休暇で自分を見つめ直しなさい!」ということだったかと・・・。
中々、いい会社ですね。

当時は連続休暇どころか、休日出勤も当たり前だったので、この制度が出来てからは、自分の番が来るのを心待ちにしていました。

そして、海外旅行に行って自分を見つめ直した結果、後々の自分の人生に大きな影響を与えてしまったわけですが・・・。w


当時は海外旅行よりも国内旅行の方に興味がありましたから、特に行きたい場所も無かったんですが、唯一、行きたい場所は「ラスベガス」でした。

でも初海外で「ラスベガス」は、自分にとってはあまりに敷居が高い。
やはり言葉の不安が大きかったですからね。

そこで初心者でも行けそうな「サイパン」に行くことにしました。
それでも、一人で行くには不安があって、友人に一緒に行ってもらうことにしましたが・・・。
44歳、ウブな中年でした。www

何故「サイパン」を選んだかというと・・・。
目的は「カジノ」です。w

その頃は「パチンコ」「ギャンブル」が大好きでした。
だから一番行きたかったのが「ラスベガス」だったわけですね。


いろいろ調べたら「テニアン」というところに「カジノ」があることが判明。
それも「サイパン」に近いらしい・・・。
もう行くしかないですね。

初海外旅行と初カジノを経験したことで、その後の自分の旅のスタイルがすっかり変わってしまいました。
国内旅行から海外旅行へシフトチェンジです。

カジノは、念願だったラスベガスにも3回行きましたし、マカオに2回、ケアンズに1回、ホーチミンに1回行って、それなりに散財してきました。w

そして、今では無事カジノも卒業して、パスポートにはタイで押されるスタンプばかりになってきました。
数えて見たら31個の三角マーク(タイの出国スタンプ)が・・・。
初訪タイが2006年で約9年経ってますから、年間3~4回タイに訪問しているわけですね。

良くもまぁ~、普通のサラリーマンでそんなに行けたもんだと感心してしまいます。
滞在期間3日なんて爆弾旅行もザラでしたけどね。

それもこれも、44歳での初海外旅行が、すべての始まりだったわけです。
だからパスポートのスタンプには、自分の人生がつまっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月10日 (日)

覚悟を決めて

昨日、病気のことを記事にした後、覚悟を決めて歯科医の予約をしました。

「大袈裟だな!」と思うかも知れませんが、あの歯を削る「キーン」という音に、いつも体全体に力が入ってしまいます。
歯の神経に触れようものなら・・・www 考えただけでも、虫唾が走ります。

 

だから、予約するのも清水の舞台から飛び降りるつもりでした。
・・・やっぱり、少し大袈裟だったね。w

「虫歯は日本にいるうちに、治しておいた方がいいよ・・・」
バンコクに住む友人からのアドバイスです。
バンコクの歯科事情はわかっていませんが、きっと良くないんでしょうね。

それでも「歯が痛む」とか「被せたものが取れた」とか、具体的なことがあれば有無を言わずに治療を受けるんですけでどね。
今のところ、そこまでの状態では無いんです。

じゃ~「まったく問題ないか?」と言うと、そうでもなく「歯ぐきから血が出る」とか気になるところは、何箇所かあります。


今のところ痛くは無い。
だけど、気になるところがある。

これって、中途半端でしょ。


頭では「歯医者へ行かなきゃ!」って思いながらも、行動に移せない・・・。
そんな機微な心境・・・わかってくれるかな~。

 

バンコクに住むことを考えなければ、痛くなったら通院すればいいだけだったのに、なまじバンコク移住なんてことを考えてしまったばっかりに・・・。w

あれっ????
たかが歯科医の予約ごときで、なんか本末転倒な方向へ・・・。www

今日の記事・・・。

「昨日、歯医者の予約をしました。」のたった一行で済む話でした。w

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 9日 (土)

いつ死んでもおかしくない・・・?

自分は今まで大病をしたことがありません。
それじゃ、健康なのかというと、そうでもありません。

会社員時代、年2回健康診断が実施されていたんですが、その検査結果がいつも悪くて「いつ死んでもおかしくないよ!」なんて、脅かされたりもしていました。www

そんなことを言われる所以は・・・。
1.高血圧症
2.高脂血症
3.高尿酸血症
4.肝機能障害
5.血糖値が高め


などなど・・・具体的な症状はなかったものの病気予備軍のオンパレードでした。www
健康診断のたびに「痩せなさい!」「運動しなさい!」「食生活を改善しなさい!」と、お決まりの指導と長時間のお説教を受けていました。

数値が悪くても、自分自身では体調が悪いという実感はなかったんですけどね。

そんな注意を受けても、いつも適当にやり過ごしていたわけですが、とある早朝に左足の甲にものすごい痛みが・・・。
足を床に付けることすら出来ません。

「骨が折れた・・・?」そう思うほどの痛みです。

足を引きずり病院に行って診断してもらったら、「痛風です!」と・・・。
高尿酸血症の洗礼を受けてしまいました。www

健康診断での尿酸値がいつも「10mg/dl」ぐらいありましたから、いつ症状が出てもおかしくない状態だったんですね。

最初の症状が出たのが、今から10年くらい前でした。
薬を飲めば痛みは引くので、そうすると薬を飲まなくなります。
そうすると、また痛みが・・・。
1年~2年ごとに、発症していました。

さすがに、あの痛みは「もう勘弁」ってことで、3回目の発症からは薬を飲み続けることにしたので、それからは発症していません。
最後の痛みは5年くらい前ですね。

それに併せて「血圧」と「コレステロール」の薬も飲み始めましたので、それからは、各数値も平常になり、健康診断で説教を受けることもなくなりました。


が・・・。
退職をしてからは、病院通いも止めてしましました。www
だから、薬も飲んでいません。

いくら3割負担と言っても、診療代と薬代で毎月約5000円ほどかかるわけです。
何か症状があれば、その負担もしょうがないですが、どこも痛くないのに薬を飲み続けるのも、ちょっとね。

会社を辞めたら強制的な健康診断はありません。
もしかして、薬を飲むのを止めたことで、各数値が悪化している・・・?

「いつ死んでもおかしくない」状態に逆戻りしてたりして・・・。www

毎月の5000円をケチったことで、早死にするかもしれませんが、それも運命として受け入れることにしましょう。

でも贅沢言わせてもらえば、あと20年は生きて、死ぬ時は「コロッ!」と・・・ですけど。
うまく行くかな・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 8日 (金)

バンコクに向けての独り言

バンコクは相変わらず暑い日が続いていますか・・・?

日本は今の季節すごく快適です。
エアコンも扇風機も必要なし、もちろん、もうストーブも炬燵もいりません。
部屋の窓全開で入ってくる自然の風がとてもさわやかです。

バンコクから帰国したのが4月16日。
サクラには間に合いませんでしたが、今は新緑が鮮やかで目に優しいです。
Dsc_0016

道端に咲くツツジも心を癒してくれるし、青く澄み渡った空も気分を爽快にしてくれます。
Dsc_0021


バンコクに行く前は、毎日寒かったし、花粉にも悩まされて、憂鬱な気分だったのが嘘のようです。

ついこの間までは「バンコク最高!」だったけど、今は「日本最高!」に気分が変化しちゃいました。www

「気候」は人の心の動きに大きく影響を与えてしまうようです。

だから「心地よい」と感じている間は、日本にいます。
でも「不快」を感じるようになったら、すぐにバンコクに逃げ出します。


この自由さが欲しくて、少なくない収入を捨ててまで選んだ道ですからね。
少し我儘させてもらいますわ。

退職して初めて迎えた5月。
今まで何十回も日本で過ごした5月。
こんなにも、この季節を意識したのは、初めてかも知れません。
今までは、おそらく季節を楽しむ余裕すら無かったんでしょうね。
気の持ちようで、こんなにも変わるものとは・・・。

日本の良さを実感中です。

きっと、梅雨になったら「鬱陶しい!」
梅雨が明けたら「あ~暑い!」って変わるんでしょうけどね。www

でも、もしかして梅雨時は通勤や仕事が鬱陶しかっただけで、リタイア者にとっては、毎日の雨降りは結構快適だったりするかも・・・。
雨の日は外出しなければいいだけのことだからね。

雨音はショパンの調べ・・・それを感じながらの読書三昧。
退職後、初めて迎える梅雨の季節が、ちょっと楽しみになってきました。w

だから、次のバンコク行きは、もう少し先になりそうです。

ただ、去年の御嶽山のこともあるし、今は箱根もきな臭くなっている。
桜島の噴火も活発になっているようだし、阿蘇でも地震があったらしい、蔵王も怪しいし、日本列島は大丈夫なんでしょうか・・・?

早いとこ逃げ出した方がいいのかな・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 7日 (木)

ついに入院へ

ちょっと釣りタイトルになっちゃったかな・・・?

この記事にも書いたスマホの話です。

スマホに表示されるバッテリー残量が、まだ50%以上あるのにシャットダウンしてしまう現象に悩まされていました。

毎朝100%充電した状態も、夕方には60%程度位までバッテリーが消費されていましたが、
60%の残量であれば、まだまだ大丈夫と思いますよね。
それが、1時間もしないうちにシャットダウンされる日が続いて、これはただごとじゃないと・・・。

で、ゴールデンウィーク中の混雑も承知の上で地元のドコモショップへ行ったのが、5月3日の日曜日。
約1時間待って、対応してくれた方に症状を説明するも、中々理解してくれない。www
実際にバッテリーがシャットダウンされる状態が見えないかららしい・・・。

とりあえず、アプリが悪さをしている可能性もあるので、すべてのアプリを更新して見ましょうとのこと。
それと、バッテリー消費とシャットダウンの状態が見えるアプリを教えてもらい、その日は様子見となってしまいました。

2日間様子を見ましたが、まったく治る気配もなし。
ただ、バッテリー消費状態が見えるアプリのおかげで不具合の説明が簡単になりました。
今度は毎日起こる現象を判ってくれるでしょう。

5月5日、ゴールデンウィークまっただ中に再度、ドコモショップへ。
この日は更に混雑していて約1時間半待ち。
アプリで再度不具合状態を説明したら理解してくれました。

で、次の対策としてスマホの初期化を勧められる。
初期化をすると、今までダウンロードしたあるアプリが無くなることや、モバイルスイカやLINEも再設定が必要になるとのこと。

面倒だけど仕方ないですね。

その場で了解して、初期化してもらいました。
これで治ることを期待したんですけどね・・・。

結果は治りませんでした・・・残念。

ということで、本日、5月7日ついに入院することなりました。
今日はゴールデンウィークも終わったので、30分待ちで自分の番に・・・。

3度目の訪問ですから、担当者もあっさりしたもので「修理しましょう・・・」と、ようやく言ってくれました。
ドコモショップが自宅から近いので、何度も通っても苦になりませんでしたけど、もし遠かったら、頭に来ていたでしょうね。

すぐに「治します」と言わなかったことにね・・・。
今年のゴールデンウィーク、スマホの件で振り回されていました。

修理完了までの代替機がこれ。
Img_0739

Img_0740_4


ピンクのスマホです。
たまには乙女チックに過ごすのも悪くないかもです・・・。wwwwww

完治までの間、しっかり働いてもらいますよ~。

過去の使っていたガラケーたちは、一度も故障はありませんでした。
兄弟機たちです。↓
Img_0741

末っ子のスマホ、頭はいいけど体が弱いです。w
もっと体力をつけなければダメですね。

それでも、今回の入院は無償とのことで、その辺は親孝行なので良しとしましょう。
今は完治して帰ってくることを願うばかりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 6日 (水)

目指すべき道

ゴールデンウィークも最終日。
今日は、憂鬱な想いをしている方も多いんでしょね。
昨年までは自分もそうでしたから・・・。

セミリタイア系のブログを拝見していると、30代、40代の方が多いのに驚かされます。
「そんなんでセミリタイアを目指して大丈夫?」と、老婆心ながら心配してしまうような方もいますが、大半の方は明確な目標を持っておられる・・・立派です。

「投資」や「不動産経営」で収入を得る手段を確立しようとしています。
そのための勉強に余念がないことにも、いつも感心させられているわけです。

これって、セミリタイアを目指しているというより、起業家を目指しているんでしょうね。
雇われない生き方を模索している・・・そう見えます。

自分の30代、40代だった頃と、ついつい比較してしまいます。
独立・起業は憧れとしてはありましたが、とてもその勇気はありませんでした。
サラリーマンの方がよっぽど楽だと考えていましたからね・・・。

そして56歳で長年勤めた会社をリタイアしたわけですが、この歳になっても収入が途絶える不安は拭い去れません。

最終的には、このまま定年まで勤め上げても、あと数年。
「働き続ける現状」「想像する未来」を秤にかけて決断をしたわけですが、簡単に言えば「やりたいことを先延ばしすることに我慢できなくなった。」ってことですが・・・。

それと「よほどのことが無い限り破綻することは無かろう!」と、無理やり納得させた面もありました。

ただ、この「よほどのこと・・・」が今でも心の根底にあって不安を煽っていますがね。
これを払拭する術は、今はもう「開き直る」しかありません。www

56歳にもなって、まだそんな不安を持ってしまうわけですから、30代、40代で、セミリタイアをするということは、余程の精神力と確実な収入源を確保しないと、最終決断の場は難しいんじゃないかな・・・?
あいまいな状態では、出来ませんよね。

会社員時代、何人もの若い退職希望者と向き合ってきました。
表向きには「自己成長のため・・・」とか、耳障りの良い言葉を並べていましたが要は今の仕事に嫌気をさしているだけ・・・。
そんな人が多かったです。
そういえば、ほとんどが転職希望でしたね。

その時にいつも聞いていたのが「最終的に何をしたいのか・・・」。
この部分が、まったく伝わってこない方が多かったんですよね。

だから「単に仕事が嫌で、会社から逃げ出したいだけじゃないの?」って、いつも思っていました。
隣の芝生が青く見えているだけなんじゃないかと・・・。

30代、40代の方の人生は、まだまだ長いですが、万一、失敗してしまうとそれを取り変えず時間は、思ったより長くないですね。
ただ、あまりに慎重になりすぎて、自分の生き方を犠牲にしては身も蓋もありません。

進むべき道がはっきりと見えている人は心配無用ですが、まだ道筋が見えていない方。
そんな方は、少なくとも「どんな人生を送りたいのか・・・?」だけは、明確にしておいた方がいいですよ。
そうすれば進むべき道も見えてくるはずです。

「平々凡々な人生」を望むなら、平坦な道を歩けばいいだけ・・・。
「波乱万丈な人生」に挑戦するなら、敢えて茨の道を探し出せば、成功の可能性も高くなるでしょう。

あくまで、歩む道を作りだすのは自分自身ですからね。

ちなみに自分は「平坦な道を歩みながら、後悔しない人生」を目指して、今歩んでいるところです。

あれっ、今日はちょっと説教臭くなっちゃいましたね。
ちょっとだけ年長者の戯言として、お読みいただけたなら幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 5日 (火)

初海外の手助けは・・・。

昨日、木更津アウトレットモールに連れて行ってくれた友人は、今まで一度も海外旅行をしたことが無いとのこと。

でも、いつでも行けるように、パスポートは作ってあるらしい。
別に海外旅行が嫌いとかではなく、単に「キッカケ」が無かったと・・・。
特に行きたい場所もないらしいので、元々興味は薄いんでしょうね。
言葉の問題も気にしていましたが、行きたければ、どこでも簡単に行ける時代ですからね、今は。

昨日、自分と6時間もドライブしたのが運の尽き。
友人からすると、海外旅行の良さを延々と聴かされる羽目になってしまったわけです。www

でも話をしているうちに段々と興味が湧いてきたようです。

一気に「どこに行く・・・?」の展開に・・・。
行きがかり上、初海外旅行の手助けをすることになりました。

ただ問題は「どこ行く?」より「いつ行けるか?」ですね。
友人は普通の会社員ですから、旅行代金が高い時期しか休みが取れません。
でも自分としては、それは却下です。

今は、いくらでも安い時期に行けるわけですからね。
こちらからの要求は「ウィークデーに休みを取ってくれ!」です。

このハードルが一番高そうですね。
おそらく3連休が限度でしょう・・・。

そうなると台湾か韓国の二択ですが、韓国は問題外。
ですから初海外の手助けは、台湾で決まりそうです。
Img_0738


果たして、バリバリのサラリーマン。
平日の3連休、無事に取ることが出来るでしょうか・・・?

実は今『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』を見ながら、この記事を書いています。
台湾を取り上げています。

旅番組見ると、すぐに行きたくなっちゃうんですよね。
うずうずしてきました。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 4日 (月)

退職効果はこんなところにも・・・。

会社をリタイアしたので、ゴールデンウィークなど関係ありません。
毎年、ゴールデンウィークはバンコクに行っていたので、日本で過ごすゴールデンウィークも久しぶりです。

日本のこの時期は、とにかく気候がいいので快適ですね。
でも、どこに行っても混んでいるし、部屋でのんびり過ごしていました。

それなのに今日は、なぜか木更津のアウトレットモールに行って来ましたが・・・。w
混雑しているのもわかりきっているのにね。w

近くに住む友人が「木更津アウトモールに行くけど一緒に行く?」とメールがあったのが昨日のこと。

自分が最近出不精になっているので、親切心で誘ってくれたんだと思います。
まぁ~たいした予定もないし、車にも乗っけてくれるというので、あっさりOKの返事をしてしまいました。w

自宅から木更津までは、普段ならアクアラインを利用して1時間程度です。
いくらGWだからって言っても2時間あれば行けるはず・・・。

それは甘い考えでした。wwwww


渋滞に巻き込まれて、なんと現地まで3時間半もかかってしまいました。w

それでも、渋滞は「海ほたる」までで、それからは、東京湾を快適に横断です。
天気も良かったし気分は上々です。
Dsc_0001

木更津アウトレットモールはやっぱり混んでいましたけど、いろいろセールなんかもやってたりして、それなりに楽しめましたね。

でも結局、買ったのはランニングシューズ一足でしたけど・・・。w
Dsc_0008

アシックスのシューズ、税込3132円。
どの程度安いのかは知りません。www
ナイキやプーマなども見て回りましたけど、ちょっと高い。
まったくブランドには、こだわらないので、自分はこれで十分です。

これからランニングで運動不足を解消したいと思います。www

現地には2時間ほどの滞在で岐路につきましたが、案の定帰りも渋滞が・・・。
特にアクアラインの入り口までが大渋滞で、結局帰りも2時間半ほどかかってしまいました。

今日の渋滞や混雑ぶりは、今までだったら確実にイライラして、ストレスが貯まりまくっていたでしょうね。
それにきっと行ったことを後悔していたと思います。

往復で6時間もかかったわけですからね・・・。
(バンコクまで行けてしまいます。www)

でも今日は違いました。
渋滞で疲れたら休めばいい・・・。
混雑してたら人間ウォッチングも楽しめるぞ・・・。
心に余裕がありました。
「楽しむ術はいくらでもある・・・。」ってね。

渋滞は嫌・・・。
混雑は嫌・・・。

前は端から逃げていました。
でも、それも「気持ちの持ち方次第」だったんですね。

退職して時間に縛られない生活をするようになって、気持ちに変化をもたらしたのかも知れません。

明日も、明後日も、その次も、別に急ぐ用は何もありません。
締め切りもないし、予定表も空白だらけです。
時間的余裕が、いかに心に良い影響を与えてくれているのか・・・。
なんとなくわかってきました。

退職してから・・・。
心がどんどん健康になっているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 3日 (日)

伝わらないことば

JALカード(CLUB-A)の会員になっているので、その特典で毎月AGORA(アゴラ)という雑誌が送られてきます。
雑誌は要らないから、少しでも会費を安くして欲しいのが本音なんですが・・・。

で、その雑誌を流し読みしていたところ、ちょっと気になる記事が目に留まりました。
「伝わることば」というタイトルです。

Img_0737


その記事の内容はこんなのです。

突然ですが、問題です。
次の五つのうち、コミュニケーションとして最もダメな言葉はどれでしょう?
①「豆腐」
②「おいしい豆腐」
③「豆腐はおいしい」
④「本当に豆腐はおいしい」
⑤「本当の豆腐はおいしい」


<中略>


いいコミュニケーションとは何か?
その答えは「伝わる」ことです。ダメなのはその逆。一方的に「伝える」こと。伝える側は伝えきって満足しているけれど、伝えられた側はチンプンカンプン・・・なんてよくある話ですよね。

では、どうすれば「伝わるか」か?その答えの一つが「間」です。お笑いや演劇で大切にされる「間」。見ている相手の中に一瞬、考える時間をつくることで、そこに喜怒哀楽が芽生え、興味が生まれるのです。一方的な情報を理解するのは苦痛でも、考える「間」があるコミュニケーションは楽しいし「伝わる」わけです。

<中略>

では、先ほどの答え合わせを。ダメなものは④、いいものが⑤。おわかりいただけましたか?

・・・まったくわかりません。www
「間」が大事なのはわかります。
一方的に伝えるだけでは、いいコミュニケーションが生まれないのもわかります。

何がわからないって、冒頭の問題とその答えの意味することがわからないんです。www

④の「本当豆腐はおいしい」がダメ?
⑤の「本当
豆腐はおいしい」がいい?

前後の文脈にもよるけど、どっちも伝わるでしょ。


この筆者、セミナーや講義をやられている方らしい。

少なくとも「伝わることば」を、テーマにしている以上、誰にでも伝わるように書いて欲しいよね。
こんな記事じゃ、まったく伝わっていませんから!

それとも、自分の読解力が不足している・・・?
もしかして、この解りづらい記事も筆者の作戦・・・?
それだったら、もう脱帽ですけどね。

なんか日本語って面倒くさい。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 2日 (土)

スマホの調子が悪い

自分は電話が苦手です。
かけるのも、かかってくるのも・・・。

だから、よほどの事が無い限り、自分から電話をかけることがありません。
本当は電話も持ちたくないくらいですが、いろいろな場面で電話番号を記載することもあるし、緊急な場合にはやっぱり必要になるので、仕方なく持っていると言った方がいいかも知れません。

固定電話はすでにありません。
携帯電話はちょうど1年前にガラケーからスマホに変えました。
今はこんなのを使っています。↓
Img_0734

本当はガラケーで十分なんですが壊れちゃったんで、時流に乗ってスマホに変えてみました。w

自分はIPADを重宝しているので、スマホの電話以外の機能はあまり活用出来ていません。
スマホの画面は、自分にはあまりに小さすぎです。www

ただ、IPADはWIFIタイプなので必ずルーターが必要なんです。
だからガラケーだった時は外出する時は、ガラケーとIPADとモバイルルーターの3台をいつも持ち歩く必要がありました。

それでも慣れてしまえば別になんら問題ありませんでしたが、スマホに変えてからはテザリングでスマホをルーターとして使えるので、持っていたモバイルルーターがお役御免となり、外出時は2台持ちで少しだけ楽になりましたが・・・。

お役御免となったモバイルルーターはSIMフリーに変えたので、海外渡航中は大活躍してくれてますので、その辺も無駄にせず良かったことですね。


でも、このスマホ、最近なんか調子が悪い。
画面上部にバッテリー残量が表示されるんですが、いつも50%くらいの残量が残っているにもかかわらず、急にシャットダウンしてしまいます。www

いつも夜中に充電して朝100%の状態にしていますが、最近では夕方までバッテリーが持たない状態です。

ネットで調べて、解決策をいろいろ試してみるも治すことが出来ません。
そろそろ病院行きかもしれません。

Docomoが悪いのかSonyが悪いのか、はたまた自分の使い方が悪いのか・・・?www

どうでもいいけど、たった1年でこれじゃ~ね。
ちょっとガッカリです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2015年5月 1日 (金)

ワイルド・スピード SKY MISSION

今日は、映画の日。
1100円で映画を見ることが出来る日ですから、映画好きだったら見に行かない手はないですね。
早速、比較的空いている朝一番の時間に併せて有楽町まで出かけてきました。

見た映画が「ワイルド・スピード SKY  MISSION」です。

51aiwkt5hl_sx355_1


ここのブログを前から読まれていただいている方からは「お前、それもう見ただろう!」って、突っ込まれるところですが・・・。w

え~、見ましたとも、それもつい最近にね。
でも、前に見たのは「Fast&Furious7」ですので、厳密に言えば・・・違いますから!。w
今回の「ワイルド・スピード SKY MISSION」は、日本語字幕なんでね。www

Fast&Furious7の鑑賞記事は、ここ。

4月11日にバンコクの映画館でタイ語字幕で見ました。
でも機微な部分は自分の英語力では無理でした。
もちろんタイ語字幕なんて邪魔なだけでしたし・・・。

だから、どうしても日本語字幕で見たくて今日の映画の日を狙っていたわけです。

バンコクではストーリー的に大事な部分を見落としていました。
というか、理解していませんでした。w

それでも楽しめたのは、ド迫力のアクションシーンに圧倒されたからですが・・・。
だって飛行機から車ごとスカイダイビングするんですよ。
それに超高層ビルから車ごと飛び出して隣の超高層ビルへ突っ込むんですよ。

どう考えたって、そんなの絶対不可能だから。www

不可能なことが出来てしまうのが映画なんです。
ストーリーに多少つじつまが合わなくてもいいんです。

だから理屈っぽい人は見ない方がいいです。
不可能なことや辻褄が合わないことだらけですから・・・。

ただ、バンコクで見た時は、何故そのシーンが必要だったのか・・・?
そこが良く分かっていなかったんです。wwwwww

だから今日、日本語字幕で鑑賞して、やっと全容が掴めました。
大満足です。

この映画のキーワードは「神の目」です。
すべてが「神の目」のせいです。

「神の目」????

知りたければ、映画見に行ってくださいね。

だけどバンコクで見たときには一度も「God's Eye」なんて聴き取れなかったな~。
だから、日本語字幕なしでは、ストーリーがわかるわけないですよね。w
日本語字幕なしで、すべてが理解できるようになりたいな~。

この映画、「気分がスカッ!」とすること請け合いです。




満足した映画の後は、ちょっと贅沢なランチです。
「黒豚バラ肉かつ丼」1200円。
Img_0732

映画が安く見れたからって、これじゃね。
明日からまた節約に励みます。www

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30