飛行機・マイル

2019年9月 6日 (金)

バンコク到着

昨日、15時頃に無事スワンナプーム空港に到着しました。
今回も羽田空港からセントレア空港経由でのバンコク入りです。

羽田 8:15発 ⇒ セントレア 9:15着
セントレア 10:25発 ⇒ スワンナプーム 14:15着

エアラインはJALで、こんなタイムスケジュールです。

このフライトの何が良いって、スワンナプーム空港に昼間に到着するのが良いんですよね。
深夜便や夜遅くに到着するのが苦手なもんでね。

成田→バンコクは、昼間のフライトが無くなってしまったし、羽田→バンコクは昼間の便はちょっと高い。
だから、ここ最近は、セントレア経由が多くなっているのです。



自宅からは、京急で羽田空港へ。

朝の5時起きでした。
まあ、ジジイですから早起きは、無問題です。

羽田空港での朝食↓
Img_20190905_0646101

たまごかけご飯とミニ蕎麦。
シンプルだけど旨いんだな~、これが。

そして、定刻に出発。
って言いたいところだけど、飛行機の整備の遅れとかで20分ほど待たされました。

Img_20190905_0756341

セントレアでは乗り換え時間が1時間10分しか無いので乗り換えの唯一の不安は、羽田からセントレアへの便が遅れることです。
もし、セントレア⇒バンコク便に乗れなかったら、どうなるんだろう?
JALのサイトで通しでのチケット購入なので、最悪セントレアで乗り遅れても何とかしてくれるとは思うんだけどね。

セントレア空港にも、20分遅れで到着。
でも、バンコク便には、間に合いそうだね。

セントレア空港内を速足で移動。
保安検査を抜けイミグレを通過。

そしたら・・・。

バンコク便も、デレイだって。
速足で移動することも無かったね。

セントレアからのバンコク便は、30分くらいの遅れで離陸。
ちょうど先島諸島に台風が来ていて、その影響があったみたいです。

バンコク便の機内では・・・。
楽しみは、機内食と映画。

今回の機内食↓
Img_20190905_1221361

メインは「牛バラ肉とトマトのピリ辛煮込み」だってさ。
正直、今回の機内食はイマイチでした。

映画は・・・。

1本目↓
Img_20190905_1051141
「ザ・プロフェッサー」

日本未公開の映画です。
機内映画の楽しみは、こんなとこにもあるんですよね。
日本でまだ上映されていない映画が観られるんだからね。

まあ、内容はイマイチでしたけど。(笑)


2本目↓
Img_20190905_1341371
「スタンド・バイ・三―」

何を今更でしょうか。(笑)
もちろん、昔に観たことがことがあるんだけど、なぜかまた観たくなってしまったもんで。
こういった古い名作も観れるのもまた良い。

内容は、「言わずもがな!」。
ガキの頃を思い出させてくれる映画だよね。
そして音楽がまたいい!


3本目↓
Img_20190905_1052141
「ホームステイ ボクと僕の100日間」

2019年10月日本公開予定のタイ映画です。
タイ語を耳に慣らしておこうと思ってね。

ただ、この映画、137分と長~い映画でした。
全部観終わる前にバンコクに到着という、大失態。
帰国便で続きを観ることにしましょう。



バンコクには、出発の遅れのまま約30分遅れで到着。
結局、羽田の出発便の遅れが、そのままバンコクまで引きずった感じですね。

スワンナプーム空港のイミグレは、今回もスムーズでした。

ビザの期間まで居られるスタンプが押されているかを確認。
Img_20190906_1046221

大丈夫ですね。
ちゃんと「UNTIL 13-FEB-2020」のスタンプが押されていました。

機内預け荷物も、そんなに待つことなく、税関も相変わらずのスルー。
すべてに順調でした。



空港から、自宅へは・・・。

今回は、空港に友人が迎えに来てくれています。
有難いね~。

途中、かなりのスコールで、ちょっと渋滞に嵌まってしまいましたが・・・。

Img_20190905_1738141

夕刻には、コンドーに到着。

そして、友人と夕飯。
ソムタム、コームーヤーン、ラープムー・・・などなどを。
やっぱり、タイ飯は旨いわ!

でも、久しぶりに辛い物を食べたので、昨晩はその洗礼が。(笑)
夜中に3回も起きる羽目に・・・です。



今回のバンコク滞在は、11月20日までの77日間。
いつもより、ちょっとだけ長めです。

どんなバンコク暮らしになるのか?
まあ、特に何することも無いんので、毎度のことですが。

とりあえず健康に気を付けて、のんびりとバンコク暮らしを楽しみます。

 


にほんブログ村

 

2019年7月30日 (火)

決めた!次のバンコク暮らし

2019年3回目のバンコク暮らしの日程を決めました。
9月5日~11月20日の77日間です。

日程を決めるに当たって、今回はかなり悩みました。


悩み1.ラグビーワールドカップ

9月20日~11月2日に日本で開催されるラグビーワールドカップ。
競技場で観戦するわけでも無いのに、なぜか日本で観たい!
そんな衝動に駆られていました。
この前のフィジー戦を観たら、余計にね。
でも、諦めました。
この期間日本にいるとなると、日本滞在が4ヶ月にもなり、たぶんバンコクが恋しくなってしまいそうで。(笑)
タイはラグビー熱は無いでしょうから、テレビ放映は期待できませんが、ネット観戦で我慢することにします。


悩み2.日程

いつも利用しているJALは、8月から燃油サーチャージの値上げが決まっているので、バンコク暮らしの日程は、今月中に決める必要がありました。
毎回、ギリギリまで購入しない航空券を、1ヶ月以上前に購入するのにはやっぱり抵抗がありましたね。
万一キャンセルするケースが発生したら、2万円のキャンセル料を取られちゃうからね。
なので日程は、かなり慎重に選びました。
今回は、77日間。
いつもより、ちょっと長めにしました。
その理由は、ロイクラトン。
今年は、11月12日頃?
ロイクラトンの前に帰国するわけには行きませんからね。


悩み3.航空券代

燃油サーチャージの値上げもそうですが、運賃も微妙に値上げしてるんですよね。
JALのSクラス、往復5万円だったはずなのに、しれ~っと5万1千円になってるし。
よくあるJALの姑息な値上げに憤慨です。(怒)
燃油サーチャージ等を合わせると、東京⇔バンコクで約6万8千円。
貯まっているマイルを充当しても、5万円超えちゃう。
もうLCCにしちゃおうかな?
結果的には、毎度のJALで購入しましたが、かなりの葛藤でした。
だってLCCだと半額ぐらいで行けちゃうんだからね。



ってことで・・・。

いろいろ悩んだ末に、次回のバンコク暮らしを確定させました。

この時期、バンコクは雨季の終盤。
洪水が心配される時期ですが、それもまたバンコク。

どんなバンコク暮らしになるのか?
楽しみでもあるんですが・・・。

その前に日本での暮らしも、まだ1ヶ月ちょっとあります。
日本の暮らしは、そろそろ飽きてきたけど、もう少しだけ日本に留まりましょう。
高校野球が始まれば、1ヶ月なんてあっという間ですよね。

梅雨も明け、夏真っ盛りの1ヶ月。
とにかく夏バテしないようにしないとね。



にほんブログ村

 

2019年7月26日 (金)

ラグビーか?バンコクか?

日本に戻って、まだ2週間ほどですが、そろそろ次のバンコク暮らしの日程を決めなければなりません。

なぜかというと・・・。

飛行機代の関係です。
厳密にいうと燃油サーチャージですね。

7月中に航空チケットを購入すれば、燃油サーチャージは日本とバンコク往復で9000円。
それが、8月に購入すると、13000円になってしまうんです。
(JALの場合です)

4000円の差は大きいです。
だから今月中の航空券を購入しないと。

それで、次のバンコク暮らしの日程を考えているところです。

漠然とした予定は、9月~10月の2ヶ月間なんですが・・・。
ここに来て、その日程に少し迷いが生じています。

その原因は・・・。

ラグビーワールドカップ!

9月20日~11月2日の日程で開催されるんですよね。
しかも日本で。

やっぱり観たいじゃないですか!

でも、バンコク暮らしの日程と丸かぶり。
どうしよう・・・。

今月中に決めなければ!

ラグビーをとるか?バンコクをとるか?

う~ん、悩む!


にほんブログ村

 

2019年7月13日 (土)

帰国の日

帰国前夜に、イサーン料理を食べてしまった、おいら。
心配は腹の具合。

7月10日
帰国便は、JAL032便。
スワンナプーム9時45発の羽田行です。

空港までは、友人に車で送ってもらいます。

朝5時起床、5時半にはコンドーを離れます。
ちょと早めですが、渋滞を避けるためです。

Img_20190710_0549291

おかげで渋滞には嵌まらず、空港に到着したのは6時30分。
チェックインを済ませスーツケースを預けたら、朝食を。

朝食は、一人の時はフードコートで済ませてしまいますが、友人と一緒なのでスターバックスへ。
これはいつものことです。

Img_20190710_0642512 

これだけで、440バーツ。
昨日の晩飯(イサーン料理)、あれだけ食べて420バーツなのにね。
スターバックス、やっぱり高いね~。

そうそう、心配だったお腹の状態ですが・・・。

心配無用でした。
てか、逆に便秘気味です。

出すぎも困るけど、出ないのも辛い。(笑)
う~ん、どうなってんだ?おいらの腹具合。

ゆっくり朝飯を食べて、ここで友人とはお別れ。

「いろいろ、ありがとね~」

ガラガラの保安検査を抜けて、イミグレへ。
ここもスムーズに抜け、制限エリアへ。
あっと言う間に、出国です。

そういえば、イミグレに指紋認証の機械が設置されていました。

入国時には、まだ無かったよな?
この2ヶ月で設置されたんでしょうね。
次回は、入国時も指紋チェックがあるのかな?

おいらは指紋を取られたところで、問題なしですが。
セキュリティが厳しくなることは、良いこと。

そう思いましょう。



出発まで、あと2時間。
まだ時間はたっぷりとあります。

ラウンジでのんびりしたいところですが、おいらはラウンジに入れるチケットもカードも持っていません。
ソファに座って時間まで待ちましょう。

そういえば・・・。

いつもソファが置いてあった場所に、ソファがありません。
撤去されたのでしょうか?

ここね↓
Img_20190710_0841471

ただのイスじゃなくて、ゆったり出来るソファがあったんですよね。
結構重宝してただけに、残念です。

でも、2時間なんてあっという間。
ちょっとパソコン弄って、土産売り場を冷やかして・・・。
搭乗時刻となりました。

この飛行機で、日本に帰ります。↓
Img_20190710_0917041

ここで、気になるのは、座席。

座席は、事前に指定しています。
出来れば、隣が空席なら最高ですよね。

ネットで座席指定出来るんですが、何度も変更できるんです。
なので、数日前から毎日のようにサイトをチェックです。

隣席が埋まったら、おいらは隣が空いている席を再指定。
今回は、3回ほど席を変えました。
快適な座席を確保するためには、その労力は惜しみません。

そして、最終的にチェックインした時点では、隣は空席のまま。
この時点で隣席が空席の確率は80%くらいでしょうか。
ギリギリに埋まることもあるからね。
あとは運を天に任せるしかありません。

で、今回ですが・・・。

やりました!

隣は空席です。
しかも窓から2席を独り占めです。

景色も堪能できるし、足元ゆったりだし、あぐらもかけるし、もう最高!

見えるのは羽ばかりですが。(汗)↓
Img_20190710_1005441

あとは大好きな映画を観ていれば、勝手に日本に運んでくれます。

さよなら、タイランド!



機内食↓
Img_20190710_1105541

しょぼいけど、こんなもんでしょう。
機内食、昔と比べたら格段に旨くなってます。

映画は・・・。

あまり面白そうなのがありません。

なんとなく選んだのが、これ↓
Img_20190710_1159011

「僕たちのラストステージ」
いや~、良かったよ。
途中ホロっとしてしまったしね。

もう1作↓
Img_20190710_1335101

「家へかえろう」
まったく知らない映画です。
題名とあらすじだけで選んでしまいました。

おいら、ヨーロッパの映画ってみないんですよね。
言語が英語じゃないと、どうも違和感があるんです。
でも、この映画はスペイン語?
見始めてすぐは、失敗だったかも? と、思いながら観ていました。

でも、だんだんと・・・。
題名からすると、軽い感じに思えますよね。
これが違って、かなり重~い映画でした。

そして最後のシーン。
これが感動的でした。

絶対に映画館では観ない映画ですね。
機内映画ならではです。



機内食、機内映画を満喫したら、羽田空港に到着間近。
6時間程度のフライトなんて、あっと言う間でした。

腰も痛くならなかったし、お腹も快調でしたしね。
ただ、どういうわけかオシッコが近くて、4回もトイレに行ってしまいましたがね。
これだから、通路側席以外は無理です。
今回のように、通路側席を選択しておいて、窓側席が空席になるのが理想です。

羽田空港で・・・。

最後のミッションを忘れないように。
それは、免税店でタバコを買うこと。

友人、ヘビースモーカーなもんで、今回は免税タバコを頼まれました。
以前は、スワンナプーム空港で買っていってあげたんですが、そうもあのパッケージが気に入らないらしいです。

まあ、気持ち悪いですもんね。

羽田空港の荷物受け取りエリアに、帰国用の免税店があるというのを聞いたので、そこで買うことに。
でも、免税店、有ったかな~?

すぐに見つけました。
端っこに、ひっそりと有りました。↓
Img_20190710_1755291

頼まれたのは、メビウス8m。
ワンカートン、3100円でした。

おいらが、タバコを吸ってた時は、1箱300円。
今いくらなの?

ググったら、1箱480円だした。

だいぶ高くなったのね~。
止められて良かったです。

忘れすにタバコも買ったし、メデタシめでたし。
無事に家路についたのでした。


これにて2ヶ月に及んだ今回のバンコク暮らしのすべてが終了。

しばらくは日本の夏を楽しみます。


にほんブログ村

 

2019年5月 6日 (月)

再びバンコク暮らしの始まりです

昨日の夕刻にバンコクに戻ってきました。
2019年2回目のバンコク暮らしの始まりです。

とりあえず、昨日のバンコクへの途を時系列で紹介しましょう。

飛行機はJAL。
羽田 8:15発 ⇒ セントレア 9:15着
セントレア 10:25発 ⇒ スアンナプーム 14:15着

東京から何故わざわざセントレアでの乗り継ぎ便にしたのか?

名古屋に特に用があったわけではありません。
飛行機代とバンコクの到着時間が、一番都合が良かったってことです。

おいら、とにかく夜便が苦手なもんで、夕方にバンコクに到着したいのです。
そうすると、選択肢が限られてきます。
もちろん、JAL以外のフライトを考慮すればいいんでしょうが、JALのマイルの縛られているもんでね。

そうすると、羽田か成田発で夕刻にバンコクに到着する便は、羽田11:20発スワンナプーム15:40着の1便しかなんですよね。
もちろん、この便が一番都合がいいんですが、この便だと6500円くらい高くなるんですよ。
セントレア経由の方が安いという矛盾。
なんか変だよね。

以前は、成田11時頃発でスワンナプーム空港に夕方に到着する便があったんですけどね。
残念ながら無くなってました。

ってことで、セントレア乗り継ぎ便を余儀なくされたってわけです。
でも、この選択が大成功。

とても快適なフライトになりました。



まずは羽田空港での朝食。
卵かけご飯とミニそば。
Img_20190505_0635071

これで650円はどうかと思うけど、美味しくいただきました。
そして、ほぼ定刻にセントレアに向けて離陸。

快適なフライト、その1。

バルクヘッド席が選択できました。
しかも窓側席、向かって左側、富士山が見える側です。

なので、足元ゆったり。
Img_20190505_0800531

富士山もすぐそこに見えました。
Img_20190505_0848591

羽田⇒セントレアは、1時間くらいのフライトなので、わりと低空で飛ぶんですね。
だから、富士山以外の山々も良く見えます。

Img_20190505_0853011

こんな景色を見えて値段は安い、多少遠回りであってもセントレア経由、結構好きです。

窓からの景色を堪能していたら、あっと言う間にセントレア空港に到着です。
セントレア空港での乗り継ぎ時間は、約1時間。
もう何度もこの路線を使っているので、何ら迷うこともありません。
余裕で、セントレアの国際線に移動です。



セントレアでお土産を調達してら、すぐに搭乗時刻です。
Img_20190505_0948121


快適なフライト、その2。

この便も、バルクヘッド席をとることが出来たのです。
飛行機を予約した段階では、バルクヘッド席は開放されていなかったので、後方の通路側席を選択していました。
フライト3日前に、座席を再チェックしたら、バルクヘッド席が開放されたようで、すかさず確保です。
しかも、窓側。
バルクヘッド席なら、トイレに行く時に隣席に迷惑がかかることも無いからね。

Img_20190505_1015231

しかも、隣席は誰も来ませんでした。
これはラッキーですね。

2席使えて、窓からの景色も見られるなんて・・・。
こんな贅沢なフライト、もう何年ぶりだろう?

セントレア発のバンコク行きって結構空席があるんですよね。
成田や羽田発だと、ここ最近はほとんど満席なので、隣が空席になることはほとんどありません。
そう言った意味でも、セントレア発のバンコク行き、悪くないです。

機内食も隣席のテーブルを利用して、ゆったりお食事です。

Img_20190505_1043321

Img_20190505_1118061

Img_20190505_1136411

エコノミー席なのに、気分はビジネスなみです。(笑)

もちろん、映画もかかせません。
Img_20190505_1037252

モニターが固定式じゃなく、少し小さいのが残念ですが、しっかりと2作品を堪能。

1本目は、「ジ・アップサイド」
2012年に大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」のハリウッドリメイク版です。
「最強のふたり」も良かったけど、それ以上に面白いかもです。
フランス語の映画より英語の映画の方が観やすいです。

2本目は、「七つの会議」
池井戸潤原作の映画ですね。
いや~、これも面白かった。
すっかり会社員時代を思い出してしまったよ。
もちろん悪いことはしてないけどね。(汗)
レオパレスの不正建築なんて、まさに同じかと。

映画を2本観終わって、外を見ると・・・。

Img_20190505_1529331

入道雲が、モクモクと。

熱帯地方に来たんだね。
もうじきバンコクに到着です。

定刻少し前にスワンナプーム空港に無事到着。
Img_20190505_1554571

足元ゆったり、映画を堪能、窓からの景色も楽しんで、無事にスワンナプーム空港に到着しました。
機内を出ると、モワッとした空気。
「バンコクに帰ってきたなぁ。」
そう思わせてくれる瞬間です。

そして、イミグレでの入国審査。
酷い時には1時間くらいは待たされるイミグレ。

昨日は、まったく空いていました。
待つこともなく、係官のところへ。
そして、何も言われずにスタンプを押されてタイに入国しました。
あっけにとられるほどのスムーズさでした。



さて、どうやって自宅に帰る?
タクシーか?電車か?

日曜日は、渋滞もないから、タクシーにしようかな?
それも少し頭を過ったんですが、いつもどおりエアポートリンクとBTSそしてBRTバスを乗り継いで帰ることにしました。

そうしたら・・・。

エアポートリンクもBTSもBRTバスも全部無料。
国王の戴冠式だからだそうです。
これまたラッキーでした。

エアポートリンクの無料チケット↓
Img_20190505_1654101

BTSの無料カード↓
Img_20190505_1738441

で、無事自宅に到着したのが、16時頃。

2ヶ月ぶりのチャオプラヤ川の夕景↓
Img_20190505_1801331

あ~、帰ってきたんだな~。
再び約2ヶ月のバンコク暮らしが始まります。

どんなバンコク暮らしになるのか?
相変わらずのぐうたら生活には間違いありませんが。(汗)

そうそう、冷蔵庫の中には・・・。

ドリアンと↓

Img_20190505_1735291_1


マンゴー↓

Img_20190505_1736031 

友人が入れておいてくれました。

やっぱり旨いわ!
冷蔵庫の中が、少し臭くなったけどね。(笑)


 

 

2019年4月 4日 (木)

次のバンコク暮らし、ほぼ決定!


2019年第2回目のバンコク暮らしの日程が、ほぼ決まりました。
5月5日~7月10日、約2ヶ月の予定です。

「ほぼ・・・」としたのは、飛行機のチケットを発券していなくて、まだ予約段階です。
購入期限ギリギリまで予約状態をキープします。
購入しちゃうと、万一キャンセルする場合、キャンセル料を取られちゃうからね。
これも危機管理です。

エアラインは、JAL。
これは相変わらずです。

予約した便のチケット代は、63,610円。

内訳は
運賃 50,000円
燃油サーチャージ等が、13,610円
です。

18,000円分を、貯めたマイルで充当する予定なので、自腹は45,610円ってとこでしょうか。
まあ、許せる範囲です。



飛行機代、次期によってかなり変動があります。
細目にチェックしておかないと、思わず高値で掴んでしまうことも。

例えば、運賃。

JALの場合、エコノミー料金だけでも、9クラスに分かれています。
現在の最安値は、Qクラスで、東京⇔バンコク 42,000円です。
ただ、この運賃は、有効期間が14日以内なので、おいらみたいに2ヶ月間も戻って来ない場合は、このクラスの利用はできません。

次に安いのが、Sクラスで、東京⇔バンコク 50,000円です。
おいらは、いつもこのSクラス狙いです。

実は、このSクラス、以前は2ヶ月以内の縛りがありました。
この縛りがあったから、おいら、バンコク暮らしを2ヶ月以内と決めていたのです。
それが、4月からこの2ヶ月縛りが、12ヶ月縛りに変更になりました。
なので、これからは1年間のバンコク暮らしが可能になりました。

今後は、3ヶ月バンコク滞在、半年バンコク滞在、1年バンコク滞在・・・。
実行するかもです。


あれ?運賃の話をしていたのに、脱線してしまいました。(汗)
話をチケット代の話に戻しましょう。

例えば、燃油サーチャージ。

燃油サーチャージも、9段階に分かれていたと思います。
こちらは、2ヶ月ごとに見直されます。

4月・5月の、東京⇔バンコクの燃油サーチャージは、6,000円でした。
これは久しぶりの低価格です。
9段階のうち、下から2番目の価格ですから。

2月・3月の発券の燃油サーチャージは、最悪でしたよ。
なんと、17,000円でした。
4月・5月発券分より、11,000円も高かったわけですからね。

こんな感じで、2ヶ月ごとに燃油サーチャージの額が変わります。
いかに安い時期にチケットを購入するか?
常にアンテナを立てておかなければなりませんね。

ってことで・・・。
JALの場合(たぶんANAも同じだと思う)、4月・5月中の発券は、悪く無いです。

ところで、6月・7月の発券はどうなるの?
2月3月ほどでは無いけど、少し上がりそうな感じです。

夏休みに、旅行を考えている方は、5月中にチケットを購入した方が得かもです。
5月下旬に再チェックしましょうね。

おいらも、次の次のバンコク暮らしのチケットも、5月中に購入するかもです。

少しでも安く・・・。
チケット購入のタイミング、常にチェックが必要です。



そうそう、5月4日~5月6日は、タイ国王の戴冠式があるそうです。
ちょうどおいらがバンコクに行く予定日です。

日本では、天皇陛下の退位と即位の儀式の後で、タイ国王の戴冠式。
日本とタイ、お祝いムード真っ只中に、バンコクへ飛び立ちます。



にほんブログ村

スポンサーリンク

 

 

2019年3月14日 (木)

バンコクから羽田へ定期帰国の途

昨日の夕刻、無事に日本に戻りました。
スワンナプーム空港 AM9:55発 JAL032便です。

空港までは、友人が車で送ってくれました。
渋滞を避け、朝6時過ぎにラマ3のコンドーを出発。

Img_20190313_0636161

太陽が、でかく見えます。
しかも眩しくない。
こんな日は、きっとPM2.5が酷いに違いないです。
でも、大気の汚いバンコクとは、今日でおさらばなので、もうどうでもいいです。(汗)

7時頃には、スワンナプーム空港に到着。

Img_20190313_0700061

出発まで約3時間くらいあります。
まずは、チェックイン。

スーツケースを預けて身軽になったところで、朝食を。
一人だったら、安上がりにフードコートで済ませるところですが、昨日は、スターバックスへ。

Img_20190313_0713441

クロワッサン×2、コーヒー×2 これで430バーツ。
やっぱりスタバは高いねっ!

しばし雑談して友人とは、ここでお別れ。

保安検査とイミグレを通過して制限エリア内へ。
出発まで2時間くらいあるので、ぶらつきます。

そう言えば、これ↓

Img_20190313_0800301

イミグレ通過後にありますよね。
何を意味しているのか?知ってましたか?
おいらは、まったく知りませんでした。

真ん中にいる神様を、両側から引っ張りあっているようですが・・・。

日本語での説明版がありました。
Img_20190313_0801241

光って良く見えないですね。
ゴメンナサイ。

「乳海撹拌(にゅうかいかくはん)」の彫刻だそうです。
乳海撹拌?何それ?
ですよね。

天地創造の神話だそうです。
興味のある人は、ググってね。

そして、なんだかんだお土産売り場をひやかしていたら、あっという間に搭乗時間。

Img_20190313_0900081

この日は、F6ゲート。
スワンナプーム空港の端の端です。

定刻に出発できそうです。

おいらの定席は、通路側。
おしっこに3回は行くので、通路側以外は選択肢なしです。

出来れば、隣が空席であってくれ!

が、願いは通じず。
背が高く足の長い、アメリカの兄ちゃんでした。

おいらの席に、足が越境してきて・・・。(汗)

Img_20190313_1017021

まぁ、きつそうにして可哀そうだから、許してあげましょう。
袖触れあうも多生の縁・・・です、はい。

少しばかり話をしたら、日本で乗り換えてポートランドに帰るんだそうです。
長時間のフライト、お疲れさま。

おいらは、映画に集中しましょう。
Img_20190313_0959481

Img_20190313_0959531

うゎ~、観たい映画が今回も盛りだくさん。

その中でも観たかった映画、それは「グリーンブック」。
なんてったって、今年のアカデミー賞作品賞の受賞ですから。


「グリーンブック」鑑賞中に、食事。
この日は、「カオマンガイ」と「ソースカツ丼」の選択。
ここは迷わず、「ソースカツ丼」でしょ。
カオマンガイは散々食べたからね。

Img_20190313_1210481

お味は・・・。
まぁ、機内食ならこんなもんでしょ。
美味しくいただきました。

そして、お決まりのハーゲンダッツ。
Img_20190313_1224501

JALに乗った時だけの、ご褒美です。
普段は贅沢すぎで食えませんから。(笑)


そして、「グリーンブック」鑑賞終了。
130分の長い映画でしたが、面白かった。
アカデミー賞作品賞って、結構面白くない映画も多いですからね。

続いて、何も見よう・・・。

「アリー」か?「ファンタスティックビースト」か?

で、悩んだ末に決めたのは・・・。
「ボヘミアンラプソディ」
えっ、お前すでにそれ見たじゃん!!!!

ですよね、以前ブログにも書きました。

でもね、もう1回見たくなっちゃったんですよ。
あの最後のライブエイドのシーンをね。

そしてまた感動してしまう自分。
涙をこっそり拭ったのは内緒です。

ちょうど見終わったところで、羽田空港への着陸指示。
定刻の17:30に無事着陸です。

あ~、2ヶ月ぶりの日本。
若干肌寒さはありますが、耐えられないほどではありません。

この先1ヶ月半になるのか?2ヶ月になるのか?
まだ決めていませんが、しばらくは日本の暮らしを楽しみます。

行ったり来たりの、風来坊生活。
だけど・・・なんか幸せ。

 

スポンサーリンク

2018年12月 7日 (金)

次回の訪タイ、決定!

次のバンコク暮らしの日程が確定しました。
1月16日~3月13日の約2ヶ月間です。

1月9日~1月16日にタイから友人が日本に遊びに来るので、その帰国日に併せて一緒にバンコクに向います。

エアラインは、毎度のJAL。

今回は、友人の使うエアラインに合わせるつもりだったので、LCCになるのかな?って思ってたんですけどね。
友人、おいらが毎回利用しているのがJALだと知っていたので、逆においらに合わせてくれたようです。

チケット代を聞いたら、22000バーツだって。
無理させちゃったかな?
その分、日本ではいろいろな所に連れて行ってあげましょう。

スポンサーリンク



今回の訪タイでは、重要なミッションがあります。


それは・・・。
リタイアメントビザの更新です。

ビザの期限が2月13日なので、バンコクに着いたらすぐに更新手続きをしないと。
忘れたら大変なことになっちゃうからね。

ビザの更新さえ終えれば、あとはいつものバンコク暮らしです。
でも、この時期のバンコクは、いつもよりは快適なはず。
なにせ乾季ですから、雨に悩まされることもないでしょう。

それに、日本の一番寒い2月を回避できるし、もう最高です。
楽しみだな~。

そして、日本に帰って来るのは、3月中旬。
だいぶ暖かくなっているころです。

2ヶ月バンコクで暮らし。
1ヶ月~2ヶ月を日本で暮らす。

来年も、このルーティンを続けます。


 

スポンサーリンク

2018年11月29日 (木)

日本に帰ってきました

昨日、JAL032便で日本に戻りました。
スワンナプーム空港、09時55分発の便です。

空港までは友人が車で送ってくれました。
バンコク市内の渋滞を避けて早めに自宅を出たら、6時30分には空港に到着してしまいました。

約3時間半、空港でのんびり過ごしましょうか。

朝食を、空港内のスターバックスで。
一人の時は、格安なフードコートで済ませてしまうんですが、昨日は友人と一緒だったので大奮発です。

だって、コーヒー2杯とサンドイッチにクロワッサン、これで435バーツもするんですから。(汗)


Img_20181128_0655451

バンコクに暮らすようになって、おいらの金銭感覚、おかしくなってしまったようです。

会社員時代は、当たり前のようにスターバックスに入り浸っていたのにね。
スターバックス、今では特別な存在になってしまいました。(笑)

それにしてもスターバックスって、なんで人気があるんでしょうかね?
あんなに高いのに。

やっぱりコーヒーの品質なのかなあ?
おいらはアマゾンコーヒーとの違いがわかりません。(汗)

友人となんだかんだくっちゃべっていたら、あっという間に8時半。
そろそろ出国しましょうか。

友人とはここでお別れ。
今回もいろいろお世話になりました。


スポンサーリンク



保安検査とイミグレは、そこそこ混んではいたものの、スムーズに通過。
制限エリアに入ると、毎度のこれ↓が、お出迎え。

Img_20181128_0809062

今回の搭乗ゲートは、F5。
端っこの端っこですね。結構歩きます。

Img_20181128_0812101

お土産売り場には目もくれず、搭乗ゲートに向かいましょう。
なまじ見て歩くと余計な物まで買いたくなっちゃうからね。


それにしても、スワンナプーム空港は、いつ見ても美しいです。
宇宙船に乗り込むような、見事なフォルムです。

Img_20181128_0911561

おいらの乗る飛行機↓
Img_20181128_0917271_2

定刻の出発です。

機内に入ると、見渡す限り満席。
昔みたいに、3列4列空席で横になって寝ながら帰る・・・なんて、もう出来ないですね。
それどころか、隣が空席すら、めったに有りません。
だから今回も・・・残念!

まあ、事前に通路側は確保してたので良しとしましょう。
真ん中の席になったら最悪ですからね。




機内では・・・。

おいらは、毎度の映画三昧です。
いつも書いてるけど、これが楽しみなんですよ。

だから6時間のフライトなど全然苦になりません。


今回のフライトでは、何が観られるかな?

Img_20181128_0954191

表紙からして、面白そうな映画が・・・。
「スカイスクレイパー」って言うのか、これは観たいかも。

まずは、上映映画の作品紹介をチェックしましょう。

Img_20181128_0955371

「サーチ」、中々面白そう。
「マイル22」、ちょっと興味ありです。

Img_20181128_0955131

「イコライザー2」、これも見たいなあ、デンゼルワシントンが主演だからね。
「スカイスクレイパー」、これが表紙の映画だね。

邦画は、どうだろう?

Img_20181128_0956191

おっ、「カメラを止めるな!」が見れるじゃん。

この映画、バンコクでも上映してたんだけど、タイミングが合わずに見逃してしまったんですよ。
見ないで良かった。
機内ならタダだからね。

それと、「万引家族」もやってるわ。
時間があれば見たいところだけど、今回は許容オーバーだね。
観たい映画がたくさんあるからね。


で、最終的においらが観た映画は・・・。

まず最初に観たのは、「カメラを止めるな!」です。
あれだけ話題になったら、見ないわけにはいきません。

感想は・・・。
なんだろう、この予測できちゃう感じ。
展開があまりにベタすぎて、「そこまで絶賛される映画かなあ?」が、素直なところ。
まあ、期待が高すぎたのかも。
面白かったけどね。


次に観たのは、「サーチ」です。
あれ「スカイスクレイパー」じゃないの?ですよね。(汗)

”PC画面のみの映像表現が話題”
ってとこが妙に引っ掛かってしまいました。

感想は・・・。
いや~、中々斬新で面白かったです。
行方不明になった娘を父親が捜すストーリーなんですが、SNSって気軽に使えて便利だけど、ちょっと怖いね~。
犯人も意外性があったし、サスペンス好きならおススメです。
でも、映画館より機内で観る方がいいかも。
パソコン画面を覗き見ている感覚なんで。



映画を2本観終わったところで、到着まであと1時間半。
あと1本観れるかな?

「スカイスクレイパー」の上映時間は、103分。
これは厳しいかあ。
最後まで観れないとモヤモヤしちゃうからね。

「イコライザー2」は、121分なので、もっとダメ。
「マイル22」が、95分なので、これなら間に合うか?

でも、微妙なので止めときました。
なので、今回は2本で打ち止めです。




機内のもう一つの楽しみは・・・。

やっぱり機内食ですよね。
今回の
機内食は↓

Img_20181128_1116541

「チキンのグリル エスニックソース」か「白身魚と出汁巻き玉子 蟹風味餡掛け」、迷うね~。(笑)

チキンの方が美味しそうだけど、前夜にチキンをたらふく食べたので、今回は魚を。

そして、でてきたのが、これ↓

Img_20181128_1120171

まあ、所詮エコノミーの食事、たかがしれてますが。(汗)
特に美味しいってわけでもないんですしね。

でも、あ~ら不思議。

映画を観ながらの機内食は、すごく美味しく感じるんですよ。
しかもデザートには、ハーゲンダッツも付くしね。

Img_20181128_1149132

ブラックコーヒーを飲みながらのハーゲンダッツ、これもまた旨いんだなぁ。
ささやかな幸せを感じるひと時です、はい。

機内では映画に食事に充分堪能。
あっという間に、羽田空港に到着です。


ほんと、6時間なんてあっという間です。


日本の今の寒さがどの程度なのか?
ちょっと気になっていましたが、長そでシャツにジャケットを羽織っていたので、全然問題ありませんでした。

これからが本格的な寒さの到来でしょうが、なんとか耐えましょう。
次の定期訪タイまでのわずかな期間ですけどね。


次回の定期訪タイは、1月中旬~3月中旬の予定です。
しばらくは、日本からの更新になります。



 

スポンサーリンク

2018年9月27日 (木)

前代未聞の大ポカ、情けないやら悔しいやら

姪っ子とのバンコク旅行から帰ってきたのが、8月31日。
もう1ヶ月前のことになるんですね~。
ここのところ、ずっとバンコク旅行のことを書いていたので、つい最近までバンコクにいたような錯覚をおこしています。

日本での野暮用も片付いたので、再びバンコク暮らしに戻りましょうか。
生活用品はバンコクに置いたままなので、航空券さえ購入すれば、いつでもバンコク暮らしに戻れます。

航空券の手配さえすれば・・・ですね。

おいら、JALのマイルを活用しているので、航空会社は今のところJAL一択。
すべてJALのサイトで航空券を購入しています。

で、次のバンコク行の航空券は、8月中旬にすでに手配していました。

JAL717便 成田発 9月25日(火) 10:55
JAL032便 バンコク発 11月22日(木) 9:55

チケット代は、往復で5万円。
それに燃油サーチャージ等で、19千円ほどかかるので、総額で69千円。
おいらは、毎回15千円分をいつもマイルで充当するので、自腹金額は54千円です。

あれ?
今日は、9月27日だよね。
今、バンコクなの?
そんな声が聞こえてきそうなので・・・。

いえ、まだ日本にいます。
実は、おいら、前代未聞の大ポカをやらかしてしまいまして。(汗)


スポンサーリンク



それでは、恥ずかしながら事の顛末を・・・。

8月中旬に手配した航空券。
実際は予約だけで、購入はまだしていませんでした。


その後、取り消し⇒再予約を繰り返して、予約状態を維持していました。
だって、購入すると万一キャンセルした場合、キャンセル料が発生しちゃうからね。

ギリギリまで、予約状態をキープしておくことが、賢明な選択なのです。
これも危機管理ですね。

そして、9月18日にクレジットカードで決済し発券しました。
出発1週間前のことでした。
これで、次回のバンコク暮らしが確定です。

が・・・。

後日、とんでもないことを。



バンコク行き4日前の9月21日のこと。

JALのサイトで、もう一つ航空券を予約した状態のものがありました。
年末のバンコク行のチケットです。
来年の正月はバンコクで迎えようと思っているので、その分です。

年末は繁忙期ですから、安いチケットを手に入れるのは、早め早めに予約しておかないとね。
そのチケットは予約状態を維持するために、取り消し⇒再予約を繰り返している最中だったのです。

で、この日もいつも通りに、予約済みのチケットを取り消して・・・。

取り消しボタンをクリックしたとたん気が付きました。
予約している年末のチケットでなく、すでに購入済みの9月25日発のチケットを取り消してしまったことを・・・。

これには、焦りましたね~。

「取り消し」をキャンセルするボタンが無いのか?
懸命に探しましたよ。
でも、そんなボタンはあるわけないですね。

一縷の望みは、JALに電話して事情を話せば、なんとかしてくれるかも。

早速にJALのコールセンターへ連絡。
こんな時に限って、中々繋がらない。

15分くらい待ったでしょうか。
ようやく繋がりました。

おいら、切実に訴えましたよ。
「間違ってキャンセルしてしまったので、なんとかなりませんか?」って。

しかし、あえなく撃沈。
どうしようも出来ないそうです。

「再度購入してください!」って。
つれないね~。

なんて、バカなことをしてしまったんだろうか。
自分の愚かさを責めるばかりです。



9月25日に行くはずだった、バンコク。
キャンセル料2万円とともに、クリック一つで一瞬にして消え去ったのでした。

注意をちょっと怠った代償が、2万円。
情けないやら悔しいやら・・・。

みなさんも注意してくださいね。
って、こんなバカなことをするのは、おいらだけか。(恥)

それにしても、最近のおいら、ちょっと変。
姪っ子とのバンコク旅行では、保安検査で機内持込バッグをほったらかしにしたばかりなのに・・・。

やっぱりボケ症状かなぁ?

まあ、いつまでもクヨクヨしててもしょうがありません。
前を向かなきゃ。

こんなんでバンコク暮らしを終えるわけには行きませんからね。


心の整理をつけて・・・。

明日、バンコクに向います。


そう、新たにバンコク行きのチケットは購入しましたから。

 

スポンサーリンク

より以前の記事一覧

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック