タイ

2018年4月13日 (金)

Happy Songkran!

バンコクは、今日からソンクラーンでしょうか。

おいら、ソンクラーンにバンコクに居たのは、3年前の一度きり。
その時に、びしょ濡れになりひどい目にあったので、その後は行く気が失せてしまいましたが・・・。

今年も狂喜乱舞な状態でしょうか。
あ~恐ろしい!


YouTubeの拾いものですが、ソンクラーンの歌でも聞いて、気分だけはバンコクへ。↓
 


ウキウキしますね!
来年は、参戦しようかな?

なんだかんだ、ソンクラーンが気になるおいらなのです。

 

スポンサーリンク

2017年10月 8日 (日)

なんでこんなの買ったんだ?~初めてのタイ旅行の思い出から~

おいらが初めてバンコクに行ったのが2006年の夏のこと。
友人に誘われてのバンコク旅行でした。

JTBのフリーツアーで、チットロムにあるインターコンチネンタルホテルに宿泊したのは、今でも鮮明に覚えています。

最初は普通の観光客で普通の観光地を回って、特になんてことなかったんですけどね~。
その後何度もタイ旅行をすることになり、そしてどんどん嵌まっていった。
見えない糸に引っ張られているようで、なんか不思議な感じです。

あれから約11年、会社を辞め日本とバンコクの二重生活をするようになるとはね。

ホント人生なんて何が起こるかわからないよ。

スポンサーリンク


そんな初めてのタイ旅行。
11年も経つと、だんだんと思い出も色褪せてきます。

どこに行ったっけ?
何を食べたっけ?

ほとんど覚えていない。(汗)
おいらの二重生活の原点なのにね。

残された写真を見て思い出す程度でしょうか。
写真は過去を振り返りるには最強なアイテムです。

撮ってて良かった!」・・・ですね。

それともう一つのアイテムが現地の土産品。
おいらの部屋には「なんでこんなの買ったんだ?」ってのが飾ってあります。

それが・・・。

↓サソリの標本

Dsc_6219_3

↓カブトムシの標本
Dsc_6220_2

こんなの気持ち悪いだけで、今はまったく興味はありません。
だけど当時のおいらには、何か惹きつけられたんでしょう。
その時の心情までは思い出せないんだけどね。

この標本を見るたびに、初めてのタイ旅行が思い出されます。



ワットプラケオに行ったときに買ったけ。
暑くてぐったりしながら、歩いていた時に売店で目に入ったのがこの品。
価格までは覚えていないけど、値段交渉をしたのは覚えてる。

食べた物はすぐに忘れちゃうけど、物が残っていると、あの時のことが鮮明に蘇ります。

何気なく買った品物なのに、今では良い思い出に・・・。
ちょっと気持ち悪いけど、ずっとおいらの部屋に飾っておこうと思う。

おいらのタイの原点としてね。

それにしても、何でこんなの買ったんだろう?
おいらの七不思議だ!

 

 

スポンサーリンク

2017年10月 6日 (金)

「タイパンツを買ってきて!」って言われたんだけど

姪っ子から今度「タイパンツを買ってきて」って言われた。

タイパンツなんてバンコクで簡単に手に入るけど、「なんでそんなのが欲しいの?」って聞いたら「みんな履いてるから」って。

若い子の間では今「タイパンツ」が流行ってるんだろうか?

タイパンツぐらいバンコクでは簡単に手に入るとは思うんだけど、どんな感じのものが欲しいの?
オジサンにはさっぱりわからない。

「こんなんじゃない!」なんて言われたらあまりに悲しいので、写真を送ってもらった。

スポンサーリンク



その写真がこれ↓
1507038893086

良く見かけるやつだね。
これなら簡単に探せそうだ。

↓こんなのも欲しいんだって。

1507038907841

ショートタイプのタイパンツ?
「オジサンのトランクスに飾り
が付いただけじゃん!」
そう言ったら、怒られた。(笑)


↓ついでにこれもだって。

1507038900259_2

そもそもタイパンツじゃないじゃん!(笑)
「スタイルが良い人が着ると恰好いいね。」
そう言ったら、また怒られた。(汗)




姪っ子が欲しいものはだいたいわかった。
チャトチャックで売ってるかなぁ?
プラトゥナムに行けば見つけられそうな気がするけど・・・。

だけど女の子の服なんて買ったことないし、おいらが店で物色している姿を想像したら・・・。

意外とシャイな59歳なのです。(笑)

 

 

スポンサーリンク

2016年4月14日 (木)

タイはソンクラーン突入かぁ~。

昨日から、タイはソンクラーン(水掛け祭り)に入りました。
タイ関連のブログでは、ソンクラーンの話が多くなって、どれも懐かしく読ませてもらっています。


1460512113750_2

自分、タイに興味を持つようになってから、ずっとこのソンクラーンが気になっていました。
そして、ようやく体験出来たのが昨年のこと。

その時の様子は、ここ と ここ


Dsc_1531

イベント会場では高見の見物。
参戦する勇気がありませんでした。

だけど、ただ単に道を歩いているだけで、容赦なく水を浴びせ掛けられ、強制的に参加させられます。

こちらは丸腰でしたから、防御するのが精一杯。
水をよけたり、走ったり、「どうか掛けないで!」ってお願いしたりしてね。
無礼講のタイ人には、そんな願いも通じることなく、結果的にはびしょぬれに・・・。

もう、普通の道を歩くだけでも戦々恐々でした。

あれからもう1年経ったんだなぁ~。
今では、懐かしい思い出です。

あの時は「もうたくさん!」って思っていたのにね。

今度は専守防衛、やられたらやり返してやる!
いや、先制攻撃じゃ!
強力マシンガンで、撃って撃って撃ちまくってやる!

次のソンクラーンは、最強部隊を作って参戦じゃ~。

なんてね。

-


にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年11月 2日 (月)

バンコクに持っていくもの~食糧編~

昨日は、バンコクに持っていく備蓄食糧の買い出しに行ってきました。
インスタントラーメンとレトルトカレーは、バンコクでも絶対に食べたくなるので、それを中心にです。

Dsc_2047

らーめんとカレーは、次回のために価格(税込)を記載しておきます。

日清のラーメン屋さん(5P) 札幌みそ味 278円
日清のラーメン屋さん(5P) 函館しお味 278円
明星チャルメラ(5P) とんこつ 338円
さっぽろ一番 ソースやきそば(5P) 398円

大塚食品 ボンカレーNEO 238円
ハウス食品 ザ・ホテル・カレー 188円
ハウス食品 カリー屋コクデミカレー 98円
明治 銀座カリー 198円

食べ比べのために、いろいろな種類にしました。
果たして高いものが美味しいのでしょうか・・・?
カレーに比べて即席麺は、やっぱりコスパはいいですね。

レトルト飯や味噌汁、缶詰とかは、衝動買いですw

それだけに留まらず・・・。

Dsc_2048

ふりかけに、お茶やスープ、のりやマヨネーズも
普段の食事に、ふりかけなんて滅多に使わないのにね。w

ついでに煎餅なども・・・。w

Dsc_2049

もう気分は、すっかりキャンプです。w

本当は、もっと買いたいもの(食べたいもの)が、あったんですけどね。
スーツケースに入りきれるか心配になって自重しました。

一度スーツケースに詰め込んで余裕があれば、さらに買い増し。
万一、入りきらなければ再度精査して、泣く泣く実家に進呈でしょうか。

やっぱりインスタントラーメンが、ちょっと嵩張りそう・・・。w



今日の横浜は朝から冷たい雨。
秋も深まり、だんだんと寒くなってきました。

自分、寒さが苦手なんで、早く日本を脱出しなきゃ!

-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年10月29日 (木)

ちょっと驚き!すでにバンコクで暮らしているんだって。

自分がバンコクに行く前に一度会いたいという友人知人が多くて、今週は、いろいろ忙しくしています。

「永遠の別れでもあるまいし!」ですよね。w

昨日も、仲の良かった元勤務先の同僚に誘われて新宿まで行ってきました。
飲み会の参加者は自分を含めて6名。
みんな40代、50代のオヤジばかりです。w

こちとら会社を辞めて1年にもなるので、仕事のことなんて、もうどうでもいいんですが、みんな昔話が好きですね~。
良くもまぁ~、まいど同じ話で盛り上がれるもんです。

ただ、昨日は一つだけ新鮮な話題がありました。

飲み会に参加してくれた後輩君、前から私と話がしたかったそうです。
なんの話しかというと・・・。

後輩君の妹さんが、タイ人と結婚して、今バンコクで暮らしているんだそうです。
これは初耳でした。


バンコクって聞いたら、自分も黙っているわけにはいきません。
あれやこれや、いろいろ聞いてしまいました。

細かいことは書きませんが、お子さんも二人いて、今はバンナー地区に住んでいるんだとか・・・。

バンナーと言えば、自分の借りたアパートとは、正反対の場所でそんなに近いわけではありませんが、同じバンコクに住む仲間として、とりあえず「連絡をくれれば、いつでも様子を見に行きますよ!」って、伝えておきました。w

それにしても身近なところで、すでにバンコクで暮らしている人がいるとは・・・。
ちょっと驚きでした。

そんなこともあるんですね。世の中狭いです。

-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年10月21日 (水)

バンコクに持っていくもの2~再びダイソー編~

バンコクに持っていくもの、ダイソー編第二弾です。
第一弾は、ここ。

100均で、もう少し買いたいものもあったので、再びダイソーに行ってきました。

まずは前回、12品購入したうち、「Made in Japanの商品は、どれでしょう?」って、質問を出したまんまになっていたので、その正解から。

正解は3っつでしたね。
一つ目は「レンジでご飯一合炊きカップ」
二つ目は「杓文字」
三つ目は「ALOE乳液」

残りはすべてMade in Cinaでした。
日本製率25%です。

で、今回購入したものは・・・。

キッチングッズはこれ↓

Dsc_2028_2

シリコンラップ大中2枚
まな板シート
マンゴーカッター
タッパー(耐熱・耐冷)
野菜ピーラー
折りたたみジョウゴ
袋閉じクリップ

全8点

先日、ダイソーに行ったときに購入を迷ったのが、写真右上の「マンゴーカッター」。
その時は「こんなもんいらない!」って、切り捨てたんですけどね。
なんか気になってしまって。w


自分、恥ずかしながら包丁が上手に使えません。
今まで、マンゴーを買ってきても、ぐちゃぐちゃになって、食べられる部分が小さくなってしまい、結構無駄にしていました。
これがあれば上手に剥けるんじゃないかと・・・?w

あとは、便利グッズとして、メディアに取り上げられたりしていたので、今まで使ったことは無いんですが、適当にみつくろっての購入です。

タッパー(耐熱・耐冷)は、サムライコボリさんからのアドバイスも有って購入。
レンジで炊飯用の「吹きこぼれ対策の受け皿」も必要って言われたんですが、ちょっと探したんでんですが、大きいサイズしか無くて今回は購入を断念。

前回の購入品も含めて、キッチングッズをいろいろ買ってきましたが、今までほとんど料理をしたことも無いのにね。
果たして、どれだけ活用できるんだろうか・・・?



掃除洗濯関係はこれ↓

Dsc_2026

バスタオルハンガー2本
洗濯ロープ
水のいらない簡単ぞうきん

全4点

キッチングッズに比べて、少ないですね。w
バスタオルハンガーが便利だとの情報を得ての購入です。
他は衝動買い。w



今回購入品、どれもこれも今まで使ったことがありません。w
便利グッズと言われているものは、本当に便利なのか・・・?
家事素人の自分が、バンコクで検証してみます。

ところで、今回購入品のうちの日本製は・・・。
「まな板シート」と「タッパー(耐熱・耐冷)」の2点で、あとはすべて中国製です。

全12点のうちですから、日本製率17%。


日本製以外、あまり買いたくはなかったんですが、100均で買う以上は、有る程度やむを得ないってことですね。
それにしてもMade in Cina、100均ではまだまだ幅を利かせています。

さて、あとは備蓄用食糧を買いにいかなきゃ!

-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年10月18日 (日)

ターミナル21のあの変な文字は、もしかして・・・。

アソーク駅に直結しているターミナル21というショッピングビル。
オープンしてから、もう4年になるんですね。

ここのフードコートが好きで、バンコクに行くと必ず立ち寄る場所の一つになっています。
それと、このビル、各フロアごとに世界の各都市をイメージして作られており、いろいろ楽しませてくれます。

ここに行ったことがある人は、すでにご存じだと思いますが、このビル内にある「東京フロア」。
日本人から見ると、ちょっと笑っちゃいますよね。

相撲取りのオブジェとかは、まだ良いとして・・・。

Dsc_0343

各看板の日本語は笑わせくれます。
Dsc_0336
(クリックで拡大できます)
Dsc_0335_4
(クリックで拡大できます)

「再度参照してください」とか「大事なお客様だ」とか・・・。
日本人が監修していないのがまるわかりです。

まぁ、これはこれで良しとしましょう。
なんとなく日本語にはなっていますからね。


ただ、どうしても理解不能だった看板があります。
Dsc_0340_2
(クリックで拡大できます)

天井からぶら下げられたピンクの看板にかかれた文字が、まったく判読できません。
これは、いったい何語・・・?


このフグの看板にかかれた文字もそうですね。
なんて書いてある・・・?

Dsc_0339
(クリックで拡大できます)

カタカナのように見えますけど、まったく判読できませんよね。

きっとカタカナを模して、適当に書いたんだろうな・・・?
って、ずっと思っていました。

ところが・・・。



今日、ヤフーニュースでこんな記事が目にとまりました。

なんじゃこりゃあああ!「日本人にだけ読めないフォント」が話題に

「日本人にだけ読めないフォント」なるものがTwitterで話題になっています。「日本人しか読めない」ならわかりますが、「日本人だけが読めない」とは一体・・・?

その文字が、これです↓
Electroharmonix1_3


確かに読めません。w

あれ・・・?
この文字どこかで見たぞ・・・。

実は、この文字は日本語のカタカナをベースに作られた、アルファベットだそうです。
アルファベットに置きかえると↓

Crfnm2lusaekp1x1_2


見えずらいですが、左上から右へ、ABCD.....となっています。

日本人はカタカナを知っているだけに、この文字は読めなくて、カタカナを知らない外国人は、この文字をアルファベットに置きかえることが出来るそうです。
だから、日本人だけが読めないって・・・?
本当かいな・・・?


もしかして、ターミナル21の日本フロアの看板文字に当て嵌めてみたら・・・?

何と言うことでしょう。
なんとなく、読めるではないですか。

完全一致ではないんですが
上のピンクの看板の文字は・・・。
「NEON CITY」じゃないかな?

そして、フグの看板に書かれているのは・・・。
「TORYO」って読めますが、これは、おそらく「TOKYO」でしょう。


あくまで自分の判断ですので、合っているかはわかりません。
でも、ひょんなことから、今まで不思議に思っていたことが、解決した・・・。
今はそんな感じです。
(あくまで、自己判断です。)

あ~、すっきりした。

-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年10月15日 (木)

バンコクに持っていくもの~ダイソー編~

先日の「中国人の爆買報道を見てバンコクへ持参するものを考えている」という記事のコメントで、サムライコボリさんから「ダイソーレンジでご飯一合炊きカップ」を紹介していただきました。

そこで、早速、近くのダイソーまで行ってきました。

バンコクにもダイソーは出店しているので、わざわざ日本で買っていくことでも無いんですが、バンコクだと60バーツ、日本で買うと108円ですから、日本で買った方が安いんでね。

購入してきましたよ。
これです↓

Dsc_2017

杓文字と軽量カップも購入して、300円。
これでバンコクでも、簡単に日本米を炊けます。

ついでに、いろいろ買ってしまいました。
Dsc_2020

長いタオル
湯上がりスリッパ
綿棒
キッチンクリップ
Food Wrap
歯ブラシと歯間ブラシ

湯あがりスリッパだけが150円で、あとは100円だったので、しめて750円。

それと、こんなのものまで↓

Dsc_2007

「たまごのプッチン穴あけ器」だってさ。w
これを使うと、ゆで卵の殻が、するりとむけるらしい。

実は、前回バンコクに1ヶ月滞在したとき、ゆで卵を作ったんですが、どうも殻がうまく剥けない。
殻と一緒に卵の白身がひっついてしまって、汚らしいゆで卵しか作れませんでした。
殻がするりと剥けたら、気持ちがいいですからね。w
それに100円だし・・・。w

それと、これも↓

Dsc_2021

「ALOE乳液」
”天然成分でしっとり素肌つるつる”
キャッチコピーに魅かれてのお買い上げです。
今更、お肌を気にしてもしょうがないのにね。w
でも100円だから・・・。


購入総額、1250円+消費税の買物になりました。
レンジ用の炊飯器だけを買うつもりだったのにね。
どうやらダイソーの販売戦略に嵌ってしまったようです。w

他にも何点か食指が動く商品もあったので、バンコクに行く前に、再度チェックする必要がありそうです。



ところで、今回購入した全12商品のうち、Made in Japan のものはいくつあるでしょうか・・・?

答えは・・・。
たった3っつです。

それじゃ、それらはどれでしょう・・・?
わかった人は、ダイソーマスターの称号を貰えるかもよ?w


正解発表は次の機会でね。
-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年10月11日 (日)

夢が夢で無くなるとき・・・。

もうすぐ、バンコクで暮らし始めます。

初めて旅行でタイに行ったのが、2006年の夏、48歳の時でした。
それから何度かタイを訪れ、いつかはバンコクで暮らしたいと思い始めたのが、50歳の時。

タイに初めて行ってから9年、バンコクで暮らす夢を持ってから7年が経過しました。

そして、ようやく、その時が来た!
夢が叶い、夢が夢で無くなる時です。

始まりは単なる旅行でした。
それから、なにかに引き寄せられるように、どんどん気持ちが膨らんでいった。
まさしく不思議な縁とでも言いましょうか・・・。

40代の頃までは、定年まで会社員生活を全うして、あとは平凡ながら悠々自適な生活を送るつもりだったんですけどね。

人の感情なんて、いつ変わるかわかりませんね。
身を持って、体験したわけです。

夢を夢で終わらせないためには、何かを犠牲にしなければなりません。
自分の場合は、それが会社の存在だったわけです。

金銭的な不安が一番大きな障壁ですね。
もちろん資金計算は何度もしましたよ。
結局、なんとかやっていけるだろう・・・。
そう思えるようになるまでには、7年もかかってしまいました。w

金銭面は「絶対に安心!」はありません。
今でも不安ばかりです。
最後は、エイヤーの思い切りは必要ですが、自然な感情に任せていたら、うまい具合に、退職のタイミングがやって来た・・・。
そんな感じですね。
「タイとの不思議な縁に引っ張られた・・・。」
そんな風に捉えています。

バンコクで暮らし始めたら、もう夢ではありません。
今度は現実を直視する番です。

さて、これから何が起こるか・・・?
日本とタイでは、生活習慣の違いもありますし、文化も違います。
だから、いろいろな問題も待ち受けていることでしょう。
それらを、すべて受け入れて楽しむこと・・・。
それがバンコクで暮らす上での大切なポイントだと思っています。

そして、タイという国にお世話になる以上、

「謙虚にして驕らず!」

この気持ちだけは、忘れないように常に自分に言い聞かせています。
あくまで、バンコクではよそ者ですからね。

-

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

より以前の記事一覧

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック