« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の15件の記事

2019年7月30日 (火)

決めた!次のバンコク暮らし

2019年3回目のバンコク暮らしの日程を決めました。
9月5日~11月20日の77日間です。

日程を決めるに当たって、今回はかなり悩みました。


悩み1.ラグビーワールドカップ

9月20日~11月2日に日本で開催されるラグビーワールドカップ。
競技場で観戦するわけでも無いのに、なぜか日本で観たい!
そんな衝動に駆られていました。
この前のフィジー戦を観たら、余計にね。
でも、諦めました。
この期間日本にいるとなると、日本滞在が4ヶ月にもなり、たぶんバンコクが恋しくなってしまいそうで。(笑)
タイはラグビー熱は無いでしょうから、テレビ放映は期待できませんが、ネット観戦で我慢することにします。


悩み2.日程

いつも利用しているJALは、8月から燃油サーチャージの値上げが決まっているので、バンコク暮らしの日程は、今月中に決める必要がありました。
毎回、ギリギリまで購入しない航空券を、1ヶ月以上前に購入するのにはやっぱり抵抗がありましたね。
万一キャンセルするケースが発生したら、2万円のキャンセル料を取られちゃうからね。
なので日程は、かなり慎重に選びました。
今回は、77日間。
いつもより、ちょっと長めにしました。
その理由は、ロイクラトン。
今年は、11月12日頃?
ロイクラトンの前に帰国するわけには行きませんからね。


悩み3.航空券代

燃油サーチャージの値上げもそうですが、運賃も微妙に値上げしてるんですよね。
JALのSクラス、往復5万円だったはずなのに、しれ~っと5万1千円になってるし。
よくあるJALの姑息な値上げに憤慨です。(怒)
燃油サーチャージ等を合わせると、東京⇔バンコクで約6万8千円。
貯まっているマイルを充当しても、5万円超えちゃう。
もうLCCにしちゃおうかな?
結果的には、毎度のJALで購入しましたが、かなりの葛藤でした。
だってLCCだと半額ぐらいで行けちゃうんだからね。



ってことで・・・。

いろいろ悩んだ末に、次回のバンコク暮らしを確定させました。

この時期、バンコクは雨季の終盤。
洪水が心配される時期ですが、それもまたバンコク。

どんなバンコク暮らしになるのか?
楽しみでもあるんですが・・・。

その前に日本での暮らしも、まだ1ヶ月ちょっとあります。
日本の暮らしは、そろそろ飽きてきたけど、もう少しだけ日本に留まりましょう。
高校野球が始まれば、1ヶ月なんてあっという間ですよね。

梅雨も明け、夏真っ盛りの1ヶ月。
とにかく夏バテしないようにしないとね。



にほんブログ村

 

2019年7月28日 (日)

横浜市からの封書

横浜市から郵便物が届きました。↓
Img_20190728_0922371

「横浜市からの大切なお知らせ」って書いてあります。
なんだろう?
「大切なお知らせ」って。

封を開けて、まず目に飛び込んできたのが、ここの部分↓
Img_20190728_0924381

もしかして25000円貰えるの?
どうしても赤字で書かれているところに目が行っちゃうからね。

で、よく読んでみると・・・。

25000円を貰えるわけではありませんでした。(涙)
25000円使える商品券を、20000円で購入できるってことらしいです。

どういうこと?
なんで?
これって、どんな制度なの?

もう一度よく読んでみると・・・。

対象者は、
1.平成31年1月1日(基準日)現在、横浜市の住民基本台帳に登録されている方
2.令和元年度市町村税が課税されていない方で、令和元年度市町村民税が課税されている方に扶養されていない方
3.平成31年1月1日(基準日)現在、生活保護・中国残留邦人等に対する支援給付金を受給していない方
だそうです。

他にも、
平成28年4月2日~令和元年9月30日生まれの子がいる世帯主も対象だそうです。

これ、「横浜市プレミアム付商品券」って言うらしいだけど、今年からの制度?
確か去年は、こんな制度無かったような。

全国、同じ制度なのかな?
よくわからないけど、20000円で25000円分の商品券を買えるなら、利用した方がいいよね。



でもね。
なんか手続きが、面倒そう。

まず11月30日までに申請。
そうすると、購入引換券が送られてくるらしいだけど、申請から1~2ヶ月もかかるんだって。
購入引換券が送られてきたら、横浜市が設置する販売窓口で商品券を購入して初めて使えるようになる。
しかも商品券の使用は、来年の3月末まで。(商品券を利用できる店舗はまだ不明)

使用できる期限が短いんだよね。
特においらは半分以上はバンコクだからね。

それより何より、なんでこんな複雑な制度にしたの?
5000円分の商品券を、単に配ってくれればいいじゃないの!

ありがたい制度なのに、なんか腹立ってきた。(笑)

それと・・・。

商品券を使う人は住民税を払ってない貧乏人。
店の人に、そう思われるかもね。

まあ、事実だけど。(笑)

とりあえず、申請だけはしておきますが・・・。
購入するかどうかは、利用できる店が近くにどれだけあるか?で決めようかな。

それにしても、なんか変な制度だね。
頭のいい人がやることって、よくわからないや。


にほんブログ村

 

2019年7月26日 (金)

ラグビーか?バンコクか?

日本に戻って、まだ2週間ほどですが、そろそろ次のバンコク暮らしの日程を決めなければなりません。

なぜかというと・・・。

飛行機代の関係です。
厳密にいうと燃油サーチャージですね。

7月中に航空チケットを購入すれば、燃油サーチャージは日本とバンコク往復で9000円。
それが、8月に購入すると、13000円になってしまうんです。
(JALの場合です)

4000円の差は大きいです。
だから今月中の航空券を購入しないと。

それで、次のバンコク暮らしの日程を考えているところです。

漠然とした予定は、9月~10月の2ヶ月間なんですが・・・。
ここに来て、その日程に少し迷いが生じています。

その原因は・・・。

ラグビーワールドカップ!

9月20日~11月2日の日程で開催されるんですよね。
しかも日本で。

やっぱり観たいじゃないですか!

でも、バンコク暮らしの日程と丸かぶり。
どうしよう・・・。

今月中に決めなければ!

ラグビーをとるか?バンコクをとるか?

う~ん、悩む!


にほんブログ村

 

2019年7月24日 (水)

老後、どうする?

先日、61歳の誕生日を迎えました。
これで父親より長生きできました。
まずは、一区切りでしょうか。

それと、会社を辞めて5年、無職生活も板についてきた感じですかね。(笑)

会社を辞めるに当たって、まず不安だったのは資金面。
潤沢な資産があるわけでもないので、もし想定外の出費が発生したら・・・と。
まぁ、5年経って、出費がほぼシミュレーション通りに推移しているので、不安はかなり縮小しましたけどね。

それと働かない生活への不安。
18歳から56歳まで会社一筋だったので、それが無くなることで、心理面にどんな影響を及ぼすのか?また働きたくなるんじゃないか?
とかね。
結局これも稀有に終わりました。
何もせず毎日ゴロゴロしていても平気な性格に感謝でしょうか。(笑)

だけど、最近になって新たな不安が頭をもたげてきました。

それは・・・。

健康面!

腰痛が頻繁に発生するようになって、「う~ん・・・」です。
結局のところ、人生において「不安」って言うのは、いつも付いて回るもんなんだね。

不安が解消したと思ったら、また別の不安が表れて・・・。
不安がまったく無くなるのは、それは死ぬときなんだね、きっと。



先の日曜日、同い歳の友人と会ってきました。
友人とは、バンコクから帰国するたびに会う仲です。

友人は、今年の3月に定年を迎えたんですが、まだ同じ会社で働いています。
「働くのが好きなわけじゃないけれど、辞めてもね~。」
いつもそんな感じです。

それはそれでいいんだけど・・・。

話題が健康面に及ぶと、友人もおいらと同じような悩みを抱えてました。
腰痛やら糖尿病予備軍やら・・・。
他にももろもろと。(笑)
まあ、お互い歳だから、病気とも上手く付き合わないとね。

そんな話をしているうちに、だんだんと老後の生活の話に。

今はまだ、なんとか大丈夫だけど、体の自由が利かなくなったら、どうする?
お互いに独り身なので、この問題は切実です。
ぽっくりと死なない限り、誰かに介護をしてもらう日がいずれ来るわけだからね。

友人から
「どこか介護付きの有料老人ホームに入るしかないかな?」
「一緒のところに入らない?」
そんな提案まで。

おいら「まあ、いずれは考えないといけないかもね。」
結局、そんな話になっちゃうだよね。(笑)



ずっと永遠に、日本とバンコクの二重生活が出来るとは思っていません。
いつかは必ず終わりが来るわけで・・・。

でも、それがいつなのか?
急に訪れるかも知れないし、まだずっと先かも知れません。

とりあえず、どんな準備をしておくべきか?
そろそろ考え始めないとね。

介護付き老人ホームに入居。
あながち、無きにしも非ずかもです。

これからの課題として、じっくりと考えることにしましょう。

それにしても、人生って考えることばかりだね。(笑)


にほんブログ村

 

2019年7月22日 (月)

故郷の懐かしい味

おいらは、横浜生まれの横浜育ち、だから故郷はありません。

でも両親の故郷は茨城県。
子供の頃は、よく連れて行って貰ったので、「おいらの故郷は茨城県」そう言ってもいいかもです。

今では、冠婚葬祭くらしか行く機会が無くなってしまいましたけどね。
先だっての従兄の葬儀は、そんな故郷で執り行われました。

ところで、茨城といえば・・・。

水戸納豆!

あまりに有名ですよね。

それでは・・・。

納豆は納豆でも「干し納豆」って、知ってますか?
文字通り、納豆を干したものです。

でも、横浜では干し納豆を売っているのは、まず見かけたことがありません。

なんでだろう?
美味しいのにね。



先日、従兄の葬儀に向かう途中。
常磐自動車道の守谷サービスエリアに立ち寄った時のこと。

その「干し納豆」を発見。

うわ~、懐かしい!
もちろんお買い上げです。

これね↓
Img_20190720_1913261

260グラム入りで、756円。
納豆を干しただけなのに、結構お高いのね。(笑)

葬儀を終え、家に戻って早速に食べて見ました。

蓋を開けたら・・・。

強烈な臭い!
でも、おいらにとっては懐かしい匂いです。
納豆嫌いだったら、絶対にダメでしょうね。(笑)

どうやって食べる?
これ、そのまま食べてもいいんですが、すごく固いんです。

おいらの、おススメの食べ方は・・・。

お茶漬け!

適量、ご飯にかけて↓
Img_20190720_1911451

お湯を注いで↓
Img_20190720_1912231

1~2分、放置。←これ重要ね。(笑)
干し納豆が、しな~っとなった頃を見計らって、一気にかっ込みます。

味の表現はうまく書けないけど、とにかく旨い!(笑)

子供の頃、母親の実家でこの「干し納豆」を作っていたので、しょちゅう食べていました。
だから、すごく懐かしい味なのです。

そして・・・。

「干し納豆」とともに、子供の頃の思い出がフラッシュバック。
カブトムシを取ったり、川で泳いだり・・・。
陽水の「少年時代」や拓郎の「夏休み」の世界観、そのままです。

「干し納豆」を食べきるまでは、懐かしい思い出に浸ります。



にほんブログ村

 

2019年7月20日 (土)

従兄が死んだ・・・

兄のように慕っていた従兄が亡くなりました。
享年64歳。

昨日は、その葬儀に参列しお別れしてきました。
「大バカもんだよ、お前は!」
「母親より先に逝っちゃうなんて・・・」
そう言ってやりましたよ。

まだまだやりたいこともあったでしょう。
無念です。

人の命なんて、脆くて儚い・・・。
覚悟はしてたけど、なんかやりきれない。

今は喪失感でいっぱいです。

 


にほんブログ村

 

2019年7月17日 (水)

バンコク暮らしの生活費

今回のバンコク暮らしは、5月5日~7月10日の66日間でした。
実際にいくら使ったのか?
集計が終わりましたので、ご披露しましょう。

食 費:15080バーツ(1日あたり 228バーツ)
その他: 4399バーツ(1日あたり  67バーツ)
計  :19479バーツ(1日あたり 295バーツ)

※上記金額の他に、家賃、水道光熱費、通信費として定額で毎月2万バーツをほどかかっています。



1日あたり295バーツ(約1000円)は、今までと比べてもかなり低い額でした。

前回のバンコク暮らしと比較してみましょうか。
前回は、1月17日~3月13日の56日間でした。

食 費:20321バーツ(1日あたり 363バーツ)
その他: 8601バーツ(1日あたり 154バーツ)
計  :28922バーツ(1日あたり 516バーツ)

ねっ、今回のバンコク暮らしがいかに少ない額で暮らしていたかが、わかると思います。

なぜこんな額で暮らせたのか?
理由は、はっきりしています。

それは・・・。

外出の頻度が今までよりも少なかったことですね。

今回のバンコク暮らしは、
お腹を壊したり、バレーボール三昧だったり、腰痛が発生したり・・・。
外出が減ったのは必然です。

外出しないと、外食はしないし、余計なものも買わない。
だから、おカネをあまり使わない。
出費が減るのも必然です。

でも、それだと何のためにバンコクで暮らしてるかわからなくなるので、あまり良いことではないんですけどね。
まぁ、こんな金額でも問題なく暮らせますよ!ってことで。



おいらのバンコク暮らしの目安は・・・。

生活費:1万~1.5万バーツ
家賃等:2万バーツ
計  :3万~3.5万バーツ

こんなもんです。

円換算すると、月10万円~12万円程度。
この範疇に収まっている分には、安心してバンコク暮らしを続けて行けます。

ちなみに・・・。

おいらは酒は飲まないし夜遊びもしません。
お洒落には拘らないし、食事も毎日タイ料理で大丈夫です。
それだけは、言っておかないとね。

酒をたくさん飲む人や、夜遊び命の人、タイ飯が口に合わない人、お洒落な人・・・。
その分は、プラスしないとダメよ。(笑)

贅沢すると限が無いのは、バンコクでも日本でも一緒・・・ですよね。


にほんブログ村

 

2019年7月15日 (月)

帰国したらクリニック

なぜ定期的に日本に戻ってくるのか?

その理由の一つが、これ↓
Img_20190714_1256251

常用薬を処方して貰うためです。

写真左から、
ファブリック錠20㎎(尿酸を抑える薬)
アトルバスタチン錠10㎎(コレステロールを下げる薬)
ザクラス配合錠LD(血圧を下げる薬)
ラプペラゾール錠10㎎(胃や十二指腸の潰瘍や食堂の炎症などを改善する薬)

これらの薬が会社員時代から、ず~っと飲み続けている常用薬です。

薬を飲まなかったら、どうなるのか?
一度1年くらい勝手に薬を飲むのを中断したことがあります。
その時は身体的には別に影響はありませんでした。

でも、会社の健康診断で再び数値の悪さを指摘されるようになり・・・。

「こんな状態だと、いつ死んでもおかしくないよ。」
そんなことまで言われる始末。
健康診断のたびに、それを言われるのがイヤで、また飲み始めたってわけです。

薬の飲まないと、ほんとに早死にするのかなぁ?
たいして違わないようにも思うんだけどね。

薬を飲むのが当たり前になっているので、今さら飲むのを止める勇気がありません。



ってことで、日本に戻ってたら、真っ先にすること。
それが、クリニックに行って薬を処方してもらい血液検査をすることが、帰国するたびに行う恒例行事なのです。

クリニックでは、特に診察はほとんどありません。
血圧を測るくらいかな。

あとは・・・。

「バンコクは暑いですか?」
「暑いです。」(笑)

そんなくだらない雑談して、採血して、薬を処方してもらうだけです。

それで、料金は・・・。

クリニックへの支払い↓
Img_20190714_1129231

自己負担分(3割負担)で、2770円。
国民健康保険に加入しているから、この金額で済みますが、加入していないと9220円もかかります。
医者、ぼろ儲け。(笑)

薬代↓
Img_20190714_1129411

30日分処方して貰って、自己負担分(3割負担)が、3340円。
国民健康保険に加入していないと、11120円。

う~ん、もうそろそろ薬を飲むのを止めてもいいかな。
止める勇気もないくせに、この金額を支払うたびに、そんなことを思ってしまいます。

血液検査の結果は、約1ヶ月後。
もっと早くわかるんだけど、毎度のことなんで、薬が無くなるタイミングで聞くことにしています。
もし重大な異常が発見されたら、連絡が来ると思っているのでね。

どんな結果かな?
腰痛もまだ完治していないし、内臓系の数値に異常が出なければいいんだけどね。

もし深刻な異常があれば、バンコク暮らしは、そこでオシマイ。
そして、おいらの人生も・・・オ・ワ・リ。

その覚悟は、すでに出来ていま・・・。
ん?



にほんブログ村

 

2019年7月13日 (土)

帰国の日

帰国前夜に、イサーン料理を食べてしまった、おいら。
心配は腹の具合。

7月10日
帰国便は、JAL032便。
スワンナプーム9時45発の羽田行です。

空港までは、友人に車で送ってもらいます。

朝5時起床、5時半にはコンドーを離れます。
ちょと早めですが、渋滞を避けるためです。

Img_20190710_0549291

おかげで渋滞には嵌まらず、空港に到着したのは6時30分。
チェックインを済ませスーツケースを預けたら、朝食を。

朝食は、一人の時はフードコートで済ませてしまいますが、友人と一緒なのでスターバックスへ。
これはいつものことです。

Img_20190710_0642512 

これだけで、440バーツ。
昨日の晩飯(イサーン料理)、あれだけ食べて420バーツなのにね。
スターバックス、やっぱり高いね~。

そうそう、心配だったお腹の状態ですが・・・。

心配無用でした。
てか、逆に便秘気味です。

出すぎも困るけど、出ないのも辛い。(笑)
う~ん、どうなってんだ?おいらの腹具合。

ゆっくり朝飯を食べて、ここで友人とはお別れ。

「いろいろ、ありがとね~」

ガラガラの保安検査を抜けて、イミグレへ。
ここもスムーズに抜け、制限エリアへ。
あっと言う間に、出国です。

そういえば、イミグレに指紋認証の機械が設置されていました。

入国時には、まだ無かったよな?
この2ヶ月で設置されたんでしょうね。
次回は、入国時も指紋チェックがあるのかな?

おいらは指紋を取られたところで、問題なしですが。
セキュリティが厳しくなることは、良いこと。

そう思いましょう。



出発まで、あと2時間。
まだ時間はたっぷりとあります。

ラウンジでのんびりしたいところですが、おいらはラウンジに入れるチケットもカードも持っていません。
ソファに座って時間まで待ちましょう。

そういえば・・・。

いつもソファが置いてあった場所に、ソファがありません。
撤去されたのでしょうか?

ここね↓
Img_20190710_0841471

ただのイスじゃなくて、ゆったり出来るソファがあったんですよね。
結構重宝してただけに、残念です。

でも、2時間なんてあっという間。
ちょっとパソコン弄って、土産売り場を冷やかして・・・。
搭乗時刻となりました。

この飛行機で、日本に帰ります。↓
Img_20190710_0917041

ここで、気になるのは、座席。

座席は、事前に指定しています。
出来れば、隣が空席なら最高ですよね。

ネットで座席指定出来るんですが、何度も変更できるんです。
なので、数日前から毎日のようにサイトをチェックです。

隣席が埋まったら、おいらは隣が空いている席を再指定。
今回は、3回ほど席を変えました。
快適な座席を確保するためには、その労力は惜しみません。

そして、最終的にチェックインした時点では、隣は空席のまま。
この時点で隣席が空席の確率は80%くらいでしょうか。
ギリギリに埋まることもあるからね。
あとは運を天に任せるしかありません。

で、今回ですが・・・。

やりました!

隣は空席です。
しかも窓から2席を独り占めです。

景色も堪能できるし、足元ゆったりだし、あぐらもかけるし、もう最高!

見えるのは羽ばかりですが。(汗)↓
Img_20190710_1005441

あとは大好きな映画を観ていれば、勝手に日本に運んでくれます。

さよなら、タイランド!



機内食↓
Img_20190710_1105541

しょぼいけど、こんなもんでしょう。
機内食、昔と比べたら格段に旨くなってます。

映画は・・・。

あまり面白そうなのがありません。

なんとなく選んだのが、これ↓
Img_20190710_1159011

「僕たちのラストステージ」
いや~、良かったよ。
途中ホロっとしてしまったしね。

もう1作↓
Img_20190710_1335101

「家へかえろう」
まったく知らない映画です。
題名とあらすじだけで選んでしまいました。

おいら、ヨーロッパの映画ってみないんですよね。
言語が英語じゃないと、どうも違和感があるんです。
でも、この映画はスペイン語?
見始めてすぐは、失敗だったかも? と、思いながら観ていました。

でも、だんだんと・・・。
題名からすると、軽い感じに思えますよね。
これが違って、かなり重~い映画でした。

そして最後のシーン。
これが感動的でした。

絶対に映画館では観ない映画ですね。
機内映画ならではです。



機内食、機内映画を満喫したら、羽田空港に到着間近。
6時間程度のフライトなんて、あっと言う間でした。

腰も痛くならなかったし、お腹も快調でしたしね。
ただ、どういうわけかオシッコが近くて、4回もトイレに行ってしまいましたがね。
これだから、通路側席以外は無理です。
今回のように、通路側席を選択しておいて、窓側席が空席になるのが理想です。

羽田空港で・・・。

最後のミッションを忘れないように。
それは、免税店でタバコを買うこと。

友人、ヘビースモーカーなもんで、今回は免税タバコを頼まれました。
以前は、スワンナプーム空港で買っていってあげたんですが、そうもあのパッケージが気に入らないらしいです。

まあ、気持ち悪いですもんね。

羽田空港の荷物受け取りエリアに、帰国用の免税店があるというのを聞いたので、そこで買うことに。
でも、免税店、有ったかな~?

すぐに見つけました。
端っこに、ひっそりと有りました。↓
Img_20190710_1755291

頼まれたのは、メビウス8m。
ワンカートン、3100円でした。

おいらが、タバコを吸ってた時は、1箱300円。
今いくらなの?

ググったら、1箱480円だした。

だいぶ高くなったのね~。
止められて良かったです。

忘れすにタバコも買ったし、メデタシめでたし。
無事に家路についたのでした。


これにて2ヶ月に及んだ今回のバンコク暮らしのすべてが終了。

しばらくは日本の夏を楽しみます。


にほんブログ村

 

2019年7月11日 (木)

定期帰国の前日に・・・。

昨日、日本に戻ってきましたが、今日は帰国日前日のバンコクでの話をしましょう。

一昨日は、特に外出の予定も無く掃除洗濯を早々と終わらせ、のんびりと過ごしてたんですが・・・。

実は、ずっと気になっていたことがありまして。
おいらのパソコンのキーボードの文字が見えにくい状態なのです。
タイ文字が入力しやすいように、オリジナルのキーボードにシールを貼ってるんですが、その文字が一部消えかかっているんですね。

こんな状態です↓
Img_20190711_1019301

N、M、K、I、O この辺りはほとんど見えませんね。(汗)
アルファベットは、見えなくてもあまり差支え無いんですが、タイ文字の方は見えないとちょっと不便かな。

だから、いつかまたシールを買いに行かないと。
ずっと思っていたんですが、まぁ使えないこともないので、ほったらかしにしてたんですよね。

でも、帰国前日になって、急に思い出したように気になり始めましてね。

なんとかしないと・・・。
シールをまた買いに行くしかないか!

以前、このシールを買ったのはパンティッププラザ。
何かの情報で「パンティッププラザ閉鎖」って聞いてたので、行って売ってなかったらショックだし。

どうしよう?
帰国前日なだけに、ちょっと逡巡。

文字が見えなくても、大きな問題は無い。
でも気になる。

MBKなら売ってるかな?
ってことで、急遽MBKまでお出かけしてきました。

Img_20190628_1435182


4階に売ってるかな?
でも、スマホ関係の店ばかりで、中々見つけられません。

売ってないのかなぁ?

ぐるっと一回りして、見つけました。
やっぱり何でも売ってるね、MBK。

そして、購入したのが、これ↓
Img_20190628_1420091

今のと同じだよね、これ。
でも、値段を聞いてビックリ。

200バーツだって↓
Img_20190628_1420191_20190711111001

そりゃないよね。
パンティッププラザで買った時の値段は、確か60バーツくらいだったような。

あまりにぼったくって無い?
ショップのおばちゃんに、思わず「高い!」って言っちゃいました。(笑)

普段だったら買わずに帰るところなんだけど、折角買いに来て、他の店を探すのも面倒だし。
結局、140バーツまで下げさせてお買い上げです。

まあ、しょうがないよね。
バンコクに2ヶ月も滞在しておきながら、今まで探さなかったわけだからね。

ちょっと反省。



無事にシールを手に入れたので、これでホントにバンコク滞在中にやることすべて終了。
あとは友人とのバンコク滞在最後の晩餐を残すのみです。

晩飯、何食べよう・・・。

帰国日前日の晩飯は、基本辛い物は避けるようにしています。
お腹を壊したら、大変なことになるからね。

もしシートベルト着用中にもよおしてきたら・・・。
考えただけで恐ろしい。(笑)

な、はずなのに。

行った先は、ここ↓
Img_20190706_1921501

ローカルなイサーン料理屋!(汗)
おいおい、帰国前日にイサーン料理は無いよね。

おいらもそう思います。
でも、欲求に負けてしまいました。

最後は、これが食べたかった↓
Img_20190706_1848402

チムチュム
もちろん、チムチュムだけで終わるはずも無く。

コームーヤーン↓
Img_20190706_1835391

これなら、辛くないし大丈夫だよね。

でも・・・。

やっぱりソムタムは、外せません。
Img_20190706_1829461

一応、辛さ控えめで頼みましたよ。
イサーン料理って言っても、辛くしないことも出来るのです。
でも、辛くないソムタムは、やっぱり美味しくない。(笑)

おいらが頼んだのは、ここまで。
これなら、お腹も大丈夫でしょう。

しか~し、友人が・・・。

こんなのをオーダー↓
Img_20190706_1835341

インゲン?のソムタム。
しかも唐辛子もたっぷりと。

折角、おいらが辛い物を少なめにしたのにね。
友人、おいらの気持ちなんてこれっぽっちも考えていなくて。(笑)

でも、目の前に出された日にはね~。
手を出さないわけには行きません。
意思の弱いおいらなのです。

そして一口。

辛~い!
でも、旨~い!

もうどうにでもなれ!でしょうか。(笑)

こんだけの物を二人で、しっかり完食です。↓
Img_20190706_1835101

これで、全部で420バーツ。

やっぱり安い。
しかも、旨い。

こんな旨いものがしばらく食べられ無くなるなんて・・・。
それが一番、残念だわ。

帰国前夜の晩餐に、イサーン料理なんて食べてしまって。
おいらのお腹の具合は、果たして大丈夫だったのでしょうか?

つづきは、また次回に。


にほんブログ村

 

2019年7月 9日 (火)

両替とお土産の購入

明日、約2ヶ月のバンコク暮らしを終えて日本に帰国します。

その前に、両替をしておかないと・・・。

帰国前に、両替?
日本円に?

いえ、タイバーツにです。
バンコクを留守にしている間も家賃が発生するので、その支払いのためです。

今滞在中、ずっと両替レートを気にしていたんですが、結局 0.3 以上になることはありませんでした。
(両替レート 0.3 は、1万円が3000バーツです。)
0.3 になったら、持ち合わせの円はすべてバーツに両替するつもりでいたんですが、中々うまくいきませんね。

ここ1年で、おいらが両替したレートは・・・。

2018年  1月 0.287
2018年  2月 0.2915
2018年  5月 0.288
2018年  6月 0.3
2018年11月 0.2895
2019年  2月 0.284
2019年  5月 0.287

両替レートが、0.3以上になったのは、昨年6月の1回きりです。
あとは 0.29前後で推移。

厳しいですね~。

日本は円安誘導、タイはバーツ高誘導。
思惑が合致してるんだから、レートが良くなるわけ無いですよね。
今後もしばらくは期待薄かな?

参院選で自民党が大敗すれば円高もあるかもですが、他の政党では日本は任せられません!
いくら両替レートが良くなったとしてもね。

民主党政権のあの愚政、死ぬまで忘れませんから。



ってことで、昨日は両替のために、チョンノンシにあるスーパーリッチへ。

Img_20190708_1422191

昨日の両替レートは、0.284。
ここ1年では、今年の2月と同じ最低レートでした。
20万円を両替して、56800バーツ。(涙)

とりあえず、2ヶ月分の家賃等40000バーツを、オーナーである友人へ。
おいらの手元には、16800バーツだけ。(悲)

仕方ないですね。
気を取り直して、手元に残ったバーツでお土産でも買いにいきましょう。

何にしようかな?
喜ばれるものが思い浮かばない。

とりあえず、スーパーで物色しましょう。

最終的に決めたのが、これ↓
Img_20190709_0901501

バナナチップスとえびせん。
たった、これだけ。(汗)

バナナチップスは、タマリンドジャムが挟まっているやつで、これが意外と人気なのです。
これでいいや!
あっさり決めました。

えびせんは、自分と兄へ。
煎餅好きな兄弟なもんでね。

バナナチップスは、1個130バーツ×4で、520バーツ。
えびせんは、1個45バーツ×2で、90バーツ。

〆てお土産代は、610バーツ。

安くすませました。
なにせ、両替レートが悪いもんでね。(笑)

あとは、タバコ好きな友人のために、空港で免税タバコを買えばすべて終了です。
余ったタイバーツは、次回のバンコク暮らしの生活費に回しましょう。

これで、あとは帰るだけ。

じゃなかった!
掃除に洗濯・・・飛ぶ鳥あとを濁さずです。


にほんブログ村

 

2019年7月 7日 (日)

ワットパクナム、建造中の巨大仏陀とおみくじと

腰の状態もだいぶ良くなってきたので、ここ数日、外出の機会を伺ってました。
ここのところ曇りか雨の日が多くてね。

ずぶ濡れは、勘弁です。

そして、昨日。
朝起きたら陽ざしがあったので、外出のチャンス到来です。

外出してどこに行きたかったのか?

もうおわかりですね。
表題に書いちゃってますからね。

そう、ワットパクナムに行きたかったのです。

例のインスタ映えする天井画を見に行くためではありません。
建設中の巨大仏陀の進捗具合を確認するためです。

関連の過去記事
「ワットパクナムの新たな観光スポットか?」
「ワットパクナムの巨大大仏、絶賛建造中!」
「ワットパクナム、巨大仏陀の今」

建設状況をずっと追っかけてるので、定期帰国前には見ておかないとね。
なにせ出来上がりよりも製造過程を見るのが好きなもんで。



ってことで、昨日は天気も上々、いざワットパクナムへ。

ワットパクナムまでの、おいらの行き方は、BRTバスで終点ラーチャプルックまで行って、そこからは歩きます。
歩くと速足で20分、ゆっくり歩くと30分くらいかかります。
ちょっと遠いですね。

おいらは、周辺散策も兼ねてのことなので、そのくらいの距離なら全く問題なしです。

でも・・・。

昨日は向っている途中、なんだか雲行きが怪しくなってきました。↓
Img_20190706_1100541

やばいな!
朝はあんなに晴れてたのに・・・。

寄り道せずに、ちょっと急ぎましょう。

まずは、川を挟んで反対にある寺院、ワットクンチャイから建設状態を眺めます。↓
Img_20190706_1117401

頭の部分まで、足場が組まれて、かなりゴツくなったきましたね。
足場で余計に大きく見えます。

そして、ワットパクナムの入り口付近から↓
Img_20190706_1121531

もう仏陀か何だかわからないですね。(笑)
横からだと、ビルを建築しているように見えます。

後ろからは↓
Img_20190706_1206301

前からは↓
Img_20190706_1124141

すっかり足場で隠れてしまい、巨大仏陀というよりも巨大ロボットの様相です。(笑)

現場に置かれている資材は↓
Img_20190706_1124471
頭の螺髪部分でしょうか?
かなりの数、しかも一つ一つが巨大です。
これを取り付けるだけでも、大変な作業になりそうです。

残すは頭の部分ですから、完成もそろそろ見えてきた感じでしょうか。

ここまで写真に収めたところで・・・。

予想的中!
ポツリポツリと雨が、そして次第に大雨になってしまいました。

傘も持ってきてないし、とりあえず屋根のあるところに避難です。

♪雨が降り止むまでは帰れない♪ ← 有名な歌の一節です? わかるかなぁ?(笑)

でも、この雨がおいらに二つの幸運をもたらしてくれたのです。



いつもは、写真に収めたらそれで終了。
寺院内をじっくりと回ることはありませんでした。

だけど、しょうがないよね。
自然現象にはかないません。

雨が止むまで、寺院内を散策です。
(屋根のあるところだけね。)

Img_20190706_1129202

Img_20190706_1133381

Img_20190706_1151151

あんなとこ、こんなとこを、適当にぶらついていたら・・・。


幸運なこと、その1

偶然にも壁に掛けられていた、巨大仏陀の完成予想画を見つけたのです。

それが、これ↓
Img_20190706_1159241

後ろに描かれている仏塔が、例のインスタ映えスポットが収まっている仏塔ですね。
その手前の仏陀が、現在建造中の巨大仏陀の完成予想画です。

端正な御顔で、安心しました。
タイの仏陀、奇妙な変顔の仏陀が多いですからね。

そして、説明も書いてあります。

ふむふむ。
(って、本当はよくわかってません。汗)

なんとなくわかったのは、仏陀の大きさ。
幅40m、高さ69mみたいです。
以前、目測で50mくらいかな?って、想像したんですけどね。
それよりもかなり大きいようです。

奈良の大仏が、約16mなので、その約4倍。
比べると、そのデカさがわかると思います。

そして、工事期間でしょうか?
仏歴で2560年~2561年って書いてあります。

えっ!
今年は、2562年のはず。
この辺のところは、タイらしいですね。(笑)
かなり遅延です。

雨のおかげで、巨大仏陀のことを少し理解できました。



幸運なこと、その2

1時間くらい寺院内をぶらついたんですが、雨は中々降り止みません。
少し疲れたので、イスに座って参拝の人たちの様子を眺めていました。↓

Img_20190706_1140362

みんな真剣に、祈りを捧げています。

そして・・・。

上の写真の女性、手に何か持っていますよね。
なんだろう?

筒状のものを何度かシャカシャカすると、1本だけ棒が飛び出してきました。
どうやら、「おみくじ」のようです。

面白そうなので、おいらもやってみました。

これが、おみくじね↓

Img_20190706_1140272

みようみまねで、シャカシャカと。
中々、棒が飛び出してくれませんが。(汗)

何度か試して、飛び出した棒に書かれたナンバーは・・・。

1番

これだけでラッキーな予感。
なんてたって1番ですからね。

この棚から、自分の引いた番号の紙を勝手にいただきます。

Img_20190706_1140521

1番のおみくじ↓
Img_20190706_1141381

タイ語と英語と中国語で、なにやら書かれています。
詳細は、家に帰ってゆっくり読むとして・・・。
辞書がないと読めません。(笑)

まず、目に入ったのが、中国語。
左端に書かれている文字。

萬事吉

これは「何事にもすべて良い!」って、意味だよね。
中国語がわからなくても、これはわかる。(笑)

次に目に入ったのが、英語の一文。

それは・・・。

you will be taken care by your friends.

直訳すると:
「あなたは、あなたの友人に世話を受けるでしょう。」ですよね。

今すでに、友人の世話をたっぷり受けている身です。
バンコク暮らしを安心して出来ているのも、すべて友人のおかげ。

おみくじは、すべてお見通しだったわけです。

おいら、なんて幸せなやつなんだ!
なんかうれしくなってしまいました。

だから、タンブンは100バーツ。
(見てたら、20バーツを入れている人が多かったような。)
おいら、太っ腹ですから。
(体形がね。汗)

なんだかんだ、そんなことしてたら、雨も小降りに。
そろそろ帰りましょうか。

まだ少し雨が降っていたので、BRTラーチャプルック駅まではソンテウで↓
Img_20190706_1222111

なんかホッコリした気分で家路についたのでした。

これで、今回のバンコク暮らしでやりたかったことは、ほぼ終了。
3日後に、日本に帰ります。

次のワットパクナム訪問は、1か月先か?2ヶ月先か?

次回バンコク暮らしの日程は、まだ決めていませんが、必ず帰ってくるからね。
どこまで巨大仏陀の工事が進んでいるのか?
それを見るのが楽しみです。

それと、おみくじもね。


にほんブログ村

 

2019年7月 5日 (金)

昼飯の私的ランキング(フードコート編)

ショッピングモールなどにあるフードコート。
一人で気軽に食事が出来るので昼飯によく利用します。

涼しい環境で食べられるし、何より安いのがいい。
味の方は、どこもそれなりだけど、おいらは、別にグルメじゃないし、不味くさえなければそれでいいです。

おいらが良く出没するフードコートは・・・。

エンパイアプレイス(最寄:サトーン駅)
セントラルプラザラマ3(最寄:タノンチャン駅)
テスコロータス(最寄:ナララーム3駅)
SVシティビル(最寄:ワットダーン駅)
ツリーオンスリー(最寄:チャルンラート駅)
ザモールタープラ(最寄:ラーチャプルック駅)

こんなところでしょうか。
最寄はすべてBRTバスの駅です。

週に3~4回は、どこかしらのフードコートで食べていると思います。
散歩がてらに立ち寄れるのでね。



それでは、表題の「昼飯ランキング」を紹介しましょう。
私的ベスト5です。

ランキングは、どれが美味しいかではなく、何を一番多く食べたか・・・です。
ここ1年の手元に残っている写真を数えただけですけどね。
それに撮り忘れもあるので、若干いい加減かもです。


それでは、発表です。

第5位 カオカームー
Img_20190507_1403551_20190705103901

トロトロに煮込んだ豚足が旨いですよね。
食べる頻度はそんな多く無いんだけど、時たま無性に食べたくなります。


第4位 カオガパオ
Img_20190506_1356351

写真は、カオガパオガイです。
ガパオはムーサップ(豚挽肉)かガイ(鶏肉)を、交互に食べている感じでしょうか。
カイダーオ(目玉焼き)は、マストですね。


第3位 カオマンガイ
Img_20190617_1336251

もっと上位にくるかなって思っていたんですが、意外でした。
しょっちゅう食べてる印象なんですけどね。
カオマンガイは専門店で食べることも多いので、そのせいかな?
あくまで今回のランクは、フードコート限定です。


第2位 クイッティアオ
Img_20190620_1429371

写真は、真っ赤なスープのイェンターフォーですね。
麺はセンレック(中細米麺)で食べることが一番多いかな。
スープは、その日の気分でとっかえひっかえです。
フードコートでの出店数が多く、具材やスープも店舗ごとに特色があるので、なんだかんだ食べる頻度が多いです。
特に食欲があまりない時に、つるつるっとね。


第1位 総菜ぶっかけ飯(ガパオは除く)
Img_20190525_1414021

ダントツの1位でした。
作り置きしてある総菜の中から、何種類か選んで、直接ご飯にかけてもらうやつですね。
おかずの種類が多いのと、野菜もたくさん摂れるので、栄養のバランスもいいんじゃないかと思ってね。
総菜が温かくない(作りたてじゃないので)のが玉に瑕ですが、いつも美味しくいただいています。



いかがでしたか?
フードコートなので、みんな同じようなものを食べているんじゃないでしょうか?

こんなのが、50バーツ(約170円)くらいで食べられるんだから、フードコート通いは止められませんね。(笑)

でも、ちょっと意外だったのは、ソムタムが入っていなかったことです。
タイで一番食べている料理は、間違いなくソムタムなんですけどね。

ソムタムは、昼飯向きじゃないってことで。(笑)


ところで、ランキング外になってしまいましたが、最近嵌まっている料理があります。

それは・・・ラートナー!

ラートナーと言えば、思い浮かぶのは、こんなやつでしょうか。↓
Img_20190129_1345471

これは揚げた麺に、餡をかけたやつですね。
他にもセンヤイ(米粉の太麺)で食べるのも旨いですよね。

ただ、おいらが最近嵌まってるのは・・・。

これなんです。↓
Img_20190518_1341381

超細麺を揚げたやつです。
センミーを揚げたのかな?

ふわふわサクサクで、スナック菓子を食べているような食感です。
これに、餡をかけると麺がシナ~となって旨いのです。

今回のバンコク滞在だけに限っていえば、間違いなく上位にランクです。
来年のランキングでは上位を脅かす存在になるかもです。

飽きなければですが。(汗)

それにしても、タイ料理ってなんでこんなに旨いんだろう?
それに、食べたこと無い料理もまだたくさんありそうなので、それを見つけるのもバンコク暮らしの楽しみです。


にほんブログ村

 

2019年7月 3日 (水)

定期帰国まで残り1週間

今年2回目のバンコク暮らしも、残り1週間となりました。

毎度のことながら、時の経つのは早いもんです。
こんなに早いと、どんどん歳をとってしまいます。

今回のバンコク暮らしは・・・。

お腹を壊して
バレーボール三昧の日々を過ごし
腰痛を発症

まぁ、印象的なのはこんなところでしょうか。

おかげで、バンコク歩き(散歩)の頻度が極端に減ってしまいました。
何のためにバンコクで暮らしているんだかっ!ですかね。

ただ・・・。

おいら、日本にいようが、バンコクにいようが、基本的な暮らし方は変わらないです。
バンコクだからって、特別に何かをするわけでもありません。

腹が減れば飯を喰って、眠くなれば寝るだけです。

それじゃ、バンコクに暮らす意味ないんじゃないの?
二拠点暮らしなんて、もったいないじゃん!

そんな声が聞こえてきそうですが・・・。

確かに損得で考えたら、二拠点暮らしはもったいないです。
でも、損得だけで考えてはいけません。

いかに快適な暮しが出来るか、それが重要なのです。
「自分に合った快適な暮し方を探したらこうなった。」って、とこでしょうか。

だって、会社をリタイアしてまでバンコク暮らしをを実現させたんだからね。
あとは、そんな暮らし方を少しでも長く維持させるだけです。

いくら「バンコクが好き!」って言っても、1ヵ所に居続けると飽きるのも早いと思うんですよね。

日本に長くいると、バンコクに行きたくなる。
バンコクに長くいると、日本に帰りたくなる。

そんな心理状態をうまいこと利用したのが、今の二拠点暮らしなのです。
約2ヶ月ごとに拠点を変える。
そのくらいの期間が、ちょうどいい塩梅なのです。

それと、一番の安心感は・・・。

「帰る場所がある」ってこと。
嫌になったら、いつでも逃げられる場所、それが日本の拠点なのです。



バンコク暮らしで気に入っていること・・・。

やっぱり大好きなタイ料理がたらふく食べられることでしょうかね。
しかも安いのがいい。
Img_20190512_1901021 

Img_20190602_1852541

タイ料理って、なんでこんなに旨いんだろう。
毎日がタイ料理でも大丈夫です。


それと、バルコニーからボケ~っとチャオプラヤ川を眺めるのが好き。
Img_20190621_1834241

Img_20190622_1858091

時間や天候によって、いろいろな表情を見せてくれます。
「バンコクで暮らしているんだ!」
それを実感させてくれる毎日です。


他には・・・。

やっぱり、人が好き。
会社員時代は人間関係で苦労したけど、ここバンコクでのおいらの周りの人たちは、みんな親切で優しいです。
だから居心地がいいんでしょうね。


それと・・・。

あっ、そうそう。
ソンテウに乗って、どこかに行ってしまった、ワンコ。

その時の記事は、ここ。

あのワンコがね。
無事に帰ってきてたんですよ。

こいつね↓
Img_20190618_1451011 

殺されちゃったかと思ったよ。

やっぱり賢いワンコだわ。
このワンコも大好きです。

おいらが、次来るまで元気でいろよ!

”お前もな!”
そんな目で見つめられましたが。(笑)


あと1週間。
腰痛もだいぶ良くなってきたことだし、相変わらずですが、タイ料理と街歩きを楽しみます。

でも、あとどのくらい、こんな暮らしを続けられるんだろう?
体力は確実に衰えているし、首と腰に爆弾を抱えているし・・・。

考えてもしょうがないことを、つい考えてしまいます。

とにかく、悔いの残らないように・・・。
それには、やりたいことをやれてる今を、目いっぱい楽しむしかないですね。

 


にほんブログ村

 

2019年7月 1日 (月)

あれ?こんなはずじゃ・・・!

今日で腰痛を発症して10日目。

まだ完全に治ったわけではありませんが、痛みはだいぶ緩和されてきました。
それでも、「1週間くらいで治るかな?」って思っていたんですが、若干長引いている感じでしょうか。

もう少しの辛抱?



昨日は、腰痛が発症して以来、初めてコルセットを外して外出してみました。
コルセットに頼りきってしまうのも良く無いらしいんでね。

行き先は、近所の公園。
近所って言っても、徒歩で20分ほどかかりますが、そのくらいは歩かないと。
今後の試金石でもありますから。(ちょっと大袈裟 笑)

それと公園に行こうと決めた理由は・・・。

タイの公園にある遊具で、腰を伸ばしてみようかと。
「ぶら下がり健康法」ってやつです。

久しぶりの公園↓
Img_20190630_1426351

Img_20190630_1428531

緑が目に優しいです。

それとこの公園は、チャオプラヤ川沿いにあるので、川風が心地いいのです。
Img_20190630_1431081

歩けるって、いいね。
実感です。

しばしのんびりしたあと、お目当ての遊具がある場所へ。

お目当ての遊具、雲梯↓
Img_20190630_1417571

子供のころ、よく遊んだなぁ。
猿のようにぶら下がって、一段飛ばしなんてのもやってたっけ。
今でも出来るかな?



早速、雲梯の鉄棒に掴まって、腰を伸ばしてみましょうか。
とりあえず、ジャンプしないでも届く一番低い鉄棒に掴まって、足を地面から離したところで・・・。

ここで、思いもよらぬショックな出来事が!

えっ?

えっ?

自分でも信じられないことが。

な、なんと、10秒くらいしか鉄棒に掴まっていられないのです。
たった10秒ですよ。

自分の体重(73キロ)を支えられない。
これは大ショックです。

鉄棒にぶら下がるって、誰でもできることですよね。
ついこの前?は、懸垂だって出来たはず!
今じゃ、懸垂どころか、ただぶら下がっていることすら出来ないなんて・・・。

何度挑戦しても、10秒が限界。

どうしちゃったんだろう?
まったく想像もしていなかった出来事に、もう茫然自失

腰の痛みよりショックかもです。

腰痛や首痛は、いまやもう慢性的。
それに加えて筋力の衰えまでも、発覚。

老化って、一気に来るもんなの?
自分ではまだ若いつもりでいたけれど、これが現実なのか?

せめて1分は・・・。
また挑戦してきますが、老化も受け入れないとね。

ここのところ、ちょっと弱気です。


にほんブログ村

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック