« 持つべきものは・・・。 | トップページ | 心静かに »

2015年3月10日 (火)

求職活動をしてきた

雇用保険の失業給付を受けるためには、決められた回数の求職活動が必要です。

自分は自己都合退職のため、3ヶ月間の給付制限期間中であり、この間に3回の求職活動を行わないと、給付金を受けることが出来ません。

求職活動の定義は「客観的に確認できる仕事探しの実績」とあり、「ハローワークや新聞、インターネット等で求人情報を閲覧した、知人への紹介依頼等は、求職活動実績には含まれません」と、明確に記載されています。

この「求職活動の実績」がどの程度のハードルなのか?

一番気になっていました。

ここのところ天気も悪かったので外出を控えていましたが、そろそろ体も鈍ってきたのでハローワークまで行ってきましたよ。

求職活動実績のハードルを確認するためにね。

地元のハローワークは一つ隣の駅にあるんですが、今日は健康を考え歩きです。

のんびり歩いて45分、散歩にはちょうど良い距離なんですが・・・。

もう最悪でした。

目は痒いし鼻水でグシュグシュだし・・・。

外出なんてしなけりゃ良かった(ちょっと、後悔)。

そんなことより「求職活動の実績」は、どうだったか?・・・ですよね。www

まずハローワークの受付で検索機を利用する旨を伝えて番号札をもらい、その番号の席で求人情報の検索開始です。

検索内容は、もちろん海外の求人情報です。

バンコク限定で調べたいところですが「海外」という検索条件しかありません。

海外すべての求人情報からバンコク情報だけを探します。

7件ほどの求人情報がありましたので早速印刷です。

ここまでは、前回もいじっていたので、何ら難しいことはありません。

問題はこのあとですね。

求人情報を閲覧しただけでは求職活動の実績になりませんので、実績として認められる必要があります。

で、受付に番号札を返したときに、併せて「雇用保険受給資格書」を差し出して・・・。

自分「スタンプをお願いします」

受付「相談は必要ですか?」


どう答えるか、一瞬戸惑いましたが・・・。

自分「いえ、必要ありません」

それではスタンプは押せませんって言われたら「じゃぁ、相談します」って言えばいいかって・・・。

受付「それでは、この紙に記載してください。」

検索した内容を記載する用紙です。

そこに本日検索した内容などを書きこんで再度受付へ。

自分「これでいいですか?」

受付「はい、結構です。」

ってことで、難なく求職活動実績のスタンプを押してくれました。

これで、求職活動実績1回が認められました。

行く前は対面相談をするものと考えていてましたので、ある程度理論武装もしていたのですが、以外とあっけなく認めていただいたので、この先ちょっと気が楽になりましたね。

今日で求職活動実績は2回になりました。

給付を受けるには認定日までに、あと1回の求職活動が必要ですが、それはバンコクから帰ってきてから行う予定です。

とりあえず、自分が通うハローワークの対応方法が判っただけでも、ひと安心です。

注;これから、求職活動の実績を得る方へ。

自分の行ったハローワークの対応ですので、各ハローワークによっては違いがあると思います。

あくまで参考に留めてくださいね。

« 持つべきものは・・・。 | トップページ | 心静かに »

退職後の手続き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 求職活動をしてきた:

« 持つべきものは・・・。 | トップページ | 心静かに »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30