« ブーゲンビリア、今年も咲いたかな? | トップページ | ロットファイ公園のブーゲンビリアと蝶の庭 »

2019年3月 5日 (火)

ニセ坊主に御用心!

先日、シーロム通りのサラデーン駅近くを歩いていた時のこと。
すれ違いざま、中年のお坊さんに声をかけられました。

何事?

とりあえず、話を聞いてみましたが・・・。

ん?

かろうじて聞き取れたのが、ソンローイ(200)という単語だけ。
情けねぇ。

「アライナ プートチャーチャー」(何?ゆっくり話して)
拙いタイ語で聞き返したものの、結局わからずじまい。
さらに情けねぇ。

ヒヤリング力、強化したつもりだったんだけどねぇ。
まだまだのようです。

まぁ、わからないものはわからないんだから仕方ない。
申し訳ないけど、ここは、お引き取り願いましょう。

そんな時は・・・。

「コートーナカップ パーサータイ マイカオチャイ」(ごめんなさい タイ語わかりません)
これで大丈夫です。
外国人がタイで暮らすための必殺の言葉です。(笑)

普通は、これで立ち去ってくれるはずなんですが・・・。
今回出会ったお坊さん、諦めが悪いようで、なんだかんだ話が終わりません。

そして、坊さんが発っした言葉・・・。

「マニーマニー」

何何?

頭が混乱していてすぐには理解できませんでしたが、手のひらを差し出されてようやく気がつきました。



Money_nise_souryo1_2

そう

「カネくれ!!!」 

だったようです。


いくらお坊さんだからって、いきなり通りすがりの人に、それはないでしょっ。
しかも、「200バーツくれ!」ですからね。

タンブンの強制かよ!
ずうずうしいにもほどがある。

ふざんけんな!
そう言いたいところですが、お坊さんと喧嘩をするわけにもいかないので。

ここは冷静に・・・。

「マイミーグン」(金は無い!)と一言。
(この言葉も、良く使います。笑)

そうしたら、ようやく不貞腐れた顔で立ち去ってくれました。
それにしても、まさかお坊さんに金をせびられるなんてねぇ。
ちょっと驚きです。

でも、よくよく思い返してみたら・・・。

ニセ坊主だったかも?
だって、着ていた橙色の袈裟が、薄汚れていたからね。

坊さんの恰好で話かけたら、カネを巻き上げやすい?
しかも外国人なら、なおさらのこと?

そう考える悪いやつら、結構いそうな気がする。


でも、もしかして本物のお坊さん?
いや、ニセ坊主であってくれ!

これは、切なる願いです。

とりあえず・・・。
突然に話しかけてくるニセ坊主には御用心!
ってことで。


そう言えば思い出した。

初めてのバンコク旅行で、スリに遭遇(未遂)したのが、シーロムコンプレックス。
何年か前に、お札見せて詐欺に遭遇(未遂)したのが、ルンピニ公園。
そして今回の、ニセ坊主詐欺?に遭遇(未遂)は、シーロム通り。

すべて未遂で難を逃れていますが、シーロム周辺、ちょっと危ないです。
くれぐれも気を付けて。

 

スポンサーリンク

« ブーゲンビリア、今年も咲いたかな? | トップページ | ロットファイ公園のブーゲンビリアと蝶の庭 »

バンコク暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
私もたぶんニセ坊主だと思います。
5年くらい前にも、早朝のスクムビット通りにニセ坊主が出現してタンブンを受けているというタイのニュースを見た記憶があります。
罰当たりなことをする輩がまだいるのですね!

>セントレアさん
こんばんは。
やっぱりニセ坊主だと思いますよねぇ。
もし本物のお坊さんだったら幻滅です。
律儀に道端で物乞いしている人を、見習って欲しいです。

こんにちは。
タイのお坊さんは托鉢が修行の一つですので
路上で人に声をかけることは通常ないと思います。
何年か前、にせ坊主による托鉢の記事を見たことが
ありましたがタンブンする内容は受け側の気持ち次第に
なります。
路上でタイ人から声をかけられたら、マイアウと言って
無視するようにしています。
でも、若い女の子に声をかけられたら話聞いちゃうかも・・・。
25年位前頃(駐在開始時)はスリウォンのタニヤ周辺に
金くれとまつわりつく汚い服装のガキどもがいました。
ポケットに手を入れて財布類をひったくられた被害もあり
外国人観光者からの苦情で、ガキどもは一掃
となりました。 

>kou63さん
こんにちは。
タイ人に声をかけると、ニセ坊主がばれてしまうので、あえて外国人をターゲットにしているんでしょうね。
とんでもないやつです。
でも、お寺に行くとちゃらい感じのお坊さんもたくさんいるように見えるので、意外と「いい加減かも」って、思ったりもしています。
25年前ですかぁ、私は十数年前のバンコクしか知らないので、その頃と比べると今のバンコクは隔世の感なんでしょうね。
十数年でも「随分と変わったなぁ」って、思いますので。
そうそう、以前コメントいただいた例の「さそりの標本」の値段、MBKで聞いてきました。
言い値390バーツ、「高い!」って一蹴して立ち去ったら、背後で日本語で叫んで片言の日本語で200バーツって叫んでました。(笑)
なので200バーツにはなりそうです。
もっと下がるかも?(笑)

1,2年前に東京でも中国人の偽僧侶事件が問題になりましたね。
確か上野辺りで訪日外国人が狙われていた様です。
タイでも出没しているんですね?どこの国の人だかか解りませんが。
私も以前にルンピニ公園で怪しいものが近寄って来た事が有りました。
相手にしないのが一番ですね。

>ユーサンさん
偽僧侶事件、そんなこともありましたね。
先般の坊さん?は、薄汚れた袈裟を除いては完全にタイ人の坊さんに見えました。
だけどもしタイ人なら、「坊さんのなりすまし」と「カネをせびる行為」で、2重の罰を受けるのを恐れるんじゃないかと思うんですけどね~。
よくわからないです。
そんな輩に出会ったら相手にしないのが一番なんですが、最初は無視するわけにもいかないんで、つい話を聞いてしまいます。
でも、おカネの話が出たら、そこでさよならです。

こんにちは。
サソリの標本価格情報有難うございます。
150~160B位まで下がりそうですね。

こんにちは。
カオマンガイ屋
Mongkol Wattana Chicken Rice
の移転先情報をようやく見つけました。
1895/8 ซอย พหลโยธิน 37/1, Phahonyothin Rd, Lat Yao, Chatuchak, Bangkok 10900

下記のブログで紹介されていました。
以上、参考情報です。

http://tainobangohan.hatenablog.jp/entry/2018/12/24/131707

>kou63さん
こんにちは。
サソリの標本、どう見ても売れて無さそうなので、強気でいけばそのくらいにはなるかも知れませんね。
モンコンワッタナーの移転先情報、ありがとうございます。
実は、偶然にも一昨日にちょうどモンコンワッタナーの元有った場所に行ってたんですよ。
そこはすでにコンドミニアムを建設中でした。
このタイミングでのコメント、シンクロニシティな感じにちょっとビックリです。
それにしても、良くぞ見つけてくれました。
ちょっと遠いけど、機会をみつけて訪ねてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニセ坊主に御用心!:

« ブーゲンビリア、今年も咲いたかな? | トップページ | ロットファイ公園のブーゲンビリアと蝶の庭 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック