« タイ人の日本旅行(2) | トップページ | タイ人の日本旅行(3) »

2019年1月24日 (木)

リタイアメントビザ更新 2019

「タイ人の日本旅行」の記事はまだ続きますが、一旦中断して、バンコク暮らしのリアルタイムな情報を書きますね。

今回のバンコク滞在では、忘れちゃいけないことが有ります。

それは・・・


リタイアメントビザの更新!!

折角取得したリタイアメントビザ、失効させるわけには行きませんから。

リタイアメントビザの更新は、今回で3度目です。
だから手続きは、余裕綽々で・・・ってなわけも無く、いつも何か言われるんじゃないか、ビクビクしています。

特に今回は、少しばかりやましいことがありまして・・・。



リタイアメントビザの更新、おいらの語学能力では、一人で手続きするには荷が重すぎなので、今回も友人にサポートをお願いしました。
(安心してバンコクで暮らせるのは、間違いなく友人のおかげです。)

昨日、そのリタイアメントビザ更新手続きに行ってきました。

チェーンワッタナーのイミグレに到着したのは、朝の10時過ぎ。
朝一でイミグレに行かないと、1日がかりの拘束になるのは、過去で実践済み。
わかっちゃいるんですけどね~。
寝坊してしまいました。(汗)
丸1日の拘束、覚悟しておきましょう。

まずは、受付でキューナンバーをもらいます。
おいらの順番は、123番。
この時点での手続き中の番号は、50番台。
やはり相当な待ち時間になりそうです。

待ち時間に、必要書類を揃えます。
銀行で残高証明を取得、申請書に貼付する写真を撮って、パスポート等のコピーを済ませ、申請書(TM7)への記載。

すべての書類の準備出来たのが、11時。
この時点で、手続き中の番号を確認したら、まだ70番台。
おいらの順番は、まだまだ先のようです。


ところで、前述した「少しばかりやましいこと」ですが・・・。

昨年の5月にサパーンクワイから、ラマ3通り沿いに引っ越したのは、すでにブログに書いています。
本来ならば、住所が変わったら速やかに(24時間以内?)届出をする必要があります。
おいら、何もせずにほったらかしにしていました。

だから、今回のリタイアメントビザの更新時で、何らかのお咎めがあるんじゃないかと。
ちょっとばかり不安を感じていたのです。

不申告の罪でリタイアメントビザの発給停止!
なんてことになったら大事件ですが。
まあ、そこまでは無いとしても罰金はあるかも・・・と。

ところで、住所変更ってどうすればいいの?

初めてのことで、よくわかりません。
ググってみても定かじゃないので、これはイミグレで直接聞くしかないかな。
ってことで、ここは友人の出番です。(汗)

イミグレで友人に聞いてもらったら・・・。

なんと、貰ってきた用紙はTM30の申請書。
TM30とは、「外国人をタイ国内に滞在させる場合、そのオーナーが届ける書類」です。
バンコク以外の地域では、すでに浸透しており、当たり前の書類になっているようですが、バンコクでは、今まで要求されていませんでした。

いよいよバンコクもか!

おいらの場合は、友人所有のコンドミニアムに住んでいるので、TM30の手続きが必要ならばそれはそれで構いません。
でも、その手続きをしないで済むなら、それに越したこと無いからね。
面倒なことが、一つ増えるわけだからね。

でも、TM30の提出、本当に必要なのかな?
友人がどう聞いたのか?
イマイチ信じられないので、まだ半信半疑です。

とりあえず、リタイアメントビザ更新用の申請書(TM7)に、新住所を記入して、TM30のことは素知らぬふりで、更新手続きに臨んでみますか。
もしそこで、TM30のことを言われたら、それに従うことにしてね。


午後2時頃。
ようやく、おいらの順番が来ました。
担当官に必要書類を提出して、チェックを受けます。

何か言われるかな~?
少しドキドキ。

そうしたら・・・。

真っ新なA4の用紙を渡され、「ここに地図を書け!」って。
コンドミニアムの場所の地図ですね。

いきなり地図って、聞いてないよ~。

ですが、ここは黙って従いましょう。
またまた友人の出番です。

友人が書いた地図、思わず笑っちゃいました。
だって幼稚園児が書くような地図だったもんで。
でも、そんな地図でも大丈夫でした。

他には?
特に何を言われるでも無く、更新手続き料1900バーツを支払い無事終了。

新住所の賃貸借契約書も用意していましたが、それを見せることも無く、TM30のことも、住所変更手続きのことも、何も言われませんでした。

結局、TM30の件、一体何だったんだろう?
未だに疑問が残りますが、何のお咎めも無く済んだので、良しとしましょう。

助かりました。

正論には正論で答えてくれるんでしょうが、実態は、まだまだいい加減な所もあるみたいです。

バンコクのイミグレ、やっぱり忙しすぎるのかな?
だって、朝10時にキューカードを貰って、手続きが終了したのが、午後3時ですから。

待ち時間が長すぎです。



チェーンワッタナーの受付終了時間は、午後3時半です。
まだ間に合いそうだったので、リエントリーパーミットの手続きもしちゃいましょう。

リエントリーパーミットを取得しておかないと、一旦タイから出国したら、リタイアメントビザが失効してしまいますからね。

この手続きは難しくないです。

申請書(TM8)と写真、パスポートとTM6(出国カード)のコピーを準備しておけばいいだけです。
あっ、それと費用がマルチプルで3800バーツね。
シングルだと1000バーツです。
おいらの場合、4回は日本に行き来するので、もちろんマルチプルです。

ただ、ここも待ち時間が長すぎです。

午後3時過ぎにキューナンバーを貰って、すべての手続きが完了したのが、午後5時近く。
結局のところ、朝の出遅れが響きました。

昨年は、朝一でイミグレに入って、午前中にすべて終わりましたからね。
早起きは三文の徳ということで。
来年は、朝一で行けるかな。

とりあえず今年もイミグレでの手続きは無事完了。
また1年、バンコクで暮らすお墨付きを貰えました。

バンザイ!


 

スポンサーリンク

div>

« タイ人の日本旅行(2) | トップページ | タイ人の日本旅行(3) »

バンコク暮らし-ビザ関連-」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
無事、更新出来てよかったですね。
事務処理をもう少しテキパキやって頂けると
待ち時間も少なくて済むのですが・・・。

>kou63さん
こんにちは。
ビザ、更新出来て良かったです。
更新できない要素は何もないはずなのに、つい何か言われるんじゃないかと、担当官の前では緊張してしまいます。
今回は住所変更の件があったので特にですが。
いつもイミグレは1日がかりを覚悟です。
ホント、もう少しなんとかならないかなあ。

なにごとにも、短時間で処理を、という概念が無いのでしょうね。日本のような流れ作業が良いとは必ずしも思いませんが(笑)

>AE86さん
タイのイミグレ、どれだけの人が待っていようが、常にマイペースです。
「最初の頃は早く処理しろよ!」ってな感じで、イライラしたりしましたが、今は慣れました。(笑)

過去記事で申し訳けありませんがコメントさせていただきます。
TM30、「外国人をタイ国内に滞在させる場合、そのオーナーが届ける書類」ですが私はパタヤで
2018年6月に届け出をしました。
この時のタイ入国日は4月だったのですが90日レポート提出日に合わせて行きました。
この時点でタイ入国日から85日ほど過ぎてから行ったので内心ドキドキして罰金も覚悟でした。555
アパートのオーナーにリタイアメントビザ更新(7月に更新しました)と90日レポートに今度イミグレに行くと言ったら
「TM30」の用紙も同時に貰ったので私自身が「TM30」手続きした次第です。
何の事はなく手続き終了し、半券をパスポートにホチキスで留められました。
その半券にタイ語で手書きでアパート名が書かれています。
そこで質問しました。次回タイ入国のたびにイミグレにこの「TM30」手続きに来なくてはならないのか?と聞くと、
今後もう来なくて良い。とのことでした。
アパートを変更したら「TM30」手続きに来なさい。との事でした。

********************************
今年2019年3月4日にリタイアメントビザ更新に知り合いが行ったのですが、
80万バーツ銀行預金規定がさらに追加されました。
https://www.thaich.net/news/20190202ry.htm
【リタイアメントビザ更新日から3か月後まで80万バーツ銀行預金を引き出してはいけないという規定】
リタイアメントビザ更新日から3か月後(この人の場合6月4日)に銀行預金通帳を見せにイミグレに来なさい。との事でした。
5月末日に日本に帰国するので6月4日にタイに居ないと伝えたところ、
いつタイに入国するのかと聞かれたので8月20日にタイ入国すると伝えました。
ならば8月20日に銀行預金通帳を見せにイミグレに来なさい。との事でした。
こういう個人個人事情がありイミグレが対応していたらイミグレも大変でしょうからいつまで続くのか疑問がありますよね。

>サムライコボリさん
ビザの要件、いろいろ変わって厄介ですね。
しかも場所によっても対応が違うようだし、担当者によっても説明が違ったりして。
私が更新した1月は、バンコクでは相変わらずTM30の要求もありませんでしたからね。
まぁ、すでに取得済みなので、あとは失効しないように、イミグレに言われるまま対応するしかありませんけどね。
それにしても、80万バーツの維持に関して、「3ヶ月後に預金通帳を見せに来なさい」は、ちょっとひどい対応かと。
私の次回の更新は来年の1月までありませんから、少し様子見できますが、サムライコボリさんは、次回の訪タイ時に更新でしたよね。
どう変わったか、また教えてください。
とりあえず預金額は常に80万バーツは下回らないように気を付けておきます。
現在の状況を教えていただきありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リタイアメントビザ更新 2019:

« タイ人の日本旅行(2) | トップページ | タイ人の日本旅行(3) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック