« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の15件の記事

2018年10月30日 (火)

チンチョ―君とのバトル

サパーンクワイに住んでいた時は、ほとんど見かけることのなかったチンチョ―。
ラマ3の新居では、ほぼ毎日のように、バルコニーに遊びにきます。


サパーンクワイもラマ3も、ローカル度は似たようなもんだと思うんだけど、同じバンコク内でもエリアによって生息数はかなり違うようですね。

Img_20181026_1826411

Img_20181026_1738431

バルコニーに姿を現すのは、辺りが暗くなり始めた頃。
小さな虫を食べに来てくれます。


バルコニーに来る分には、一向に構わないんですが・・・。

たま~に、部屋の中で気配を感じるんですよ、チンチョ―君のね。
あれ?何か動いたかも。
そんな感じの気配。

で、気配する場所に近づくと・・・。
ほぼ間違いなくそこにいる。

スポンサーリンク

 



今朝も、キッチンで・・・。

何かササっと動いたような?
で、クッキングヒーターを動かしたら、下から出てきました、チンチョ―君が。

Img_20181030_0825221

(逃げるのが早すぎて、写真には写せませんでした)

窓を全開にして鬼ごっこの始まりです。
もちろん、おいらが鬼。
チンチョ―君からしたら恐怖でしょうね。


でも、チンチョ―君は、すばしっこい。
結局、冷蔵庫の下に逃げ込まれてしまいました。



ゴキブリだったら、殺虫剤でイチコロなんだけどね。
さすがにチンチョ―君にそれは出来ないよね。


なんとかして、外に出て行って欲しいんだけどな~。


だって、寝てる間に、口の中にでも入ってきたりしたら・・・。
うゎ~、考えただけでも気持ち悪い。

あとでもうひとバトルするか。



 

スポンサーリンク

2018年10月28日 (日)

ゆで卵では失敗ばかり

おいらの朝飯はトーストとコーヒー。
トーストは、ハムサンドにしたり、ツナサンドにしたり、玉子サンドにしたり・・・。
その日の気分で適当に。
いつも超簡単な朝食です。

とある日の玉子サンドの朝食↓


Img_20181028_0933111


どれも超簡単だけど、中では玉子サンドが一番面倒。
「ゆで卵」を作る作業に、一手間かかるからね。


ただ茹でるだけじゃん!
声が聞こえますよ。(笑)

なんだけど
、固さの調整がおいらには、意外と難しくて。
半熟にしたかったのに、固ゆでになってしまったり。
茹で時間をきっちり計らないといけないのが、面倒ってわけ。


でも、世の中便利になったもんで。
その面倒を解消してくれたのが、百均で買ったこの商品。↓

Img_20181028_0752571

卵と一緒にこれを沸騰したお湯の中に入れれば、半熟でも、固ゆででも、一目でわ卵の状態がわかる優れモノです。


それと、もう一つの問題は・・・。
殻が上手く剥けない問題。

殻が、「つるん」と剥けないのだ。
これには、いつも超絶イライラ。


殻に白身がひっついて・・・。

ゆで卵の殻を剥くって、こんなに大変なもんなの?
やっぱり作り方の問題なんでしょうね。


でも、そのイライラを解消する商品も、百均にありました。↓


Img_20181028_0753131

卵のお尻に、これを使って穴を開けて茹でると、殻が「つるん」と剥けるんだって。

でも、実際に使ってみると・・・。
これが、失敗の連続。(汗)

まず穴を開ける段階で、卵がぐしゃっとなって、何度、卵を無駄にしたことか。
それと、上手に穴を開けられても、やっぱりうまく剥けない。
どうなってんのこれ?
おいらの使い方が、ダメなの?


「卵の殻が上手く剥けない問題」は、ネットにもいろいろ出ているので、苦労している人も多いみたいですね。
冷やしたら良いとか、穴から息をを吹き込んだらいいとか・・・。

いろいろ試しましたが、結局、いまだに上手くいってません。

どうやったら、「つるん」って、気持ちよく殻を剥けるゆで卵を作れるんだろうか?

たかが、ゆで卵。
されど、ゆで卵。

そんな心境です。



スポンサーリンク

 



先日のこと。
マックスバリュで、買物してたら・・・。

ゆで卵を発見↓


Img_20181027_1544071

な~んだ、「ゆで卵」って売ってたのね。
「早く言ってよ~」です。(笑)

2個で16バーツ。
殻も「つるん」って剥けるし、これでゆで卵の殻剥きイライラから解放です。
(だから、もう自分でゆで卵は作りません。キッパリ)


数日後。
こんどは4個入り「ゆで卵」を購入。
2個だとすぐに無くなっちゃうからね。

それが、これ↓

Img_20181026_1235191

CPブランドだから安心だね。


ところが・・・。

これ、どう見ても「ゆで卵」ですよね。

でも・・・。

卵を取り出し、殻を剥いている途中で・・・何か違和感。
卵に弾力が無いのです。

超固ゆで?
それにしても、何か変。


味見してるみと、卵の味はしない。
そして、あまり美味しくない。
しかも、なんかしょっぱい。

腐ってる?

賞味期限は大丈夫。
とりあえず、無理やり卵をつぶしてマヨネーズで和えて、玉子サンドに。

一口・・・。

「うぁ~、マズ!!!!」
大概のものは、美味しく食べられるんだけど、これはダメだわ。


で、よくよくパッケージを見てみると・・・。

「Solted Eggs」って書いてあるじゃないですか。
タイ語でも「ไข่เค็ม」(カイケム)って、書いてあるし。

バカだね~、おいら。
「塩漬けゆで卵」を買ってしまいました。

おいら、塩漬け卵なんて、バンコクに来るまで存在すら知りませんでしたからね。
パッケージだけ見て、てっきり普通のゆで卵だとばかり思ってしまいました。


バンコクに来て知った、カイケムを使った料理が、これ↓


Dsc_62981

ソムタムカイケム。

これ、旨いんだよね~。
最近は、血圧が上がりそうなので、カイケムは遠慮してますが。


さて・・・。

冷蔵庫の中に、カイケムが残り3個。
どうやって食べようか?
ソムタムカイケム以外の食べ方を知らないし。


料理が得意な人は、「この塩気なら〇〇に合わせたら旨いはず。」って、ピンと来るのかな?
おいらには、まったく思い浮かびません。

もったいないけど、ゴミ箱行き?


とりあえず、教訓!

普通のゆで卵は、「ไข่ต้ม」(カイトム)
塩漬けゆで卵は、「ไข่เค็ม」(カイケム)
パッケージ写真だけで買わずに、ちゃんと文字も見て買うように!!!

って、こんなバカな間違いをするのは、おいらだけか。(汗)



 

スポンサーリンク

2018年10月26日 (金)

公約どおり「セントラルプラザラマ3」で定期的に日本食を

おいらの住む所にほど近い(って言ってもバスじゃないと行けませんが 汗)「セントラルプラザラマ3」には、多くの日本食屋が出店しています。

そのことは、以前記事にしました。
その記事は、ここ。

その時はどの店もガラガラで、「この先大丈夫かな?」って、ちょっと不安になるほどでした。

おいら普段はタイ飯だけ食べていれば充分なんですが、あまりの閑散ぶりに定期的に通ってあげようじゃないかと思った次第で。

週一で「セントラルプラザラマ3」へ、通ってます。



10月17日(水)
友人を連れて、大阪王将へ。

前回の写真↓

Img_20181012_1455481

確か14時頃だったと思うけど、客が一人も見えないでしょ。(汗)


今回は、ちょうど昼飯時の12時40分頃に行ってみました。
繁盛してればいいんだけどね。

ガラス越しに店の中を覗いてみると・・・。

が~~~ん!!!

客は一人だけ。
しかも日本人。


これじゃ、タイ人だって入りにくいでしょ。
他の客を呼び込むためにも、この日の昼飯は大阪王将で。


Img_20181017_1249011

二人分で405バーツ。

この時点で、先客一人と、おいらたち二人、そして後から一人(やっぱり日本人)入ってきたので計4人。

昼時でこれだと、やっぱり厳しいね。
餃子はタイ人には人気が無いのかな?





10月24日(水)
友人を連れて、神戸ステーキハウスへ

前回の写真↓

Img_20181012_1501011

やっぱりガラガラだったんですよね、ここも。



今回は、昼飯時の13時頃に行きました。

やっぱり空いてるかな?
いえ、ここは意外と客が入ってました。
しかも日本人ではなく、タイ人ばかりでした。

ちょっと安心。


おいらが食べたのが、これ↓

Img_20181024_1234591


友人が食べたのが、これ↓
Img_20181024_1236391


デザートのフルーツとコーヒーまで付いて↓
Img_20181024_1256521


二人で、670バーツ。
一人千円くらいでこれなら、安いんじゃないの?


肉は神戸ビーフじゃないだろうけどね。


ところで、この「神戸ステーキハウス」って、日本の企業なの?


Img_20181024_1229221


あまりにベタな名前なんで。
まあ、なんでもいいか。(笑)





そんなわけで、日本食を応援しに「セントラルプラザラマ3」に通い始めました。
ただし週一で。

週一に、たった二人通ったところで、店にとっては何の足しにもならないでしょうが、まあ、気持ちっていうことで。



そうそう、「セントラルプラザラマ3」で、飯だけ食ってりゃいいものを・・・。


衝動買い(1)↓
Img_20181026_1050121

使ってるマウスが調子悪かったので、499バーツ。


衝動買い(2)↓
Img_20181024_1703261

ハチミツ2本で、300バーツ。
販売のおネエちゃんの勧誘に負けて。(笑)


1本180バーツだけど、3本なら500バーツにして あ・げ・る💛
いやいや、3本もいらないから。

じゃ、2本買ってぇ~。💛
2本でいくら?

300バーツよ。💛
(あれ?計算合わなくない?)


まあ、いいかっ!
これもタイってことで。(笑)


デパートに行くと、日本食だけじゃなくて、いろいろな誘惑がありまして・・・。
やっぱり週一が限度だわ。(笑)




 

スポンサーリンク

2018年10月24日 (水)

年末年始の予定変更か?

今年の年末のカウントダウンはバンコクで迎える予定にしています。

折角、チャオプラヤ川沿いに引っ越してきたんだから、部屋から花火を見ようと思ってね。

Img_20181022_1804561_2



なので、11月28日に一旦日本に帰国しますが、12月20日のバンコク行の飛行機は、すでに予約済みです。
(まだ予約の段階でチケットの購入はしていませんが。)



だけど、予定変更になりそうです。


友人が急に、「1月に1週間ほど休みが取れそうなので、日本に行ってもいいか?」って言いだしまして。
もちろん、日本に行くのは勝手ですから、おいらに聞くまでのこともないんですけどね。
おいらに聞くってことは、「泊まらせて頂戴。」と、「観光もお願いね。」が、含まれてるってことで。(汗)


友人には次回のバンコク暮らしのことは話をしていなかったので、先を越された感じでしょうか。(笑)
一瞬迷いましたが、友人にはOKしました。

でも、どうしよう?

11月28日に日本に戻ったら、年末年始は日本で迎え、友人が日本に来るのを待つか?
12月20日に予定通りバンコクに来て、バンコクで年末年始を迎え、1月に友人と一緒に日本に戻るか?


二者択一です。


これから、よ~く考えます。


 

スポンサーリンク

2018年10月22日 (月)

チェンマイからの土産

友人がタイ北部を旅行してきたとかで、チェンマイのお土産をくれた。

それが、これ↓

Img_20181016_1918351

サイウアとケープムーとナムプリックヌム。
どれも、おいらの大好物だ。


サイウアは、チェンマイソーセージのこと。
↓こんなのを、2本くれました。


Img_20181017_1706551_2

見た目はグロテスクだけど、味は抜群。

Img_20181016_1931001

中には唐辛子、ハーブ・・・何が入っているのかは、良くわからないけどピリ辛で旨い。
とにかく、癖になる味。



ケープムーは、ブタの皮を素揚げしたもの。
揚げ煎みたいな感じかな。
カリカリして、それだけでも旨いんですが、ナムプリックを付けて食べると更に旨い。


サイウアもケープムーも、ビールのつまみに合いそう。
残念ながら、おいら、ビール飲めませんが。


おいらは、コーラのお供にです、はい。



ナムプリックヌムとは、青唐辛子を擦りつぶしたものだそうです。
辛いに決まってるね。
調味料は・・・知りません。

赤唐辛子も少し見えます。


Img_20181022_0712321



こうやって↓

Img_20181017_1729051

ケープムーとナムプリックヌムを合わせて食べると・・・。

もう、やめられないとまらない状態になります。


どれも、バンコクでも簡単に食べることが出来るけど、やっぱり「made in チェンマイ」って、だけで有難みを感じてしまいます。

ブランド力って、すごいね。

毎日少しづつ、美味しくいただいてます。


でも・・・。


辛いものの食べ過ぎで、血圧が更に上がりそうです。
降圧剤を服用しているので、大丈夫な気がしますが、本末転倒だよね。(汗)


 

スポンサーリンク

2018年10月20日 (土)

停電

一昨日の昼飯時のこと。

買い置きしてある「さっぽろ一番塩ラーメン」でも食べようと思って、鍋でお湯を沸かし、麺を鍋に入れた途端に・・・。

バチンと電気が切れた。
ショートか?停電か?


廊下に出てみると、廊下の電気も点いてないので、どうやら停電のようです。

おいらの住むコンドー、新しいわりに頻繁に停電が起こります。
今年5月に引っ越してきて、これで3回目かな。

前の、サパーンクワイのコンドーでは、停電は一度も無かったんですけどね。
ここは、場所が悪いのか?コンドーの電力設備に問題があるのか?良くわかりませんが。

でもまぁ、1度目と2度目の停電の時は、1時間程度で回復したので、今回もすぐに治るだろうと高を括ってました。

ぬるいスープに、茹できらない麺。
捨てるのはもったいないので、まだ固い麺をすすりながら、復旧を待ちましょうか。

停電が起こると、心配なのが冷蔵庫の中身。
たいしたものは入ってませんが、アイスクリームは常備品。
溶ける前に食べないと。

で、2個ペロリ。

 

スポンサーリンク

 

 

午後1時、停電発生から約1時間経過。
まだ復旧しません。


電気が無いとテレビも見れないし、何より暑い。
エアコンも扇風機も使えないからね。

どこかに涼みに行きましょうか。
エレベーター、動いているかな?

おいら部屋は25階なんで、エレベーターが動いていないと、外出する気はおきませんから。
さすがに階段じゃね~。

見に行ったら、4基あるエレベータのうち、2基が動いていました。
非常用電力、フル稼働でしょうか。






午後3時、停電から約3時間経過。
ショッピングセンターをぶらついて、コンドーに戻ってきました。

さすがに、もう回復してるでしょ?って、ことで。

あれ?
1階にあるセブンイレブンが開いてない。
しかも、電気も点いてない。

復旧は、まだのようです。

とりあえず部屋に戻りましたが。
やる事が・・・無い。

あとどれくらいで回復するのかがわかれば良いんだけど、それを聞きに行く勇気がない。(言葉の問題ね。 汗)
まあ、いずれは復旧するでしょうから、ここは部屋でじっとしてましょうか。

スマホの充電切れを恐れ、ネットはせずに、とりあえず読書でも。
部屋の中は暗いので、バルコニーで。

積読状態だった、「古代ローマ人の24時間」。
この本、ようやく日の目を見ました。


Img_20181018_1254041

たまにはいいですね。
時間がゆっくり過ぎて行く感じ。
悪くないです。






午後6時、停電発生から約6時間経過。
一向に電気が点きません。

徐々に辺りも薄暗くなってきて、バルコニーの優雅な読書タイムも限界です。

そして夕飯の心配も。
冷蔵庫の中にあるのは、すべて電子レンジで温めが必要なものばかり。
セブンイレブンは、まだやってないし。


ここで、我慢しきれず友人に連絡。
「午後から停電。あとどのくらいで復旧するのか、聞いてくれる?」って。

しばらくして、友人から返事。
「あと1~2時間はかかるらしいよ。」って。
どうも、コンドーの電力設備が故障が原因らしい。

まあ、復旧の見通しが立って一安心かな。

夕飯は友人と、近くのしゃぶしゃぶ屋へ。
しゃぶしゃぶと言うより、単なる
鍋ですが。(笑)

Img_20181018_1828041

野菜たっぷり。
二人で200バーツ。
安いね~。

もちろん、おいらの奢りで。





午後9時、停電発生から、約9時間が経過。
夕食を終え、コンドーに戻ったら・・・。

煌々と灯りが。
ようやく復旧したようです。

灯りっていいね。
電力にもっと感謝しないと。

それにしても、今回の停電は長かった。

アイスクリーム、食べといて良かったよ。
食べてなかったら、完全に溶けてたよね。(笑)





今回は、昼間に起こった停電だったから、まだ良かったけど、もしこれが夕方からだったら、ちょっとビビったかも。

だって部屋の中、真っ暗だからね。
非常用電灯、準備しとかなきゃ。

電気のない生活は、考えられませんからね。


でも・・・。

停電中に読んだ、「古代ローマ人の24時間」に、こんな一文が・・・。

ローマの通りには照明というものがまったくないことに驚かされる。おそらく私たちが現代の生活に慣れすぎたせいだろう。長い年月のあいだ、世界のどこの都市も、日暮れとともに暗闇に包まれのが当然だった。わずかな光といえば、宿先にともされたランプか、夜道を行く旅人のために、通りの角や十字路のような要所にある神像に供えられた灯火ぐらいだったのだ。それは帝政下のローマにおいても例外ではなく、暗闇のなかで、このようなわずかばかりの明かりか、家々から洩れるランプの明かりを手がかりに、位置を推しはかるしかなかった。

停電時に読んだ本で、電気の無い生活に思い馳せることになろうとは・・・。

暗くなったら寝るだけ。
それでいいのかも。

だけど、バンコクで扇風機もエアコンも無かったら、やっぱり暮らせないよね。
昔の人、どうやって過ごしてた?

寒いところなら、たくさん布を纏えば耐えられるけど、やっぱり暑いのはね~。

うちわで扇ぐだけ?
きっと、寝苦しかっただろうね。


 

スポンサーリンク

2018年10月18日 (木)

独学(タイ語学習)のもがき(2)

前回記事の続きです。


「タイ文字を読めるようになる。」
そんな目標を立て、独学でタイ文字の勉強を始めたわけですが・・・。

日本語の場合は、ひらがなだけなら50音を覚えれば、文字を読むことが出来ます。
意味はわからなくてもね、読むだけならね。

当初は、タイ文字も同じように考えていました。
コーカイと言われている子音と短母と長母音さえ覚えてしまえば、タイ文字は読めるようになるんじゃないかと。

でも、それは甘かった。
実際に勉強を始めたら、それだけでは、タイ文字は読めないのがわかった。

仮にタイ文字を読めたとしても、正確な声調じゃないと、タイ人には通じない。
併せて声調も正確に発音する必要がある。
だから、タイ文字には声調記号が存在するのだ。


じゃあ、声調記号を覚えてしまえば、正しく発音出来るかというと、そう簡単なものでも無かったのだ。
声調記号は、子音の字類(低字類、中字類、高字類)によって、複雑に絡み合って、その関係性を覚えるのが、かなり大変。

結局、子音(頭子音と末子音と字類)、母音(長母音と短母音)、それと声調記号。
これらを完璧に覚えて、正確に発音出来るようになることが、タイ文字を読めるようになるための、第1のステップなのでした。

物覚えが良い人は簡単にマスターできるのかもしれませんが、おいらみたいなぼんくらは、これだけでかなりの時間を要すことに。

覚えては忘れを繰り返し、途中何度も挫折して、約2年。
ようやく?・・・まだ不十分ですが。(汗)

でも、これだけ覚えれば、タイ文字って読めるの?
いえ、それでも、まだ半分も読めません。

それから、更に大変な試練が待っていたのです。(汗)

スポンサーリンク

 

 



タイ文字を読めるようになるための、次なる難題は・・・。

それは、「母音が無い(見えない)、子音だけで構成されている文字。」です。
これがまた厄介でして。(汗)

「子音だけで構成されている文字」ってどういうこと?
まずは、二重子音をすべて覚えましょう。
これが二重子音↓
กร  กล  กว (グラ グラ グア)
ขร  ขล  ขว (クラ クラ クア)
คร  คล  คว (クラ クラ クア)
ปร  ปล (プラ プラ)
ผร  ผล (プラ プラ)
พร  พล (プラ プラ)
ตร  (トゥラ)
ทร  (トゥラ)
二重子音は、子音だけの組み合わせです。
母音が、ありません。


例えば、ครับ (クラップ) 語尾に使う丁寧語(男性) がありますよね。

この文字には、二重子音が入っています。
(クラップ)の(クラ)の部分です。


普通に考えると、 に 短母音 ุ の記号が付いてもよさそうですが、これにはつきません。
なぜ?とかは考えずに「そういうもんだ!」が、二重子音。
二重子音が入ってる単語をみつけたら、母音が見えなくても慌てず騒がず、頭子音で発音するだけです。


しか~し。


二重子音以外にも母音が無い(見えない)単語が、たくさんありまして。
そっちのルールを覚えるのが、もう大変。




□例えば・・・。
ส้ม (ソム) オレンジ 
คน (コン) 人 

ส้ม(ソム)と คน(コン)には、母音らしき記号がありません。
二重子音でもないし。

実は、O(オ)って発音する、短母音の記号はタイ文字には無いんです。
「頭子音」+「末子音」の場合は、(オ)という発音記号が隠れているってわけね。


ローマ字で書くと、SOM と KON 、O(オ)のスペルが隠れているってとこでしょうか。
それにしても、分かりずらい。(汗)



□例えば・・・。
ขยะ (カヤ) ゴミ 
ตลาด (タラート)  市場


二重子音では無く。
頭子音と末子音の組み合わせでも無い。
じゃあ、 ขยะ と ตลาด では無いの?

ここでも別のルールが・・・。

「高字類または中字類の頭子音」+「低字類の頭子音」の組み合わせは、(ア)の短母音
(ะ)は、省略されるんだって。

ขยะ(カヤ) の  は、高字類、  は、低字類。
だから、 ข
ยะ では無い。

ตลาด(タラート) の  は、中字類、  は、低字類。
だから、 ต
ลาด では無い。


ややこしいね。(汗)




□例えば・・・。
ถนน (タノン) 大通り

 は、高字類、 2文字目の  は、低字類で頭子音。
3文字目の 
 は、末子音。

だから、「高字類の頭子音」+「低字類の頭字類」で、
(ア)の短母音が省かれて。
「頭子音」+「末子音」で、(オ)が隠れているんだって。



ねっ、複雑でしょ。
自分で書いてても、何が何だか。(汗)

タイ文字には、こんな感じで母音が見えない単語がたくさんありまして。
そんな時は、「母音を探せ!!!!」なんですが、あまりに複雑すぎて。(汗)

タイ文字を読めるようになるって、大変だね~。





他にも、タイ文字を正確に読むには、まだまだ覚えなきゃいけないことがあるんだけど・・・。

おいらは、「タイリンガル」先生のおかげで、独学でもタイ文字のルールは一応理解はしました。
あとは実践あるのみ。
タイ文字で書かれた看板などを、読んで読んで読みまくりますよ。

そうすれば、「タイ文字って簡単さ。」なんて言える日が来る・・・かもです。

でもね。
良く考えてみたら、タイ文字を読めたところで、意味が分からなければ何の役にも立たない。(汗)

ただ読めるだけでは、日本語の50音が読めるのと同じ程度。
会話が出来て始めてタイ人とコミュニケーションが取れるわけで。

タイ語修得の道は、まだまだ険しい。
でも折角独学でここまでやって来たんだから、もう少しもがいてみますか。

 

スポンサーリンク

2018年10月16日 (火)

独学(タイ語学習)のもがき(1)

2015年11月から、日本とバンコクの二重生活を始めたわけですが・・・。
あれから3年、月日が経つのは早いもんです。

バンコクで暮らすなら、タイ語は修得しとかないと。
そんな思いで、すぐにタイ語学校に通い始めたのが、2015年11月から。

学校では、タイ語を一から習いました。
でも、タイ語学校に通ったのは、たった3ヶ月間だけ。
一旦、日本に帰ることにしてたもんで。
バンコクの戻ったら、また通うつもりでいたんですけどね。


日本帰国中に母が倒れ入院、そして死。
その間は、バンコク暮らしもタイ語の勉強も中断です。


そして、再びバンコク暮らしを始めたのが、2016年12月から。
なので、日本とバンコクの二重生活が本格的に稼働してから、もうすぐ丸2年です。

バンコクに戻って再びタイ語学校へ?
いえ、行ってません。(汗)

その理由は・・・。

タイ語学校に通った3ヶ月でタイ語の基礎(声調)は、なんとなく修得できたこと。
学校での次の単位は、タイ文字修得の授業なので、独学でもなんとかなるんじゃないかと。
それと、月謝もばかにならないしね。
そんなわけで、独学でやってみようと。


そして、目標。
「タイ文字を読めるようになること!」

バンコク暮らしで普段目にする、看板を読めたらいいな~。
ってことで。

学習方法は、タイ語で書かれている看板とかの写真を撮ってきて、辞書片手に読んでみる。
それを繰り返していけば、タイ文字を読めるようになるんじゃないかと。

学校で習うよりは遠回りだけど、別に急ぐこともないし、のんびりと自分のペースで覚えられればいいかな。

スポンサーリンク

 

 




そんなわけで、2年前から独学で始めた、タイ文字学習。
って言っても、先生は必要ですね。

おいらの、先生は・・・。
タイリンガル」って言う、サイトです。
このサイトの「タイ文字が最速で読める講座」、ここが一番わかりやすく書いてありました。


さて、2年間で、どの程度にタイ文字が読めるようになったでしょうか?
まあ、2年間って言っても、途中でやる気が無くなることも度々でしたけどね。(汗)

それでも、ダラダラとやり続けた結果・・・。

ここにきて、8割方は読めるようにはなった気がします。
(まだまだ完璧ではありませんが、タイ文字を読む楽しさを感じているところです。)

当初、タイ語なんて、コーカイ(子音)と母音さえ覚えちゃえばなんとかなるんじゃないの?
なんて簡単に思ってたんですけどね。

コーカイは、これね↓

Img_74061

ところがどっこい。
コーカイと母音を覚えても、ほとんどのタイ文字の看板が読めなかった。(笑)


そう簡単では無かった、ってことですね。


タイ文字を読む勉強をして、まず最初の躓きは声調のところ。
子音の上につく、声調記号がかなり厄介でした。


こんなマークのやつね↓


่ ้ ๊ ๋

たった4つの記号なんだけど、これがかなり複雑でして。

この記号でタイ語を正しく発音する場合、
子音の字類を完全に覚えないといけないんですよね。

子音の字類?
何それ?ですね。

子音って、低字類、中字類、高字類 の、3つのグループに分かれていて、どの字類に、どの声調記号が付くかで、発音(声調)が違ってくるんですよね。

だから、どの子音が、どのグループに属しているのか?
字類を完全に覚えないと、いつまでたってもタイ文字を正しい声調で読めないのです。

この字類と声調記号の因果関係を理解するのが、もう大変で。
「タイ文字を読めるようになってやる!」という、おいらの野望が、挫折しかけた最初の関門でしたね。


最初は、これも簡単かな?って思ったんですけどね。

まず最初は中字類を完全に覚てて。
中字類は、9つしかないんで、覚えやすそうですからね。

この9つです↓

ก จ ด ฎ ต ฏ บ ป อ

これを完全に覚えたら、次に低字類、次に高字類・・・って、順に。

でも、そう簡単じゃなかった。
覚えては忘れ、覚えては忘れ、これを繰り返すばかり。
特においらは物覚えが悪いもんで。(汗)

でも、諦めずに続けていればなんとかなるもんで。
ここにきて、ようやく字類と声調記号の因果関係を覚えることが出来ました。


ただ・・・。

タイリンガル先生のサイトにも書いてあるように、この程度を、覚えただけでは、まだ道半ば。
いや、半分も行ってない。(汗)

まだまだ読めない看板をたくさん目にするわけで。

そして、ふたたび躓いたのが・・・。


次回に続きます。

 

スポンサーリンク

2018年10月14日 (日)

センタンの誘惑

おいらの借りているラマ3通り沿いのコンドー、部屋からチャオプラヤ川が眺められたり、ジムやプールもあるので、それなりに快適に暮らしてはいるんだけど・・・。

唯一の欠点は、徒歩圏内に食事する場所があまりないことかな。

コンドー内にはセブンイレブンが入っているので、雨降りの日などはついセブンで。
でも、セブンばかりでは味気ないので、極力外出して食べるようにはしています。


外に食べに行く時の足は、これ↓

Img_20181007_1358561 

毎度おなじみの、BRTバスです。
どこまで行っても15バーツなので、かなり重宝しています。

一時、このBRTバスが廃止されそうになったこともあるらしく、今後もいつ廃止になるかわかりませんが、そうならないことを祈るばかりです。

おいらの貴重な足なので。


スポンサーリンク

 



そのBRTバスで、普段どこに食べに行くかと言うと・・・。

ラーチャプルーク駅なら 「ザ・モール」
チャルンラート駅なら 「ツリー・オン3」
ワットダン駅なら 「SV シティ」
ナララーム3駅なら 「テスコロータス ラマ3」
タノンチャン駅なら 「セントラルプラザ ラマ3」

これらのショッピングセンターやビルのフードコートに出入りしていることが多いです。

で、フードコートで食べるのは、ほとんどがタイ飯。
おいら、毎日タイ飯でも大丈夫なので、昼飯なら100バーツ以内で収まります。
とても安上がりです。


ただ、1ヵ所を除けばですが・・・。



その1ヵ所とは、「セントラルプラザ・ラマ3」
Img_20181012_1423392

ここは、誘惑が多くてね。


だって・・・。
ここの6階には、

大阪王将↓

Img_20181012_1455481

からやま↓
Img_20181012_1456361

HOSHI↓
Img_20181012_1458152

キムカツ↓
Img_20181012_1458492

一風堂↓
Img_20181012_1459501

KOBE STAKE HOUSE↓
Img_20181012_1501211

大戸屋↓
Img_20181012_1459361

モーパラ↓
Img_20181012_1501511


6階のワンフロワーだけで、こんなにも日本食店が。
おそらく、6階だけでなら7割がたが日本食店だと思う。

う~ん、でも残念ながら、どこもガラガラなんですよね~。
たまたま行った時間が、悪かったかな?


でも、混雑している店もあって↓


Img_20181012_1456491_2

「Shabushi」
相変わらずの人気店ですね。
ここだけは、タイ人で賑わっていました。
日本人経営じゃないけど、日本っぽい店の名前。
OISHIグループ、商売が上手です。



もちろん、他の階にも・・・。

かつや
丸亀製麺
CoCo壱番屋
吉野家
ちゃぶ屋

などなど、セントラルプラザ ラマ3には、多数の日本食店が出店していて。

なんで、こんなローカルな場所に、こんなにも日本食店?
だって、デパート内を歩いていても、そんなに日本人を見かけません。
タイ人向け?

それにしては、出店しすぎかな。
スクンビットじゃないんだから。

でも、これだけ、日本食店に並ばれたら、いくら「毎日タイ飯でも大丈夫!」って言ってるおいらも、心が揺れてしまいます。(笑)

もちろん、日本食屋に入れば100バーツで収まるわけも無く・・・。(汗)


先日、誘惑に負けて、食べたのが↓

Img_20181012_1438051

からやまの「チキン南蛮定食」169バーツ。
やっぱり旨いわ!


日本食、無ければ無いで、全然問題ないんだけど、目に入ってしまったら、中々スルー出来ません。

スルーするには見ないようにしないと。(笑)
ってことは、「センタンへは、行かない!」

な~んて、思ったりもするんだけど。


これからは・・・。

ちょくちょく行ってあげようと思ってます。
なにせ、どの店もガラガラだったもんで、応援の意味も込めてね。

みなさんも、シーロムやスクンビットあたりで食べてないで、たまにはセントラルプラザ・ラマ3へも足を運んであげてくださいね。

ちょっと不便な場所だけど、たくさんの日本食店が頑張ってるもんで。

「誘惑されに、センタンに行こう!」です。


 

スポンサーリンク

2018年10月12日 (金)

タイチーム・・・終わった!

2018女子バレーボール世界選手権の話です。

9月29日から始まった、今大会。
ずっとタイチームを応援してました。

1次ラウンドは、D組で 韓国・ロシア・トリニダートトバコ・アメリカ・アゼルバイジャン との総当たり戦でした。

この中で上位4位以内に入らないと、2次ラウンドには進めないんですよね~。

【結果】

韓国戦 3ー2 勝ち
あのキムヨンギョン率いる韓国チームによく勝ちました。

ロシア戦 2-3 負け
先に2セット連取してからの逆転負け。悔しい~!!

トリニダードトバコ戦 3-1 勝ち
ストレートで勝ちたい相手でしたが1セット取られてしまいました。
この辺がタイチームらしいところです。(笑)

アメリカ戦  2-3 負け
2セットを簡単に取られ、完敗か!って、思わせておいてのフルセット。
よく頑張りました。

アゼルバイジャン戦 3-1 勝ち
これは、見てて安心できる戦いぶりでしたね。 



【1次ラウンドD組順位】

1位 アメリカ 5勝0敗
2位 ロシア 4勝1敗
3位 タイ 3勝2敗
4位 アゼルバイジャン 2勝3敗
5位 韓国 1勝4敗
6位 トリニダードトバコ 0勝5敗

やりました!
堂々3位で、2次ラウンド進出決定です。

でも、この1次リーグで、ピムピチャヤ選手とアチャラポーン選手の二人のエースが怪我しちゃったんですよね~。

かなり頑張ってた二人なので、ここでの離脱は痛いです。
あとは、ベテラン陣がどれだけ頑張れるかにかかってます。


それにしても、勝敗が綺麗に並びました。
それだけ実力差がはっきりしているってことなのかな?



スポンサーリンク

 



そして、2次ラウンド

タイは、B組で勝ち上がってきた4チーム、イタリア・中国・トルコ・ブルガリアとの対戦です。
ここでは、上位3チームに入らないと、3次ラウンドには進めません。

1次ラウンドの成績は、そのまま持ちこされるので、3次ラウンドの進出は、かなりハードルが高いです。


【結果】

中国戦 0-3 負け 
第1セットはジュースまで持ち込みましたが、残念。各セットとも善戦したんですけどね。

イタリア戦 0-3 負け
なすすべもなく完敗、どうやっても勝てそうにありません。イタリア強し!

ブルガリア戦 2-3 負け
ブルガリアは、B組4位のチームなので、勝っておきたいところでしたね。
最終セットまでもつれ込んでの敗戦、これも悔やまれる戦いでした。

トルコ戦 1-3 負け
最後の意地をみせて欲しかったんですけどね。
ベテラン陣、歳には勝てませんね~。



【2次ラウンドF組順】

1位 イタリア 9勝0敗
2位 中国 8勝1敗
3位 アメリカ 7勝2敗
4位 ロシア 6勝3敗
5位 トルコ 5勝4敗
6位 ブルガリア 4勝5敗
7位 タイ 3勝6敗
8位 アゼルバイジャン 2勝7敗

まあ、順当な結果かな。
ロシアが3次ラウンドに進めなかったのは意外でしたが、上位3チームはホント強かったです。

2次ラウンドも、勝敗が綺麗に並びましたね。
う~ん、番狂わせが起きないと、ちょっとつまらん。

タイチームは、仕方ない順位でした。
やっぱり二人の怪我がね~。
ベテラン勢だけで勝ち上がるのは、相当に厳しい。

プルムジット、ヌットサラ、ウィラワン、オヌマ、マリカー、みんなもう30代中盤になろうとしてますから。
2次ラウンドは息切れですね。(笑)

それでも、若手のタッダオは、今大会で急に伸びたように思います。
これは、嬉しい誤算。
ずっと、プルムジットに頼りきっていたセンターですが、世代交代、うまくいくかも。
今大会は怪我で出られなかった、ハッタヤもいるしね。


ちょうど過渡期に入っているタイチーム。
いつまでもベテランに頼ってはいられません。
「頑張れ若手!」って、ところでしょうか。


東京オリンピックには、どんな布陣で?
それも楽しみなんですよね~。

って、東京オリンピックの予選に勝ち上がれなかったりして。(汗)




一方、裏では・・・。

日本チーム、頑張ってますね~。
E組2位で、3次ラウンド進出です。

怪我から戻ってきた長岡、不振だった古賀も戻ってきた。
石井に黒後もいる。

攻撃陣が揃ってくると、楽しみも増えますね~。


タイチームと同じように、若手が力を発揮しだしたように思います。
すっと木村沙織に頼っていた日本チームですが、木村引退が功を奏したんじゃないかな?


日本チームとタイチームって、なんか似ていると思うんですよね。
絶対的エースはいないけど、拾いまくって点につなげるバレー。

両チームとも時にボロ負けして、がっかりさせられることも多いけど、見ていて楽しいバレーを、これからも期待したいところです。


今大会、タイチームが去ったあとは・・・。

日本チーム 頑張れ!
テレビの前でバンコクから応援しています。


 

スポンサーリンク

2018年10月10日 (水)

パトゥムターニーの友人宅へ

先日、パトゥムターニーにある友人宅へ遊びに行ってきました。
パトゥムターニーは、バンコクの北隣の県ですね。
ドンムアン空港の近くです。

遊びというより、手伝いなんですけどね。
「樹木が鬱蒼としてきた。」って言うもんで、その伐採をしにです。


友人の住む住宅の街並み↓


Img_20181003_1215351


Img_20181003_1241391

約10年数年前に開発されて、出来上がった街です。
2軒長屋が、いくつも並んでいます。


不動産屋的なキャッチコピーなら・・・。

「区画整然とした閑静な住宅街に立つ、築10年の2戸一住宅。
南道路に面する陽当たり良好な物件。」

ってとこかな?(笑)

今は車が無いと、ちょっと不便な場所ですが、BTSが延伸されれば、少しは便利になるかも。


友人宅、2011年の洪水時に、床上浸水してしまったんですよね。

今は、こんなんですが↓

Img_20181003_1240221

2011年の洪水の時は、こんな状態に↓
Flooding_1

すごいことになってますね。
一生けん命に積んだであろう土嚢が、何の役にも立っていません。


これでも、だいぶ水が引いた時の写真だそうです。
ピーク時は、壁の下の方に貼ってあるタイルが、全部水で隠れるほどだったそうです。


ここのところは、日本でも台風や地震で被害を受けた方が、たくさんいらっしゃることでしょう。


一瞬にして住む家が無くなる。
場合によっては、人まで飲み込まれるわけで。


明日は我が身、もう運を天に任せるしかないようです。



スポンサーリンク

 



そんな悲惨な話をしながら、伸びきった枝の伐採完了。

もう汗だくです。
伐採後の写真を撮るのも忘れるほどに、疲れ切ってしまいました。


久しぶりに仕事をしたなあ。
でも、たまにはいいね。


ひと仕事したあとは、近くの市場へ。

Img_20181003_1329571

Img_20181003_1329501

Img_20181003_1322221

Img_20181003_1330561

バンコクの良くいく市場よりも、少しは安いかな。
マナオをたくさん買って帰りましょう。
今、マナオジュースに嵌まってるもんで。

マナオを絞って、ハチミツを入れて、ソーダで割って・・・。
シャワー後にごくりと。

クワ~ッ!旨いんだな~、これが。
しかも健康に良さそうでしょ。



お腹もすいてきたので、市場内で↓


Img_20181003_1306481

食べる物は、いつも変わり映えしませんが。(汗)
これもまた旨い!!!

特に・・・ソムタム最高!





いつもは、自宅近くを散歩するくらいで、引きこもりがちなおいら。
たまには知らない街に行くのも楽しいもんです。

暇つぶしにもなるしね。


誘ってくれた友人に感謝です。
まあ、友人も樹木の伐採が出来たので、WINWINの関係ってことで。


次は家の中の修繕をしてあげようかな?


Img_20181003_1239521_2


いくつか直した方が良さそうな所を見つけたので。


 

スポンサーリンク

2018年10月 8日 (月)

NISA どうする?

最近、まったく株取引をしなくなってしまいました。
歳を重なるごとに、リスクを排除していった結果ですね。
投資に失敗して、路頭に迷うのだけは勘弁ですから。

なので、老後の生活資金は、もっぱらリスクの少ない「個人向け国債」の購入が大半になりました。

まあ、国債の利息なんてたがが知れてますので、あくまでプレゼント狙いですが。

定期預金にしておくよりはいいかな?
その程度のことです。

スポンサーリンク

 



ところで、2014年に鳴り物入りで始まったのがNISA。
利益も配当金も非課税なのが魅力ですよね。
今では、積極的にNISAを活用している方も多いんじゃないでしょうか。

おいらも、流行りに乗り遅れちゃいかんと、2014年と2015年は、NISA口座でいくつかの株を購入しました。
当時は「株で一儲け!」そんなことを目論んだりしてね。(笑)

でも、株って「緻密さ」と「大胆さ」この相反する性格を持ち合わせていないと、大儲け出来ないんじゃないかな。
だから、途中で気が付きましたよ。
「おいらには、株取引は向いてない!」って。

地道にちょびちょびと・・・。
そっちの方が性に合ってる。(笑)

なので、2014年、2015年に購入したいくつかの株は、一度も売却せずに今もほったらかし状態です。
まあ、NISA枠の範囲ですから、投資額はたいしたことありませんけどね。
ほったらかしでも配当金は貰えるし、それなりに株価も上がっているので、嬉しい限りなんですが・・・。

一方、考えるのは、保有株をどのタイミングで手放したらいいのか?ってこと。
おいら、実はこれが大の苦手でして。
もともと出口戦略を考えないのがいけないんですが。(汗)


でも最近、ほったらかし状態を考える事態が発生しまして。




先日、口座開設している証券会社から「NISA非課税期間終了時のご注意」の件名でメールが届きました。


なんだろう?
メールの内容を確認すると・・・。

2018年末で非課税期間が終了する資産(2014年取得分)は、「ロールオーバー」「売却」「課税口座への移管」のいずれかをご選択いただく必要があります。

とのこと。

もうNISAを始めて5年になるのね。

で、「ロールオーバー」って何?

ロールオーバーとは、翌年のNISA非課税枠へ、そのまま移すことらしい。
そうすることで更に5年間非課税で株を保有することが出来るんだとか。


じゃあ、「ロールオーバー」するデメリットは何さ?

ロールオーバーする資産額の分だけ、NISA非課税投資枠を使用することになるため、翌年のNISA口座で新規に投資できる金額が少なくなる。

なるほどね~。

まあ、おいらの場合、今は積極的に株取引はしていないので、翌年のNISA投資枠が少なくなっても何ら問題なし。

毎年少ないながらも配当金は貰えるし、今すぐに解約する必要性も無いので、ロールオーバーでいいかな?
それなら今後5年間は、またほったらかし出来るからね。


で、その「ロールオーバー」のやり方ですが・・・。


「非課税口座内上場株式等移管依頼書」を、証券会社に請求して、それに必要事項を記入して返送するらしい。

その書類の請求は、11月20日(火)まで。
これは、ネットで請求出来るので問題なし。

ただ・・・。

その書類の受け入れは、12月3日(月)必着だって。

おいら、バンコクから日本に戻るのが11月28日(水)の予定。
日本に戻って書類に自筆で記入して返送すれば、ギリギリ間に合う?

ちなみに、間に合わなかった場合は、勝手に「課税口座」に移管されるんだって。

もし、間に合わなかったら、売却してもいいかな?

それにしても、NISA口座の期限なんて、まったく気にもしていませんでした。
もう少し帰国日を遅くしてたら、ロールオーバーは出来なかったね。

まぁ、今回はロールオーバーするつもりですが、保有資産について、そろそろ整理する時がきているのかもしれません。

本件は、それを考える良いきっかけになったのは確かです。


いや、手じまいを考えるのは保有資産だけじゃないか。

このブログだって。
日本とバンコクの2重生活だって。
どこかで手じまいしなきゃいけないし。

他には・・・?
考えたら、なんかたくさんありそうだね。


これって、もう終活が始まったってこと?(笑)


 

スポンサーリンク

2018年10月 6日 (土)

タイ人へのお土産~コシヒカリでドタバタと~

日本からバンコクに戻ってくるときに、持ってくるもの。

常用薬、これは必須。
医者から処方されるやつね。
血圧とコレステロールと尿酸と胃酸の薬。
薬を飲んだ状態では、数値は改善されているんだけど、医者からは「飲み続けて下さい!」って、言われているもんで。

それと、薬局で売ってる薬は・・・。
頭痛薬は、ロキソニン。
腹下し用には、正露丸。
胃薬は、太田胃散か三共胃腸薬。
虫刺され用に、ムヒ。
これらの薬は、いつも常備しています。

でも最近は腹を下すことも少なくなったし、以前は頭痛持ちだったけど、会社を辞めてからはすっかり頭痛も無くなったし、この中ですぐに無くなるのは、ムヒくらいでしょうか。

他には、バンコクで買うより日本で買った方が安い生活用品も持ってきます。
特に百均で売ってるやつが、ほとんどですけどね。

それと、自分用の食糧も。
レトルトカレーやインスタントラーメンなどなど。

別に今じゃバンコクでも何でも買えるので、わざわざ買ってくることも無いんですけどね。
なぜか、部屋に置いておくだけで、安心なもんで。
いわゆるお守りみたいなもんでしょうか。(笑)


友人へのお土産も忘れるわけには行きません。
今までは空港で、「東京バナナ」とか「どら焼き」とか、まあ、ほとんど定番のものでしたが・・・。


スポンサーリンク

 



今回、タイ人への土産にちょっと変わったものを買ってきました。

それが、これ↓
Img_20181002_1603361

新潟県南魚沼市産コシヒカリ(無洗米)
日本米をバンコクで買うと、やっぱ高いからね。

友人、日本の米が大好きなもんで。
それを思い出して、スーパーで衝動買いです。(汗)
2キロで1500円くらいしたかな?
そんな高い米、おいらは日本でも食べませんが。

今回は、大奮発です。

でも、友人うまく炊けるかな?
それが問題。

それと、
ご飯のお供も買っていってあげるか。
で、併せて買ったのが、これ↓

Img_20181004_0733201

イトーヨーカドーで売ってる「金の」シリーズ。
えっ、これじゃ折角の高級ご飯の味が分からなくなっちゃうよね。

おっしゃる通りでございます。(笑)


でも、この「金の」シリーズ、旨いんだよね。
日本のレトルト食品の威力を、タイ人にも味わってもらおうと思ってね。

他には、こんなのも↓
Img_20181004_0732141

コメダ特製 小倉あん

友人、どら焼きも好きなんですよ。
なので毎回、どら焼きを買ってきてあげるんですが、日持ちの問題でたくさんってわけには行きません。

ってことで、今回はどら焼きの他に「あんこ」も買って来てあげました。
パンに挟んで食べればどら焼きみたいなもんでしょ。
って、ぜんぜん違うか。

それに、これもご飯のお供じゃないし・・・。

でも、日本には「おはぎ」ってのがあるからね。
ご飯の上にのせて食べても、また良し?ってことでどうでしょう。

おいらは、絶対にやらないけど。

ってなわけで、今回はいつもとちょっと違う変化球なお土産を用意。
友人、果たして、喜んでくれるかな?



で、先日、友人にコシヒカリの炊飯方法を教えるために、実食会を開きました。

折角のコシヒカリ、美味しく食べて貰いたいからね。
それに友人、無洗米なんて炊いたことないはずだから、ちゃんと教えてあげないと。


友人には、炊飯器を持参してもらいました。
美味しく炊けるかな?

Img_20181002_1604201

まあ、シャープ製だから、大丈夫でしょう。

だけど・・・。

実はおいらも無洗米なんて、炊いたこと無い。(恥)


一生懸命にネットで調べましたよ。
ふむふむ、水の量が大事なのね。


もちろん友人には、知ったかぶりでレクチャーです。

美味しく炊くには、水の量と米の量をきっちり測るのが大事なんだよ。
それと、この米は洗わなくていいから。
でも、米は水に浸したまま30分以上は、待つのだぞ。
なんてね。

そして、すべての準備出来たらスイッチオン。
あとは、そのまま炊き上がりを待つだけです。


が、炊飯途中に・・・。

友人、勝手に炊飯器の蓋を開けてしまいました。
これには、おいらもびっくりです。

おい!何やってんだよ!
まだ炊き上がっていないのに・・・。

コシヒカリ炊飯、失敗確定か?

日本の米はデリケートなんだから、途中で炊飯器を開けちゃダメなんだよ!
なんて、わけのわからないことを言って友人を叱る、おいら。

でも「マイペンライ!」な、友人。
「日本人、細かいよ!」なんて、思われたかも。(笑)


そんなドタバタの末に炊きあがったコシヒカリですが・・・。

でも、まあまあ普通に炊き上がりましたけどね。

友人、「ねっ、マイペンライだったでしょ。」
「いや、本来のコシヒカリはもっと旨いはずだ!」は、おいら。
ホントは、思ったより旨く炊けてたんですけどね。

なんか日本人の意地みたいなもんで・・・。(汗)
本来のコシヒカリの味なんて、知りもしないのにね。


それに「金のビーフカレー」を、かけちゃったから、よくわからなくなってしまったのもあって。(笑)


でも次は、炊飯器を途中で開けずに、ちゃんと炊いてもらいますからね。

それにしても、「金の」シリーズ。
やっぱ旨いわ。

 

スポンサーリンク

2018年10月 4日 (木)

コメントに返信しました

当ブログのコメント機能がバンコクから(おいらだけ?)だと使えなくなっています。
なので、いただいたコメントに返信出来ずに、ご迷惑をおかけしております。

先ほど、いただいたコメントには、それぞれに返信出来ましたので、ご確認ください。

でも、まだコメント機能が復旧したわけではありません。
とりあえず、「スパム認証画像」の表示を外したら、スマホからだけコメントが入力できるようになったのです。
(パソコンからは、相変わらずコメント出来ません。)


ココログのサポートには、メールにて連絡済みですが、今のところ何の音沙汰もありません。
もうしばらく待ってみて、それでも連絡が無ければ催促してみます。

でも、なんかメンドクサクなってきた。

ブログ、止め時なのかな?



 

スポンサーリンク

2018年10月 2日 (火)

バンコク暮らしの平凡な、とある1日

バンコクに戻ってきて、今日で4日目。
特に何をするでもない毎日を送っています。

セブンイレブンで買った朝飯を食べて↓

Img_20180930_0822331


部屋の掃除と洗濯をして、
テレビを見て、
コンピュータを弄ってたら、すぐに昼に。


昼飯は近くのフードコートでぶっかけ飯が定番。


Img_20181001_1320261


腹ごなしに近くを散歩して

ワンちゃんに挨拶して↓


Img_20180929_1446131

グデ~っとして、おいらのことなど気にも留めてくれませんが。(笑)


だんだんと雲行きが・・・。
急いで帰宅しましょう。
洗濯物を取り込まなきゃね。


雷がゴロゴロと鳴り出して、雨が↓

Img_20181001_1512011

あっと言う間に、何もみえないほどに↓
Img_20181001_1458391

洗濯物はギリギリ間に合いました。
雨季は、これが困るんですよね。

朝天気が良くても、午後には急変するからね。


でもすぐに、雨が止みオレンジの世界に↓
Img_20181001_1736281

雨上がりのチャオプラヤ川の夕景は、特段に美しい。


テレビを点けたらバレーボールやってた。
タイvsコリア
もちろん応援は、タイチーム。

3対2で、タイの勝ち。
良く頑張りました。


Img_20180929_1810521

バレーボールの世界選手権が始まったんだね。
ちなみに、一昨日はロシアに2対3で惜しくも敗戦。
タイチーム、これで1勝1敗。

そして、今日は14時10分からトリニダードトバコ戦。
もちろんテレビの前で、タイチームを応援です。

しばらく、熱くなれそうです。
頑張れタイチーム!!

夜飯は屋台で買ってきたパッタイで↓
Img_20180929_1938461


おかずに、チャオプラヤ川の夜景を添えて↓
Img_20180613_1908111_2


こんな平凡な毎日を、バンコクで過ごしています。

でも・・・。
こんなんで、バンコクで暮らす意味があるのか?

たま~に、そんなことを考えたりもしますが・・・。




これでいいんです。


だって、バンコクに身を置いているだけで、幸せなんですから。




※コメント機能、問い合わせている最中で、まだ解決していません。
ですので、いただいたコメントに返信出来ませんので、ご承知願います。


 

スポンサーリンク

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック