« 出だしから不吉な予感 | トップページ | 定番観光と苦手意識の解消 »

2015年1月 3日 (土)

The Iron Ladies(アイアン・レディース)

このタイトルで合っているのかな?

昨日、マーブンクロンに行った時に、面白そうな映画がないかな?

って、チェックしてたらこのポスターが貼ってあって、明らかにコメディー映画だし、英語の字幕付きということで、早速みてきました。(字幕が無ければお手上げです。)

タイの映画では日本語字幕は、まずあり得ないので「英語の映画をタイ字幕でみるか?」「タイ映画を英語字幕でみるか?」どちらかの選択肢しかありません。

自分にとっては、どちらもハードルが高いです。

それでも、シリアスな映画には、おそらくついていけないので、コメディーなら大丈夫だろうってことで・・・。

そういえば、ドラエモン(スタンドバイミー)も、12月31日に封切でした。

でも、タイ語吹き替えになっていましたので、在タイの日本の子供たちは残念でしょうね。

自分は、飛行機の中ですでに観たので、関係ありませんが・・・。www

Photo_28
おかまちゃんのバレーボールチームの話です。

まずは、料金ですが160バーツ(日本円に換算すると500円程度)で観ることが出来ます。

日本と比べると、かなりのお得感があります。

英語とタイ語をある程度理解できるようになれば、暇つぶしにも良さそうです。

この映画、以前に日本でも公開されたことがある「アタックナンバーハーフ」って言う映画のシリーズものらしいです。(間違っていたらゴメンナサイ)

その映画はみていないので、実際のところわかりませんが・・・。www

映画の内容は、チーム内外での恋愛事情を絡めながらの、ベタなストーリーで展開していきますが観客のタイ人が、とにかく大声を上げて良く笑う笑う・・・笑いっぱなしです。

それに釣られて、自分も笑いっぱなしの2時間でした。

それにしても、映画に出てくるおかまちゃん。

どうしても○地○央に見えて仕方がありませんでした。w

タイでは女子バレーボールのナショナルチームが今大人気だそうで、この映画にもナショナルチームの一部がバレーボールの試合のシーンで出ていたりして、それもこの映画に観客を集める要因になっているようですね。

ところで、タイの映画館では、映画の開始時間から約30分はコマーシャルです。

日本の場合は約15分程度ですので、その倍ですね。

開始時間の20分後くらいに入るのがちょうど良いかも・・・。

それと、本編開始前に国王に敬意を表して音楽が流れますので、観客全員が立ちあがります。

ここはタイですので、郷に入れば郷に従いましょう。

そういえば、1日に数度、街中でもタイ国家が流れます。

それが聞こえたら、歩いていようが、走っていようが、みんな立ち止まります。

最初は不思議な光景でしたが、今ではすっかり慣れてしまいましたが・・・。www

この国の習慣や文化に興味津々です。

「笑う門には福来たる」。年の初めは、笑いから・・・。

みんなが良い年になりますよう~に!・・・ってね。


« 出だしから不吉な予感 | トップページ | 定番観光と苦手意識の解消 »

タイ滞在:14年12月~15年01月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Iron Ladies(アイアン・レディース):

« 出だしから不吉な予感 | トップページ | 定番観光と苦手意識の解消 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30