バンコク暮らし

2019年9月20日 (金)

ようやく違いが分かる男になれたよ。

友人、よく果物を持ってきてくれます。

例えば、これ↓
Img_20190919_1557061

おいら「何て名前のフルーツ?」
友人「ラムヤイだよ」
おいら「ラムヤイね、了解」

例えば、これ↓
Img_20190919_1556381

おいら「ラムヤイ、ありがとう」
友人「ラムヤイじゃないよ、ロンコンだよ」
おいら「えっ! この前ラムヤイって言ったじゃないの!」
友人「これは、ロンコン!」



おいら、ラムヤイとロンコンの見分けが、ついていませんでした。
色といい形といい、似てるでしょ。

友人、おいらが何度も間違えるもんだから、呆れてか両方買ってきてくれました。
(それが、上の写真ね。)

ねっ、似てるよね?
てっきり同じものかと思ってたよ。

まあ、ちゃんと比べると微妙に違うのがわかりますが。
これじゃ、間違えてもしょうがないよね。

皮を剥くと、より違いははっきりします。
Img_20190919_1558361

右が、ラムヤイ(目玉おやじみたい 笑)
左が、ロンコン

明らかに違うよね。

食べ方は、皮を剥いて、そのまま口の中へ。
種だけは吐き出してね。

ただ、ロンコンには注意ね。
ラムヤイの種は、大きくて硬いので、吐き出しやすいんですが、ロンコンの種は柔いのです。
間違って食べようものなら、苦いのなんのって。
意外と食べ方がむずいです。

味の方は・・・。
ラムヤイの方が、少し甘いかも?
でも、味を言葉で表現できるほどの語彙力は持ち合わせていないので、自分で試してみてね。m(__)m

どっちが好きか?と言えば、おいらは、ラムヤイかな。
ロンコンの種の苦み攻撃を何度も味わっているからね。(笑)

ちなみに・・・。

ラムヤイは、中国語で「龍眼」と書いて「ロンガン」
ロンコンは、中国語で「龍功」と書いて「ロンコン」
だそうです。

あ~、紛らわしい!
ロンコンは、タイ語名は無いのかな?

ラムヤイとロンコン、両方を比べてみて、ようやく見分けがつくようになりました。



ついでに、友人「ンゴ(ランブータン)」も持ってきてくれたので・・・。

Img_20190919_1556351

ンゴ、旨いよね!
(「ンゴ」ってタイ語の響きが、なんか好きです。笑)

今、おいらの部屋はタイの果物でいっぱいです。

でも、早く消化せねば!

喰っても喰っても、中々減らず・・・。
ちょっと飽きてきたわ。



にほんブログ村

 

 

2019年9月18日 (水)

散歩してたら

いつものように、散歩してたら・・・。

まずは、写真をどうぞ。↓

Img_20190915_1504311

水の中に、何か黒いものを発見。
もぞもぞと動いてる。

ちょっと寄りで撮ってみると。
Img_20190915_1504391

あはっ!
亀でした。

大きさは、10cmくらいでしょうか。


まあ、亀なんて珍しくもなんともないんですが・・・。

見つけたのが、ここなんです。↓

Img_20190915_1504221

歩道の水溜り!

なぜこんなところに?
どうやって、ここに来た?

絶対にいるはずが無い所に、🐢
いろいろ面白いよね、バンコクって。

都会なんだか、田舎なんだか。


にほんブログ村

 

2019年9月16日 (月)

「ドリアン羊羹」は、ホントに不味いのか?

タイのスーパーなどでよく見かける「ドリアン羊羹」。
お土産品として、よく目にしますよね。

ソーセージみたいな、細長いやつね↓
Img_20190915_1357551

おいら、この「ドリアン羊羹」には、苦い思い出がありまして・・・。

十数年前のこと、初めてタイに旅行に来たときに、友人たちにお土産として、何本か買って行ったんですよ。
当時のドリアンの印象は、ものすごく臭い食べ物。
もちろん、誰一人本物のドリアンを食べたことがある人はいなくて、みんなどんだけ臭いのか興味津々です。
おいらも本物のドリアンを食べたのは、それからずっと後のことで、まだドリアンの味を知らない青二才でした。

で、早速に袋を剥いて、一口。

「うぇ~、なんじゃ、こりゃ~」です。
すぐに吐き出して、ゴミ箱へ。

これ、食べ物じゃない!
もう衝撃の不味さでした。

結局、誰もまともに食べられず、すべてゴミ箱行き。
それどころか、すぐに歯磨きに走る面々。

そこまでしなくても・・・。

可哀そうなドリアン羊羹。
ドリアンの印象をかなり悪くしてしまったのでした。



あれから、十数年・・・。
だから「ドリアン羊羹」を目にしても、無視してました。

あの時の衝撃的な不味さは、もう一生忘れませんから。(笑)

でもおいら、本物のドリアンは大好きなんです。
最初はダメだったんですが、何度も食べているうちに、だんだんと好きになった。
そんな、感じでしょうか。

それで何を思ったか、「ドリアン羊羹」に再挑戦してみたくなったのです。

嫌いなものでも食べられるようになることは良くありますよね。
子供の頃に、玉ネギやピーマンが嫌いだったけど、今では大好き。
それと同じようにね。

あの頃は、ドリアン羊羹は超不味かったけど、今なら美味しいと思えるかも。
だって、本物のドリアンは大好きになったんですからね。

で、早速1本購入してきました。
Img_20190906_1541201

十数年ぶりの再挑戦です。
ちょっとドキドキ。(笑)

一口サイズに切り分けて、まず匂いから。
そんなに臭くはないね。
ほんのりと独特のドリアンの匂い。

Img_20190913_1429091

では、実食。

あの時は、一切れ口に入れた途端に吐き出しましたが・・・。

あれ?食べられる。
それに、不味くない!

決してものすごく美味いってわけじゃないけど、本物のドリアンには到底かなわないけど。
普通に食べられるわ、これ。

これってきっと、ドリアンの匂いと味に、慣れたからだと思う。

たった1回食べて不味かったからって、それで判断しちゃ、ダメだってことだよね。
なんでも慣れれば大丈夫。
教訓です。


で、次に克服する食べ物は・・・。

あれ?
考えても何も出てこないや。

なんでも美味しく食べられるって、いいね。
そのおかげで、デブまっしぐらです。(汗)




にほんブログ村

 

2019年9月14日 (土)

朝からウキウキした気分に

前回のバンコク滞在くらいからでしょうか。
なんかウキウキした気分にさせてくれる歌が、良くテレビで流れてくるんですよ。

どんな歌かと言うと・・・。

みんなにも聞いて欲しくて、YouTube で探しましたよ。(笑)

↓これです。まずは聞いてみてね。




 

どうですか?

「ボランティアをしましょう」
そんな歌だとは思うんだけど・・・。

冒頭のドラムと笛の音が聞こえてくるだけで、ウキウキした気分になりませんか。
タイ語の歌詞も耳に心地いいし、一緒に大きな声で歌えば、それだけで元気はつらつです。(笑)

毎朝この歌を聞くと、「今日も1日頑張ろう!」って。
そんな気分にさせてくれるんですわ。

動画の絵柄もカワイイしね。(^_-)-☆


にほんブログ村

 

2019年9月12日 (木)

スーパーリッチで両替、ついでにルンピニ公園を散策

一昨日、手元のタイバーツが心許なくなってきたので両替へ。
両替所は、チョンノンシー駅近くのスーパーリッチ。

以前は、少しでもレートの良い両替所を求めてふらふらしたもんですが、最近はもっぱらスーパーリッチで済ませてます。

Img_20190910_1407061

 

まずはレートを確認。
0.2855 だってさ。
相変わらずショボいね~。

こんなんじゃ、ちょびちょび両替を継続するしかありません。

今回は、10万円を両替して、28,550バーツ。
2万バーツは家賃に消えちゃうんで、手元に残ったのは8,550バーツ。

いつまでもつかな?(^^♪



サクッと両替を終え、このまま帰るのもなんなんで、ルンピニ公園でも散策することに。
BTSだとルンピニ公園の最寄りは、サラデーン駅。
チョンノンシーからだと、たった一駅ですね。

もちろん、おいらは、歩き。
なんてことない距離です。

シーロム通りを冷やかしながら、ルンピニ公園へ。

ルンピニ公園前の、旧デシュタニホテル↓
Img_20190910_1506051

もうすぐ、ホテル本体部分が取り壊しですかね。
ここ、おいらがタイに旅行に来たときに、一度泊ったことがあるんです。

そのホテルが、取り壊されるって・・・。

まあ、時代は代わるので、致し方ないことなんですけどね。
なんか寂しいね~。

そんな感慨を胸に、ルンピニ公園に入りましょう。
Img_20190910_1507542

イベントのない平日のルンピニ公園は、閑散としてます。
その分、のんびり出来ますね。

満開のマリーゴールド?に心洗われ
Img_20190910_1514351

ベンチでくつろぐ黒猫に癒され
Img_20190910_1536381

少しだけ運動して
Img_20190910_1520001

ぶら下がり健康法に再挑戦したものの、相変わらず10も数えられずにギブアップ。
握力がかなり低下しているようです。

情けない!

まあ、昔から箸より重い物を持たずに育ってきたからね。
(そんなわけあるかっ!)

そして・・・。

折角ルンピニ公園に来たんだから、ルンピニ公園の主に挨拶しとかないとね。

で、探すこと数分。

簡単に見っけ!
Img_20190910_1535011

ここに来たら、こいつを見ずには帰れませんからね。
あはっ!

これで、安心して帰れます。(笑)

公園を一歩出ると、そこはやっぱりバンコク。

Img_20190910_1547061

静寂と喧騒の対比がなんか面白い。
まさにこれがバンコクだよね。

また両替に来たら、ここに立ち寄りましょう。
デシュタニのその後も気になるし・・・。


にほんブログ村

 

2019年9月10日 (火)

ワットパクナムの巨大仏陀、そろそろ完成?

バンコクに戻ってくると、まず最初に行く場所があります。
そこは、ワットパクナム。
あのインスタ映えする仏塔と天井画で、いまでは日本人に大人気の寺院ですね。

でも、おいらの、目的は建設中の巨大大仏。
今年に入ってから、ずっと建設具合をずっと追っかけています。

最初は、ここ
2回目は、ここ
3回目は、ここ
4回目は、ここ

こうやって振り返ってみると、どうやって巨大仏陀が造られていくのかが良くわかります。
完成品を観るのもいいですが、製造過程を知ることで、さらに愛着が沸くっていうもんです。

そして昨日、約2ヶ月ぶりにワットパクナムへ。
そろそろ完成かな?
期待を胸に、早速訪ねてみました。



行き方は、BRTバスのラーチャプルック駅から、毎度の歩きです。
徒歩で20分程度ですから、散歩がてらちょうどいい距離です。

天気は、ちょっと雲が多いけど、まずまず。
Img_20190909_1130151



ワットパクナムへ行く前に、ワットクンチャイでお参りも、定番のルーティンです。
Img_20190909_1135151

 

そして、ワットクンチャイの横の細い路地に入って
Img_20190909_1135481

 

橋の上から、ワットパクナムの巨大大仏の様子を眺めるのも定番です。
Img_20190909_1136501

 

頭頂部が、金色に輝いていました。
前回来たときは、頭の部分はまだ鉄骨の状態だったので、少しは進んでいるようです。
でも、顔と体はまだ足場で覆われた状態ですね。

もうここで、様子がわかってしまいましたが、一応定点でも写真を撮っておきましょう。

ワットパクナム入り口で、パチリ↓
Img_20190909_1140171

仏塔に上って、後ろ側からパチリ↓
Img_20190909_1148081

前に廻って、パチリ↓
Img_20190909_1142271

見た目、全体が足場で覆われているので、2か月前とそう変わっていないように見えますが・・・。

いつも材料が置いてあった場所は、綺麗に片付いていました。↓
Img_20190909_1141521

鉄板の作業は、完了したんでしょうね。
となると、あとは塗装。
金色に染め上げ、足場を外してお披露目でしょうか。

完成まで、もう少しのようです。
楽しみだね~。



つづいて、今回のバンコク滞在について、占ってみましょう。
前回見つけた、おみくじです。

Img_20190909_1202551

筒をシャカシャカ振って、飛び出してきた棒に書かれた番号で占います。
シャカシャカして1本の棒を飛ぶ出させるのが、結構難しいんですが、今回はスムーズに飛び出てくれました。

飛び出てきた番号は↓
Img_20190909_1204091

22番。

この番号の紙を、自分で勝手に取って
Img_20190909_1206291

書かれているのは、タイ語と英語と中国語。

なんて書いてあるのかな?

とりあえあえず、英語表記部分を・・・。

In the state facing the insignificant fortune,moderation of money can be obtained,make haste in doing good deeds,
be not downhearted.
The beloved one is now difficult to obtain.
After non-fortune, one will be happy and healthy.
Whatever is lost is always lost, one should be stable in the duty, it is moderate for the other situations.
Doing what is stainless, one obtains what is stainless.

まわりくどい書き方で、良くわからないや。(笑)
でも、あまり良い結果じゃないみたいね。

残念!

でも、気にしません。
今さら占いで一喜一憂する歳でもないですからね。(笑)

「なるようになるさ!」です。



これで、今回のワットパクナムでのミッションは完了。
次は、11月。
帰国前にまた訪れる予定です。

巨大仏陀、今年中には、完成しそうです。

 


にほんブログ村

 

2019年9月 8日 (日)

どうやらワンランク昇格したようだ

おいらが良く利用する駅を根城にしているワンコがいます。
こいつは、野良犬なのにとても人懐っこくて、とても可愛いやつなのです。

このワンコのことを書いた記事は、ここここ

しばらく見かけないと「何かあったかな?」って、とても気になる存在でしてね。
だって、勝手にソンテウに乗って、どこかに行ってしまったりするからね。



約2ヶ月ぶりにバンコクに戻ってきた、おいら。
まずは、ワンコ探しから。

元気にしてるかな?

1日目、見当たらず。
2日目、見当たらず。
また、どこか遊びに行ってしまったかな?

そして、昨日。

あっ!いた!
Img_20190906_1414271
まずは一安心です。

近くに寄ってみましょう。
Img_20190907_1518501

やっぱりカワイイ!
元気そうで何よりです。

で、ワンコの後ろに回ってみると・・・。

あれ?
なんと、首輪をしてるじゃありませんか。

Img_20190906_1414471

↓こっちの写真の方が、よくわかりますね。
Img_20190708_1517442

以前は、間違いなく首輪はしてなかったはず。

誰がつけてくれた?
放浪癖があるワンコだから、駅の人が見かねて首輪をつけてくれたのかな?

これで野良犬から飼い犬へ。
犬だけに、まさにワンランク昇格ってことで。

あはっ!

 


にほんブログ村

2019年9月 6日 (金)

バンコク到着

昨日、15時頃に無事スワンナプーム空港に到着しました。
今回も羽田空港からセントレア空港経由でのバンコク入りです。

羽田 8:15発 ⇒ セントレア 9:15着
セントレア 10:25発 ⇒ スワンナプーム 14:15着

エアラインはJALで、こんなタイムスケジュールです。

このフライトの何が良いって、スワンナプーム空港に昼間に到着するのが良いんですよね。
深夜便や夜遅くに到着するのが苦手なもんでね。

成田→バンコクは、昼間のフライトが無くなってしまったし、羽田→バンコクは昼間の便はちょっと高い。
だから、ここ最近は、セントレア経由が多くなっているのです。



自宅からは、京急で羽田空港へ。

朝の5時起きでした。
まあ、ジジイですから早起きは、無問題です。

羽田空港での朝食↓
Img_20190905_0646101

たまごかけご飯とミニ蕎麦。
シンプルだけど旨いんだな~、これが。

そして、定刻に出発。
って言いたいところだけど、飛行機の整備の遅れとかで20分ほど待たされました。

Img_20190905_0756341

セントレアでは乗り換え時間が1時間10分しか無いので乗り換えの唯一の不安は、羽田からセントレアへの便が遅れることです。
もし、セントレア⇒バンコク便に乗れなかったら、どうなるんだろう?
JALのサイトで通しでのチケット購入なので、最悪セントレアで乗り遅れても何とかしてくれるとは思うんだけどね。

セントレア空港にも、20分遅れで到着。
でも、バンコク便には、間に合いそうだね。

セントレア空港内を速足で移動。
保安検査を抜けイミグレを通過。

そしたら・・・。

バンコク便も、デレイだって。
速足で移動することも無かったね。

セントレアからのバンコク便は、30分くらいの遅れで離陸。
ちょうど先島諸島に台風が来ていて、その影響があったみたいです。

バンコク便の機内では・・・。
楽しみは、機内食と映画。

今回の機内食↓
Img_20190905_1221361

メインは「牛バラ肉とトマトのピリ辛煮込み」だってさ。
正直、今回の機内食はイマイチでした。

映画は・・・。

1本目↓
Img_20190905_1051141
「ザ・プロフェッサー」

日本未公開の映画です。
機内映画の楽しみは、こんなとこにもあるんですよね。
日本でまだ上映されていない映画が観られるんだからね。

まあ、内容はイマイチでしたけど。(笑)


2本目↓
Img_20190905_1341371
「スタンド・バイ・三―」

何を今更でしょうか。(笑)
もちろん、昔に観たことがことがあるんだけど、なぜかまた観たくなってしまったもんで。
こういった古い名作も観れるのもまた良い。

内容は、「言わずもがな!」。
ガキの頃を思い出させてくれる映画だよね。
そして音楽がまたいい!


3本目↓
Img_20190905_1052141
「ホームステイ ボクと僕の100日間」

2019年10月日本公開予定のタイ映画です。
タイ語を耳に慣らしておこうと思ってね。

ただ、この映画、137分と長~い映画でした。
全部観終わる前にバンコクに到着という、大失態。
帰国便で続きを観ることにしましょう。



バンコクには、出発の遅れのまま約30分遅れで到着。
結局、羽田の出発便の遅れが、そのままバンコクまで引きずった感じですね。

スワンナプーム空港のイミグレは、今回もスムーズでした。

ビザの期間まで居られるスタンプが押されているかを確認。
Img_20190906_1046221

大丈夫ですね。
ちゃんと「UNTIL 13-FEB-2020」のスタンプが押されていました。

機内預け荷物も、そんなに待つことなく、税関も相変わらずのスルー。
すべてに順調でした。



空港から、自宅へは・・・。

今回は、空港に友人が迎えに来てくれています。
有難いね~。

途中、かなりのスコールで、ちょっと渋滞に嵌まってしまいましたが・・・。

Img_20190905_1738141

夕刻には、コンドーに到着。

そして、友人と夕飯。
ソムタム、コームーヤーン、ラープムー・・・などなどを。
やっぱり、タイ飯は旨いわ!

でも、久しぶりに辛い物を食べたので、昨晩はその洗礼が。(笑)
夜中に3回も起きる羽目に・・・です。



今回のバンコク滞在は、11月20日までの77日間。
いつもより、ちょっとだけ長めです。

どんなバンコク暮らしになるのか?
まあ、特に何することも無いんので、毎度のことですが。

とりあえず健康に気を付けて、のんびりとバンコク暮らしを楽しみます。

 


にほんブログ村

 

2019年7月30日 (火)

決めた!次のバンコク暮らし

2019年3回目のバンコク暮らしの日程を決めました。
9月5日~11月20日の77日間です。

日程を決めるに当たって、今回はかなり悩みました。


悩み1.ラグビーワールドカップ

9月20日~11月2日に日本で開催されるラグビーワールドカップ。
競技場で観戦するわけでも無いのに、なぜか日本で観たい!
そんな衝動に駆られていました。
この前のフィジー戦を観たら、余計にね。
でも、諦めました。
この期間日本にいるとなると、日本滞在が4ヶ月にもなり、たぶんバンコクが恋しくなってしまいそうで。(笑)
タイはラグビー熱は無いでしょうから、テレビ放映は期待できませんが、ネット観戦で我慢することにします。


悩み2.日程

いつも利用しているJALは、8月から燃油サーチャージの値上げが決まっているので、バンコク暮らしの日程は、今月中に決める必要がありました。
毎回、ギリギリまで購入しない航空券を、1ヶ月以上前に購入するのにはやっぱり抵抗がありましたね。
万一キャンセルするケースが発生したら、2万円のキャンセル料を取られちゃうからね。
なので日程は、かなり慎重に選びました。
今回は、77日間。
いつもより、ちょっと長めにしました。
その理由は、ロイクラトン。
今年は、11月12日頃?
ロイクラトンの前に帰国するわけには行きませんからね。


悩み3.航空券代

燃油サーチャージの値上げもそうですが、運賃も微妙に値上げしてるんですよね。
JALのSクラス、往復5万円だったはずなのに、しれ~っと5万1千円になってるし。
よくあるJALの姑息な値上げに憤慨です。(怒)
燃油サーチャージ等を合わせると、東京⇔バンコクで約6万8千円。
貯まっているマイルを充当しても、5万円超えちゃう。
もうLCCにしちゃおうかな?
結果的には、毎度のJALで購入しましたが、かなりの葛藤でした。
だってLCCだと半額ぐらいで行けちゃうんだからね。



ってことで・・・。

いろいろ悩んだ末に、次回のバンコク暮らしを確定させました。

この時期、バンコクは雨季の終盤。
洪水が心配される時期ですが、それもまたバンコク。

どんなバンコク暮らしになるのか?
楽しみでもあるんですが・・・。

その前に日本での暮らしも、まだ1ヶ月ちょっとあります。
日本の暮らしは、そろそろ飽きてきたけど、もう少しだけ日本に留まりましょう。
高校野球が始まれば、1ヶ月なんてあっという間ですよね。

梅雨も明け、夏真っ盛りの1ヶ月。
とにかく夏バテしないようにしないとね。



にほんブログ村

 

2019年7月17日 (水)

バンコク暮らしの生活費

今回のバンコク暮らしは、5月5日~7月10日の66日間でした。
実際にいくら使ったのか?
集計が終わりましたので、ご披露しましょう。

食 費:15080バーツ(1日あたり 228バーツ)
その他: 4399バーツ(1日あたり  67バーツ)
計  :19479バーツ(1日あたり 295バーツ)

※上記金額の他に、家賃、水道光熱費、通信費として定額で毎月2万バーツをほどかかっています。



1日あたり295バーツ(約1000円)は、今までと比べてもかなり低い額でした。

前回のバンコク暮らしと比較してみましょうか。
前回は、1月17日~3月13日の56日間でした。

食 費:20321バーツ(1日あたり 363バーツ)
その他: 8601バーツ(1日あたり 154バーツ)
計  :28922バーツ(1日あたり 516バーツ)

ねっ、今回のバンコク暮らしがいかに少ない額で暮らしていたかが、わかると思います。

なぜこんな額で暮らせたのか?
理由は、はっきりしています。

それは・・・。

外出の頻度が今までよりも少なかったことですね。

今回のバンコク暮らしは、
お腹を壊したり、バレーボール三昧だったり、腰痛が発生したり・・・。
外出が減ったのは必然です。

外出しないと、外食はしないし、余計なものも買わない。
だから、おカネをあまり使わない。
出費が減るのも必然です。

でも、それだと何のためにバンコクで暮らしてるかわからなくなるので、あまり良いことではないんですけどね。
まぁ、こんな金額でも問題なく暮らせますよ!ってことで。



おいらのバンコク暮らしの目安は・・・。

生活費:1万~1.5万バーツ
家賃等:2万バーツ
計  :3万~3.5万バーツ

こんなもんです。

円換算すると、月10万円~12万円程度。
この範疇に収まっている分には、安心してバンコク暮らしを続けて行けます。

ちなみに・・・。

おいらは酒は飲まないし夜遊びもしません。
お洒落には拘らないし、食事も毎日タイ料理で大丈夫です。
それだけは、言っておかないとね。

酒をたくさん飲む人や、夜遊び命の人、タイ飯が口に合わない人、お洒落な人・・・。
その分は、プラスしないとダメよ。(笑)

贅沢すると限が無いのは、バンコクでも日本でも一緒・・・ですよね。


にほんブログ村

 

より以前の記事一覧

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック