« 次のバンコク行きは・・・。 | トップページ | 「過ぎ越し祭(Passover)」って知ってますか? »

2015年3月 1日 (日)

エクソダス:神と王

映画の話です。

今日は映画が1100円で見ることが出来る「映画の日」なので、朝から見てきましたよ。

「エクソダス:神と王」を・・・。

Photo

自分は映画を見るのは大好で、一ヶ月に一度程度は映画館に出向きますが、決して映画通ではありません。

「暇つぶし」や「ストレス解消」で見ることが多かったので、その時に見たい映画はあくまでフィーリングで選んでいます。

今日の映画は、旧約聖書の「出エジプト記」が基になっていて、昔の映画「十戒」のリメイク的要素が強い映画らしい・・・。

そうは言っても、「モーゼ」や「十戒」の言葉は聞いたことがあっっても内容までは良くわかっていませんでしたし旧約聖書の話など興味もありませんでした。

事前に知っていたのは、「十戒って海が割れる映画だよね」ってことだけ。www

だから、有名な映画「十戒」も見ていません。

じゃ~、何故この映画を・・・?

消去法です。www

「アメリカンスナイパー」との二択でしたが、ここのところの悲惨な事件の事を考えると、気持ちの中で「アメリカンスナイパー」は却下しました。

で、この「エクソダス:神と王」はどうだったか?

すごく良かったです。

映画レビューでは評価がかなり分かれており、上映時間も2時間半と長丁場なので若干躊躇しましたけど、事前準備が功を奏して楽しめました。

まったくのノンフィクションの場合は、何も準備などしませんし、あまり調べると面白さが半減しますが、有名な映画のリメイクとなると、ある程度背景を理解していないと、見ていても訳が分からなくなってしまいます。

だから、それを避けるためにも、何を事前準備したかというと・・・。

「出エジプト記」や「モーゼ」のことについて、ささっと頭に入れてから鑑賞です。

こう言う時は、ネットってやっぱり便利ですね。

検索かければ、一発で情報を得ることが出来るからね・・・。

案の定、映画を見終わったあとに、「スケールは大きかったけど、内容がちょっとわかんなかったね・・・」なんて声が聞こえたりしてましたから・・・。

映画の内容を話してもきりが無くなるので書きませんが、エンドロールに「トニー・スコットに継ぐ」の文字が・・・。

この映画の監督は”リドリー・スコット”で「グラディエーター」や「エクソシスト」などが有名ですね。

”トニー・スコット”とはその弟で、「トップガン」などの監督をしています。

でも、残念ながら2012年8月に自殺してしまったんです。

「その弟に捧げるために作った映画だったんだ」って最後にわかりました。

「神のモーゼ=弟のスコット」「王のラムセン=兄のリドリー」に投影していたんだなって、思わずにはいられませんでした。

映画では対立する二人ですが、そこに兄弟愛が見え隠れする・・・そんな映画でした。

今まで毛嫌いしていて、この手の映画は見ていませんでしたが、少し興味がわいてきました。

早速に「十戒」も見てみようと思います。

« 次のバンコク行きは・・・。 | トップページ | 「過ぎ越し祭(Passover)」って知ってますか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクソダス:神と王:

« 次のバンコク行きは・・・。 | トップページ | 「過ぎ越し祭(Passover)」って知ってますか? »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30