« ワットパクナム、建造中の巨大仏陀とおみくじと | トップページ | 定期帰国の前日に・・・。 »

2019年7月 9日 (火)

両替とお土産の購入

明日、約2ヶ月のバンコク暮らしを終えて日本に帰国します。

その前に、両替をしておかないと・・・。

帰国前に、両替?
日本円に?

いえ、タイバーツにです。
バンコクを留守にしている間も家賃が発生するので、その支払いのためです。

今滞在中、ずっと両替レートを気にしていたんですが、結局 0.3 以上になることはありませんでした。
(両替レート 0.3 は、1万円が3000バーツです。)
0.3 になったら、持ち合わせの円はすべてバーツに両替するつもりでいたんですが、中々うまくいきませんね。

ここ1年で、おいらが両替したレートは・・・。

2018年  1月 0.287
2018年  2月 0.2915
2018年  5月 0.288
2018年  6月 0.3
2018年11月 0.2895
2019年  2月 0.284
2019年  5月 0.287

両替レートが、0.3以上になったのは、昨年6月の1回きりです。
あとは 0.29前後で推移。

厳しいですね~。

日本は円安誘導、タイはバーツ高誘導。
思惑が合致してるんだから、レートが良くなるわけ無いですよね。
今後もしばらくは期待薄かな?

参院選で自民党が大敗すれば円高もあるかもですが、他の政党では日本は任せられません!
いくら両替レートが良くなったとしてもね。

民主党政権のあの愚政、死ぬまで忘れませんから。



ってことで、昨日は両替のために、チョンノンシにあるスーパーリッチへ。

Img_20190708_1422191

昨日の両替レートは、0.284。
ここ1年では、今年の2月と同じ最低レートでした。
20万円を両替して、56800バーツ。(涙)

とりあえず、2ヶ月分の家賃等40000バーツを、オーナーである友人へ。
おいらの手元には、16800バーツだけ。(悲)

仕方ないですね。
気を取り直して、手元に残ったバーツでお土産でも買いにいきましょう。

何にしようかな?
喜ばれるものが思い浮かばない。

とりあえず、スーパーで物色しましょう。

最終的に決めたのが、これ↓
Img_20190709_0901501

バナナチップスとえびせん。
たった、これだけ。(汗)

バナナチップスは、タマリンドジャムが挟まっているやつで、これが意外と人気なのです。
これでいいや!
あっさり決めました。

えびせんは、自分と兄へ。
煎餅好きな兄弟なもんでね。

バナナチップスは、1個130バーツ×4で、520バーツ。
えびせんは、1個45バーツ×2で、90バーツ。

〆てお土産代は、610バーツ。

安くすませました。
なにせ、両替レートが悪いもんでね。(笑)

あとは、タバコ好きな友人のために、空港で免税タバコを買えばすべて終了です。
余ったタイバーツは、次回のバンコク暮らしの生活費に回しましょう。

これで、あとは帰るだけ。

じゃなかった!
掃除に洗濯・・・飛ぶ鳥あとを濁さずです。


にほんブログ村

 

« ワットパクナム、建造中の巨大仏陀とおみくじと | トップページ | 定期帰国の前日に・・・。 »

バンコク暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、

銀行系より両替レートが良いので、知人のアパートに近いナライホテルに宿泊した時は、私も3年くらい前からチョンノンシーにあるスーパーリッチを利用しています。
当分の間両替レートが 0.3 以上になりそうに無いですね! (T_T)
明日帰国なのですね!
空港まで友人に送ってもらうのですか?
気を付けて帰国してくださいね!

>セントレアさん
こんにちは。
両替場所、以前は少しでもレートに良い場所を探していましたが、今ではスーパーリッチ一択です。
家から一番近いのと預金口座のあるバンコク銀行にも近いので、両替後にすぐに銀行に預けられるのがいいですね。
両替レートを読むのは中々難しいですが、まあ覚悟しておくしかないですね。
0.3になったら儲けもの、くらいの感じでいます。
はい、明日帰ります。
空港までは、友人の送迎つきです。
最近は、友人の仕事の休みの日を狙って、帰国日を決めています。(笑)

今日パタヤイミグレに行きました。
銀行で8時50分残高証明書(200バーツ)をもらい9時30分ジョムティエンイミグレ到着。
リタイアメントビザ更新のファランが4名待ちで私の更新手続きが終了したのが10時でした。
イミグレ職員男性&女性2名で対応。
パスポートにホチキス留めのTM30(原本)を見やすいようにパスポートから飛び出しておいたが、
イミグレ職員は見もせず折り返してパスポート内にしまいました。
TM30のコピーは提出していません。
提出したのは
①TM7申請用紙
②アパートも賃貸契約書のコピー
③パスポートの全ページの各コピー(審査時に「ここをコピーしなさい」と追加で言われないよに)
④昨年有った「タイ滞在についての承諾書でオーバースティに対する罰則規定を承諾しサインする」という書類を提出したらイミグレ職員がどう対応するのか見たくて提出しました。⇒職員は何も言わず受け取っていました。
.
宿泊アパートはタイ人がオーナーですが、「オーナーIDカードのコピー」
「直近の家賃&電気水道代の領収書」「登記簿」「オーナーのパスポート(顔写真のページ)のコピー」
「手書きの地図」なども今回も出していません。昨年同様に今年も不要でした。
.
最後に90日バンクチェックの用紙をもらいました(日にち計算したら今日から89日目の日付けスタンプ10/5がイミグレ出頭確認日)が
イミグレ職員から言葉で何の説明もありませんでした。
書類にボールペンで丸で囲み「ここを読みなさい」と言わんばかりの対応でした。
なので私が「この用紙は90日バンクチェックですよね」と言うと
イミグレ職員:「そうです」
私:「90日後の、10月のこの日は日本に居てイミグレに来れません。来年1月にパタヤに戻ります」
イミグレ職員:「ならば1月で良いからタイ入国したらパタヤイミグレに通帳持参で90日バンクチェックに来れば良いですよ」
との事でした。
・・・なので90日間の80万バーツの維持を確認するのが最大の目的でイミグレ出頭日はあまりうるさくないような感じでした。
また以降最低額40万バーツの維持の確認は次回来年のリタイアメントビザ更新時に確認するしか方法が無いでしょうね。
ちなみに私は定期預金です。

私も1年分の家賃78,000バーツを払わなくてはいけないのですが、
レートが、、、、、
一体いつになったら良くなるんでしょうか?
今のご時世、、、2840を超えたら好しと思うしかありませんよね。
でもパタヤはバンコクより5~10ℬ悪いんですよね。
2850は夢のまた夢、、、、悲しいです。

>サムライコボリさん
リタイアメントビザの更新手続き、お疲れ様でした。
そして、詳細に教えていただきありがとうございます。
パタヤとバンコクでは微妙に違う部分もありますが参考になりました。
90日後のバンクチェックについても、良くわかりました。
指定期日にタイにいなければ、それ以降でタイに来たらすぐに来なさいよ、ってことですね。
そんなことだと思ってました。
バンコクもあるのかわかりませんが、もし有れば同じように対応してみます。
まあ、手続きについては都度変更があるので、注意が必要ですね。
とりあえず、再びの1年滞在許可が得られて、おめでとうございます。

>サムライコボリさん
両替レート、厳しいですね~。
パタヤは、バンコクよりも更にレートが悪いんですかぁ。
パタヤに行く場合は、バンコクで両替してから向かった方が良さそうですね。
最近は。0.3どころか0.29も届かない有様ですから、両替のタイミングが難しいです。
そうそう、利息に対して15%の税金が取られるようになってしまいましたね。
私の場合、毎年6月と12月に利息が付くんですが、先月初めて15%税金で引かれていました。
それも悲しい。

oinin さんは普通預金ですか?
今までは15%の税金は取られていなかったのでしょうか?
私は普通預金にはたったの2000ℬちょっとしか入っていないので利息に15%の税金が今までかかっていたのか確認していませんでした。
しかし過去5年間ほど定期預金をしていますが、毎回毎年満期終了後には必ず利息に対して15%の税金が引かれていましたよ。

>サムライコボリさん
はい、私は普通預金です。
定期預金は、利息に15%の税金を取られるんですが、普通預金は今まで取られてはいませんでした。
調べる限り、今までは2万バーツ以上の利息に対しては税金をかけていたらしいんですが、2万バーツ未満の場合は関係なかったようです。
取られるっていっても源泉徴収らしいので、還付申告をすれば戻ってくるようなことも書かれていましたが、そんなのメンドクサイ(ハードルが高い)ですもんね。
とりあえず泣き寝入りします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワットパクナム、建造中の巨大仏陀とおみくじと | トップページ | 定期帰国の前日に・・・。 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック