日常生活

2019年8月 5日 (月)

歴史的な日

全英女子オープンゴルフで、渋野日向子選手が歴史的快挙を成し遂げました。
日本人選手のメジャー制覇は、全米女子プロを制した樋口久子選手以来、42年ぶりだそうです。

女子ゴルフは韓国勢がとても強くて、最近はあまり見る気がしていなかったんですよね~。

なので「渋野日向子」誰?
そんな状態でした。

「3日目を終えて首位!」そんなニュースを見たので、とりあえずテレビ観戦です。
でも「どうせ順位は落とすんだろうな・・・。」そう思ってたんですけどね。
日本人、いいところまで行っても、中々勝てないですから。

首位でスタートしたものの、案の定3ホール目で、4パットのダブルボギー。
やっぱり「メンタル弱え~!」が、最初の正直な感想。

しか~し。

そこからが凄かった。
アウトの9ホールは、我慢で凌いで、インに入って大爆発。
最終ホールをバーディで締めくくっての1打差勝利。

しびれましたよ。

優勝争いから脱落したら、途中で寝ようかなって思ってたんですが・・・。

試合が終わったのが、日本時間で夜中の3時頃。
それからインタビューやらを見ていたら、こっちが興奮して中々寝付けなくなっちゃいました。

渋野選手、若干20歳。
昨年プロテストに合格して、初メジャー挑戦での勝利だそうです。
もう、すごすぎです。

欲が無かったのが良かったのかな?

ラウンド中におにぎりを食べたり、お菓子を食べたり・・・。
そして笑顔がかわいい。

オジサン、すっかりファンになっちゃいました。
日本女子ゴルフ界に、新たなスター誕生です。

 


にほんブログ村

 

2019年8月 1日 (木)

バンコクより暑い?

梅雨が明けて本格的な夏に突入です。
ここ数日の横浜の最高気温は35度前後。

温度だけみれば、バンコクとそう変わらないんだけど・・・。

実際のところ、バンコクでは一日中エアコンを点けていることはほとんど無いんですよね。
扇風機だけで充分な日が多いです。

それが、日本ときたら、とてもじゃないけど扇風機だけでは耐えられません。
終日エアコンフル回転です。

バンコク暮らしで暑さには慣れているはずだったんですけどね。

これって、湿度の差?

それにしても、電気代が怖いわ!


にほんブログ村

 

2019年7月28日 (日)

横浜市からの封書

横浜市から郵便物が届きました。↓
Img_20190728_0922371

「横浜市からの大切なお知らせ」って書いてあります。
なんだろう?
「大切なお知らせ」って。

封を開けて、まず目に飛び込んできたのが、ここの部分↓
Img_20190728_0924381

もしかして25000円貰えるの?
どうしても赤字で書かれているところに目が行っちゃうからね。

で、よく読んでみると・・・。

25000円を貰えるわけではありませんでした。(涙)
25000円使える商品券を、20000円で購入できるってことらしいです。

どういうこと?
なんで?
これって、どんな制度なの?

もう一度よく読んでみると・・・。

対象者は、
1.平成31年1月1日(基準日)現在、横浜市の住民基本台帳に登録されている方
2.令和元年度市町村税が課税されていない方で、令和元年度市町村民税が課税されている方に扶養されていない方
3.平成31年1月1日(基準日)現在、生活保護・中国残留邦人等に対する支援給付金を受給していない方
だそうです。

他にも、
平成28年4月2日~令和元年9月30日生まれの子がいる世帯主も対象だそうです。

これ、「横浜市プレミアム付商品券」って言うらしいだけど、今年からの制度?
確か去年は、こんな制度無かったような。

全国、同じ制度なのかな?
よくわからないけど、20000円で25000円分の商品券を買えるなら、利用した方がいいよね。



でもね。
なんか手続きが、面倒そう。

まず11月30日までに申請。
そうすると、購入引換券が送られてくるらしいだけど、申請から1~2ヶ月もかかるんだって。
購入引換券が送られてきたら、横浜市が設置する販売窓口で商品券を購入して初めて使えるようになる。
しかも商品券の使用は、来年の3月末まで。(商品券を利用できる店舗はまだ不明)

使用できる期限が短いんだよね。
特においらは半分以上はバンコクだからね。

それより何より、なんでこんな複雑な制度にしたの?
5000円分の商品券を、単に配ってくれればいいじゃないの!

ありがたい制度なのに、なんか腹立ってきた。(笑)

それと・・・。

商品券を使う人は住民税を払ってない貧乏人。
店の人に、そう思われるかもね。

まあ、事実だけど。(笑)

とりあえず、申請だけはしておきますが・・・。
購入するかどうかは、利用できる店が近くにどれだけあるか?で決めようかな。

それにしても、なんか変な制度だね。
頭のいい人がやることって、よくわからないや。


にほんブログ村

 

2019年7月22日 (月)

故郷の懐かしい味

おいらは、横浜生まれの横浜育ち、だから故郷はありません。

でも両親の故郷は茨城県。
子供の頃は、よく連れて行って貰ったので、「おいらの故郷は茨城県」そう言ってもいいかもです。

今では、冠婚葬祭くらしか行く機会が無くなってしまいましたけどね。
先だっての従兄の葬儀は、そんな故郷で執り行われました。

ところで、茨城といえば・・・。

水戸納豆!

あまりに有名ですよね。

それでは・・・。

納豆は納豆でも「干し納豆」って、知ってますか?
文字通り、納豆を干したものです。

でも、横浜では干し納豆を売っているのは、まず見かけたことがありません。

なんでだろう?
美味しいのにね。



先日、従兄の葬儀に向かう途中。
常磐自動車道の守谷サービスエリアに立ち寄った時のこと。

その「干し納豆」を発見。

うわ~、懐かしい!
もちろんお買い上げです。

これね↓
Img_20190720_1913261

260グラム入りで、756円。
納豆を干しただけなのに、結構お高いのね。(笑)

葬儀を終え、家に戻って早速に食べて見ました。

蓋を開けたら・・・。

強烈な臭い!
でも、おいらにとっては懐かしい匂いです。
納豆嫌いだったら、絶対にダメでしょうね。(笑)

どうやって食べる?
これ、そのまま食べてもいいんですが、すごく固いんです。

おいらの、おススメの食べ方は・・・。

お茶漬け!

適量、ご飯にかけて↓
Img_20190720_1911451

お湯を注いで↓
Img_20190720_1912231

1~2分、放置。←これ重要ね。(笑)
干し納豆が、しな~っとなった頃を見計らって、一気にかっ込みます。

味の表現はうまく書けないけど、とにかく旨い!(笑)

子供の頃、母親の実家でこの「干し納豆」を作っていたので、しょちゅう食べていました。
だから、すごく懐かしい味なのです。

そして・・・。

「干し納豆」とともに、子供の頃の思い出がフラッシュバック。
カブトムシを取ったり、川で泳いだり・・・。
陽水の「少年時代」や拓郎の「夏休み」の世界観、そのままです。

「干し納豆」を食べきるまでは、懐かしい思い出に浸ります。



にほんブログ村

 

2019年4月10日 (水)

川のある風景

バンコクの住まいは、チャオプラヤ川沿いにあります。
これは何度も記事にしてましたね。

チャオプラヤ川、いろいろな顔を見せてくれます。

時に、セドリ現場を目撃することも。
Img_20190210_1346491

すわっ、北朝鮮の船か?
一瞬ドキッ!

船に掲げられている国旗を見たら、ベトナム船でした。
一安心です。(笑)


刻々と表情を変えるチャオプラヤ川。
Kawa2

Kawa1

時に目を見張るような、美しい表情を見せてくれるチャオプラヤ川。
そんなチャオプラヤ川が、大好きです。



日本での拠点は、横浜。

横浜でも川の近くに住んでいます。
バンコクのように、部屋から川の景色は眺められませんが、数分歩けば川があります。

天気の良い日は、よく川沿いを散歩しています。

Img_20190409_1449411

Img_20190409_1430181

以前は、かなり汚かったですが、今ではすっかり様変わり。
川の水も綺麗になりました。

それと、堤防ができて、川の氾濫が無くなりました。
おいらが子供の頃は、川が氾濫してゴムボートで救助されたりしたこともあるんですよね。

今では遠い思い出です。



川沿いを散歩していて、ふと思ったのは・・・。
バンコクのコンドー、大雨になったらどうなっちゃうんだろう?

間違いなく陸の孤島になるでしょうね。
一気にコンドーの敷地にチャオプラヤ川の水が流れ込んでくるはずです。

それが、かなりの確率で起こりそうで、ちょっと怖いかも。

↓だって、敷地とチャオプラヤ川の段差があまりないからね。
56255604_10211286447912101_9468369993759

そうなったらボートで助けに来てくれるかな?
しばらく部屋に籠れる準備だけはしておかないと。

そんな、水害の危険と隣り合わせな、バンコク暮らし。
それでも、バンコク暮らしは止めませんが。

日本でもバンコクでも・・・。
なんだかんだ川と縁がある暮らしの、おいら。

川と共に生きてます。(笑)



にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

2019年4月 8日 (月)

サクラ満開!(2)

三ッ池公園のサクラを満喫したおいら。
その足で同じ鶴見区内にある大本山総持寺へ。

石原裕次郎が眠っている寺としても有名ですが、ここのサクラもまた見事です。

Img_20190404_1406431

Img_20190404_1405131


オオシマザクラも満開でした。

Img_20190404_1418031

Img_20190404_1418291 

オオシマザクラって、白いのね。

えっ?
なんでこれがオオシマザクラってわかるの?

だって・・・。

Img_20190404_1418451

ってことです、はい。
あはっ!



ここ大本山総持寺に咲く桜は、他にも増して美しかった。

なぜか?

ここは、お寺。
死体はたくさん埋まっている。

ってことは・・・?

だからだよね、きっと。
間違いない!


満開だった桜も、そろそろ散り桜に。

桜は、散り際もまた美しい。
けど、ちょっと儚い。

桜の季節、もうじき終わりです。



にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

2019年4月 6日 (土)

サクラ満開!

ポカポカ陽気に誘われて、お花見へ。
お花見って言っても、ただ歩き回っただけですが・・・。

行ったのは、横浜市鶴見区にある「三ッ池公園」。

Img_20190403_1351381

ここは、78品種1600本を超えるサクラが咲く公園です。
↓ この看板に、そう書いてありました。(笑)

Img_20190403_1418591

(財)日本のさくらの会の「さくら名所100選」にも選ばれているそうです。


入園は無料。

Img_20190403_1354261

Img_20190403_1358011

「横浜緋桜」なんて名の桜もありました。

Img_20190403_1417412

「さまざまなこと 思ひ出す 桜かな」 芭蕉

芭蕉、何を思い出したのかな?
それを読んで欲しかったね。(笑)


おいらが桜で思い出すのは・・・。

梶井基次郎の「桜の木の下には」という短編小説。
あちゃ~、今年もまた思い出してしまいました。(笑)

「桜の木の下には、死体が埋まっているに違いない!」
すっかりトラウマです。

桜で、もっと素敵な思い出があればいいんだけどね。
何も思い浮かばないや。

梶井基次郎、インパクト強すぎです。


にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

2019年3月25日 (月)

日本のドンキ、ゴメンちょっとディスります。(汗)


日本のドンキ?なんか変な言い回しですね。(汗)
バンコクにもドンキが出店したので、わかりやすく日本のドンキということで。

バンコクのドンキはあまり興味は無いけど、日本のドンキは良く利用させてもらっています。

Img_20190320_1808381

Img_20190320_1809001

「激安の殿堂」とか「驚安」とか、この「圧倒的に安いよ!」アピールがどうもね。
これ、公正取引委員会の広告取扱基準に抵触しないのかな?

以前、不動産関係の仕事をしていたもんで、この広告取扱基準にはかなり泣かされたもんで。(汗)
不動産の新聞広告などに載せる表現は、かなり制限があるのです。
みなさん知ってましたか?

例えば、
「日当たり最高」はダメで「日当たり良好」はOK
「最高」「ナンバー1」「格安」「抜群」「日本一」「超」「特選」「厳選」・・・すべてダメです。
著しく安いと思わせたり、まったく欠点が無いような表現を使うことはすべて規約違反なんです。

だから、このドンキの表示もどうなのかなぁ?って、ずっと思ってまして。
百歩譲って、広告表示は良しとしましょう。

でもドンキ、本当に激安なのか?

そこも実は、う~ん・・・なのです。
確かに安めではあるんだけどね。
激安!って言うほどか?そんなことを感じる今日この頃です。


そんなにディスって、なぜドンキに行くのさ!
ですか?(汗)

それは、家の近くにあるから。
ただそれだけです。

だって、何でも売ってるから。
やっぱり便利なんですわ。(笑)

弁当だって・・・。

Img_20190320_1811151

まぁまぁ、安いしね。(笑)

でね。
先日も、そんなドンキでぶらぶらしてたら・・・。

こんなものを発見。↓
Img_20190318_1410221

ヤードムじゃないですか。

まさか、日本のショッピングセンターでヤードムが買えるとは。
初めてのことで、ちょっとビックリ。

そして、値段を見て、2度ビックリ!

380円だってさ。
しかも税抜きだから、税込みだと410円。

これ、だれが買うのさ!
バンコクだったら、20バーツ(約70円)だからね。

やっぱり安くないわ、ドンキ!

って、バンコクと比べてどうする!!!!
ですよね。

ゴメン、ドンキ。
これからも近所のよしみで、利用させていただきますから。
許してね。

それにしても、ドンキの販売戦略、すごいです。



にほんブログ村


スポンサーリンク


2019年3月22日 (金)

夢に出てきてよ!



昨日は、お彼岸の中日。
おいらは、もちろんお墓参りへ。

墓石を掃除して、花を供えて、線香を炊いて・・・。

Img_20190321_1137131_1

「きんぴらごぼう、作ってよ!」
「夢の中でいいからさ。」

そんなお願いをしてきました。


だって・・・。


先日、バンコクで友人と食事をしていた時に。
友人が、「この間、母親にソムタムを作ってもらっている夢を見たんだよ!」なんて、言うもんだからさ。

それを聞いて、おいら。
ちょっと羨ましかった。

おいらの母さん、夢にまったく出てきてくれないんだもの。

たまには、出てきてよ!
寂しいじゃないか!


スポンサーリンク



2019年3月16日 (土)

e-Taxで確定申告、ちゃんと出来たかな?

バンコクからの定期帰国中に、日本ですべきことがいくつかあります。
その一つを、一昨日の14日に終えました。


それは・・・

確定申告

会社員時代は、確定申告などしたことは無く、すべて会社任せ。
なので、初めはどうしたらいいのか?まったくの手探り状態。
税務署のスタッフに教えて貰いながら初めて確定申告をしたのが、3年前のことでした。

その時の様子を綴った記事は、ここ。

そして、一昨年と昨年も税務署に出向いて確定申告をして還付金を受け取りました。
ほんのわずかな金額なんですけどね。

でも、何も手続きしなければ、戻るものも戻らないので、やっぱり手続きはした方がいいです。
もったいないですからね。

ってことで、毎年この時期になると税務署に出向いていたわけですが・・・。

今年は・・・。

平成31年1月以降、利用者識別番号と暗証番号を使用することで、マイナンバーカード及びICカードリーダーライタをお持ちでない方についても、e-Taxによる申告等を行うことが出来ます。

ということでした。

Img_20190315_1721291_2

それならば、今年は、税務署に行かずに「e-Tax」とやらで確定申告をしてみようかと。



「株式の特定口座年間取引報告書」とか「企業年金の源泉徴収票」とか、確定申告に必要な書類を手元に揃えて・・・。

国税庁のホームページにアクセス。
そこの「確定申告書等作成コーナー」から、手続き開始です。

e-Taxで必要なのは、利用識別番号とパスワード。
おいら、今までも税務署のコンピューターを使って手続きしていたので、問題なく始められました。

それから後は、画面の案内に従って入力していくだけです。
途中、ん?って思う箇所も有っていろいろ調べたりもしましたが・・・。

なんだかんだ悪戦苦闘しながらも、2時間ほどで入力完了です。

間違ってないかな?
多少気になってはいるものの、「まぁいいかっ!」です。(笑)
もう見直しません。
もし間違ってたら、税務署から何か言ってくるでしょう。

結果、今年も4万円ほど還付されそうです。
あくまで、入力が間違っていなければの話ですけどね。(汗)



初めて、e-Taxというのを利用して・・・。

思っていたより入力画面が親切に出来ていて、簡単に入力できました。
事前に確定申告に必要書類を全部揃えておけばね。

でも、初めてすべて一人でするのは大変かも知れません。
おいらの場合、過去3回税務署のスタッフに手伝って貰った経験が役に立ったようです。

e-Taxの何が良いって・・・。

税務署に出向かなくていいこと。
それと、源泉徴収票とかの書類を提出しなくていいことですかね。

書類のコピーをしなくていいのは楽です。

まぁ、何か不備があった場合は税務署からお尋ねがあるみたいなので、書類は5年間保存だそうですが。

あと・・・。

もし今回これで還付金を受け取ることが出来れば、今後、確定申告のために日本に戻って来なくても良いかも?
だって、全部ネットで完結出来ちゃうわけですからね。

そこの辺のところは、来年また考えましょう。

とりあえず、ちょっと面倒な作業を終えて、一安心。
還付金、いつ入金されるかな?


ちなみに・・・。

還付申告は、3月15日までにしなくてもOKです。
いつでも出来るってことです。

株の配当金のみならず、年金も、しっかり税金とられてますよね。
申告不要制度があるからって、確定申告をせずにほったらかしていませんか?

あくまで状況次第ですが、還付あるかも知れませんよ。

しかも還付申告は、過去5年間遡れます。
気になる人は、ぜひ調べてみてください。

おカネ、戻ってくるかもよ。


 

スポンサーリンク

より以前の記事一覧

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック